BL系の小説や漫画が大好きなんですが最近は内容の無い物が多くがっかりすることがしばしばあります。

そこで皆さんのおすすめの作品を教えて頂こうと思いました。

私が好きな作家さんです。

・柏枝真郷 ・榎田尤利 ・英田サキ ・秋月こお
・松岡なつき

漫画では

・石原理 ・円陣闇丸 ・紺野けい子 ・神葉理世
・山田ユギ ・ユキムラ

まだまだ好きな作家さんがいますが一先ずです。
シリアスでも軽いノリのものでも内容がちゃんとある方がいいです。
BLに限らないので面白い作品があればぜひ教えて下さい。よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私もpika916様と同じ思いをよくします。

だから内容をよく吟味してから本を選ぶようにしてます^^;

私がおすすめするのは、まず
●「月と茉莉花」シリーズ(リンクスノベルズ/佐倉朱里・著)
中国風な歴史ロマンです。すごく雰囲気のあるお話でしたよ。
キレイで謙虚で健気な受と、野生的で気性が激しく不器用な攻。二人とも方向性の違う頑固者で、すれ違いもありラブラブもあり、読んでいてあきないふたりでした。まだ2冊しかでてなかったと思います。

●「虹の入江」シリーズも大好きです(パレット文庫/染井吉乃・著)
ピュアでちょっとロマンチックなお話です。ゆったりして暖かい雰囲気で癒されるというか…。歳の差カップルですけど、二人ともお互いにお互いを尊重していて思いあってるのがすごく伝わってきます。たしか5冊ほど出てたと思います。

●「神官は王に愛される」(ガッシュ文庫/吉田珠姫・著)
ファンタジーものです。両思いなのにこんなにすれ違うなんて…!というカンジです。
「激しく切なくそして甘い、一途なロマンス」―というあおり文句通りでしたね~。タイトル通りに王さまが狂おしいくらいに神官を愛しちゃってます。二人の誤解が解けた時はほんとにほっとしました。1冊で完結です。

●「右手にメス、左手に花束」シリーズ(二見シャレード文庫/椹野道流・著)
友情から愛情、友達から恋人になるまでの過程がきちんと書かれていた作品でした。二人が、それぞれの気持ちの違いに気がついた時やとんでもない事態を引き起こしてしまった時とか…ツライこともいろいろあった中でそれを乗り越えた後の幸せ感がなんともいえません。1巻以降どんどん甘くなる二人が読んでいて楽しいですよ。4巻まで出ています。

他にも、
・「旦那様」シリーズ(花丸文庫/吉田珠姫・著)
・「WILD ADAPTER」1~4(キャラコミックススペシャル/峰倉かずや)
・「困った時は星に聞け」全26巻(いちラキコミックス/あべ美幸)
・「SILVER DIAMOND]1~6(いちラキコミックス/杉浦志保)←只今ハマリ中

なんかも、読み出すと止まらないですよ。
ではでは長々とすみませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お返事遅くなり大変申訳ありません!

沢山ご紹介頂きありがとうございました!

こんなにあると選ぶのが楽しいですね~♪どれから読もうかしらw
とても参考になりました。ありがとうございます!

お礼日時:2005/09/25 22:02

質問者さんと同じ意見です。


もうちょっと中身のあるものが並ぶといいのですが。
BLではなくJUNEでジャンルが確立していた頃からBL系を読んでいます。
なので、どうしても今の人の作品に手を伸ばすことが少ないです。
既読でしたら申し訳ありません。


・ごとうしのぶ「タクミくんシリーズ」
元祖学園BLですね。
初めて読んだときは耽美主流の中で異色だった記憶があります。

・桜木知沙子「現在、治療中」「札幌の休日」
シリアスで胸を締め付けられる作品が多いです。
シリアスでも凄く重いものではなく、読み終えたときに暖かい気持ちになります。
北海道を舞台にした作品がほとんどで、ちょっとした小旅行へ行った気分になれます。

・久能千明「月の砂漠殺人事件」「青の軌跡」シリーズ
BL設定を除外しても読める実力派だと思います。
「青の軌跡」はスペースファンタジーの好きな知り合いからも絶賛された作品です。

・五百香ノエル「MYSTERIOUS DAM!」シリーズ
この人もBL設定を除外しても読める作品を多く発表しています。
特に「MYSTERIOUS DAM!」シリーズはミステリが苦手な人でも読みやすいと思います。
時々登場する濡れ場の表現が少し露骨ですが。

・川原つばさ「泣かせてみたい」シリーズ
作品を地味と派手に分けるなら、この人の作品は断然派手な分類に入ります。
少年を中心にしても、青年を中心にしてもスタイリッシュで憧れの対象の代表格だと思います。
自分の経験をフルに生かした作品が多いです。


その他だと御木宏美(「こいきな男ら」シリーズ)も中身があっていいですね。
これは中古書店を探さないと入手困難なのですが菜槻さありの鷹宮学園シリーズをお勧めします。
ありえない考えがとても面白いです。
漫画家だと佐久間智代、南野ましろ、梶原にきが中身のある作品を描いていると思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お返事遅くなり大変申訳ありません!

沢山のご紹介ありがとうございました!
同じです。私もJuneの頃から読んでました。(年バレますね(笑))
昔の小説道場とか出身の作家さん(榎田尤利さんや柏枝真郷さん、吉原理恵子さんなど)てすごく筆力があり読み応えがあったのですが今は軽いノリの物や設定がむちゃくちゃなんが多くて辟易します。
Juneが廃刊になってしまったのが惜しいです。
もっと良い作家さんが出てくるといいですよね。
色々参考になりました。ありがとうございます!

お礼日時:2005/09/25 22:08

私も内容のないものが多くなって辟易しているひとりです。



■小説
夢の卵 / 鷺沼やすな / アクア文庫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4775505 …

わすれな人 / 朝丘戻。/ コバルト文庫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4086004 …
朝丘さんの作品はどれもオススメです。
ネット作家さんなのでサイトに行けば多くの小説が読めます。
買う時間がもったいないと思われるのであれば一度ネットで読んでみても良いと思います。


■マンガ
純情ロマンチカ / 中村春菊 / あすかコミックCL-DX
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048538 …
不覚にも泣きそうになりました。話しの展開が上手い。
現在5巻まで発売中。

SEX PISTOLS / 寿たらこ / ビーボーイコミックス
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4835217 …
最初はとっつきにくい設定かもしれませんが、読めば満足。
現在4巻まで発売中。

ご参考になれば・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お返事遅くなり大変申訳ありません!

沢山紹介頂きありがとうございます!
楽しみが増えてうれしいです。
寿さんは私も好きです。ちょっと変わっていて面白いですよね。

お礼日時:2005/09/25 22:00

こんにちは。


私も柏枝さんと松岡さんの作品は大好きです!
最近は確かにすぐに行為に及ぶものが多いですね。
そういうのは嫌いではありませんが、ティーンの頃は結構な衝撃でした。

私のオススメは

(小説)
・久能千明
「蒼の軌跡シリーズ」「グレイ・ゾーンシリーズ」
・夜光花
「月を抱いた」「灼熱を呼べ」
・椹野道流
「奇談シリーズ」
・奈波はるか
「少年舞妓シリーズ」

(漫画)
最近漫画は読まないので作家さんで、
・如月弘鷹さん
・小田切ほたるさん
・穂波ゆきねさん
・沖麻実也さん

になります。
あとBL作家さんではないですが、
高村薫さん、長野まゆみさん、あさのあつこさんの小説は乙女心を刺激するものがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お返事遅くなり大変申訳ありません!

沢山ご紹介頂きありがとうございます!どれもよさそうですね~どれから読むか迷ってしまいます。
楽しみが増えましたありがとうございます!

お礼日時:2005/09/25 21:58

こんばんは



最近のBLは直ぐに行為に至る、というのが多いみたいですね・・・。
私の好きな(主にこれしか読みませんが)BL小説は
☆つたえ ゆず先生の【好きなものは好きだからしょうがない!!】です。
ご趣味に合うか分かりませんが、ご参考までに・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お返事遅くなり大変申訳ありません!

好きなものは好きだからしょうがいない!!ですね。
確かゲームのやつでしたっけ?
ありがとうございます。参考にしますね!

お礼日時:2005/09/25 21:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(BL)英田サキ DEADLOCKについて

若干ネタばれになるかもしれません。



英田サキさんの「DEADLOCK」シリーズを最近、全て読んだのですが疑問に思ったことがあったので質問させて下さい。
DEADSHOTの最後でユウトがディックに本名を尋ねる所で終わり、結局明かされないままですよね。
その後の番外編、DEADLOCK外伝(ロブ編)で皆がディックのことを「ディック」と呼ぶので、ああ本名もディックだったのか…と思ったのですが、中盤あたりのヨシュアの回想シーンで「本名はリチャードエヴァーソン」と出ています。
つまり皆が‘ディック’と呼ぶのは愛称であって本名はリチャードの方なんでしょうか?
結構大事なことなのにサラッと書かれていてあれれ、どういう意味?と思ってしまってそれからモヤモヤしています。

Aベストアンサー

こんばんは、はじめまして。

リチャードが本名だと思います。
英語で、リチャードの愛称のひとつにディックという呼び方があるんです。

Q榎田尤利さんのオススメ本

先日、榎田尤利さんの漫画家シリーズを全巻読みました。
今まで榎田さんはなんとなく敬遠していたのですが…、とても楽しく読めました。
榎田さんの著書の中で漫画家シリーズのように、コミカルで読みやすい本が
ありましたら、おすすめを教えていただけないでしょうか。
できれば日常的な地味設定で、ヤクザなどハードボイルド的でないものが嬉しいです。
ご存知の方がいましたら、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

コミカルな部分もあるけど、全体的には日常的地味設定&メンタルな感じで、魚住君シリーズはいかがでしょうか。個人的にはとても好きな作品です。でも、長いですし、読みやすいかというとちょっと?かな。

榎田さんのはほとんどが地にしっかり足が付いてて、日常的な設定がしっかりしているものばかりなんじゃないかと思います。
コミカルなのだと、サラリーマン物の吾妻&伊万里のシリーズとか。
ヤクザはでてきますが、交渉人シリーズもハードボイルドと言うよりコミカルです。

Q筒井作品好きにおすすめの作家・作品を教えてください。

筒井康隆さんの作品が好きなのですが、筒井作品好きにおすすめの作家がおりましたら教えてください。

筒井作品を読み始めたのは二年程前からで、短編小説ばかり読み漁っています。
短編の中では、エロドタバタ「欠陥バスの突撃」、エログロ「薬菜飯店」、風刺?「最後の喫煙者」「アフリカの爆弾」、切ない?「佇む人」「母子像」、SF「たぬきの方程式」「関節話法」、SFジュブナイル「時をかける少女」なんかが好きです。
ちなみに、今まで読んだ筒井作品の中で唯一面白くないと思ったのは「愛のひだりがわ」でした。

他にもいろんな作家さんの本を読んでみたいなと思っているのですが、ツボにはまってしまった筒井作品があまりにも独特なので、他にどんな本に手をつけていいのか悩んでいます。
参考までに、私は現在大学四年生の女子です。
小中学生の頃はファンタジーを中心に児童文学を読んでいましたが、高校・大学生になってからは恥ずかしながら読書とは無縁の生活を送ってきました……。

作家さんでなくおすすめの作品でもオッケーです。
ジャンルは特にこだわりませんが、がっつり恋愛やがっつりホラーな本は読める気がしません。
おすすめの作家・作品がありましたらお願いします。

筒井康隆さんの作品が好きなのですが、筒井作品好きにおすすめの作家がおりましたら教えてください。

筒井作品を読み始めたのは二年程前からで、短編小説ばかり読み漁っています。
短編の中では、エロドタバタ「欠陥バスの突撃」、エログロ「薬菜飯店」、風刺?「最後の喫煙者」「アフリカの爆弾」、切ない?「佇む人」「母子像」、SF「たぬきの方程式」「関節話法」、SFジュブナイル「時をかける少女」なんかが好きです。
ちなみに、今まで読んだ筒井作品の中で唯一面白くないと思ったのは「愛のひだりがわ...続きを読む

Aベストアンサー

筒井康隆好き、ということを念頭に置いておすすめするならば

清水義範
「永遠のジャック&ベティ」「シナプスの入江」「バールのようなもの」「深夜の弁明」「虚構市立不条理中学校」
最後を除き、どれも短編集です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E7%BE%A9%E7%AF%84

R・A・ラファティ
「9百人のお祖母さん」「どろぼう熊の惑星」
乾いていてぶっとんだユーモア満載のへんてこなSFです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/R%E3%83%BBA%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%86%E3%82%A3

他に
伊坂幸太郎、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%9D%82%E5%B9%B8%E5%A4%AA%E9%83%8E
奥田英朗、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E7%94%B0%E8%8B%B1%E6%9C%97
篠田節子
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%A0%E7%94%B0%E7%AF%80%E5%AD%90

筒井康隆好き、ということを念頭に置いておすすめするならば

清水義範
「永遠のジャック&ベティ」「シナプスの入江」「バールのようなもの」「深夜の弁明」「虚構市立不条理中学校」
最後を除き、どれも短編集です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E7%BE%A9%E7%AF%84

R・A・ラファティ
「9百人のお祖母さん」「どろぼう熊の惑星」
乾いていてぶっとんだユーモア満載のへんてこなSFです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/R%E3%83%BBA%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%86...続きを読む

Qオヤジ受けのBL小説・BLマンガを探しています!

オヤジ受けのBL小説・BLマンガを探しています。

おやじ受けといっても、漢っぽいおやじ受けではなくて、ちょっと疲れたリーマンというか、弱弱しい感じの人というか…。
年齢は30歳以上で。
そして、相手の攻めは、できれば年下くん。年下も年下、学生×おやじ、という設定があったら是非、教えていただきたいです!
と、こんな私の好みにあったものはないと思いますので、とにかく、おやじ受け(漢っぽいのだけはダメです…)の小説・マンガがありましたら教えて下さい!

よろしくお願いします!

世界を広げたいので、あえて、好きな作家さん等は書きません。

Aベストアンサー

http://sommelier.awe.jp/
ソムリエスレまとめサイト

BL本をいろいろな条件で検索できます。

あと、作家でいうと、直野儚羅さんとか木原音瀬さんとかがよく書いていると思います。

Qジャック・ヒギンズ氏の作品で、リーアム・デヴリンが登場する作品を全て読

ジャック・ヒギンズ氏の作品で、リーアム・デヴリンが登場する作品を全て読みたいです。教えてください。よろしくお願いします。ショーン・デイロンシリーズは、読み終わりました。鷲は舞い降りた・飛び立った以外の作品をお願い致します。

Aベストアンサー

かなり古いので新刊で入手できるかどうかはわかりませんが・・・

「テロリストに薔薇を」ハヤカワ文庫1991年発行。
「黒の狙撃者」ハヤカワ文庫1992年発行。

古本でいいなら結構安く売られてるので入手は容易です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報