笑いとユーモアにあふれる楽しい小説を探しています。
シュール、ブラック、ほのぼのなど、笑いのジャンルは問いません。とにかく面白くて笑えるものをお願いします。

ジョン・アーヴィングは近いですがちょっと違います。
最近の日本の作家だと奥田英明のイン・ザ・プールが近い感じでした。
日本で言うと筒井康隆の短編が近いかもしれません。
映画だとウディ・アレンやモンティ・パイソン、
また小説ではありませんが、お笑いだとダウンタウンのコントの感覚が、私の求めるセンスに近いです。
詳しい方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

こういった小説を指定するのに適当な言葉が思いつかなかったので、とりあえずは「ユーモア小説」とさせていただきます。
最近はミステリーとかホラーが流行でこういったタイプの小説がもっと出てきたらいいのになと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

こんにちは。



先日、他の方の質問にも これをオススメしましたけど
朱川湊人さんの『花まんま』です。
ホラー?っぽいのですが、おもしろかったんです。
大阪弁で語られるのと なんだかノスタルジーを感じるようなかんじで 中にはジーンとくるのもありました。

あと、一番最近読んだ
『フライ・ダディ・フライ』
これも一気に読みました。
最近、映画にもなっているようですが、原作はおもしろかったですよ。

『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』私も読んでおもしろいと感じたので、上記2作も楽しんで頂けるのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは面白そうですね!!大阪弁というのはいいですね(実はぼく大阪人ですので…)。さっそく探してみます。フライダディフライは原作があったんですね、ぜひ読んでみようと思います。

お礼日時:2005/09/28 11:46

田中哲弥さんの「大久保町の決闘」「大久保町は燃えているか」「さらば愛しき大久保町」の大久保町3部作は如何でしょうか?


兵庫県明石市大久保町を舞台とした?ほぼシリアスのかけらもない小説です。
残念な事にamazonで調べた限り古本でしか手に入らないみたいですが・・・
同じ田中さんが翻訳している「悪魔の国からこっちに丁稚」も笑えます!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これはタイトルからしておもしろそうな本ですね…。でも、絶版ですか。ブックオフで探してみます。

お礼日時:2005/09/28 11:49

浅田次郎さんの「椿山課長の七日間」はどうでしょうか?


人情物語で、笑いあり、涙あり、さらっと読めて、
とても、面白い本です。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サラリーマンものは個人的に大好きなのでこれもきっと楽しめると思います。読んでみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/28 11:47

新井素子さんの「・・・絶句」と「結婚物語」「新婚物語」はいかがですか。



「・・・絶句」は作者が小説を書いていると、登場人物達が全て実在化してしまい騒動を起こすという内容です。みんな特殊能力を持っています。
コメディーなのですが、動物愛護の問題等ちょっぴり考えさせれる部分もありライトノベルズなんですが結構読み応えありますよ。

「結婚物語」「新婚物語」は作者の結婚前、後を小説化したものでどこまで本当?と思うぐらいおかしいです。
でも「こんなこと、あるある!」と思うような内容満載です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なかなか面白そうですね!新井素子さんは名前だけ知ってました。さっそく探してみます。

お礼日時:2005/09/28 11:44

『どすこい。

』(京極夏彦/集英社文庫)
『銀河帝国の弘法も筆の誤り』(田中啓文/ハヤカワ文庫)
『蹴りたい田中』(田中啓文/ハヤカワ文庫)
『怪笑小説』(東野圭吾/集英社文庫)
『毒笑小説』(東野圭吾/集英社文庫)
『超・殺人事件―推理作家の苦悩』(東野圭吾/新潮文庫)
『黒笑小説』(東野圭吾/集英社)

 思いつくままにつらつらと挙げてみました。パロディばかりです。
 『どすこい。』はのっけからお相撲さんのインパクトがすごいです。
 田中啓文のはSF色の強いエログロで駄洒落ばっかのしょうもない短編集です。『蹴りたい田中』は綿矢りさの『蹴りたい背中』のタイトルのパロディですが、内容はまったく関係ありません(笑)。
 東野圭吾のもすべて短編集です。作風の幅が広くて、いろんな笑いがありますが、全体的にはブラックユーモアものが多いです。『怪笑小説』所収の『あるじいさんに線香を』は『アルジャーノンに花束を』のしょうもないパロディのはずなのですが、最後は何故か感動してしまいました(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんご紹介いただきありがとうございます。「どすこい。」は名前だけ知っていたのですがあまりのインパクトに手に取るのをためらっていました。が、早速読んでみます。原典を知らない作品も多いのですが、アルジャーノンは読んだことあるのでまずは「あるじいさんに線香を」と、手始めに東野圭吾あたりをを読んでみます。

お礼日時:2005/09/27 09:06

 こんばんは。



 あの……ちょっと「小説」とは外れるんですが、「古典落語」を読んでみたら如何でしょう。講談社文庫で6冊出てます。聞くのが一番ですが、読むのもなかなかですよ。それにやっぱり、日本語きれいです、面白いです、調子いいです。
 ご参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いいですね。落語は聴いてみたいなぁと思いつつなかなか踏み出せなかったですので。これをきっかけにぜひ読んだり、聞いたりしようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/27 09:02

戸梶圭太さんはかなり笑えます。

『牛乳アンタッチャブル』は某牛乳会社事件をそのままパクってる感じです。かなりはちゃめちゃな感じですよ。
結構するする読めちゃう作家さんだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めて聞く作家さんですが、おもしろそうですね。ぜひ読んでみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/26 21:55

笑えるかといわれれば微妙なところですが


星新一なんかはどうでしょう。
短編ばかりだから読みやすいし、シュールですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。星新一はぱらぱらと読んだことがありますが、今度まとめて読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/09/26 17:59

清水義範さんなんかどうでしょう?


鋭いツッコミ感で笑えるけど、納得させられてしまいます。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/eien/shimizu.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンク先見ましたが、なかなかおもしろそうですね。探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/26 17:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリズムがよく流れるように読める小説or表現や言い回しの面白い小説orユーモアあふれる文体の小説を探しています。

最近小説に興味を持ち、出来れば書いてみたいと思って手本にする文章(作家さん)を探しています。

そこで、リズムがよく流れるように読める小説or表現や言い回しの面白い小説orユーモアあふれる文体の小説に少しでも心当たりのある方、どうか教えて頂けないでしょうか。
多く兼ねそろえているモノだとなおいいです。

ジャンルは一切問いません。純文学、ライトノベル、短編長編、小説でさえあればなんでもいいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

自分が今まで読んできた中ですと、森見登美彦さんの小説が
そういう雰囲気でした。
もしかしたらすでに読まれているかも?
時代がかったような古くて臭い言い回しを妄想の力で怒濤のように
読ませてくれる、洒落っ気の効いた作品が多いです。
デビュー作の四畳半神話体系、新作の有頂天家族などおすすめです。

Q筒井康隆、又は星新一の小説のタイトル

筒井康隆、もしくは星新一の短編小説で、「ある種の犯罪(思想犯?)を犯したものは植物(樹)に
されてしまう」という設定で、主人公の男性の妻が「樹」にされてしまい、その妻(樹)との淡々とした会話で進んでいく物語だったと思うのですが、作家が筒井康隆なのか星新一なのか、またタイトルも思い出せなくて。。。でれか、教えてくださいまし。。。

Aベストアンサー

 うーむ、筒井さんの『佇む人』かなー。
 そうとすれば『鍵―自選短編集』(角川ホラー文庫)に所収されています。

Qコメディー お笑い系の小説 新人賞

コメディー、お笑い系の小説を書いているのですがどこに応募すれば良いのか分かりません。
自分なりに調べたのですがなかなか見つからず…あまり募集していないのでしょうか?
どなたか詳しい方教えてください!

Aベストアンサー

エンターテインメント全般を対象にしている新人賞に応募すればいいのではありませんか?

新人賞一覧
http://kobo-joho.jpn.org/kobo/
http://mercator.ifdef.jp/entryindex.html
http://shinjinsho.seesaa.net/

Qジョン・アーヴィングの『ガープの世界』

先日、ジョン・アーヴィングの『ガープの世界』を読了しました。

実は本作を読むきっかけとなったのは村上春樹氏の作品です。
『そうだ、村上さんに聞いてみよう』というQA集ような作品の中で彼は「ジョン・アーヴィングの小説の『ガープの世界』のT.S.ガープは「人生は不治の病に過ぎない」と言ったけれど~」と書いていました。
しかし、読了した今思い返してみてもそのようなフレーズが出て来た記憶がありません。
どこかで見落としたのでしょうか
あるいは村上春樹氏の記憶違いでしょうか?

ご存知の方いましたらご教示ください。

Aベストアンサー

ググって引用サイトを見てみました。
"But in the world according to Garp, we are all terminal cases."
が一番近いのではないかと思います。

Terminal caseというのは、末期の患者のことです。

参考URL:http://www.goodreads.com/work/quotes/1028204-the-world-according-to-garp

Q切ない小説を探しているのですが、切ない小説にすると恋愛小説ばかりが出て

切ない小説を探しているのですが、切ない小説にすると恋愛小説ばかりが出てきます。
オススメの切ない小説ありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

東野圭吾の「秘密」は読まれましたか?

映画にもなっているし今度はドラマにもなるようですが。

かいつまむと、交通事故をきっかけにして死んだはずの母の心が娘の体に入ってしまいます。その日から夫は、体は娘で心は妻という奇妙な関係で生活し、心は戻らないまま娘は成長します。夫婦のつながりを大切にしたい夫と、自分は娘として生まれ変わったと気持ちを切り替え男女交際を含む学生生活を楽しむ妻。衝突と心の葛藤。そして結末はとても切ないです。夫婦ではありますが、恋愛とは違った心の機微が描いてあり、読むたびに切なくなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報