6年前にかった三菱電機「KD-256V」のファンヒーターです。
ファンが回って点火合図のブザーが鳴りますが、点火してくれません。
今シーズン使い始めて1ヶ月、1週間前から点火しづらくなっていました。
給油フィルターと空気取り入れ口、ファン、温風の噴出し口もきれいに掃除したんですがダメでした。
エラーメッセージがFLと出ますが、取説にその意味は載ってません。
点火プラグのような物がダメなんでしょうか?
ばらしてもっと掃除すれば直るのでしょうか? 
寒くて困ってます。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

原因はNo54917さんの回答だと思われます


私もkazupnmさんと同じ症状で、三菱製のファンヒーターを
修理しました。
 燃焼筒の中に鉛筆の芯くらいのとがった針がついています(ニードル弁という名前だろうと思います)この周辺にタールが付着していると点火しません
シンナーや白い車用のワックス、極細コンパウンド、なければ、歯磨きなどを使って丁寧に清掃します。
 サンドペーパーはどんなに細目でみ使ってはいけません
いずれにしろ、ここまでやるためには本体の台だけしか残らないくらい分解する必要があります。
 ただ、三菱製のファンヒーターは、よくできています。
部品の向きは、決まった方向にしか取り付けできませんので、やる気しだいでなんとかなると思います。
    • good
    • 0

補足説明です


三菱電機から補修キットが販売されているようですので、お住まいの地区の三菱電機のサービスセンターに電話してみてください。(購入したお店ではなく、メーカーのサービスセンターです)
 私はこのキットを使いませんでしたので価格などはわかりませんが、おそらく弁を清掃しないで交換するキットだと思います。
 キットを使う場合でも分解手順は変わりませんが、弁についているタールを除去するのは、ものすごく手間がかかります

この回答への補足

皆さん、回答ありがとう御座いました。
古い灯油によるバーナーの故障で困っている方は多いと思いますので、その後の、私のとった対処について少し書いておきます。

補修キットですが、東京のサービスセンターにTELして聞いてみましたが解らず、有ったとしても業者向けの物であろうとの回答でした。修理見積もりはおよそ1万円くらいになりそうとの事。(交換部品は在庫確認取れました)

簡単そうな気がして分解してみましたが、一時間後に諦めました。
途中まではプラスドライバー1本で簡単に外れますが、そこから先は難しいです。素人がバラシ易いようには作ってありません。(構造的に難しいと言うより分解する事を想定していないように思えた)たとえ綺麗に分解できたとしても組み上げでミスして大事になっては困るし、自信も無かったので中止。

結果は買い換えです。
近くの安売り店で、手を汚さず給油できるヤツを。
(サンヨーCFH-EX329 ¥15700税別)
本体1年、バーナー部の保証は3年。(メーカーは自信が有るのだろう)
ベテラン店員が言うには5~6年持てば良い方だそうだ。
やはりバーナー不良が多いらしい。
去年の灯油は使わずガソリンスタンドで処分してもらのが良いようだ。(大抵は無料らしい)

以上です。

補足日時:2000/12/25 22:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有り難う御座います。
昨日、ファンヒーターをバラしてみましたが、途中でくじけました。
パネル類は問題無く外して行けましたが、そっから先は厄介そうでした。
明日、サービスセンターへ電話して補修キットの事聞いてみようと思います。
価格が安くて解りやすい説明書など付いているようなら、もう一度トライしてみようかなと思ってます。

お礼日時:2000/12/13 00:55

私も気化器の中にタールのような物が詰まって石油が気化しなくなり点火するためのガスが出てきていないと思います。


一番の原因は古い灯油(昨シーズン使った残りの灯油)です。
 昔、スイッチを入れてから点火まで1分以内の商品が次のシーズン始めに同じような故障で気化器の交換を余儀なくされました。
(この商品は点火時間を早くするために気化器を小さくしガス化を早めたものでした)
 パチパチと点火の音がするのに火が付かないのならまず間違いがないと思います。
 後は修理するか(部品があったとしても部品代の他に工賃だけでも1万円ぐらいは掛かると思います)、
新しいのを購入の方が良いかと思いますが…(^^;)
    • good
    • 0

1年前の灯油を入れませんでしたか?



6年前だと、製造はもう少し古いので、
部品が無いかも知れませんね。

同程度の物だと、メーカを問わなければ一万円程度で購入できます。
買い換えた方がよいでしょう(修理代ととんとんです)
    • good
    • 0

おそらく灯油を気化させるバーナーが不良なのではないかと思います。


最近入れた灯油が変質していたとか、積年の汚れが今になってバーナーに悪さをしたのではないでしょうか。
いずれにしろ、火事に直結する可能性があるので無理に使おうとしないほうが良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

momimomiさん、アドバイス有り難う御座います。
確かに当初は去年の残った灯油を使ってました。それが原因かもしれませんね。

お礼日時:2000/12/13 00:27

電池を交換してみたはいかがでしょうか?

この回答への補足

daizfacさん、早速の回答ありがとうございます。
しかし、今、見てみたのですが、「電池」が見当たりません。取説にも載ってないのでたぶん電池は使っていないようなんです。でも、奥のほうに有るんでしょうか?
もしわかりましたら又、回答お願いします。

補足日時:2000/12/11 00:29
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサンヨー製ファンヒータのエラー

頂き物のファンヒータを使い始めたのですが、
頻繁に「E2」とエラー番号が表示され、運転を中止してしまいます。
フィルターを掃除しても喚起をしても状態に変化はないので
どうにも困っています。

せめてエラー番号の意味がわかれば対処しようがあると思うのですが、取り扱い説明書も所持していないもので・・・
そこで、皆さんに「E2」の意味を教えて頂きたいです。

メーカーはSANYOで、品番はCFH-30J8です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>E2のエラー
たぶん途中消火だと思います。
最初は正常に点火し、しばらくしてから消火した場合に出ます。
燃焼状態は正常ですか?
赤火・飛び火など無いでしょうか?
温風は正常ですか?
器具が異常に熱くないですか?
正常な状態でしたら、炎検出装置の不具合が考えられます
昨シーズンの灯油を使用しませんでしたか?

メーカー修理されるのが無難では!!

Q石油ファンヒーター点火不良の改善方法について

コロナのファンヒーターD-30Y 99年式 型式確実ではないかもしれません
未燃焼ガス白煙が出ます点火不良みたいですが
分解して点火プラグを磨きましたが症状かわらず
点火プラグ新品270円に交換しても(未だ替えてない)症状 変わらずならなにが原因でしょうか?
点火させる火花発生させる部品高圧作る所部品名わからずですが
コイルかなんかでしょうか?
その部品かえると改善する可能性がありますか。
燃焼室の燃焼筒を外しスパーク確認は未だしてません
危ないから止めろの回答は必要有りません
ストーブ関係詳しい方専門の方宜しく この貧乏人に教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

追伸:スパーク不足濃厚です。

Q石油ファンヒーターの燃焼が頻繁に止まってしまう。

部屋の冷暖房にはエアコンを使っていますが、暖房は余り効率が良くないため、補助に石油ファンヒーターを使う場合が結構あります。しかし、2年位すると決まって短い時間で燃焼が止まってしまい、それが元通りの燃焼時間になりません。ファンヒーターの場合は室内の酸素を燃やしているので安全の為にセンサーが働いて燃焼を止めるので換気をして下さいとなっているようですが、点火して何分も経っていないのに直ぐに止まります。何処も悪い所も見受けられないのに、なぜ頻繁に止まってしまうのかわかりません。そのために使うのを諦めて、新しいものに買い替えています。何処も何ともないように思えるのに使えないのはどうしてでしょうか。2年位が寿命なのでしょうか、センサーが過敏になっていくのか、又は、何か不純物のようなものが蓄積されるのでしょうか。対処の仕方がない物でしょうか。どこか、部品を交換して直るものでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

我が家は7L2DKと部屋数が普通の家庭より多い二世帯住宅のためエアコンや石油ファンヒーター及び石油ストーブも普通より多く使っています。

そして、昔から機械修理が得意で好きな私はエアコンや石油ファンヒーターの修理も自ら行いますが、経験上から石油ファンヒーター燃焼不調の原因の多くが「気化器の目詰まり」です。

なお、室温センサーはサーミスタという電子部品ですから壊れた経験は過去にありませんが、灯油気化器は昨シーズンに残った「変質灯油を使うと高確率で燃焼不調」の原因になり変質灯油使用が原因の故障はメーカー保証の対象外になります。

気化器が目詰まりした場合は分解してガスバーナーで気化器を高温空焼きするとタール状のカーボン物質が焼き切れ直ることがありますが、重症の目詰まりでは気化器その物を交換しなければ正常燃焼になりません。

過去に、4~5台は気化器の分解や交換修理を行った苦い経験から春先になると石油ファンヒーターの灯油を綺麗に抜き出して空運転を行って残留灯油が殆んど残らないようにして納戸に冷暗保管するようになってからは気化器の目詰まりは殆んど起こらなくなり長いものでは20年間程度使い続けてます。

恐らく、石油ファンヒーター寿命の多くは経験上では気化器の目詰まりではないかと思いますが、石油ファンヒーターのメーカー修理代は1万5千円程度になりますので今どきなら新しい石油ファンヒーターを購入した方が得策ではないでしょうか?

こんにちは。

我が家は7L2DKと部屋数が普通の家庭より多い二世帯住宅のためエアコンや石油ファンヒーター及び石油ストーブも普通より多く使っています。

そして、昔から機械修理が得意で好きな私はエアコンや石油ファンヒーターの修理も自ら行いますが、経験上から石油ファンヒーター燃焼不調の原因の多くが「気化器の目詰まり」です。

なお、室温センサーはサーミスタという電子部品ですから壊れた経験は過去にありませんが、灯油気化器は昨シーズンに残った「変質灯油を使うと高確率で燃焼不調」の原...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報