簡単には比較できないと思いますが、
部屋を暖房するとき、石油ストーブとエアコンではどちらが安くあがるのでしょうか?

例えば併用がお得とか・・・・
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

結論から先に言ってしまいましょう。


断然石油ストーブです。
ただし、燃料代だけの比較です。
健康に対する対価は考慮に入れない場合です。
エアコンは排気ガスを出さないので、健康にそれほどの害はありません。
ただし、室内の温度バランスを考えるととても賢い選択とはいえません。
似たような質問が、最近目白押しで、エアコン派の方の意見も目にすることがありますが、「解ってもらえないな~・・・」というのが正直な気持ちです。
中にはCOPなどの難しい専門用語を持ってきていかにもエアコンの性能が良いことを説明される方がいらっしゃいますが、発電所からエネルギー換算すれば電気を暖房に使うことが決して効率の点では利点とならないことをご理解いただきたい。
実は私が最もお薦めしている暖房器具は「薪ストーブ」なのですが、住宅事情の制約でこれをつけることのできる方は少ないでしょう。
実に理想的な暖房器具なのに、まったく持って惜しいことです。

質問の暖房の対象となる部屋の条件がまったく書き込まれていないので、確実なお答えにはなりませんが、
一般的にお薦めしている暖房方式は
1.FF式ファンヒーター+床暖房(ホットカーペット):比較的広い部屋
2.遠赤外線ヒーター+床暖房(同上):比較的狭い部屋
部屋の条件や外の環境で逆転することもありますので、細かいことは諸条件が整っていないと回答できません。
しかし、一般的な住宅において『エアコン』を推薦することはまずありません。
空気調和設備の専門家として断言します。
    • good
    • 0

熱としての電気は割高です。



そうですよね、発電所(火力・原子力)で熱から電気にして、その電気をまた熱に変える。ロスも有るでしょうし・・・。

我が家ですと、冷え込んでいる時は、石油ファンヒーター。
=>早く部屋を温めたい。

少し寒いから・・・というときはエアコンですかね。
=>温度調節が容易、空気を汚さない。

普通の石油ストーブは熱が上部に逃げ、暖房効果が少ない(温度ムラが大きい)し、意外と燃料消費量が多いため使っていません。

ストーブの上でお湯が沸かせるのは便利でしたけど・・・(^0^)

今は、いろいろな暖房器具が有ります、その地方の気候・家の作りなどで違って来ると思います。(寒冷地ではエアコンの暖房は出来ませんよね)
その家庭に合った、使いやすい暖房器具を選択すれば良いのでは?

一番経済的なのは、暖かい衣料を着て暖房を使わないこと。(^0^)

蛇足ながら、この時期の我が家は誰が一番先に暖房を欲しがるか?
口に出さない我慢比べの時期なんです。
毎年この状況を見かねた私がエアコンのスイッチを入れますが・・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石油ストーブが点火しない理由とは・・・

石油ストーブが点火しない理由とは・・・

従来は石油ストーブを点火させるレバーを引く。

石油ストーブがつく。

しかし・・・

点火させるべくレバーを引いても石油ストーブがつかない。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか?
どうすれば石油ストーブがつくのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本来、レバーを一杯引いた状態で、点火ポイントが明るく輝いているはずです。
火が見えなかったり弱かったら電池切れが疑われる。
電池を新しいものに変えても輝かなかったら、点火位置への電気供給がなされていないので途中での接触不良か、あるいは点火ヒーターの断線がありうる。
ヒーターが接触する芯の方が変形して触れていない場合があるので、芯をゆさぶって見る手もあります。
それでダメならマッチで付けるのが早いです。

私の日立ストーブは芯がほとんど出ていないけど、100%着きます。

Q例えば同じ家に住んでいて。部屋のストーブがついていて、隣の部屋でそのス

例えば同じ家に住んでいて。部屋のストーブがついていて、隣の部屋でそのストーブで温かい思いをしてテレビをみている人間がいて、ちょうどストーブの燃料が足らなくなり、切れた頃に、仕事から疲れて帰って来て、急いで食事をしていて、なおかつすぐにその場からいなくなり自分はとどまるつもりがなくても、ストーブの電源を入れてあげるのが当たり前ですか?
テレビを見ている人間に何でストーブを何とかしないんだとテレビを見ながらいわれたまたまその時居合わせた人間がやってあげて当然やるべきみたいにいわれました。

Aベストアンサー

もう、書いて投稿して、90%スッキリしているんしょうね。
お礼文どころか、回答も目を通してくれずに、放置となる気もしますが。

もうこのサービス、愚痴や思想表明はつきものですからね。
いっそ、新カテゴリーを作っては?と思います。

こちらもおすすめです。
http://komachi.yomiuri.co.jp/?g=00

愚痴を吐き出す場があるのも家庭円満に役立つのかな。

Qガスストーブと石油ストーブとオイルヒーターどれが一番暖かいですか

我が家では石油ストーブを使っています。私の部屋にはエアコンがありますが、エアコンは20度でも全然暖かく感じないですが、石油ストーブだと結構暑く感じます。ただ石油ストーブだと空気が汚れているというか、なんか空気が重いとは感じますが、電気の方はそうは感じません。

世の中には都市ガスを利用して暖めるガスストーブ、オイルヒーターなどいろいろありますが、石油ストーブと比べると暖かく感じるでしょうか?石油ストーブに比べてこの二つは何かメリットがあるでしょうか?オイルストーブは部屋が暖まるのが遅いときいたことがあります。

Aベストアンサー

ストーブというのは何かを燃やして周囲の空気を暖めるもので、ファンヒーターは温風を出してやるものです。つまり結局空気を暖めるわけなので、何が燃えていようと暖かさ自体には差はありません。臭いについては機種や方式にもよるので、どちらかは絶対にこうだ、というわけではありません。
オイルヒーターは弱過ぎて暖房にはなりません。

エアコンも結局温風を出しているのでファンヒーターと方式は同じです。ただ、天井に近い所から温風を出し、その暖かい空気がすぐに上に上がって行くので、床に近い所にいると暖かさを感じないのです。暖かい空気が上に上がるということは、替わりに暖かくない空気がそこに移動してくるからです。

最近の家には部屋にガス栓がほとんどありませんし、灯油の扱いも大変ですから、エアコンのまま、シーリングファンや扇風機などで上に上がっている温風をかき回してやるとかなり違うと思います。

Q石油ストーブより石油ファンヒーターのほうが危ない?

寒冷地在住で、石油ファンヒーターを使っています。すぐに暖かくなり、空気も乾燥しづらい石油ファンヒーターは、古い木造アパート暮らしにはとても有り難いのですが、困ることがひとつあります。それはアラーム機能。

2-3時間毎にアラームが鳴って、延長運転ボタンを押さなければならないし、早朝にタイマーをかけておいても1時間で止まってしまって結局寒くて目が覚めるし、自動停止の前のアラームが大変うるさいし・・・ 各社似たり寄ったりで、私のヒーターだけがそうなわけではないようです。(ちなみにダイニチです)

以前、石油ファンヒーターによる一酸化炭素中毒があったため、長時間運転ができないような仕組みになったと聞きましたが、石油ストーブは様々な事故が毎年後を絶たないのに、このようなアラームを付けようという話は聞いたことがありません。アナログなのでタイマー的な機能をもたせるのが難しいということもあるのかもしれませんが・・・

石油ストーブにはアラームがないのに、石油ファンヒーターにはアラームが義務付けられているのは何故ですか? 石油ファンヒーターのほうが事故の確率が高いということなのでしょうか? ふと疑問に思ったので質問しました。

寒冷地在住で、石油ファンヒーターを使っています。すぐに暖かくなり、空気も乾燥しづらい石油ファンヒーターは、古い木造アパート暮らしにはとても有り難いのですが、困ることがひとつあります。それはアラーム機能。

2-3時間毎にアラームが鳴って、延長運転ボタンを押さなければならないし、早朝にタイマーをかけておいても1時間で止まってしまって結局寒くて目が覚めるし、自動停止の前のアラームが大変うるさいし・・・ 各社似たり寄ったりで、私のヒーターだけがそうなわけではないようです。(ちなみ...続きを読む

Aベストアンサー

>私も納得が行かないのです。石油ストーブだって危ないことに変わりはないし、自分で管理するのが当たり前なのに、何で石油ファンヒーターにはこんなおせっかいな機能が付いているのかと。

分かりますよ。その気持ち、石油ファンヒーターだけでなく、そういう違いって探すと結構あるものです。

石油ストーブとファンヒーターの安全機能(おせっかい機能?)の差は、「管理能力」の差だと思います。

石油ストーブについては、着火の方法が若干難しく、確実に点火し利用できると確認することは、小学生程度の子供にはやや難しいものです。
そのため石油ストーブの利用には、必ず「一酸化中毒などの注意点を理解できる程度の能力者(大人ということ)が管理を行なう」という暗黙の了解があるのでしょう。

それに対して、ファンヒーターは幼稚園児でも点火することが可能です。

また利用時の諸注意に関してもストーブのほうが若干難しいです。たとえば可燃物の接近については、ファンヒーターなら器具に触れない程度に離す、ことで足りますが、ストーブは延焼しない程度に離す、ことが必要ですし、器具そのものへの人の接近も、ファンヒーターは吹き出し口の中に手を入れない、ことだけでほぼ火傷などを防ぐことができますが、ストーブは器具に触っていい場所のほうが少ないのが普通です(つまり、ほぼドコでも触れば火傷します9

これらのことを考えるとストーブの利用は、利用中必ず「能力者」の監視が必要なのに比べ、ファンヒーターは一定の処置をすることで(たとえば柵で囲って、子供が近づけないようにするなど)能力者が監視をしなくても安全に利用できる、という側面があります。

この常時監視の必要性の重要度が、安全装置の必要性に関わっているのです。

>私も納得が行かないのです。石油ストーブだって危ないことに変わりはないし、自分で管理するのが当たり前なのに、何で石油ファンヒーターにはこんなおせっかいな機能が付いているのかと。

分かりますよ。その気持ち、石油ファンヒーターだけでなく、そういう違いって探すと結構あるものです。

石油ストーブとファンヒーターの安全機能(おせっかい機能?)の差は、「管理能力」の差だと思います。

石油ストーブについては、着火の方法が若干難しく、確実に点火し利用できると確認することは、小学生程度の子...続きを読む

Q石油ストーブとガスストーブのどちらがお得ですか

石油ストーブとガスストーブのどちらがお得ですか
現在、遠赤外暖房機を使っていますが、部屋全体の温まり具合がいまいちなので、石油ストーブかガスストーブを入れたいと思っています。エアコンがありますのでそれを使うことも出来ますが、電気代が高くつくような気がします。そこで、石油ストーブとガスストーブを比較した場合、どちらがお得でしょうか。石油の場合は臭いがあるとか市況にふりまわされるなどがあると思いますが。

Aベストアンサー

どの様な場所で使用するのでしょうか?

仕事場、事務所でしたら石油ファンヒーター、ガスストーブ+扇風機(送風機)
家庭の個室なら、電気カーペットやコタツ
リビングなら石油ストーブ、薪ストーブ、石炭(木炭)ストーブ、石油ファンヒーター、+扇風機(送風機)
電気カーペットも有りかと。
キッチンなら電気ストーブ (火災を起こす可能性が低いので)
が適していると思います。

扇風機(送風機)は天井に向けて送風してください。
天井に集まった温かい空気を拡散して、部屋全体の室温を均一にしてくれます。

コストで言えば、ガスストーブが安いでしょう。
しかし、配管の取り回しや利便性を考えると、石油ストーブの方が便利です。

ただし、電気ストーブ以外は、室内の空気の換気が必要なので、
ストーブで温める - 換気で冷える の繰り返しになりますが。

Q石油ストーブ…部屋のことについて

一般常識かもしれないんですが、部屋で石油ストーブをたいています。

そうすると部屋は乾燥していて湿度が低いので、湿度をあげて潤いを出すようにすればいいんですか?


喉が痛いので乾燥してるのかな…

Aベストアンサー

温めすぎではないですか?
18度程度なら乾燥しないと思いますが。

Q石油ストーブいついて

石油ストーブを買おうかと検討しています

我が家は、毎年石油ファンヒーターをつかっています。
寝室にはオイルヒーターを置いています。

こたつは、アレルギーがあるのでこたつ布団がホコリの元になるので置けません。
エアコンは乾燥でのどや鼻が痛くなるので使えません。
石油ファンヒーターも部屋の空気が乾燥するので、加湿器を使っています。
なので、石油ストーブに買い替えて、ストーブの上にやかんを置いておけば加湿もできるし、ついでに焼き芋したり煮込み料理もできるからいいかなー?なんて思っています。
ただ、どうにもこうにも石油ストーブは使ったことがないので決めかねています。
ファンヒーターほどすぐには暖まらないだろうし・・とも思ったり。

石油ストーブを使ってるかた!
石油ストーブの良さを(できればデメリットも)教えてください。

Aベストアンサー

>石油ストーブの良さを(できればデメリットも)教えてください。

       ↓
石油ファンヒーター(以下、FHと略)と石油ストーブ[以下、STと略)は簡単に言えば、お部屋全体の暖房にFH、機器周辺での暖房にはSTが向いています。
どちらも、換気に注意と温度上昇した暖風が自然にお部屋を対流し天井付近にたまりますので(お風呂と同じ)天井扇やサーキュレーターを使ったり、扇風機をゆっくり天井に向けて併用運転して、お部屋の空気の均一化を図るのが使用感・省エネ二]有効です。
また、乾燥は少ないのが石油暖房ですが、それでも加湿器を併用すると髪の毛や肌に優しく温かさも優しい感じに成ります。

先ず、基本的な事ですが・・・暖房機には種類が多いこと。
~前提としての暖房機選びの概要~

◇熱源
電気・ガス(都市ガス・LPG)・石油・その他(薪・練炭他)

※熱源と光熱費の大雑把な関係

石油<都市ガス<電気・LPG

但し、エアコン暖房はヒートポンプ(空気熱回収)とインバーター制御&高効率熱交換器により、暖房時、実際には石油機器の約1/3程度の光熱費となり経済性も高い。


◇熱伝導の方式・仕組み

対流:
暖められた空気が上昇し、冷たい風が下部に潜り込む事で、部屋の空気が攪拌を繰り返して徐々に暖まる。
この時に、自然に空気の温度による比重差で対流する自然対流式と、送風ファンで強制的に対流を起し、スピードや温風の到達距離を長くする強制式対流に区分される。

*ストーブ・オイルヒーター<自然対流>
送風音なし・温風の吹かれ感なしは良いが、部屋全体の暖房には時間が掛かり機器の付近と他の場所の温度差が出易い。

*ファンヒーター・エアコン<強制対流>
送風でスピード暖房・送風音や温風の吹かれ感が嫌われる事もある。

輻射(反射):
暖められた発熱体から、近赤外線や遠赤外線が発生し、身体の皮膚や温点を刺激して暖かさを感じる。
基本的に無音・無風と成る。
パネルヒーター・遠赤輻射ヒーター

伝導:
発熱体に直接に接触して熱を伝えるので無音・無風で快適だが、部屋全体とか接触面以外には暖感が伝わり難い。
電気カーペット・床暖房・電気毛布・電気アンカ・湯たんぽ


◇暖房目的

主(メイン)暖房:
お部屋の温度を快適にする為の能力を持つ暖房・長時間且つ大能力となりますので光熱費・効率が重視される。

副(サブ)暖房:
主暖房と組み合わせ(併用・又は主暖房で暖まった状態のキープ)て使用。
単独ではお部屋を適温にする能力は無い。
メイン機器に比べると、補完&相乗効果なので、快適性とか暖感を重視

パーソナル・局所暖房:
特定の場所、人を暖める。
その人の感性・TPOで選択の基準・優先順位は変わる。

◇暖房機(暖め方)へのコダワリ
暖房能力・ランニングコスト(維持費)・イニシャルコスト(機器&設置費用)・暖感(無風・無音・乾燥)・モバイル性・燃料供給の手間・デザインetc


そこで、ご質問の件ですが・・・

1.お部屋には、メイン暖房機としては・・・

石油FHが強制対流式であり、お部屋全体の温度上昇には有利です。
機器メーカーや商品種類が石油STに比べ多く、能力やデザイン等での選択が出来ます。
温度調節や能力切り替えが容易です。
但し、送風ファンや灯油のガス化or霧化、点火ヒーターに電源が必要であり、停電や電源の無い所では使用出来ない。


2.使用時間が少ない場合・暖房機の傍で少数が温まる場合は・・・

必要な時だけ暖めるには、スピード暖房と身体に近寄せられるモバイル性から、石油STがご希望に向いていると思います。
また、電源が不要であり、停電に移動に便利。
それと、理論的には、灯油が燃焼すれば同じ量の水分に成りますから、お部屋は乾燥しないようですが、室温上昇で相対湿度が低下するのと身体に優しい暖房と言う面からは設定温度を少し低く、湿度が高目の暖房、加湿器の併用が望ましいのは石油FHも石油STも同じです。

※極端に、短時間だったり、省エネを追求するなら・・・
暖かセーターや丹前を1枚余分に着る。
<家具調こたつ>に、少し大きめの毛布&布団をして、こたつ内の電気ヒーターはこたつ内の温度アップにだけ使用、後は湯たんぽを利用すると安全と省エネになります。

3.さらに、省エネへの配慮としては・・・

加湿器の併用(湿度10%で体感的には1℃アップ)、天井付近への暖気たまりに扇風機でのサーキュレーション効果を出し、快適性と省エネの両面から改善を図る。

4.それ以外にも・・・

住まいの構造や暮らし方の工夫でも省エネを図る。
内・外断熱の住宅構造、既存のお部屋でも窓や間仕切りの隙間への断熱パッキン、サッシ等へのエアパッキンとかプチプチを貼る、厚手のカーテンを使用する事で暖房負荷&熱ロスは変わります。
当然、夜間はシャッターや雨戸等の確実な開閉、外気の影響を減少させる対策・暖房運転のパワー調節や使用時間の短縮が有効です。

以上、長々と申し上げましたが、表現力の無さと拙文にて申し訳ございません。


okwaveid45 様におかれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、多くの暖房機の中から、快適で健康的な、さらに賢い省エネ機器を探され、満足感のあるホットライフを実現されますよう、心より祈念申し上げております。

>石油ストーブの良さを(できればデメリットも)教えてください。

       ↓
石油ファンヒーター(以下、FHと略)と石油ストーブ[以下、STと略)は簡単に言えば、お部屋全体の暖房にFH、機器周辺での暖房にはSTが向いています。
どちらも、換気に注意と温度上昇した暖風が自然にお部屋を対流し天井付近にたまりますので(お風呂と同じ)天井扇やサーキュレーターを使ったり、扇風機をゆっくり天井に向けて併用運転して、お部屋の空気の均一化を図るのが使用感・省エネ二]有効です。
また、乾燥は少ないのが...続きを読む

Q8畳の部屋を暖房する場合ファンヒーターとエアコンでは

一般的にどちらがコストがかかりませんでしょうか?

Aベストアンサー

最近の省エネエアコンなら,石油ストーブの方が高いです.エアコンは夏も安く使えます.臭い,石油の補給,購入,換気等を考えたら断然エアコンの方が有利です.

古いエアコン(6年以上前)と最近の違いここでわかります.「買い替えエコ診断」

参考URL:http://national.jp/product/air/aircon/

Qタイマー付きの石油ストーブってあります?

タイトル通りタイマー付きの石油ストーブを探しています。
タイマーというのは何分後に消えるといった機能ではなく何分後・何時に付いてくれという機能を探しています。
石油ストーブというのは必ず石油ストーブでお願いします。ファンヒーターや電気ストーブ等ではいけません。
この様な商品は有りますでしょうか?科学的に、この様な商品は製作できないのでしょうか?

Aベストアンサー

芯を使用したタイプの石油ストーブということであれば、コスト的に難しいでしょう。もちろんできない事はありませんが、芯を使用したストーブでは点火してから安定した燃焼を得るまでに、ファンヒーターなどで使われるガス化方式より多くの手順が要求されます。まず、芯を上げ点火して燃焼筒が十分温まり燃焼が安定するまで、芯の位置を調整しながら炎が過剰になったり過小になったりしないように調整する必要があります。これに必要なメカニズムや制御系統はガス化方式よりはるかに複雑で高価なものになってしまうでしょう。

また、安全上の配慮からも難しい点があります。ファンヒーターなどのように筐体自体の温度がそれほどあがらないものと異なり石油ストーブのような形態をとるものでは、燃焼筒やストーブ上部等はかなり高温になり、そこに可燃物が接触する危険性もあります。このような状況で自動点火してしまえば火災に直結しますので、安全性の面から見ても非常に大きな問題でしょう。これらの不安要因も取り除くような安全機構を備えるとなると、非常に高度な安全機構を備えることになり、それだけで床暖房などのコストを上回ってしまうでしょう。故にそんなものは誰も開発しようとしないと言うところが実際でしょう。

もしかしたら、消防法に抵触する部分もあるかも知れません・・・

芯を使用したタイプの石油ストーブということであれば、コスト的に難しいでしょう。もちろんできない事はありませんが、芯を使用したストーブでは点火してから安定した燃焼を得るまでに、ファンヒーターなどで使われるガス化方式より多くの手順が要求されます。まず、芯を上げ点火して燃焼筒が十分温まり燃焼が安定するまで、芯の位置を調整しながら炎が過剰になったり過小になったりしないように調整する必要があります。これに必要なメカニズムや制御系統はガス化方式よりはるかに複雑で高価なものになってしま...続きを読む

Q10畳の部屋を暖房する場合ファンヒーターとエアコンでは

一般的にどちらがコストがかかりませんでしょうか?

Aベストアンサー

省エネエアコンは電気代安いです.夏場もフルに使いましたが電気代高いなという感じは無かったです.今や石油高くなり,臭い,換気,灯油の購入・給油等を考えてもエアコンがいいですね.

松下電器のHPに6年以上のエアコンの買い替えエコ診断で電気代がどれ程安くなるか分かります.

参考URL:http://national.jp/product/air/aircon/


人気Q&Aランキング