人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

陶芸用の窯(薪窯)の作り方を知りたいのですが、詳しく解説している書物、あるいはサイトをご存知の方情報いただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私自身も大小10個程度の薪窯を設計したり、自らつくりました。



苦労した分喜びも大きいですから、ご自身で試行錯誤されることをお勧めします。とはいえ、どこに手を掛ければよいかすら分らないと試行錯誤の仕様もないですよネエ。

本では 阿部出版 「炎芸術」陶芸パワーブックス『薪窯焼成のすすめ』

    双葉社  「陶磁郎Books」やきものをつくる 窯の焚き方・つくり方

  の2冊あたりをおすすめします。

サイトはキーワード(築窯・などで)探せばいろいろあると思いますが、とりあえずひとつ 下に掲載します。
  http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/5695 …

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/5695 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
ご紹介いただいた書籍取り寄せて参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/10/07 10:49

雑把なないようしかお知らせできないのですが



しらき洋一 陶芸のための科学・築路用セラミック
窯業協会(現在は.セラミック学会?)窯業ハンドブック

伝熱の問題は.「化学工学」関係ならどれでも載っているでしょう。
発生熱と排気熱の計算は.配管ハンドブックのボイラーの設計を参照。燃料の熱量は乾燥重量は100%セルロースで何とかなるはず。

窯の形態としては登り窯と穴窯と瓦窯の3種類があります。焚いてみて温度が低い・温度が高いを見て.風通しの状態を変更します。ですからこちらはやって見なければわからない状態です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/10/07 10:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自作陶芸窯の温度が上がりません

内部寸法380WX500DX300Hぐらいの陶芸窯を耐火レンガで作りました。
試し焼きをしたところ900度以上にどうしても上がりません。
バーナーは新富士の草焼きバーナー(1800度対応)を使用。小さな窯なので1250度は簡単にでるだろうと思っていましたが、900度から上に行きません。バーナーを開けると煙突から40cmぐらいの炎が出て逆に温度が下がってきます。内圧に対して煙突が細いのだろうか、バーナー自体には火力があるので排気をもっと取らなくてはいけないのか?と素人考えで思っていますが、どなたか詳しい方アドバイスいただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

炎の勢いが速すぎかもしれません。

つまりえらい勢いでガスが吹いていくので、炉内に短時間しかとどまらず熱が伝わる前に排出されてしまうというものです。
また噴流に周囲の空気が引きずられて燃焼とは関係ない新気と排気が多量に発生して炉内を冷やしている可能性も高いかと思われます。
(バーナーのノズルがあまり温度が上がらないのと同じ・・・・炉がノズルの延長みたいになっているかも)

対策としてはもっと炉を広くするとかバーナーの勢いを弱める・・・つまりバランスの話になるかと思います。
バーナーのノズルですが、草焼き用ということは遠くへ飛ばすタイプかと思われます。
もう少し形状の違うノズルにするとか炎の通り道に煉瓦とかおいてスピードを緩めるとか・・・・・そんなとこからやってみるというのはいかがでしょうか?

Q手造り石窯の窯土用の土を探してます

手造りで石窯を作ろうと思っています。一通りは物の本で勉強したんですが、計画の窯が比較的小さいので、耐火煉瓦では窯の丸みがうまく出せない(レンガのカットが大変だ)と思うので粘土または赤土を練って造ろうと考えてます。それようの粘土または赤土がほしいのですが販売してるところを探してます。どなたか教えてください!

Aベストアンサー

パンやピザの窯でしたら 道具土 または耐火モルタルのみでも可能でしょう。
道具土はすでに練ってある状態で売られています。耐火モルタルは粉末状で水を加えて練ります。

ただどちらも乾いただけでは固まらないので、実際に使用して5~600度以上の熱を加えないと硬化しませんそれもおそらく内側だけで外側は土が乾いたままの状態になると思います。

耐火セメント(キャスタブル)は普通のセメントと同じように一定時間がたつと固まるので手早く作業する必要はありますがかたまったあとは多少の雨が当たっても大丈夫です。

ご質問の赤土などを加えるとどうなるかですが、耐火性が低くなります。しかしパン窯程度の温度で窯を固めるには2~3割加えたほうが良いと思います。

陶芸用の粘土にも耐火度がいろいろあります一般の方にはむつかしいでしょう。

作業性から見て耐火モルタルにその辺の土をふるって混ぜて練るか、耐火セメントを練って使うのが良いのではと思います。

どちらにしてもアーチ(ドーム)の型をしっかり作って手早く作業することです、
尚モルタルは練り直しがききますが、セメントは固まってしまうとやり直しができません。

ちなみに私は陶芸のマキ窯を10基ほど作りました。

パンやピザの窯でしたら 道具土 または耐火モルタルのみでも可能でしょう。
道具土はすでに練ってある状態で売られています。耐火モルタルは粉末状で水を加えて練ります。

ただどちらも乾いただけでは固まらないので、実際に使用して5~600度以上の熱を加えないと硬化しませんそれもおそらく内側だけで外側は土が乾いたままの状態になると思います。

耐火セメント(キャスタブル)は普通のセメントと同じように一定時間がたつと固まるので手早く作業する必要はありますがかたまったあとは多少の雨が当た...続きを読む

Q透明釉薬の作り方

自分で作る透明釉のレシピを教えてください。
長石や灰を使うんでしょうか?
何分、素人なので分かりやすくお願いします。

Aベストアンサー

>温度はたぶん1200度ぐらい(電気釜、酸化)。
SK4a-6a程度。多分1200度までの窯が1250度用窯よりも低価格なので.最高使用温度1200度の窯でしょう。

>チューブ入り下絵の具
5色セットならば.スピネル系顔料ですから.中性から酸化の雰囲気。物によっては1140度(SK4a)が限界。

>信楽の白
加工土ならばコバルト入りで鉄が1-2%含まれている。天然土ならば.コバルトなしの鉄が1%未満。

>3号釉1kg
多分.マルニかシンポのSK7-10用石灰系透明釉でしょう。
減量が覚えていないので.次の方法で試してください。多分1割程度以下の分量の亜鉛華を入れると大体ご希望の温度用の透明ゆになります。
暖炉の灰は土灰といい.主成分が水酸化カルシウム・酸化カルシウムです。水でさらして.アルカリを溶かすだけ溶かしてから使いますから.成分が安定しません。
藁灰は.99%二酸化珪素で近似できます。温度を上げるだけです。

大雑把では.
2割石灰.3割石英.2割長石.残りがカオリンがSK5用.
1-2割石灰.1-2割石英.長石が3-5割.残りがカオリンがSK7-10用
です。3号石灰の意味は.元となる釉薬1単位(1斗.18リットル)に対して.石灰を3合(1合=180cc)入れたという意味ですから.元の釉薬13合に対して.2合の石灰を入れれば.大体SK5で透明ゆになると見当がつきます。

が.うまくいくかどうかはやってみないとわかりません。
土灰は鉄を含むので色が黄色くなりやすいので.
>白地にくっきり
といかない場合があるから.代用として.亜鉛華を使います。
3合石灰を10gぐらい計って.亜鉛化を0.2g間隔で0.5gから2gの間で添加して.実際に焼いてみるて.素の割合で.3合石灰に亜鉛化を加えて.作る

という作業を行って作ります。

実際のところは.窯によって多少変化します。亜鉛化が入っているとスピネル顔料が消えることがあるので.テストピース(色見本用小さな破片)に線を1そろい書いて.ためしに作った釉薬をかけて.窯で焼く
焼いて.うまくいったらば.この兆合でたくさん作る。

となります。テストピースに消えない文字として.何かを書く(テストピスの番号を書いておく)場合には.酸化コバルト(群青色の陶芸用顔料)を使ってください。ただ.コバルトは値段が高いです。

本格的に作るのであれば.
上皿天秤(100g用で7000円から1万円)と薬しゃじ(100円ぐらいかな)と薬包紙1束100円と小さな乳鉢を5個か10個.1個300円から500円ぐらいかな。
参考書としては.しらきよういち.陶芸のための科学
でしょうか。

関東地方の方ならば.栃木県益子町の益子焼組合で.「ナミ白」という釉薬がたしか1リットル200-500円くらいなので.石油缶持参で買いに行く(1リットルの計り売り)と1万円くらいでおつり。ただし.この釉薬は鉄が2-3%含むので.全体的に黄色っぽくなります。亜鉛化が20kg1袋で.今いくらかな。昔は5000円ぐらいだったのですが。乳鉢は400円だったのです。ただし.私が使う分をすべて手元にそろえてしまったので.現在の価格はわかりません。
液体なので.十分かき混ぜて.プラスチックヒーカーに半分(100cc)とって.亜鉛化を3g計って.混ぜて....という作業になるでしょう。

加える粉(亜鉛化)に少し食紅を混ぜておくと.きれいに混ざったかどうか.見るのに便利です。

ただ.低温釉を購入したほうが試し焼きの代金を考えると.安くなりませんか。ゼーゲル式を書いておきます。
0.20K2O
0.70CaO
0.10MgO
0.40Al2O3
3.50SiO2
素木洋一.釉とその原料.p456.ぎほうどう(1968)
5058-15005-1419
M2O+MOの内適当に亜鉛化で置きかえれば.大体温度が下がります。

>温度はたぶん1200度ぐらい(電気釜、酸化)。
SK4a-6a程度。多分1200度までの窯が1250度用窯よりも低価格なので.最高使用温度1200度の窯でしょう。

>チューブ入り下絵の具
5色セットならば.スピネル系顔料ですから.中性から酸化の雰囲気。物によっては1140度(SK4a)が限界。

>信楽の白
加工土ならばコバルト入りで鉄が1-2%含まれている。天然土ならば.コバルトなしの鉄が1%未満。

>3号釉1kg
多分.マルニかシンポのSK7-10用石灰系透明釉でしょう。
減量が覚えていないので.次の方法で試してくださ...続きを読む

Q陶芸用窯用レンガについて

楽焼用の円筒窯を作りたいのですがレンガの選定について教えてください。いわゆる耐火・耐熱レンガを使うのが常道だと思いますが高価ですね。そこで安価なガーデニング用の赤ランガなどが使えないものかと思案しています。ご経験のある方のアドバイスをお待ちしています。ちなみに耐熱度は900度C程度で十分です。使用する接合材および充填材についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

質問に対する回答を重ねる前に、補足いただいた内容に誤解があるようですのでそちらの説明から。

「私の経験ではテラコッタを成形したものは風乾後に10%前後寸法収縮しますが、その後に素焼き(800度)した際にはそれ以上の収縮はほとんどしません。」とありますが、間違いです。
濡れた粘土等で形成後、乾燥することにより粒子間の隙間がつまり、形成した物自体の寸法が大きく縮むことはもちろん補足いただいたとおりですが、その単なる乾燥による縮小と比率が同一なわけではありませんが、粘土等の素材により収縮率は異なりますが焼成することでさらに形成物は縮小しますよ。
同じ陶芸作品を900度で焼き上げた場合と、1200度で焼き上げた場合とでは、出来上がる物の寸法は違ってきます。
ですが、これは本来のご質問の赤レンガと耐熱レンガの違いの説明とはまったく異なります。

単体形成物の熱による縮小というのは、焼き物の器一つ、レンガ一塊をそっくり釜に入れ高熱をかけ、全体を加熱後に冷めた場合の元の寸法との比較としての縮小を指します。いわば一つの固まり全体を均等に加熱し、均等に放熱・冷却した場合の変化ですよね。

が、ご質問は赤レンガを陶芸釜の材料として使用された場合とのこと。
説明するまでもなく釜をレンガで作る理由は耐熱はもちろん、断熱の意味もあります。釜内部が数百度~千数百度になった場合も、釜の外面はそこまで熱くはなりません。当たり前ながら断熱機能が働いているからです。

物質は全て温度のより膨張・収縮を起こします。ただその程度は物質により違いはありますが。
均一、単一の物質も、加熱された部分とされない部分では膨張の程度が異なります。
赤レンガを例にとっても、直接高熱に曝される釜内部に接する面と、釜の外部に露出する面とでは膨張の程度が異なります。
赤レンガはこの比率が高いので、釜に使用した場合、内部と外部で膨張率の違いにより大きく歪みが生じます。これがひび割れを始め、繰り返し使用し膨張、冷却を繰り返す中での「もろく崩れ去る」原因となります。

水を張った田んぼの泥が、水涸れと共に泥が乾き亀裂を生じるのも、お正月の飾り餅が大きな固まりなほど、乾いていくると大きなひび割れを生じるのも、内面と外面で乾燥(収縮)の度合いが異なり、ひずみが出来るからですよね?

耐熱レンガというのは、その熱による膨張率の少ない素材によって、しかも高熱で形成されているのです。
この膨張率の変化が少なく、熱伝導性の少ないレンガほど使用される用途として求められる場面が限られ、特殊レンガとして単価も高くなります。
赤レンガとセラミックの違いといえばわかりやすいでしょうか?

陶芸を嗜まれているのであれば、練り方や水分のムラ、あるいはマッグカップの本体と取っ手の部分の粘土素材を異なる物で作ったりした際の、あるいは単一の物を釜の中に配置しても火口の近くに配置したばかりに直に熱が当たりやすい方とその陰になる方とで歪みが生じて割れてしまうなど、この「ムラ」「膨張率の違い」がひび割れに繋がることは、身をもって体験されているかと思いますが?

質問に対する回答を重ねる前に、補足いただいた内容に誤解があるようですのでそちらの説明から。

「私の経験ではテラコッタを成形したものは風乾後に10%前後寸法収縮しますが、その後に素焼き(800度)した際にはそれ以上の収縮はほとんどしません。」とありますが、間違いです。
濡れた粘土等で形成後、乾燥することにより粒子間の隙間がつまり、形成した物自体の寸法が大きく縮むことはもちろん補足いただいたとおりですが、その単なる乾燥による縮小と比率が同一なわけではありませんが、粘土等の素材により...続きを読む

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Q陶芸の釉薬について

色釉の調合をする時は基礎釉100%に対してのパーセンテージで酸化物を添加する方法が分かりやすいって本で読みましたが、例えば基礎釉に1%の酸化物を添加する場合、1リットルの基礎釉に10グラムの酸化物を添加するという事で良いのでしょうか?
初歩的な質問で申し訳ないですが、頭がこんがらがってます。ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

>比重計も持っております。
使い方と有効桁の問題をご存知として.

普通の釉薬の原料の平均的な真比重が2.5.
釉薬と水の割合が.いろいろ有りますが.大体1対1.
ということを念頭において。
まず原料の水と混ざっている釉薬の比重を測定します。
一定の量を測りとって.素焼きの鉢にても入れて.水を飛ばして.(本来は110度C2時間でこうりょうしますが).乾燥後.再度重さを量ります。
これで.全体量と水分量の重さがわかりますが.原料の新比重を先に上げた2.5として.原料の容積を推定します。

以上の作業により.適当に計り取った水の混ざっている釉薬の水を除いた重さと混ざっている水の量が計算で求められます。釉薬の沈降が早くてきれいに計り取れない場合には.セロゲン(大文字のCMC)等の沈降防止剤を使用してください(目安として.目いっぱい強く攪拌して.1%セロゲン水溶液を少し足してゆくと(足してせいぜい30秒程度で全体に均一に分散するような強い攪拌が必要).ある時に急激に粘性が下がります。この分量が小文字のcmcです。小文字のcmcの2倍量のセロゲンを足して.十分かき混ぜて.更に同量のセロゲンを足してください。ここまで行うのに10分程度の短時間で終了すること。かき混ぜが不充分だったり.投与量にばらつきがあったりすると.変なだんりゅうが出来たりして始末に困ります)。セロゲンのナトリウムが妨害になる場合があります。そのときには.うどんこ糊でも馬鈴薯でんぷん糊でも使ってください。

以上の捜査により.適当に容積で計りとった水の混ざっている釉薬に含まれている.固体の重さ(乾燥重さ)がわかりますから.乾燥重さに対して必要な材料を1%なり2%なり添加します。ところが.この「1%」の重さが実は10mgとか5mgとかの分量になってしまうと.上皿天秤が使えません。どうしても化学天秤などが必要です。が.化学天秤なんて面倒なものを使えませんから.手抜きします。
100倍ぐらいに薄めたセロゲン1%(1%でなくても良いですよ。どうせきれいに解けませんから)の水溶液に.2g程度の添加するものを入れます(普通の上皿天秤は100gなので.2g以上でないと性格に計れない)全体の量を100mlとすると.1mlをコマゴメピペットで計りとると.0.02g取れます。注意点として.コマゴメピペットの精度は2桁ないのです。どのくらいの分量になるか.は.あらかじめ何mlとると.何グラムかを天秤を使って校正しておいてください。
注意点として.
吸い取る量と吐き出す量は異なること。特に粘度が変化すると即変化するので.セロゲンがカビて使えなくなるまでの2-3日に1回校正すること。というか.2-3日で全部終わるように実験計画をたてること。
取り出すときの圧力とたれている時間で吐き出す量が変化するので.常に一定の量を測り取れるまで.天秤とにらめっこして練習すること。

最後にセロゲン溶液の作り方。
ポリビンを1つ用意し.どこまで入ったらばたとえば500mlであるかを調べて.あらかじめ線を引いておくこと。注意点として.傷つけてはならない。
中に煮沸殺菌済みの室温程度の水を2-3割程度入れる。
セロゲンを1%分(500mlビンならば5g.実際にはうまく解けないので1gでも同じようなものです)入れて.手で振ります。多分.中身は塊になるはずです。
手で握りつぶすなり.素足でポリビンを踏むなりして.内圧をあげます。すると.一部分解けます。これを何回か繰り返します。あきたらばやめます。1週間も続けていると解けます。翌日も翌々時つも解け方が代わらないと感じたら.水を2-3割足してください。最後に全部解けたらば.規定の水を足します。
腐る可能性があるので.開封しないこと。腐ったらばあきらめてください。防腐剤は今は何でしょうか。昔はホルマリン1%を使っていました(だから手に触れると痒くなる)。
「煮沸殺菌済みの室温程度の水」を「煮沸殺菌済みの室温程度の水を使って作った1%ホルマリン溶液と読み替えてください」

焼き物等の化学工学では.乾燥原料1kgあたり....と計算します。もし.関係したどなたかにそうだんすることがあるならば.乾燥原料1kgに対して水をどのくらい.....と整理しておくと楽でしょう。

>比重計も持っております。
使い方と有効桁の問題をご存知として.

普通の釉薬の原料の平均的な真比重が2.5.
釉薬と水の割合が.いろいろ有りますが.大体1対1.
ということを念頭において。
まず原料の水と混ざっている釉薬の比重を測定します。
一定の量を測りとって.素焼きの鉢にても入れて.水を飛ばして.(本来は110度C2時間でこうりょうしますが).乾燥後.再度重さを量ります。
これで.全体量と水分量の重さがわかりますが.原料の新比重を先に上げた2.5として.原料の容積を推定します。

以上...続きを読む

Q木のお風呂の作り方

北米在住しています。主人は日本語のできない日本のお風呂好きで、とうとう、家に自分で日本のお風呂をつくるんだ、といきまきはじめてしまいました。そこで主人は私に、インターネットで、木製のお風呂の作り方をさがせ、というのですが、そんなものはなかなかみつかりません。主人としては、製作最中の写真がのっているものや、箱型のお風呂の角の部分がどのようになっているのかが見えるように大写しになっているものがみたいそうです。

なにかいいアドバイスがあれば、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

湯船はどうやって作るの?
“樹脂浴槽の成形方法”
http://www.toto.co.jp/tips/2000/02/20.htm

浴室の作り方
http://www1.tmtv.ne.jp/~kadoya-sogo/housing12-room-bath.html


http://www.kis.janis.or.jp/~miura/main.html

↓ここにもあるんですが、何も本格的なものにしなくても「タライ(桶)風呂」とかでいいのでは?
と思いますが・・・。
材料費も安いのではないかと・・・。(たぶん)
外国では「ワインの樽」を半分に切って使用できるかと思います。
日本では日本酒の樽、梅干を製造している企業から譲り受けた樽などを使用したと聞いたことがあります。
http://www.sonan.jp/index.html

木製浴槽に要注意
http://www.arita.com/ar/archives/000214.html

http://www.scrio.co.jp/bath_zyuki/

http://www.kishinan.co.jp/seikatsu/quality.html

http://www.kishinan.co.jp/seikatsu/howto.html

http://www.lvtomato.jp/hiba-furo.htm

切りがないので、ここら辺りでやめときます^^;
「木製浴槽 制作」「木製浴槽 日曜大工」「木製浴槽」「木製浴槽 設計図」などで検索してみましたが、きちんとした設計図が載っているのはないような???
根気強く見ればあるかもしれないです。

あとは、日本のお風呂=木製になっているようですが、石風呂はよく露天風呂にもありますよね?
露天風呂=石風呂っていうイメージが私にはあるのです。
そうなると、大きな石を組んで作るという方法もあるのでは?とも思います。
木製の場合、熱で燃える、焦げる・・・などをとっても気を付けないといけないですが、石の場合は木製よりは気にしないでいいかな?って、素人判断ですが思います。
(浴槽は出来たけど、給湯ではない場合はどのように水をお湯にするかですよね・・・?これの方が浴槽を作るより難しそう・・・)
五右衛門風呂はもっと日本らしいですけど・・・^^;;;
しかし、大変なことを思い付きましたね^^;(楽しそうですが・・・)
あまり無理しないように頑張ってください。

湯船はどうやって作るの?
“樹脂浴槽の成形方法”
http://www.toto.co.jp/tips/2000/02/20.htm

浴室の作り方
http://www1.tmtv.ne.jp/~kadoya-sogo/housing12-room-bath.html


http://www.kis.janis.or.jp/~miura/main.html

↓ここにもあるんですが、何も本格的なものにしなくても「タライ(桶)風呂」とかでいいのでは?
と思いますが・・・。
材料費も安いのではないかと・・・。(たぶん)
外国では「ワインの樽」を半分に切って使用できるかと思います。
日本では日本酒の樽、梅干を製造してい...続きを読む

Qステンレスの溶接

ステンレス寸胴にステンレスのフックを取り付けたいのですが
アーク溶接で溶接は出来るでしょうか?
先日、ホームセンターでステンレス用溶接棒が売っていたのですが
100Vのアーク溶接機で溶接は可能でしょうか?
鉄の溶接はちょくちょくしますが、
技術的には日曜大工程度です。

Aベストアンサー

理論的には可能ですが、失礼ながら日曜大工程度の技と100Vの溶接機では無理のような気がします。
練習して挑戦するのも面白いとは思いますが、ダメにする覚悟が必要かと思います。
アークのステンレス溶接は慣れていないと難しいですし(鉄とは要領が違います)、お互いの材料の厚みが最低でも2ミリ程度はないと難しいです。
ステンレスの溶接はほとんどの場合TIG溶接という方法で行います、物や状況に応じてステンレスワイヤーでの半自動溶接もできます、ステンレスのアーク溶接は通常は工場などで行うことは少なく(仕上がりが悪い、難しい)、主に現場用が多いです。
ステンレスは溶接した部分が黒く変色しますので気になるなら磨く必要があります(ヤスリ紙、コンパウンド、電解研磨など)
お近くにステンレス溶接をやっている工場などを見つけて依頼するのが1番確実ですし、ボルト留めで取り付けることを考えるのも手です。
溶接をやっている工場でも、持ち込み単品の仕事をしない、いやがる所も多いので注意が必要です。


人気Q&Aランキング