最新閲覧日:

「うちのママがいうことには」でハマって
今すごく岩館真理子さんの作品を集めようと意欲満々です。
オークションや古本屋さんでちらほら買ったりしましたが
岩館さんの作品は文庫だったりマーガレットコミックスだったり
全集ちっくだったりと、どう買えばいいのかがよくわかりません。
また、初期と今ではかなり違うみたいなので
「うちのママ」や「キララのキ」のような絵柄のものを多く集めたいのですが
どう買えばいいのでしょう?

いまは「うちのママ」ワイド版全5巻
   「子供は何でも知っている」文庫全2巻
   「キララのキ」ワイド 全4巻
   「おいしい関係」マーガレットコミックス全2巻
   「アリスにお願い」大きい本 
   「アマリリス」ワイド 1巻
   「まだ八月の美術館」
を持っています。大きさは片手で支えられるくらいが
いいのですが・・。
変な質問ですが、手伝ってください!!!

A 回答 (1件)

高校生の頃、妹から借りて読んで以来10年以上のファン(♂)です。



いまの絵柄、話になったのは『えんじぇる』以降と考えて間違いないと思います。その前の『ガラスの花束にして』とは一線を画した、岩館真理子らしさがはじめて表に現れた作品かと。

しかし、調べてみたところ、マーガレットコミックスはほとんど絶版で入手が難しくなっているようですので、文庫版の自選集で揃えるしかありません。個人的には小さいのは不満ですが(特に『イラストレーションズ』)、やむを得ないか。もちろん、古本でこつこつ揃えられるのならその方がいいかもしれません。

長いキャリアがあるにもかかわらず、この人、いまだに一作一作絵柄が少しずつ変わってます。すごい冒険心。ときには駄作・凡作もありますが(『子供は何でも……』なんかどうでもいいような……)、ツボにはまったときの出来は最高。

つぎは『冷蔵庫にパイナップルパイ』がいいんじゃないですか。文庫版ではひとつ話が追加されてます。絵柄は随分違いますが、楽しめると思います。新しめのところでは『月と雲の間』『薔薇のほお』ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど・・・。
文庫版が狙い目ということですね。
古本屋さんをかなりまわっていますが、なかなか
文庫版もふつうのもなくて
ネットにたよるしかなさそうです・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/20 15:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報