20~25年くらい前に読んだ童話なのですが、タイトル・作者等が思い出せません。

ある男が手紙(折り鶴に文章が書いてあるものだったかも)の指示に従って、次々といろんなところでいろんなことをさせられる話です。
どういうきっかけでそういうことをすることになったのか、最終的にどうなったのかは覚えていません。
はっきり覚えているのは、次の場面です。

手紙の指示で日が沈むまで木の真似をすることになり、じーっと動かずに突っ立っていると、子供たちが集まってきて、からかったりよじ登ったりし始めます。
終いには、木なんだから切り倒しちゃおう!と足を切られそうになるのですが、ギリギリのところで日が沈み、子供たちを跳ね飛ばして難を逃れます。

あと、ニセモノの手紙ばかりたくさん出てきて(本物とは文体がまるで違う)、必死で本物の手紙を探すという場面もありました。

どなたか、この本のタイトルを知っている方はおられませんか?

A 回答 (1件)

「ドコカの国へようこそ」ですね!あの本大好きでした。


独特の挿し絵といい、内容といい・・・。所有していないのが
悔やまれます(涙)。

毎日おねしょをしているいじめられっ子の「フトシ」少年が
その日だけはなぜかおねしょをせずに目が覚めた。
その記念すべき不思議な日の朝、彼の枕元には「ダレカ(だったかな)」
という謎の人物からの手紙が・・・。くー!すばらしい!(すいません)。

大き目の図書館に行って調べたらきっとあるとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
書名がわかったので、近くの図書館のWeb検索サービスで探してみたら、ありました!
どうしても結末が思い出せなくて、気になってたんです。
質問文にある場面しか覚えていなかったので、子供がよじ登るくらいだから、主人公は大人だろうと思い込んでいました。少年だったんですね。
今度、借りてきて読んでみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/06 09:34

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ