「ブロック機能」のリニューアルについて

コロナの石油ファンヒーターを使っています。
3年目くらいです。5秒点火というのがあって最初にボタンを押しておくとすぐに暖かい風がくるといったもので冬場大活躍していました。
最近その5秒点火をするとファンヒーター自体がすごく熱くなっていることがわかりました。
今までこれといって分解掃除をしたことがなかったので自分で裏のプロペラ部分を開いてみました。
するとほこりがすごかったので掃除しましたが、やはり状況は変わりません。
プロの人に掃除してもらうしか方法はないのでしょうか?それとも故障になるのでしょうか?説明書をなくしてしまったので対処方法がわかりません。
アドバイスよろしくお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

運転中に天板が熱くなるのでしたら内部に埃が溜まっていると思います。


その為放熱出来ずに熱くなります。
私の所も異常に熱くなったので分解したらすごい埃でした、
分解は、前部カバーを外し、燃焼室上部の天板の裏側(下側)に埃が溜まっていると思います、
(見えなければその天板も外して下さい)
そこに埃が溜まっていれば掃除して下さい。
以後1年に1回位分解して掃除していますが素人の方で無理でしたらサービスマンに依頼してください。
そのまま使用していると過熱で自動停止します、最悪発火も考えられます。
    • good
    • 12

石油ファンヒーターは、灯油をいきなり燃やすのではありません。

電気ヒーターであらかじめ過熱して、気化させて火を付けるのです。この予熱のため、最初にスイッチを入れたときは、3分程度待たなければ暖かい風が出てきません。
毎回3分待つのが面倒という人のために、「5秒点火」ボタンがあり、いつでもすぐ暖かい風を送り出せるよう、消火中もずっと予熱しています。したがって、予熱時間も長くなれば、ファンヒーター自体がかなり暖かくなるのは事実です。「触れないほど熱くなる」ならどこか異常がありますが、「暖かい」という程度なら正常範囲です。

普通にできる手入れとして、ファン部分のほこりを取ることはよいことです。あと、灯油タンクを受ける部分に、灯油の中のゴミを防ぐフィルターがあります。時々これも掃除してください。そのほか、灯油に水が入らないように気を付けることも必要です。

なお、予熱はかなり電気を喰いますので、長時間運転しないときは、5秒点火ボタンを切っておくことをお薦めします。
    • good
    • 3

>ファンヒーター自体がすごく熱く


運転中ですか?
それとも点火前の待機状態で本体が熱くなっているという事でしょうか?

運転中の場合は中のホコリがまだ取れておらずファンの送風が上手くできていないかもしれません、
内部の分解は危険なので修理扱いで掃除してもらう事になりますね、

待機状態なら気化器の余熱によって本体が暖まっているのではないでしょうか(平均的なファンヒーターだと40Wぐらいの電気消費量に)、
「5秒点火」のように瞬時に点火できる機能というのは、
常に灯油をガス化して燃焼させるための気化器を加熱しておいて、
運転時の加熱時間を省くようになっています、

参考URLはコロナの製品に関するお問い合せ先なので、
一度問い合わせてみては。

参考URL:http://www.corona.co.jp/sitemap/index.html
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング