「うちのママがいうことには」でハマって
今すごく岩館真理子さんの作品を集めようと意欲満々です。
オークションや古本屋さんでちらほら買ったりしましたが
岩館さんの作品は文庫だったりマーガレットコミックスだったり
全集ちっくだったりと、どう買えばいいのかがよくわかりません。
また、初期と今ではかなり違うみたいなので
「うちのママ」や「キララのキ」のような絵柄のものを多く集めたいのですが
どう買えばいいのでしょう?

いまは「うちのママ」ワイド版全5巻
   「子供は何でも知っている」文庫全2巻
   「キララのキ」ワイド 全4巻
   「おいしい関係」マーガレットコミックス全2巻
   「アリスにお願い」大きい本 
   「アマリリス」ワイド 1巻
   「まだ八月の美術館」
を持っています。大きさは片手で支えられるくらいが
いいのですが・・。
変な質問ですが、手伝ってください!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

高校生の頃、妹から借りて読んで以来10年以上のファン(♂)です。



いまの絵柄、話になったのは『えんじぇる』以降と考えて間違いないと思います。その前の『ガラスの花束にして』とは一線を画した、岩館真理子らしさがはじめて表に現れた作品かと。

しかし、調べてみたところ、マーガレットコミックスはほとんど絶版で入手が難しくなっているようですので、文庫版の自選集で揃えるしかありません。個人的には小さいのは不満ですが(特に『イラストレーションズ』)、やむを得ないか。もちろん、古本でこつこつ揃えられるのならその方がいいかもしれません。

長いキャリアがあるにもかかわらず、この人、いまだに一作一作絵柄が少しずつ変わってます。すごい冒険心。ときには駄作・凡作もありますが(『子供は何でも……』なんかどうでもいいような……)、ツボにはまったときの出来は最高。

つぎは『冷蔵庫にパイナップルパイ』がいいんじゃないですか。文庫版ではひとつ話が追加されてます。絵柄は随分違いますが、楽しめると思います。新しめのところでは『月と雲の間』『薔薇のほお』ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど・・・。
文庫版が狙い目ということですね。
古本屋さんをかなりまわっていますが、なかなか
文庫版もふつうのもなくて
ネットにたよるしかなさそうです・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/20 15:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアリスにお願い

岩館真理子「アリスにお願い」のラストの解釈が判りません。

アリスは、同じ体格の江利子ちゃんの遺体を、回転木場の下に自分で穴を掘って、埋める事までしたんでしょうか?
(大雨で容易く、穴が掘れてしまった?)

アリスは、川に入水自殺したんでしょうか?
or美名子が川に突き落として殺害したんでしょうか?

皆様の解釈、教えて下さい。

Aベストアンサー

私も最初読んだときは???でした。ラストは衝撃でしたね。
何度か読み返した私なりの結論を書きます。合っているかどうかはわかりませんが。

回転木馬の下に江利子ちゃんを埋めたのはアリスだと思われます。
確かに子供が同じ年の子供、しかも遺体を川から運ぶのは難しいと思います。本人もその辺の記憶が定かではないようですが、その場面がいつも夢に出てきて苦しんでいたようなので、やはり彼女が埋めたのでしょう。一番好きだった美名子のために。

アリスは自殺したのだと思います。全ての罪を引き受けて。
でも結局、大人になってその秘密の重さに耐えられなくなっているのは美名子ですが。

江利子ちゃんが発見されたとき、事故に関する責任は自分にもあると知っていたので、秘密が暴かれることに耐えられず死を選んだのだと思います。美名子の罪を話すわけには行かないし、自分にしても子供のやったこととはいえ立派な「死体遺棄」ですから。
またアリスは本来死んでいるはずなのは自分のほうだと思い続けて来たわけで、彼女にとって未来はあの事故の日から失われ、自殺のきっかけをずっと待ちながら少女時代を過ごしていたように思われます。高校卒業後のビジョンが彼女には全くなかったし。

死んだ後もアリスはずっと美名子を見つめ、「バツ」から逃れることを許さない。
もし美名子が自分で殺していたならもっと早く罪を告白して楽になることでしょう。
でも自殺した死者との約束は破れない。
美名子には二人だけの秘密を忘れて欲しくなかったので、絶対忘れさせないためにも一番効果的な方法で美名子を支配しようとしたのかもしれませんね。

勝手な解釈で岩舘さんに怒られそうですが...
(キララのキも難しいですね。)

私も最初読んだときは???でした。ラストは衝撃でしたね。
何度か読み返した私なりの結論を書きます。合っているかどうかはわかりませんが。

回転木馬の下に江利子ちゃんを埋めたのはアリスだと思われます。
確かに子供が同じ年の子供、しかも遺体を川から運ぶのは難しいと思います。本人もその辺の記憶が定かではないようですが、その場面がいつも夢に出てきて苦しんでいたようなので、やはり彼女が埋めたのでしょう。一番好きだった美名子のために。

アリスは自殺したのだと思います。全ての罪を引き...続きを読む

Q岩館真理子さんの漫画が好きな者ですが他に・・・

最近の漫画がよくわからないので、おすすめがありましたら教えて下さい。
条件としましてはジャンルは特にないのですが、
・入手しやすいもの
・あまり長くなく(長くとも10巻前後)、できれば完結しているもの
・話はもちろんですが、絵がきれいなもの!
絵は個人の好みがあると思いますが、私の一番スキな漫画家は岩館真理子さん。他に岡崎京子さんとか清水玲子さん、一色まことさん(ピアノの森のみ)なんかも好きです。また近頃、浅野いにおさんという人が気になりますが、本にビニールがかかってるので絵がよくわからないので、読んだことのある方いましたら教えていただければと思います。
なお好みに合わないかもしれないが、絶対おすすめ!というのもありましたら、よろしくお願いいします。

Aベストアンサー

線がやや細めの綺麗な絵、を基準に選んでみました。

完結しているもの
・観葉少女(プランツドール 川原由美子)短編の積み重ね
綺麗な人形を手に入れた人達の話。
・薔薇のために(吉村 明美)長編
容姿にコンプレックスを持つ女の子が美形の兄弟達と一緒に暮らす話。
・ES(惣領 冬実) 長編 SFラブサスペンス

完結していないもの
・百鬼夜行抄(今市子)短編の積み重ね
化け物と入れ替わった祖父と霊感青年。
・プライド(一条ゆかり)長編 歌姫を目指す女の闘い。

Qすすめて下さい☆ヤングユー系の面白い漫画☆

ヤングユー系の漫画がすごく好きなので、
この下の傾向にあわせて漫画をすすめていただけますか?
ワガママな質問だとは重々承知です!お願いします。

池谷理香子さん、始めました。(「サムシング」が好きです)
槙村さとるさん全部好きです。(とくに「イマジン」)
佐々木倫子さん全部好きです。(とくに「おたんこナース」)
岩舘真理子さん全部好きです。(とくに「うちママ」)
一条ゆかりさん「正しい恋愛・・」「天使・・」おもしろかったです。

あまり関連性がないですかね・・。
絵は、今のところ池谷さんが一番好きです。
この中のものでも良いので、すすめて下さい・・。
読みまくりたいのに、決めかねているのでうずうずしています。

Aベストアンサー

ヤングユーだったら、この前、「ウデングプランナー」としてドラマ化された、鴨居まきねさんの「SWEETデリバリー」は、どうでしょう。
榛野なな恵さんの「Papa told me」。小椋冬美さん、花田祐実さん全般とか。

雑誌だと、「Kiss」や「コーラス」が、おすすめです。
あいかわももこさんの「コスメの魔法」。
軽部潤子さん「君の手がささやいている」。
変わった所で、モーニングkcの高梨みどりさん「オーダーメード」。

Q岩館真理子「白いサテンのリボン」

藤子と酒屋でバイトする誘拐犯は、どうやって夫婦関係に陥ったんですか?
藤子は美人ですが、性格不細工だったし・・・

妹の波子も美人ですが、性格不細工なため、ラスト見る限り、嫁に行けず、生涯親元で母と二人暮しだった様に見えたんですが・・・

貴女の解釈、聞かせて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。
すみません。アリスに引き続き、またまたお邪魔します。

藤子と父親(誘拐犯)は大恋愛だったと藤子の娘が言ってますね。
でもどんな恋愛だったのかは想像するしかないと思います。きっと最初は誘拐だったのだけど、結果的に運命の出会いだったのでしょう。子供もたくさん作ったようだし。(写真立てに子供達にかこまれたショットがありました。)
藤子の誘拐に手を貸しそれきり戻ってこなくて、波子にしてみればものすごい罪悪感にかられ、二度と心休まることはなかったでしょう。
でも一方藤子は実はちゃっかり幸せに生きて、穏やかに死んでいった。
ここらへん、岩館さんのシニカルな味が出てますね。

姉妹とも性格悪いというより、両親の離婚により幸せな家庭に恵まれなかった故ゆがんでしまったのかなと思いました。両親の身勝手の犠牲というか。
特に波子は運命の出会いもなく、藤子やおばあさんのことを気に病みながら年を取ってしまったようで、悲劇だと思いました。
きっとあのきついお母さんと依存し合いながら生きていったのでしょうね。
ずっと白いドレス(天使のように無垢で幸せな少女)にあこがれながら。

p.s.
キララじゃなくてよかったです、
今読み返しているのですが、3巻目をまだ入手してなくて手元にないんです。
連載時に読んだけど、さすがに細部は覚えてないし。
早く続きが読みたいです。

こんばんは。
すみません。アリスに引き続き、またまたお邪魔します。

藤子と父親(誘拐犯)は大恋愛だったと藤子の娘が言ってますね。
でもどんな恋愛だったのかは想像するしかないと思います。きっと最初は誘拐だったのだけど、結果的に運命の出会いだったのでしょう。子供もたくさん作ったようだし。(写真立てに子供達にかこまれたショットがありました。)
藤子の誘拐に手を貸しそれきり戻ってこなくて、波子にしてみればものすごい罪悪感にかられ、二度と心休まることはなかったでしょう。
でも一方...続きを読む

Q岩舘真理子さんの漫画

下記の漫画を探しています。
たしか岩館真理子さんという漫画家の作品だったと思うのですが、学園モノで、主人公の女の子がある男の子(業平くん:この名前は覚えてます!)を好きになるんですが、ある女の先生も業平くんのことが好きで、女の子と先生がいろんななぞなぞを対決する・・・という漫画です。
出てくるなぞなぞがとてもおもしろくって、しかもすごくたくさん出てきます。

どなたかご存知の方教えてください!

Aベストアンサー

コレですか?なぞなぞって設定ですね(笑)
http://web.mac.com/ikaadat/iWeb/nyo_chu/Blog/8AE600AA-CB7A-47D0-91F9-2506AEF98754.html

Qとある漫画を探しています、大島弓子さんの作品かも?(絵付き)

とある漫画を探しています、大島弓子さんの作品かもしれませんが見つかりません。絵がなんだか似ていると思うので彼女の作品では?と思うのですが・・・

キャラクターは全てちんちくりんで小人みたいな感じでした。そして主人公はチューリップが大好きな女の子。ふたつお団子の頭で、髪の毛は真ん中で分けてあって前髪がない覚えが・・・確か弟がいたような。大体ワンピースとタイツという恰好でした。とにかく彼女は寝相が悪くて、お嫁に行くまでには直すみたいな事を言っていた覚えが。母親はいなくて、父親しか出てきませんでした。父親は歯医者に行くのが怖い人で、確か家の周りに堀を掘ってそこに水を流して、家の目の前に小さな橋を作ってたはず・・・

唯一の普通のサイズの人間は髪が肩まである成人の男の人で、なんだかいつも寂しそうな感じで夜になると優しくピアノを弾いて主人公の家まで聞こえて、それを聞きながら眠る、みたいな感じでした。

もしかしたら大島弓子さんじゃないかも?彼女のサバの話を一緒に読んでいた気がするのですが、それでごちゃ混ぜになってしまっているのかもしれません・・・

主人公の女の子の絵を思い出しながら描いてみました。あまり上手くないですし、適当です、みません。もっとふっくらしていたかもしれない・・・かも?

最後に読んで10年以上経っているので、全く思い出せません。

とある漫画を探しています、大島弓子さんの作品かもしれませんが見つかりません。絵がなんだか似ていると思うので彼女の作品では?と思うのですが・・・

キャラクターは全てちんちくりんで小人みたいな感じでした。そして主人公はチューリップが大好きな女の子。ふたつお団子の頭で、髪の毛は真ん中で分けてあって前髪がない覚えが・・・確か弟がいたような。大体ワンピースとタイツという恰好でした。とにかく彼女は寝相が悪くて、お嫁に行くまでには直すみたいな事を言っていた覚えが。母親はいなくて、父親...続きを読む

Aベストアンサー

岩館真理子さんの「冷蔵庫にパイナップルパイ」だと思います。


人気Q&Aランキング