舞台にはなっていなくても、話の中で神奈川の土地が効果的に
描かれていれば大歓迎です!川端康成「山の音」「千羽鶴」や
有島武郎の「一房の葡萄」立原正秋「薪能」のような作品のほかに
神奈川が出てくる作品をご存知でしたら教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 こんばんは。



『太陽の季節』石原慎太郎。
 たしか湘南が舞台だったような。

『かんかん虫は唄う』吉川英治。
 横浜港で働く人々の姿。吉川英治自身横浜のドックで働いていて、その体験がもと。「かんかん虫」とは、横浜の日雇い労働者のこと。

『ベトナム姐ちゃん』野坂昭如。
 ベトナム戦争の頃の横須賀ドブ板通り。米兵相手の娼婦の物語。滝田ゆうが漫画にしてます。

『わんぱく天国』佐藤さとる。
 横須賀市逸見町按針塚。お互いにライバル意識を燃やす2組の少年たちが、「戦争ごっこ」を通じて仲良くなり、やがて力を合わせて取り組んだ一大プロジェクトとは? 作者の少年時代に取材した、楽しく、懐かしい話。

『北条政子』永井路子。
 舞台も時代も鎌倉。

『こころ』夏目漱石。
 これは番外かも。「先生」と「私」が出会うのは鎌倉の海水浴場。

 ご参考になれば。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分で探していた時には見つからなかったようなタイプの作品ばかりです!
大変参考になりました。「北条政子」なんて、鎌倉での歴史が絡んでくる作品
も面白そう…。ありがとうございました!

お礼日時:2005/09/09 20:44

『不如帰』徳富蘆花



『蜜柑』芥川龍之介

『午後の曳航』三島由紀夫

『時雨の記』中里恒子

『残りの雪』立原正秋
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんだか鎌倉を舞台にした作品って、大人の男女関係が描かれたもの
が多いんですね…。三島さんの「春の雪」は見つけたのですが
「午後の曳航」は見落としていました。ありがとうございました!

お礼日時:2005/09/09 20:53

 


● 武者小路 実篤  『友情』

ヒロイン杉子の家が 鎌倉だったような..?

● 川端 康成    『花のワルツ』

主人公のバレリーナの家が やはり鎌倉..?

● 立原 正秋    『舞いの家』
http://www.whi.m-net.ne.jp/~kyikeda/sub9.htm
この方の小説は 鎌倉が舞台になったものが多いですね。 これは小田原ですが。
 

参考URL:http://www.bekkoame.ne.jp/~hachiman/kamakura/kam …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おぉっ!大好きな川端さんの作品はおおよそ調べたつもりでいたのですが
「花のワルツ」は見つけられませんでした…。ありがとうございます。
早速探してみます!

お礼日時:2005/09/09 20:32

湘南で検索した結果です。



保坂和志「季節の記憶」
http://www.shonan134.com/link/chiteki.html
立原正秋「海岸道路」
http://www001.upp.so-net.ne.jp/warawa/randoku/rd …
石原慎太郎「太陽の季節」
http://www.i-shintaro.com/c2/c2-5/
火坂雅志「美食探偵」
http://mana.mods.jp/manamis/hisaka.htm
かまくら春秋社-湘南を舞台にした小説の季刊誌を発行しています。
http://www.oalab.co.jp/kamashun/magazines.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLまで載せて下さってありがとうございます!
早速見てみました。http://www.shonan134.com/link/chiteki.html
のほうには、他にも鎌倉を舞台にした作品が紹介されていますね…。
そちらもあわせて参考にさせて頂きます!ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/09 20:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q川端康成の本の題名を教えて下さい

20年ほど前の現代国語の教科書に載っていたのですが、題名がわかりません。たしか、「先生」と言う人物がおり、その妻、そして「わたし」が主な登場人物だったと思います。そして最後に「先生」が自殺して終わる、人間のエゴを主題とした作品だったと思うのですが。今一度、読み返したいと思いますのでご存じの方は、お知らせ下さい。

Aベストアンサー

すいません。#1のchaffです。
回答がしりきれとんぼになってしましました。
「こころ」であれば、(↓)な感じのあらすじですがどうでしょう?

参考URL:http://www.interq.or.jp/earth/yoko/Grand/book/jp/natsume/kokoro.htm

Qタイが舞台の作品を教えてください。

3月末にタイに一人旅をしようと思っています。
そこで、もしタイが舞台の本があれば読んでおきたいなって思っています。
できれば難しいのじゃなくて、読みやすい直木賞系の本を探しています。
もしご存知の方がいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

やはり日本人としては山田長政でしょう。^^;

『王国への道―山田長政』遠藤周作著
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101123195?tag2=setunai-22

<参考-映画>
『山田長政 王者の剣』
http://www.mekong.ne.jp/directory/culture/oujyanoken.htm

『地球で最後のふたり』
http://www.movienet.co.jp/movie/opus01/chikyudesaigonofutari/

Q豪華客船が舞台の推理、サスペンス、ミステリー作品を探しています

豪華客船が舞台の推理、サスペンス、ミステリー作品がないかと探しております。
時代、国内外、シリーズ物の一作品であるとか問わず大型の客船内で起こる事件、物語の作品です。
カテゴリ的には読書になっているのですが、映画でも舞台物でもかまいません。
ご存知の方いらしたらよろしくお願いします。
ネタバレは気にしないのでどういう内容か、または感想もいただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

まず思いつくものとしてピーター・ラヴゼイ『偽のデュー警部』

http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/49101.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4150747016/

なかなか軽妙で面白い作品です。
amazonだとなぜか3~5週間で発送となっていますが、
楽天ブックスには在庫もあるみたいだし、
店頭にもあるかもしれません。

あと比較的最近翻訳されたものとして
ボリス・アクーニン『リヴァイアサン号殺人事件』

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/8/0246340.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4000246348/

ちょっとミステリとしては弱い面もありますが、
なつかしさもあって楽しめる作品だと思います。

Q芥川賞、直木賞受賞作品、ないしは、候補作品でおすすめをおしえてください

芥川賞、直木賞受賞作品、ないしは、候補作品でおすすめをおしえてください。

Aベストアンサー

●直木賞受賞作からなら(1995年第114回受賞作の)テロリストのパラソル
藤原伊織(http://homepage1.nifty.com/naokiaward/jugun/jugun114FI.htm )

又受賞作家の作品群からなら
●杉森久英(http://homepage1.nifty.com/naokiaward/jugun/jugun47SH.htm )の
「アラビア太郎」(http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/01352555 →但し絶版の模様)

●城山三郎(http://homepage1.nifty.com/naokiaward/jugun/jugun40SS.htm )の
「百戦百勝」(http://www.bk1.jp/product/00975420 )
等です。ご参考に

QNHK 「FMアドベンチャー」でやっていた作品の原作について

 今年の2月11日から2月15日まで、再放送は2月18日から22日までやっていた『不思議屋博物館』という作品の原作について教えてください。
 「百貨店」「旅行代理店」に続く、若手脚本家の競作「不思議屋」シリーズなのだそうですが、「博物館」に限らず、「不思議屋」シリーズにおいて原作、もしくはそれに基づくものがあるのかについて教えてください。
 毎回聞き逃してしまうので、是非文章で読んでみたいんです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もたまに、「青春アドベンチャー」聞いています。
毎日は聞いてませんが、「百貨店」「旅行代理店」「不思議屋」
良かったですね。
ちなみにその週に放送された作品は、来週の夕方にう再放送
されるんですよ(17:45~18:00)。

『不思議屋博物館』は、作者は
細谷ゆかり 『靴の中の砂利』(11回)
原田裕文 『夏の匂い』(12回)
渥美珠巳『くだんが行方不明』(13回)
土屋理敬 『イモ』 (14回)
井出真理『やわらかい時間』(15回)
・・だそうです。
http://www.nhk.or.jp/audio/prog_se_former.html#top

不思議屋百貨店
http://www02.so-net.ne.jp/~motive/adventure.html#19991122-19991203

不思議屋旅行代理店
http://www02.so-net.ne.jp/~motive/adventure.html#20001016-20001027

これまでの「青春アドベンチャー」
http://www02.so-net.ne.jp/~motive/adventure.html

参考URL:http://www.nhk.or.jp/audio/

私もたまに、「青春アドベンチャー」聞いています。
毎日は聞いてませんが、「百貨店」「旅行代理店」「不思議屋」
良かったですね。
ちなみにその週に放送された作品は、来週の夕方にう再放送
されるんですよ(17:45~18:00)。

『不思議屋博物館』は、作者は
細谷ゆかり 『靴の中の砂利』(11回)
原田裕文 『夏の匂い』(12回)
渥美珠巳『くだんが行方不明』(13回)
土屋理敬 『イモ』 (14回)
井出真理『やわらかい時間』(15回)
・・だそうです。
http://www.nhk.or.jp/audio/pro...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報