「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

今度シンガポールに旅行に行くことになったのですが航空会社を日本航空かシンガポール航空かで悩んでいます。
いつも海外へは日本航空を使っていたのですがここのところ日本航空の飛行機は少し怖い気もします。
シンガポール航空は世界でもいい航空会社だと評価されているという話はよく聞くのですがしかしシンガポール航空は乗ったことがないため機内での映画などが日本語字幕などがあるのか不安です。
どちらのほうがいいとおもいますか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

基本的に日本航空(以下JAL)とシンガポール航空(以下SQ)で、安全性については、SQが常に最新鋭の飛行機をそろえて、古いものは売却することによるメリット以外は、個人的にはそれほど考えていません。

また緊急時の対応は、やはり日本人には日本人スタッフが多い方が安心ではあります。とはいえSQの方がイメージはいいですね。

機内サービスは、ビジネスであればSQ,エコノミーであれば、一度SQに乗ってみてもよいでしょう。
人によって、フライトによって評価は異なると思います。SQは、便数も多くて選べますから、たとえば閑散期の平日早朝成田発は、すいてたりしますので、のんびりできます。JALは、だいたい満席。

映画は、日本語字幕ものもあったと記憶してます。
私はほとんどゲームで、過ごしました。^^;)

SQを他のアジアの航空会社といっしょにしてはいけませんし、米国では、米国以外は肩身が狭いオペレーションをしいられますね。

シンガポール・チャンギ空港もターミナル2を一度利用してみるといいですよ。まだ部分的に工事中だったかな。それとSQの半券で、観光巡回バスの割引とかがあったと思います。

行きの機内で早速シンガポール・スリングを飲んで、酔っ払わないように注意は必要です。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
外資に乗りたいと思っていたのですがなかなか機会がなく今回はやっと選べる機会に恵まれたのですがいざ選ぶとなるとなかなか決められません。
でもせっかくの機会なのでシンガポール航空に乗ってみたいと思います。
シンガポール・スリングにはきをつけます!

お礼日時:2005/09/01 01:15

No.7 です。


SQの機材はB777-200(または300)とB747-400のだいたい半々ですね。
http://www.narita-airport.jp/jp/guide/t_info/1_s …
↑で、出発や到着の案内で機種が出ます。

他社と同じ時間帯のフライトは、747-400です。
つまり昼前に出て夕方着とか、夜になって出て深夜着。
朝早い便などは、前にも書いたようにB777ですいています。

もちろん、こちらからフライト検索(空席状況)でもわかりますね。
http://www.singaporeair.co.jp/

私としては、SQは、A380就航が楽しみです。
(日本の航空会社はまだ対応を表明してませんね。)
成田空港は、再来年の就航を予測しており(コリアンエアとカンタス)、2階席との搭乗橋は様子見で設置しないながらも、発着等には問題はないようです。
    • good
    • 0

日本の某社でパイロットをしている者としてアドバイスさせて頂きます。

(日本航空ではないですが)
僕だったらシンガポール航空を選びます。世界一良い航空会社と言っても過言ではないでしょう。
「良い」というのは、機体、サービス、設備など多くの点で他の航空会社を圧倒しています。
1機体
シンガポール航空は新規に航空機を発注してから4~5年までしか運行しないのです。ですから常に最新の機体に乗れます。当然設備等は最先端です。ちなみに日本航空は25年飛ばせるそうです(もちろん安全に問題はありませんが)。
2サービス
僕は乗ったことがありませんが知人の話を聞くと他のの航空会社とは一線を画すらしいです。
3設備
おそらく乗られる機体は日本航空であればB777かB747、シンガポール航空であればB747だと思います。B747はいわずと知れたジャンボ機ですが、747にも大きく分けて2種類あります。747-400と747SR(在来型)です。
1、400の方が新しく計器パネルもデジタルです。楽です。あと2階席が長いので搭乗人数も多い。
2、在来型は計器パネルもアナログで航空機関士と言う人が乗っていますので3人での運行になります。

シンガポール航空ではおそらく在来型ではなく400の方だと思います。日本航空はどっちか分からないです。万が一の時には400の方操縦しやすいですよ(Pとしての意見)。
そしてB777と言う機体は747ほど大きくありませんが、ボーイングの中で最新の機体です。フルデジタル計器を使用していますので何と言っても見やすい。けどやっぱりジャンボがいいですよね???
問題のパイロットの腕ですが、外国人パイロットは雑な人が多いですね。下手という意味ではないですが雑です。しかし、シンガポール出身の人はそんなことありませんからご安心を。日本パイロットはうまいですよ^^。ここでの上手下手は安全上問題ないことを前提としてですよ。
総じて、関係のない話ばかりでしたが、シンガポール航空をお勧めします。肝心の字幕に関しては・・・分かりません^^ごめんね。

あと、日本航空がトラブル多いというのはマスコミが盛んに取り上げているから思われるのでしょうが、今までと数から言って変わっていません。むしろ世界の航空会社と比べれば少ないというのが事実です。しかし、このように命を預かる仕事をしている以上、トラブルゼロにしなければならないと言うことは当然です。念のため実情書かせてもらいました。
    • good
    • 6

こんばんわ


飛行機事故に遭う確率って、すごく低いのですから、その点で選択しなくても良いような気がしますが・・・。

私もほとんどJALですが、SQは好きです。
SQを利用された事ないなら、今回経験なさっては?
(乗換え不都合路線で搭乗するよりも、良いチャンスだと思います)

字幕があったかどうか記憶に有りませんが、
6時間くらいのフライトですから、ゲームしたりしても過ごせます。

(私が)JALと比較して良いと思う点を挙げてみますネ

●ヘッドレス・フットレスが有る。
寝るのにすごく楽です。
たぶん復路は深夜便じゃありませんか?

●座席が広い感じがした。
シートピッチ等の数字比較してませんが(どこかにサイトが有ったような)広い感じがしました。

●機内食は甲乙つけ難いかな?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
帰り便はまだ時間までは決めていないのですが私は日本航空は寝にくいです…
座席が広いんですね。
ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2005/09/02 01:15

日本航空は、日本の航空会社なので、わざわざニュースにも取り上げられますが、


同程度のトラブルは、どこの航空会社でも起きていることです。
ただ、日本でニュースにならないだけです。
私の知人は、30年以上日本航空のパイロットをしていますが、
今まで一度もそういったトラブルにあったことがないそうです。
いつ、どこのフライトで事故に遭うかなんて、誰にもわかりませんから、
もうあとは運次第じゃないかと思います。
日本航空は怖いというなら、不安が少しでも解消されるエアラインを選んだらいいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに運しだいですよね。食事やサービス内容で選びたいと思います!!

お礼日時:2005/09/02 01:12

全く同じ条件ならSQを選ぶと思います。



でもいつもJALをお使いなら、マイレージ等のポイントの関係もあるでしょうから、一概にお勧めは出来ません。

でも、どっちかと悩んでいらっしゃるなら一度SQをお試しになったらどうでしょうか?

そういいながら、私自身はなぜか今年乗った飛行機は全てJALなので、何ともいえないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お試しという感覚でシンガポール航空に乗ってみたいと思います。
全く同じ条件で航空会社だけ選択なんです…

お礼日時:2005/09/01 01:33

このケースで悩む人がいるとは驚きです。



絶対SQです。特にシンガポール迄なら尚更です。

と言うのは同じSQでもシンガポールから先に行く場合サービスは他の航空会社と変わりませんので悩む人も出るでしょう。

SQでロスアンジェルス及びシンガポールへ行くならSQ以外ないです。

しかし安く行きたい時は他社がありますがJLとの比較なら迷う材料がありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
真剣に悩んでいました。
もっと具体的に教えていただきたいです!!

お礼日時:2005/09/01 01:24

先日、こんな経験をしました。

ロスアンジェルス空港での乗り継ぎことです。

その日の帰国便は日本近辺の台風の影響で、アジアからの便がすべて到着が遅れていました。

私たちが乗る関空行きのJL便の前にKEの成田経由ソウル行き便が同じゲートから出発することになっていました。
そのKEが出発時間前になって、英語とハングルで「機材到着遅れのために出発が遅れます」と案内があり、更にしばらくすると「出発はJL便の後になります」と放送していました。更にその後に「出発時間が更に遅くなり、2時間後になります。ゲートが変更になります(それも別のターミナル)昼食の為のミール券をあげます」と放送していましたが、ほとんどの成田行きのどちらの言葉も聞き取れない成田行きの日本人乗客は訳が解らず座ったままでした。
張り出された案内のポスターもハングルと英語で書かれていました。
最後になって日本語で同様の案内が1回あっただけでした。
そこで、やっと日本人乗客は慌てて右往左往していました。

一方JL便の出発ゲートも変更になり、スタッフが大声で日本語と英語で待合席をふれて廻っていました。

英語や現地語の堪能な方はこんなときにもすばやく反応できますが、そうでないと、何事かアクシデントが起きたときには、JLやANAは安心です。
最もこのときのKEの対応は最悪ですけどね。

日本語の案内があったときに席をはずしていた人はどうなったのでしょうね。
ツアーの添乗員が顔色を変えて飛び回っていました。
現地ガイドだけなんてツアーなら困ったでしょうね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
貴重な体験話を教えていただき感謝です。
英語が堪能ではないので私も同じ状況ならパニックになってしまうかもしれません。
以前日本航空のコードシェア便に乗ったのですが文化の違いなのかもしれませんが近くの座席の方に戸惑ってしまうようなことがありました。
客室乗務員の方は言葉が通じないか分からないのですが一向に注意してくれず…
日本人のマナーのよさを実感することがありました。

お礼日時:2005/09/01 00:49

搭乗者の好みです。

事故は何処のラインでも起こります。お好きなほうでお出かけください。競合しているルートでしたらラインを選べますが、選べない路線もあることは承知していてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに何処でも事故は起こり得ることですよね。
今回はシンガポールへ行くので日系航空会社かシンガポール航空で行こうと思います。
今までは外資に乗ってみたいとおもいつつ機機会がなかったのですが今回は選べるんですがいざ選ぶとなると悩んでしまいました。

お礼日時:2005/09/01 00:38

私はシンガポール航空に一票です。


1.食事がおいしい。
2.基本的には各席にTVが付いている。
   (JALの場合 便によっては前方のみ)
3.JALは最近不安

何を上映するか?は各航空メーカーのHPで確認できると思います。

日本人も数名乗務しているので、搭乗手続きの再に要請すればあまり違和感は無いと思います。

ただし、どちらのマイレージを活用しているのか?も大きな選択ポイントだと思いますよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
マイレージを特に貯めているというわけではないので食事内容と映画で決めようと思います!!
日本航空は確かに古い機体に当たってしまうとパーソナルテレビがついてないんですよね。
過去何回か古い機体に当たってしまい映画まで調べて行ってがっかりした思い出があります。
シンガポール航空は食事がいいみたいですね。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/09/01 00:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本航空とシンガポール航空、どちらがおススメですか?

4月にシンガポールへ一人で行く予定です。
(英語は全く話せませんが、友人が向こうに留学しているので遊びに行きます。)
航空会社を日本航空かシンガポール航空のどちらにするかで迷っています。
よく似た質問が過去にありましたが、少し前の情報なので最近の情報を教えて頂けると助かります。

日本航空はサービスや言葉の問題などで安心なのかな?と思うのですが、燃料サーチャージが高そうなのと、エコノミーの座席の広さや設備が気になります。

シンガポール航空は評判が良いみたいなのですが、日本航空よりそんなにオススメなんでしょうか?

ちなみにマイルは貯めていません。

Aベストアンサー

学生時代、初めての国際線搭乗が、シンガポール航空でした。チャンギ空港まで、私も1人でのりました。
その後に乗った国内線国際線、様々な航空会社がありますが、また乗りたいとまで思うのは、シンガポール航空だけです。
エコノミーでしたが、優雅な旅の気分にさせてくれました。
乗務員の雰囲気、機内に漂うエキゾチックな香り、リラックスして良いですよ。
一歩機内に入った瞬間から、アジアの空気を予感させてくれます。
サービスも良かったし、言葉でも困りませんでした。
「コーヒー オア チー?」と乗務員にきかれて、「ティープリーズ」
「フィッシュ オア チキン?」ときかれて、「チキン プリーズ」
これで十分でした。ゆっくり話して下さいましたので。
良いご旅行を!

Q日本航空と全日空 どちらの方が安全ですか?

日本航空と全日空は、どちらの方が事故がおおいのでしょうか?
どちらの方が安全ですか?

Aベストアンサー

>日本航空と全日空は、どちらの方が事故がおおいのでしょうか?
>どちらの方が安全ですか?

あなたの立場と目的が分からないので答えづらいのですが、[地域情報] 旅行・レジャー > 国内 > 国内旅行(全国) というカテゴリなので、国内線の乗客という立場で安全度合いの高いと思われる方を利用したい、と仮定します。

微妙な差異はあるのですが、両社とも現場のプロ意識は高く、どちらも安全には十分留意し、でも時間と収益性に追われ、場合によっては外部から理解できない不思議な特権階級意識を持つ者(職種というべきか)がいたり、本社には「乗客と会社のイメージどっちが大事って、やっぱ会社のイメージだよね」と言い切る信じ難い輩もいるという点ではどちらも同じです。

操縦者の技量はJL(+JD)、NHともにそうそう変わらないと思います。あえて言うなら離発着回数の多い国内線の操縦士の方が若干巧いとか、より慣れているというレベル。

事故発生率なんてのは、大型機で1回でも事故が発生すると数字が跳ね上がりますから、「その数値どおりの安全度合い」なのか「事故を起こしかねない状況だけど、起きていない。つまり潜在的にはもっと大きい数値かも」なのかは分かりません。発生率自体はNHは0.22でJLは1.36です。

http://www.airsafe.com/events/regions/asia.htm

次いで、機材です。

JLの国内線機材は、https://www.jal.co.jp/5971/seatmap/seatmap.html
NHの国内線機材 http://www.ana.co.jp/dom/inflight/seatmap/

どちらも提携先があり、コードシェアもあります。機種や路線を絞り込まないと、幅が広すぎますね。
個人的にはこれらの中の問題のありそうな機材でいかにインシデント、事故の発生を抑えこんでいるかという点に着目した方が良いと思います。

・尾翼まわりに因縁が多いB737の第二世代機
・機体の後ろにエンジンがあるCRJ
・何かと話題の多いQ400
・高度関係のインシデントが多いSAAB340

B3クラシックは設計上の問題も多いと聞きますが、国内線では問題なく運用されているようで、日本のキャリアが運行するB3クラシックならば、私は登場に不安はありません。
やはり不安なのは圧倒的にQ400です。これはJL、NH関係なく問題が出ています。

>日本航空と全日空は、どちらの方が事故がおおいのでしょうか?
>どちらの方が安全ですか?

あなたの立場と目的が分からないので答えづらいのですが、[地域情報] 旅行・レジャー > 国内 > 国内旅行(全国) というカテゴリなので、国内線の乗客という立場で安全度合いの高いと思われる方を利用したい、と仮定します。

微妙な差異はあるのですが、両社とも現場のプロ意識は高く、どちらも安全には十分留意し、でも時間と収益性に追われ、場合によっては外部から理解できない不思議な特権階級意識を持つ者...続きを読む

Q台湾とシンガポールではどっちがいい?

9月上旬に、女2人で台湾かシンガポールに行きたいと思っています。(3泊4日or3泊5日)

どちらの方がオススメでしょうか?

物価はシンガポールの方が安いのでしょうか?
英語は台湾ではあまり使えないのでしょうか?

どちらがいいか、の他にもこの2国の情報、体験談、その他なんでも教えてください。
今のところ、まったく無知です(笑)

Aベストアンサー

台湾には3回(うち2回は南北縦断しています)、シンガポールには5回(トランジットのみは含めず)行っています。

私も台湾をお勧めします。
理由は重複もありますが、以下の通り。

1.飛行時間。
シンガポールも安近短の渡航先に十分入りますが、飛行時間は確か6時間くらいかかったはずです。
短い旅行であれば、こういった数時間の差ももったいなく感じます。

2.町並み。
シンガポールの町並み(観光客が行くエリア)は非常にきれいです。
整然としたビルが立ち並びます。
それがむしろ私には「つまらなく」感じます。
もちろん、街がきれいなことは旅行者にとっては嬉しいことですし、街路樹などは十分南国を意識させますが、東南アジアの中ではエキゾチックさを感じさせない国だと思います。

3.いやでもシンガポールには何度も行く。
まさに私がこれです。
南アフリカに行く際のフライト調整、バングラディッシュに行く際のフライト調整、ビジネストリップ、クルーズツアーの寄港地....
私がシンガポールに行きたくて行ったのは1回だけです。
東南アジアの中心都市であり、空路でも重要なHUB空港になっておりますので、今後海外旅行を重ねる中で何度も行くチャンスは訪れると思います。

4.親日
台湾は一般に親日国と言われてますし、それを感じることができます。(日本は過去侵略した歴史がありますし、近年では台湾の国家承認を取り消し中国と国交回復した訳ですが、その寛容の精神には感服します)。
一方、シンガポールは決して親日国ではありません。
観光、貿易で生きる合理的な国ですので、旅行者がそれを肌で感じることは少ないかもしれませんが、シンガポールの過去の日本の侵略戦争に対するスローガンは「許そう、しかし忘れまじ」だと聞いています。
WW2に関わるモニュメントで、法律では禁じられている唾吐きをしている老人を見た人もいます。

5.故宮博物院
台北にある同院、一見の価値ありです。

6.食事はどっちもどっちかもしれません。
私は中華料理が大好きなので台湾に行ったら食べまくる人間ですが、シンガポールにもおいしい中華料理はいくらでもありますし(基本的に華僑の国ですから)、それ以外にインドネシア料理など多彩なアジア料理が楽しめます(フードコートが良いかもしれません)。

7.ショッピング。
台湾にもありますが、シンガポールのメインストリートには大型デパートがどーんと立ち並びます。
ブランドショップなどを見て回るのが趣味であれば、シンガポールに分がありそうです。

8.英語。
台湾でも美国語(アメリカ語)はブームですので、日本人以上に都市部では英語が話せる人が多いかもしれませんし、英語同様に日本語は人気言語ですので、過去の不幸な歴史ともあわせ、観光地には日本語が話せる人が予想以上に多いことに気づくと思います。
漢字圏でもありますので、英語、日本語、漢字の3つを駆使すれば、台湾で意思の疎通に苦労することはそれほどないと思います。
一方シンガポールは、早くから英語の教育を受けていますので、英語の習熟率は非常に高いと思います。
英語で意思の疎通ができるのであれば、問題はない国だと思います。
そもそも英語も公用語のひとつになっていたはずですし。

最後に。
「シンガポールには行くべきではない」との趣旨ではありません。
一度も行っていないのであれば、十分に楽しむことができる国だと思います。
敢えてこの2つで選ぶとしたら、私なら台湾、という程度です。


9月上旬に私もとある東南アジアの国へ行きます。
もしかしたら空港ですれ違うかもしれませんね。

台湾には3回(うち2回は南北縦断しています)、シンガポールには5回(トランジットのみは含めず)行っています。

私も台湾をお勧めします。
理由は重複もありますが、以下の通り。

1.飛行時間。
シンガポールも安近短の渡航先に十分入りますが、飛行時間は確か6時間くらいかかったはずです。
短い旅行であれば、こういった数時間の差ももったいなく感じます。

2.町並み。
シンガポールの町並み(観光客が行くエリア)は非常にきれいです。
整然としたビルが立ち並びます。
それがむしろ私には...続きを読む

Q世界中でよく揺れる飛行ルート

以前シンガポール~ニュージーランドの飛行機に乗ったのですが飛行時間の8割くらいシートベルト着用のサインが出ていて、実際にとても揺れました。それにくらべると国内線は殆ど揺れを感じませんでした。世界中でさまざまな飛行ルートがあると思いますがどの路線がよく揺れるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
外資系航空会社の乗務員をしています。

飛行機の揺れは、気流の変化によって起こるので、同じ飛行ルートでも、その日の天候や、飛行高度によって、よく揺れたり、全く揺れなかったりします。
#3の方が書いていらっしゃるとおり、台風の時はよ~く揺れます。

また、飛行中の揺れは、飛行機の機体の大きさにもよります。
同じ天候、飛行高度であれば、「ジャンボ・ジェット機」と呼ばれている「ボーイング747型機」などの大きな飛行機の方が、プロペラ機などの小さな飛行機よりも、気流の影響を受けづらいので、揺れは小さくなります。

ですから、「よく揺れるルート」をお探しなら(・・・そういうご質問ではないのでしょうけれど・・・)、小さい飛行機(ジェット機ではなくプロペラ機の方がより効果的)が飛んでいる、”飛行距離の短いルート”をまず選び、その上で、その地方の天候の悪い時期(台風が発生し易い時期など)に飛ばれると、きっと、とてもよく揺れると思います?!

私自身の経験では、10年位前にチロリアン航空(?)でウィーンからザルツブルグに飛んだ時、あまりの揺れに、初めて飛行機酔いしました。 (乗務ではなくプライベートで乗っていたのでよかったですが・・・) 小さなプロペラ機でした。 飛行機酔いしたのは、あれが最初で最後です。

こんにちは。
外資系航空会社の乗務員をしています。

飛行機の揺れは、気流の変化によって起こるので、同じ飛行ルートでも、その日の天候や、飛行高度によって、よく揺れたり、全く揺れなかったりします。
#3の方が書いていらっしゃるとおり、台風の時はよ~く揺れます。

また、飛行中の揺れは、飛行機の機体の大きさにもよります。
同じ天候、飛行高度であれば、「ジャンボ・ジェット機」と呼ばれている「ボーイング747型機」などの大きな飛行機の方が、プロペラ機などの小さな飛行機よりも、気流...続きを読む

Qシンガポール航空eチケットの座席指定について

来週、友達とセントレア発シンガポール チャンギ空港乗継でバリ島にツアーで旅行に行きます。

当初、旅行会社からは当日セントレアのカウンター(旅行会社の)で航空券を貰ってからシンガポール航空のカウンターでチェックインするように言われたのですが、事前にWebチェックインで座席を指定をしたいため(元々旅行会社のHP上にはwebチェックインが出来ることが明記されていました)ことを伝えて改めてeチケットを送付してもらいました。

そこでわからないことがあるで教えていただきたいのですが・・・

(1)送付されてきたeチケットを見ると全ての便(往復)の座席が記載されています。
 去年、大韓航空を利用した際のeチケットを見ると座席欄が空欄になっていたのですが、
 今回は既に座席が仮にでも決まっているということなのでしょうか?
 シンガポール航空の予約画面で座席の位置を確認したところ、特に不満も無かったのでそのままでも
 良いと思っています。
 それならばwebチェックインをしなくても当日シンガポール航空のカウンターでチェックインをすれば記載されている座席にそのままなるのでしょうか?

来週、友達とセントレア発シンガポール チャンギ空港乗継でバリ島にツアーで旅行に行きます。

当初、旅行会社からは当日セントレアのカウンター(旅行会社の)で航空券を貰ってからシンガポール航空のカウンターでチェックインするように言われたのですが、事前にWebチェックインで座席を指定をしたいため(元々旅行会社のHP上にはwebチェックインが出来ることが明記されていました)ことを伝えて改めてeチケットを送付してもらいました。

そこでわからないことがあるで教えていただきたいのですが・・...続きを読む

Aベストアンサー

私の限定的な経験ですが、シンガポール航空でやはり同様の経験をしました。
私はスターアライアンスの航空会社のマイルを使ってシンガポール航空を予約したケースです。
シンガポール航空で直接予約したわけではないので、事前座席指定はできないのですが、予約語数日してみたら座席がアサインされていました。
もともとの航空会社で聞いてみたところ、私がマイレージの登録の基本情報で通路側とか窓側とか入れているので、そのリクエストを考慮したのではないかということでした。
理由は何にしても、座席番号が記載されているのであれば、何もなければその座席になります。
ただ、ご存知かと思いますが、当日のチェックインの状況などで座席を変更される可能性もないとは言えません。
少しでも早く安定させるならチェックインも早い方が良いと言えると思います。もっとも、チェックイン後でも変更を依頼されることもありますけどね。

Qシンガポール航空の座席について

来月、新婚旅行でバリ島に行きます。

本当は再来月にしたかったのですが、仕事の都合上来月のお盆休み中に
行くことになり、大急ぎで航空券とホテルを手配しました。
ツアーではないです。
エクスペディアで予約しました。

シンガポール航空を利用するのですが、
さきほど、座席の選択をしようとHPで見てみたら、
「事前に確保できる座席は満席となりました。」と書かれていて座席の選択ができませんでした。
(復路は出来た)

また、シンガポール→デンパサールの便も、夫とは席が離れ離れで確保されていました。

機内で、それほどおしゃべりしたいわけじゃないですけど、
新婚旅行ですし、離れ離れは残念です。

このパターンだと、
往路の日本→シンガポールの便も離れ離れになってしまう可能性が高いのでしょうか??

当日早めにカウンターに行ってもあまり意味が無いのでしょうか??

旅行一ヶ月前、と間際の手配なので、仕方ないとは思うのですが、
何か手があるのなら打ちたいなと思い、質問を立てさせて頂きました。

何卒ご教示願います。

Aベストアンサー

No.1 です。

>そのチェックイン時に座席も指定できると書いてあったのですが、、、
>ここでもしバラバラの座席しか空いてなかったら、
>もうダメってことですよね?

 これについて、少し補足します。私も確実なことを知っているわけではなく、航空旅行に関する雑誌などから仕入れた知識ですが。

 事前に座席指定をしていない旅客については、航空会社が勝手に席を割り振る事があるそうです。
 現時点で、質問者様が希望する席が埋まっているように見えても、実は、その席は、そのお客が自ら希望したのではなく、航空会社が勝手に割り振っている物かも知れません。

 で、当日、質問者様がカウンターで座席の希望を言った場合、カウンターでは、『質問者様に割り当てられた席』と『希望の席』を交換する形になるのだそうです。
 ですから、事前のチェックイン等で希望の席が埋まっているように見えても、カウンターでは融通が利く可能性がある、ということになります。

 ただし、希望の席のお客が、自らその席を指定している場合は、勿論、交換は出来ません。

 うまくいくと良いですね。

QDeNAトラベルという旅行会社は信頼できる旅行会社ですか。

DeNAトラベルのハワイツアーでシェラトンワイキキデラックスオーシャンフロント指定、航空会社未定、5日間、旅行代金12万円、空港使用料当別という激安ツアーを発見し、値段の推移を見ながら最安値のところで申し込みました。海外旅行は慣れていて、特に行き先がハワイなので大手旅行会社のような現地での手厚いサポートも必要なく、直行便指定なのでどの航空会社になっても時間の制約もあまり変わらないので不満はないのですが、同業他社の同内容のツアーと比較して10万円ほども安いため、さすがに旅慣れた私も心配です。DeNAトラベルについて調べると、店舗をもたずネットで格安航空券を中心に販売する中堅旅行会社で人件費やサービスを削減することで安い商品を提供できる。最近は海外ツアーにも力を入れていて、航空券+ホテルのシンプルなツアーの販売で安売りしていて、航空券は自社で仕入れ、ホテルは主にエクスぺディアから仕入れているとまでの情報を入手したのですが、シェラトンワイキキデラックスオーシャンフロントに滞在してこの価格、たとえ航空会社未定としても航空会社、ホテル等からノルマ達成のキックバックがあるなどいろいろな事情もあってこれだけの価格が設定できたのでしょうが常識で考えてこの価格が信用できません。その後、このツアーの販売の推移をみていると数日後にはすべての出発日で完売していました。たくさんの客がこの商品にとびついたのでしょう。DeNAトラベルを利用するのは今回が初めてですが同社の商品については数か月に渡り見てきており、早めの予約で安く買えること、大手旅行会社のツアーと違いリゾートフィー等、現地で必要な費用は別負担であること等で、契約した内容については納得しているのですが、DeNAトラベルの商品は価格相応の商品だとの口コミもよく目にするので心配です。また、詳細に商品の価格を見ているとJTBなどハワイに強い大手旅行会社より明らかに割高な商品がとても多いのも懸念材料のひとつです。まずはこのツアーに参加してみてから自分でこの旅行会社を評価するつもりですが、事前に留意事項なども教えていただきたく質問いたしました。DeNAトラベルの詳細についてぜひ詳しく教えてください。お願いします。

DeNAトラベルのハワイツアーでシェラトンワイキキデラックスオーシャンフロント指定、航空会社未定、5日間、旅行代金12万円、空港使用料当別という激安ツアーを発見し、値段の推移を見ながら最安値のところで申し込みました。海外旅行は慣れていて、特に行き先がハワイなので大手旅行会社のような現地での手厚いサポートも必要なく、直行便指定なのでどの航空会社になっても時間の制約もあまり変わらないので不満はないのですが、同業他社の同内容のツアーと比較して10万円ほども安いため、さすがに旅慣れた私も心...続きを読む

Aベストアンサー

DeNAはAIR+HTLのパッケージで何度か利用経験ありです。
すべてオンラインで完結する商品なら特に問題がない
というのが私の印象です。
AIR+HTLだと割引があるのもポイントが高いです。

ただパッケージツアーになると話が別です。
DeNAにしろHISにしろ、現地のランドオペレータ
(と実際現地で手配や動いている専門の契約旅行会社のことを言います)は
実は同じだったりすることがあります。

JTB位だとグループ会社を利用していることもあるかもしれませんが
(HISもそうだっけ?)パッケージツアーの場合、
ランドオペレータが同じならツアーの質は似たようなものです。

大きな違いは日本からの往復航空券や有名ホテルを
押さえられるかです。(やはりJTBは特に繁忙期仕入れが多い分強いです)

あと気になったのが2点。

1.サーチャージや税金がツアー料金に込みか確認してますか?
まぁサーチャージは原油元売り価格下落で
12月発券分から各社大幅に下がります。
いつ発券するかも結構変わってきます

2.オーシャンフロントとか○クラスホテルなどというのは
各旅行会社が勝手に決めているカテゴリです。
それ比較対象の他社パッケージと同じ部屋ですか?

DeNAはAIR+HTLのパッケージで何度か利用経験ありです。
すべてオンラインで完結する商品なら特に問題がない
というのが私の印象です。
AIR+HTLだと割引があるのもポイントが高いです。

ただパッケージツアーになると話が別です。
DeNAにしろHISにしろ、現地のランドオペレータ
(と実際現地で手配や動いている専門の契約旅行会社のことを言います)は
実は同じだったりすることがあります。

JTB位だとグループ会社を利用していることもあるかもしれませんが
(HISもそうだっけ?)パッケージツアーの場合、
ランド...続きを読む

Qタイ国際航空って安全ですか?

タイ国際航空かキャセイパシフィックかで迷ってます。
シンガポール航空がとってもいいらしいですが、タイ航空はどうでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは~。

まず、タイ国際航空というよりかは、飛行機の機種で落ちる、落ちないがあるとテレビでみたことがありますので、タイ国際航空であろうが、JALであろうが、AAであろうが、落ちるのは、落ちるみたいですよ。

ちなみに私が今まで乗った航空会社ですが、タイ国際航空、大韓航空、シンガポール航空、JAL,ANA, アメリカン航空、ユナイテッド航空とありますが、一番サービスが良かったって思えたのはシンガポール航空でした。で、今までサービスが一番適当だって思ったのがアメリカの航空会社。日本人である私にはカジュアルしすぎて良くなかったですね~(ってアメリカはどうでもいいか。。。)。

さてさてタイ国際航空のことですが、飛行機の機種によって、座席の間がかなり狭いとか狭くないとかがあります。古い飛行機だとあんまり乗っていて心地よくないです。でも、新しい飛行機の場合は、乗ってて気持ちよかったですよ。サービスも結構良かったです。私はここの航空会社はお勧めしますね。個人的には、いい航空会社だと思います。

Q飛行機の揺れの少ない行き先は?

今年の夏休みに海外旅行を計画しています。飛行機の揺れが嫌いな家族に「ここなら比較的揺れが少ないから」と説得しようと考えています。

飛行機の揺れについて正式な統計などないでしょうから、世界各地に旅した方の経験から教えて頂ければ助かります。検討している行き先は下記の通りです。

ロンドン、ハワイ、カナダ、ニュージーランド

Aベストアンサー

こんにちは。
ヨーロッパ在住、外資系航空会社の乗務員です。

飛行機の揺れは、気流の変化によって起こりますので、同じ路線でも、その日の飛行高度、飛行中の天気によって、ひどく揺れる時と全く揺れない時があります。 
また、同じ飛行状況であれば、ボーイング747、777型機などの大型機程、揺れの影響を受けません。
(ご検討されていらっしゃる行き先は、遠距離ですので、恐らくどれも大型機が飛んでいる所かと思います。)

ですから、ご家族を説得する作戦としましては、(行き先が何処であれ)「大型機だから、あまり揺れないらしいヨ」と言って安心してもらう、というのはいかがでしょうか・・・? 
絶対に揺れないという保証はもちろんありませんので、万が一、揺れてしまった場合はごめんなさいxxx (機内アナウンスも入ると思いますが)揺れましても飛行には支障はございませんので、どうぞご安心下さい。

ロンドンもハワイもカナダもニュージーランドも、ご家族でいらっしゃれば、何処も楽しい思い出となるでしょうネ!

どうぞお気を付けて! 

Q飛行機の揺れと墜落について

仕事で月に4往復ほど国内線を利用しなければいけないのですが、その度、飛行機の揺れで身が縮む思いです。飛行機事故で死ぬ可能性は宝くじ3億円より低い…といわれており、頭では納得しているつもりなのですが、毎回揺れるたび「こんなに激しく揺れたら、落ちるのではないか?」という恐怖が頭をよぎります。紙飛行機のように、風に飛行機がグルグル巻き込まれ、自制が聞かなくなり落下してしまうような感じに…。でも、今後も乗らなければいけないわけですし(実は明後日も)この恐怖感を払拭したいのです。

どうか私に分かりやすくイメージさせてください。
ジェットコースターのように胃がふぅっとなったり、ドリンクサービスが行われなくなる程度の揺れでは
墜落に結びつく危険性はないと考えて大丈夫なのでしょうか? 多少揺れても、例えば車ででこぼこ道を走ったときに「ガタンゴトン」と揺れるのと同じと考えていいでしょうか?

どなたか、私に心の安定を~。 

Aベストアンサー

 ほとんどのことは皆さんがお答になっていますが、ひとつ言えることは、飛行機の揺れというものは、中に乗っている乗客にとっては大変大きなものと感じる程度でさえ、外から見ることができればほとんど揺れを目視できないほどの小さなものです。もちろん揺れることで機体が破損することはまずありません。

 これと同じような現象として、少し荒れた海を航行するフェリーなどでも、岸壁などから見ているかぎり、フェリーは滑らかに航行しているように見えても、実は船の中では乗客が不安になったり気分が悪くなったりするほどの揺れを感じているということもあります。

 つまり、機体の強度は大丈夫なのに、大丈夫でないのが乗客という人間の方というわけです。

 このほかにも、主翼が作った乱気流が胴体の後部を叩くバフェッティングという細かく連続する揺れがありますし、もともと飛行機は主翼を中心としてスリコギ運動をする性質がありますから、これらもまた飛行機恐怖症の方には不安のタネになっているようです。このような現象を少しでも避けたいなら、なるべく主翼に近い席をお勧めします。

 また、揺れるととかくキャビンの天井パネルがギシギシ軋んだり、主翼がバタバタしたり、エンジンがブラブラ揺れていたりと、こうしたことも恐怖心を煽りますが、機体というものは基本的に柔構造なのだ、変形しながら応力をいなしているのだとお考えになれば気分も多少は良くなることでしょう。

 ただ、こうした揺れによって機体に繰り返して応力がかかったり、あるいは飛行の度に繰り返される気圧や温度の変化によって、長い間には機体のどこかに亀裂が入ったり、外板の強度が下がるといったトラブルが出るのは事実です。過去にはこうしたことが原因で、当時としては原因不明とされた突然の空中分解と墜落に至ったこともありました。
 しかし今日では、「繰り返し応力による金属疲労」については解析が進み、設計に取り入れられるとともに、これらは定期的に検査されていますし、出発の直前にも整備マンやコクピットクリューの目で確かめられてもいます。

 あとはエンジン、最近では4基のエンジンを搭載したB747(ジャンボ)のような機種は減り、長距離便でさえ2基のものが増えてきました。これはひとえにエンジンの信頼性が上がったということに他なりません。ただ、信頼性とは飛行時間とその間に発生するトラブルの統計的な確率をもとに算出されたもので、これによって整備のサイクルを決めていますので、その間絶対に大丈夫とも言えないかもしれません。

 しかし驚かないでください。2基のうち1基が停止したとしても飛行も着陸も十分に出来ますし、2基とも停止するという確率はそれこそ宝くじの一等当選の確率の数百倍にも達するでしょう。
 もちろん過去にはそうした例がないこともなく、極端で珍しい例としては、火山の近くを飛んだB747のエンジンが火山灰を吸い込んだ結果一度に4基全部のエンジンが停止してしまったといった事故例はありましたが、これとて回復操作によって再始動出来て、無事飛行を続けています。

 とにかく、大気はとても不安定でけっして均一なものではありません。しかも、高速で飛ぶ現代の旅客機にとっては、空気もまた大変硬い物質になってしまいます。 プールにお腹から飛び込んで水の硬さを体験されたことがあればそのことがお分かりになると思います。

 まあ、ルームアテンダントが聖書を片手にコクピットに向って走って行かない限り、現代の旅客機は大丈夫な乗り物です。これでいかがでしょうか、umari様ご自身の安定感のほうは。

 ほとんどのことは皆さんがお答になっていますが、ひとつ言えることは、飛行機の揺れというものは、中に乗っている乗客にとっては大変大きなものと感じる程度でさえ、外から見ることができればほとんど揺れを目視できないほどの小さなものです。もちろん揺れることで機体が破損することはまずありません。

 これと同じような現象として、少し荒れた海を航行するフェリーなどでも、岸壁などから見ているかぎり、フェリーは滑らかに航行しているように見えても、実は船の中では乗客が不安になったり気分が悪く...続きを読む


人気Q&Aランキング