里崎智也さんからビデオメッセージがもらえる

先日、秋葉原にも出店した某量販店の新宿店でエアコンを購入し
今日設置してもらいました。

エアコンの購入は初めてだったもので、事前にネットで調べたところ
真空引きでエアパージをしないと、エアコンの効きが悪くなったり、寿命が短くなると
色々なサイトで見たので、購入前と購入時に「真空引き」をしてもらえるか、
別途費用はかかるのか等の確認をし、「標準工事で真空引きをする」との回答をいただいていました。

ところが、エアコンを設置していただいたときに、事前に調べたサイトで見たような
真空ポンプがなく、設置時に室外機からプシューという音が聞こえてきたので「?」とは
思ったのですが、その時点ではちょっと自信がなかったので特に何も言わず
今、調べ直してみましたら「プシュー」という音がしたら「フロンガス方式のエアパージ」だと
言うことがはっきりしました。

この場合、このまま使わないで、量販店に「真空引きで設置してもらえなかった」と
問い合わせをしたほうが良いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No4/5です、




量販店のほうには、その後連絡を入れていないのですが、
もう一度量販店に連絡して新品交換してもらったほうがいいでしょうか?

そうですね量販店側が非を認めた以上 室外機新品交換に応じる様に交渉されるべきかと

おそらく冷媒回収機も用意せず 現状の冷媒は大気中に投棄するでしょうし、

シーズンオフでこれですから シーズン真っ只中での工事はいかほどかと・・・・・

監督するべき立場の量販店のモラルを疑いたくなります、

反省を促す意味でも 強い態度で望まれても良いかと思いますが、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございましたm(_ _)m

また締め切ろうとしたところで気づきました(^ ^;)
#5の補足で書きましたとおり、量販店に連絡して新品交換してもらえる
ことになりました。

何度も書き込みしていただき、ありがとうございました。
専門家の方からご意見は、とても心強かったです。

お礼日時:2006/01/15 21:20

No4です


すいませNo2さんへのレスを確認せず書き込んでしまいました、

非を認めた訳ですね、
では 冷媒を全量入替える訳ですね?

ちょっと気になりますね 
少なくとも新品状態では無くなるわけですね

先ほども書き込みましたが 新冷媒用の冷凍機油は非常にデリケートです

エーテルエステル系で吸湿性が高い為 一度空気にさらされた訳ですから

冷凍機油の劣化は否定できません、(実際問題があるかどうかは別として)

環境問題も含め 真面目に施工に当たる工事業者に失礼極まりない行為です

制裁も含め 室外機の新品交換を求めるべきではないかと思います

新冷媒はオゾン破壊係数はゼロですが温暖化係数は依然高いままです、
おそらく回収した冷媒も大気中に投棄されるでしょうし・・・・
下記では結構取替えになっていますが。

http://www.kakaku.com/bbs/Main.asp?CategoryCD=2150

この回答への補足

#5さんのお礼を投稿した後、量販店に電話をして新品交換してもらうことになりました。

みなさま、色々ご回答やアドバイスをありがとうございました。
ポイントはみなさまに差し上げたいのですが、そういう訳にもいきませんので
量販店に電話をするきっかけをくださった方に差し上げたいと思います。

補足日時:2006/01/15 21:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございましたm(_ _)m
#4のお礼を投稿しようとしたら、こちらの回答に気づきましたので
こちらでまとめてお礼させていただきます。

業者はガスを全部抜いてやり直すと言っていました。
それで大丈夫だと言っていましたので、取り合えず3日後に
もう一度来てもらう約束はしました。
量販店のほうには、その後連絡を入れていないのですが、
もう一度量販店に連絡して新品交換してもらったほうがいいでしょうか?

設置時「プシュー」って音が聞こえた時、「え?」って思ったんで
すぐ確認すれば良かったですね…ちょっと後悔しています。

価格コムは私も購入前に見ていまして、そこで真空引きしないといけない
ことを知りました。
取替えしてくれるなら、取替えのほうが安心しますよね。
やはり量販店に再度連絡してみます。

お礼日時:2006/01/15 20:43

業務用空調機の取り付けをしております、



何故本体冷媒によるパージがいけないか 大きく分けて理由は二つ有ります、
一つはご存知環境問題 もう一つは新冷媒になり非情に吸湿性の高い冷凍機油を
用いるようになりました
各社真空ポンプによる真空引きを推奨しており 量販店などでも指導はしているかと思います、

しかしながら実際はシーズン中等は コスト問題等を理由に 本体ガスエアーパージによる
施工もよく有るようです、

しかしながら時期的に 量販店でもほぼコンスタントに仕事を請け負う
業者が施工に回っている時期かと想像します、
つまり年間を通して仕事を回してもらえる比較的優良な業者が常駐していると思うのです、(下手にクレーム対象になる行為はしないかと)

真空引き終了後 ホースを外す際にコントロールバルブと呼ばれる
器材を使用しなければ一瞬若しくは2秒~3秒程度ブシューと言う音がします
又機種によりサービスポートの位置が悪かったり ベランダが狭く
作業し難い場合など故意ではなく少し漏れてしまいます(運転には支障有りません)

判断材料が少なく 何とも言えませんが まず器材があったかどうか
電動 手動真空ポンプ マニフォールドゲージが有ったかどうか、
等など いかがですか?

http://allabout.co.jp/family/electronics/closeup …


http://www.asada.co.jp/seihin/reito/index.html
    • good
    • 0

真空引きは、冷媒の種類によってするものではありません。

電気屋さんでの取り付けは真空引きの施工をされるところは多くありますが真空引きの本当の意味を知っている人は多くありません。ほとんど取り付けのとき施工するように言われて施工しているだけです。真空ゲージで確認なんて確認ではありません。
管の洗浄をフロン11での経験及びトリクロエチレンで経験しました。このような経験はエアコン程度ではほとんど経験することはありません。
エアコンは新冷媒のようですので真空引きをしたほうがよいです。唯メーカーはしないとだめですといいます。しかしメーカーの言うことを100パーセント信じて言い訳ではありませんが信用してもいい点が多いです。私のうちのクーラーはフロン22で20年程度前の機器ですがエアーパージです。現在問題なく動いています。インバーターでないので最新の機器よりは少し電気代がかかりますが大きな違いはありません。技術の進歩はこの程度です。世間の人は勘違いしてますがそのようなものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございましたm(_ _)m

やはり真空引きしたほうが良いのですね。
先ほど量販店に苦情を言い、設置業者にやり直ししてもらうことになりました。

お礼日時:2006/01/15 20:26

こんにちは。



とりあえず購入したエアコンの冷媒(ガス)の種類を確認してください。(室外機にも書いていると思います)

R22というのであれば、エアパージでもほぼ問題ありません。
が、HFC410Aであれば真空引きが必須になります。

最近販売されているものはすべてHFC410Aだと思うのですが。。

HFC410Aは混合ガスですので、エアパージでエア抜きしようとしてもガスの比重(圧力)差で、エアだけを完全に追い出す事がきわめて難しいです。
R22であれば単純ガスですので、エアを追い出す事は可能です。(本来は真空引きすべきですが)

とりあえず、HFC410Aなのに真空引きしてもらえなかった。壊れたら責任とってくれるんだろうか? と強い口調でクレームを入れてください。

ちなみに、真空引きの方法としてコンプレッサーではなく、自転車の空気入れのような物でシュコシュコ引く事があります。
このような事もされていませんでしたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございましたm(_ _)m

冷媒の種類を確認したいのですが、今別の場所におりまして、実物で確認できないのですが
メーカーのサイトで調べたところ、2台とも「HFC(R410A)」と書かれていました。
(メーカーが違うものを1台ずつ設置してもらいました)
ということは、真空引きしないといけないのですよね;;

> 自転車の空気入れのような物

設置時は、空気入れのようなものも見当たりませんでしたし、今業者に確認したところ
やはり真空引きしてなかったとのことです。
後日、ガスを抜いてやり直してくれるそうです。
業者曰く「うっかり」らしいのですが、何か疑ってしまいました;;(口には出しませんでしたが)

お礼日時:2006/01/15 16:37

真空引きをなぜするのか・・・・・・



1.真空引きをすれば、配管内の空気が殆どなくなります
 もし配管に空気があれば、そのぶん特定フロンガスが薄まり熱交換の効率がおちます
 これが、配管が長くなるほど問題になります
 
 ところが、4Mくらいだとあまり薄まらないので(規定以上の値)問題はないです

2.実はこれが一番大事
  真空引をして真空度を測るメータがついてます
  規定に達しない時は・・・・・・・
  銅配管に小さな穴があいていたり、施工再曲げととこや加工した所にひびが発生します
  ようするに配管に穴やひびがありとそこから漏れるのです
 その様なミスが無いかを真空引をして真空度を測るメータで確認をしてます


 時間がかかるので真空引きを省略する悪徳業者が多いです


 エアコンがちゃんと温まるなら使うのは問題は無いです
 量販店に「真空引きで設置してもらえなかった」と苦情を言ってやり直しを命じて下さい

 やり直しをした時に
 ・真空度を測るメータが規定値まで落ちない時は

   配管の穴やひびがあるのでやり直しを命じて下さい
 ・やり直すとガスが減るので減った分の補充を命じて下さい

 

 
 




  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございましたm(_ _)m

今、量販店に連絡して、設置業者から折り返し連絡をもらいました。
やはり真空引きをしておらず、後日ガス抜きをしてやり直すとのことです。
業者は、これで大丈夫だと言っていますが、本当に大丈夫でしょうか?

量販店に「真空引きで設置してもらえなかった。」と電話したときも
電話に出た店員は分かっていない雰囲気でしたし、業者も「量販店から真空引きで
設置してもらえると聞いていた。」とこちらが話すまで、特に悪気はなさそうな話し方でした。
…何かもう、どんなことを言われても疑ってしまいそうです(^ ^;)

お礼日時:2006/01/15 16:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真空引きが不要と言うエアコン取付屋について

今度、私の家のリビングに、新しいエアコンを買おうと思っています。

15万程度のエアコンですが、私にとってはとても高額な買い物で、
10年以上は使いたいと思っている大事なエアコンです。
屋内、屋外ともに配管の化粧カバーも希望していますので、
丁寧な仕事をしてくれる業者に付けてもらいたいと思っています。

そこで、以前2回ほどエアコンの取り外しをしてもらい、
洗濯機の設置をお願いした事のある電気屋さんに見積もりを取りに来てもらいました。
色々と話をして、彼なら安心して頼めそうだと思い、
最後に確認として「真空引きはやってもらえますよね?」と聞いたところ、

「私はいつもポンプなんか使わずガスで押し出しています。」
「昔のフロンガスの時代は大気に放出してはいけないというのは話が分かるが、
今の新しいガスは問題ないのだから、ガスでエアパージしてはいけないという意味が分からない。」
と言っていました。

彼は同じ事を全く悪びれもせず、当然のように2,3回言っていましたので、
本人には手抜き工事の意識はなく、本当に真空引きの必要性を理解していないようです。

年齢は60すぎ、昔ながらの電気屋さんだからでしょうか?
それにしても、まだこんな取付業者がいたんだ、とびっくりして、がっかりしてしまいました。

それでも私が、「ポンプは持っていますか?どうしてもポンプで真空引きしてほしいので…」と聞いた所、
「完全にガスの抜けたエアコンにガスを入れる時などには使うからポンプは持っている。
ポンプで引かなければいけない理由が分からないが、どうしてもと言われればやりますよ。」
と言っていました。

そこで詳しい方にお聞きしたいのですが、
私は素人なので真空引きの詳しい作業内容については分かりません。

ポンプでの真空引きというのは、普段ガスによるエアパージしかやっていない人には難しい、特別なノウハウの必要な作業なのでしょうか?
ポンプを「ガスの抜けたエアコンにガスを入れる時などには使うから持っている」のなら、
ポンプの使い方は知っていて、ポンプでの真空引きもしっかりとできると考えてもよいのでしょうか?

なぜこの方に付けてもらう事にこだわるかというと、彼はとても綺麗な仕事ができる職人さんで、
以前、それぞれ違う業者に同時に4台のエアコンを外してもらった事があり、
彼の外した物だけは、外した配管、コードの処理などがとても綺麗で、
ただのエアコンの取り外しでも、人によって仕事の丁寧さがここまで違うんだな、と感動してしまうほどでした。

洗濯機の設置の時は、(引越し屋の無料サービスだったのでお願いしました)
洗濯機くらい素人の私でも簡単に付けられると思っていましたが、
配線の処理などをとても綺麗にまとめて設置してあり、頼んでよかったと思いました。

きれいな仕事というのは技術ももちろんですが、性格によるものも大きいと思います。
たかだかエアコンの取り外しや洗濯機の設置でも、きれいな仕事ができる方は、
他のどんな仕事を頼んでも綺麗にやってくれるだろうと思えるので、
できればこの方に頼みたいと思っています。

でも大事なエアコンを、不十分な真空引きで取り付けられてしまっては困るのでとても不安です。
やはり、普段から真空ポンプを使ったエアパージで取付けをしている、他の業者を探した方がよいでしょうか?
それとも、普段ガスによるエアパージしかしていない彼に任せても大丈夫でしょうか?

長くなってしまいましたが、真空引きの作業内容に詳しい方の意見などをお待ちしております。よろしくお願いします。

今度、私の家のリビングに、新しいエアコンを買おうと思っています。

15万程度のエアコンですが、私にとってはとても高額な買い物で、
10年以上は使いたいと思っている大事なエアコンです。
屋内、屋外ともに配管の化粧カバーも希望していますので、
丁寧な仕事をしてくれる業者に付けてもらいたいと思っています。

そこで、以前2回ほどエアコンの取り外しをしてもらい、
洗濯機の設置をお願いした事のある電気屋さんに見積もりを取りに来てもらいました。
色々と話をして、彼なら安心して頼めそうだ...続きを読む

Aベストアンサー

古くからエアコンの取り付けをやっている職人さんは配管の取り回しなどは丁寧にできるのに、新しい方法や技術にはなかなか馴染もうとしないことが確かにあります。
真空引きというのは単に配管の空気を追い出すためだけでなく真空乾燥と言って配管内の水分除去のために行うものです。新フロンの機器のコンプレッサーの潤滑油は旧フロン時代に比べて吸湿性の高いものが多いので、新しいガスのエアコンの方が真空引きの重要性はさらに高いのです。配管内に水分を含んだ空気が混入していると不純物が生成されて、後々膨張弁の詰まりや圧縮機の故障を引き起こすこともあります。
そして細かいことですが新フロンはパージして蒸発させると組成が変化してしまいます。また真空ポンプで真空引きをした後しばらく放置して圧力計の針で配管に漏れがないかどうかガスを充填せずとも確認することができるという利点もあります。新フロンは旧フロンよりガス圧が1.6倍高いので配管の接続がきちんとしていることはとても重要です。

以上のようなことから真空ポンプを使って真空引きをするのは常識でもあると思いますが面倒がる人がいるのも確かですね。私は必ずしますが面倒と思ったことはありません。配管接続後ポンプをつないで動かしている間に他の部分の仕上げや片づけをしていればあっという間に20分ぐらい経ってしまいます。

仕事ぶりが気に入っているのならその職人さんに是非にとお願いして真空引きをやってもらったらどうでしょうか。その職人さん自身もグレードアップできるわけですし・・・。

古くからエアコンの取り付けをやっている職人さんは配管の取り回しなどは丁寧にできるのに、新しい方法や技術にはなかなか馴染もうとしないことが確かにあります。
真空引きというのは単に配管の空気を追い出すためだけでなく真空乾燥と言って配管内の水分除去のために行うものです。新フロンの機器のコンプレッサーの潤滑油は旧フロン時代に比べて吸湿性の高いものが多いので、新しいガスのエアコンの方が真空引きの重要性はさらに高いのです。配管内に水分を含んだ空気が混入していると不純物が生成されて、後...続きを読む

Qエアコン、真空引きってしなくて大丈夫なのでしょうか?

先日量販店で工事費込みのエアコンを買い、明日、取付けてもらうことになっています。

買ってからいろんなHPで「真空引き」のことを知り、心配になり、量販店に問い合わせしたら「うちは必ず真空引きをしています。」というので安心したのですが話をきくと、その店員は「真空引き」と「ガス圧方式」は同じだと思っているようで、私が「真空ポンプを使ってくれるんですよね?」ときいたら「ポンプは使いませんがちゃんと真空になってエアパージします」というのです。(真空になるかもしれないけど、それはガス圧方式なんだよ!って言えなかった私(;。;))

結局、「当店ではもう何万台も設置していますが問題になったことは一度もありません。心配しなくて大丈夫です」と押し切られてしまいました。

明日、工事にきた業者が真空ポンプを持っていなかった場合「後日、機材を持って来て、改めて設置してください」と言ってもいいのでしょうか?

いくつかのWEBを見ると新冷媒HFC(R410a)を使っているエアコンでガス方式でエアパージするとすぐに故障すると書いてあるので、それくらい強気でもいい!と思う反面、素人なので店員の「(どちらでも)問題ありません」って言葉もひっかかります。

実際のところ、どうなのでしょうか?

もし、ガス方式でエアパージされた場合、買った量販店に文句を言って、交換してもらうことは可能ですか?

もし、聞き入れてくれなかった場合はどうしたらいいのでしょうか?

工事は明日なので、皆さんの意見をききたく、よろしくお願いします

先日量販店で工事費込みのエアコンを買い、明日、取付けてもらうことになっています。

買ってからいろんなHPで「真空引き」のことを知り、心配になり、量販店に問い合わせしたら「うちは必ず真空引きをしています。」というので安心したのですが話をきくと、その店員は「真空引き」と「ガス圧方式」は同じだと思っているようで、私が「真空ポンプを使ってくれるんですよね?」ときいたら「ポンプは使いませんがちゃんと真空になってエアパージします」というのです。(真空になるかもしれないけど、それはガス...続きを読む

Aベストアンサー

まず、ポンプを持ってきてなかった場合、据付工事説明書を見せてもらいましょう。
そして、これ(ポンプ)はどこにあるんですか?って聞いて見たらどうでしょう?
そして、「これ無いと工事できないんですよね?もし使わないで工事した場合室外機交換しないと駄目なんですよね?」と聞いて見たらどうでしょう?

自分は少しは調べてるんだぞ!と言う所を見せると手抜きしずらいと思います。

それでも駄目だった場合量販店に文句を言って、それでも駄目ならメーカーに聞いて見ましょう。
そして、メーカーからの回答をしっかり見せて交換してもらいましょう。(FAX等の文書でもらえれば良いですね)
それでも駄目だった場合、消費者センターに相談して見ましょう。

参考URL:http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

Qエアコン取付け後「真空引き」のみを業者に依頼可能?

新冷媒(HFC/R410A)使用のエアコンを購入をした場合、真空引きのみ業者に依頼することは可能でしょうか? また、費用はいくらくらいでしょうか?

工事費用節約のため、全て自分で取り付けしようと考えたのですが、真空ポンプ+マニホールドが入手困難とわかり、どうしても真空引きだけは業者に依頼する必要が生じたのです。

当然新品なので冷媒補充は不要です。新冷媒用の配管等必要機材はホームセンターにて購入するものとします。すでに存在する壁面配管貫通穴を全長4mの配管接続や、ドレン配管、電気配線も済ませ、真空引きのみを依頼するものです。

新冷媒用エアコン取り付け工事でありながら、とかく敬遠されがちな「真空引き」のみの作業をあえて依頼したいわけです。何も電気工事屋でなくていいのです。ガス屋、風呂屋(銭湯ではありません)、塗装屋?、どなたでもいいのです。

Aベストアンサー

>本当ですか?

書かなきゃよかったかな?・・・(苦笑)
でもダメですよ 地球温暖化防止の為に・・・

エアコンで使われている新冷媒は
HFC410AとHFC407Cがあります
後者は主にビルマルチなどで使われている冷媒ガスで
これは異なる3種の混合冷媒であり
完全な非共沸冷媒 つまり沸点が違う冷媒なので
ガス漏れを起こすと組成変化が生じ正常な冷媒サイクルが形成されなくなります
410Aは混合される両者の沸点が似通っているので
擬似共沸冷媒といい 407Cほど厳密なものではない
というのがワタシ論です
メーカーに問い合わせれば当然ながら
従来手法はNGと言います 
新冷媒に切り替わる初期の頃は工具の対応が
なかなか追いつかず(零細業者は特に)
従来手法でエアーパージしている傾向にありました
よほどのガス放出をしない限りは問題なく
稼動しているのが現状です

以上は技術の観点からの”余談”でありこれを推奨するものではありません

Qエアコン真空引きしてくれるか不安

ビックカメラでエアコンを買いました。取り付け標準工事無料とのことで、来週工事に来てもらいます。
ネットで真空引きのことを知り、店員に真空引きですかと聞いたところ、工事会社に任せているのでわからないと言われました。不安です。どうすればいいでしょうか。

Aベストアンサー

真空引きで作業をしています。
これは新冷媒に切り替わるときにちゃんとメーカー指導されました。
比較的若い世代の人なら真空引きの手順しか知らないでしょう。

問題はベテランを自負して、やり方を変えない人達。
昔のR22タイプなどの手抜き方法では、配管してから、冷媒を少しだけ出して、パイプ内の空気を冷媒と共に押し出す方法を取りました。空気中にフロンを放出するのです。

この方法を、新冷媒R410Aタイプでも行うのです。うまく行えば、ちゃんと作動します。失敗したら配管のやり直しとガス再充填です。もし異物が配管内に入ってコンプレッサーにまわったら故障の原因になります。新冷媒は異物に非常に弱いです。

真空引きをしたあと、数分間放置して、数値がマイナスから変化がないことを確認することで配管の密封性を調べることができます。この目視作業なしでエアパージをしてガスが抜けたらどうするんでしょう。

ベテランであることが邪魔をして、「そんな失敗オレはしない。真空引きなんかしなくても結果は同じだ。」と言い張る人が結構多いのです。

が、メーカーも真空引きを指定しています。ちゃんと梱包材に「必ず真空引きを行ってください」と表記されています。

時代にあわせて作業を変化させることが出来る人が、本物のベテランだと思います。

そんな訳で、真空引きを知らないような業者なら、即刻やめることをお勧めします。
ちゃんとした家電メーカーなら、外注スタッフにも「真空引き」を徹底させています。解りません、などという回答は出てこないはずです。運悪く担当外の店員だったかもしれませんが、知らないではすまされないと思います。

真空ポンプと圧力ゲージを持ってこない、これが見極めのポイント。配管が完了してから、「コンセントお借りします。」といって、ポンプを作動させていれば大丈夫でしょう。配管完了後、外でブシュー、と音を出してエアパージしているなら、真空引きはやっていません。

それから、ある大手電気店では真空引き希望の場合追加料金7000円とありました。ということは、標準工事では真空引きはしていない、と暴露しているのです。
こんな点もご注意下さい。

この前真空引きを行って、密封状態確認のために電源を切ってゲージを確認していたら、「真空引きやってくださいよ!」と怒られました。もう済んでます。と言ったのですが、お客様がポンプの電源を入れてしまい、勘弁してください状態に陥りました。しかし、それだけお客様に「真空引き」の重要さが浸透してきているのだなあ、と実感した次第です。

もしブシュー、という音でエアパージしているようなら、新品交換で正規の手順で行え、と強く出てもいいと思います。購入したのはお客様。自称ベテランの人の満足のために仕事をお願いするわけではありませんから、遠慮無く、はっきり異議申し立てをすることをお勧めします。

ご参考までに。

真空引きで作業をしています。
これは新冷媒に切り替わるときにちゃんとメーカー指導されました。
比較的若い世代の人なら真空引きの手順しか知らないでしょう。

問題はベテランを自負して、やり方を変えない人達。
昔のR22タイプなどの手抜き方法では、配管してから、冷媒を少しだけ出して、パイプ内の空気を冷媒と共に押し出す方法を取りました。空気中にフロンを放出するのです。

この方法を、新冷媒R410Aタイプでも行うのです。うまく行えば、ちゃんと作動します。失敗したら配管のやり直し...続きを読む

Qルームエアコンのエアパージの具体的方法を教えて下さい

家庭用のルームエアコン(新品)を購入しました。業者にお願いしないで自分で取り付けに挑戦してみようと思っています。製品付属の工事説明書には、配管接続完了後にエアパージをするようにと書いてありますが、具体的にどのようにすれば良いのでしょうか?その他の作業は問題なく出来ると思います。ご存じの方教えて下さい。

Aベストアンサー

補足の内容が表示されないようなので・・・

>早速のご回答ありがとうございます。さらに具体的に教えていただきたいのですが、室
>外機高圧側とは細管の方(二方弁)で、低圧側とは太管の方(三方弁)でしょうか?ま
>た、配管内の空気ををフロンで押し出し終えたかどうかは、どのように判断すれば良い
>でしょうか?時間でしょうか?それとも噴出物で判断するのでしょうか?尚、冷媒は室
>外機本体にフロン22と書いてありました。宜しくお願いします。

高圧側は2分管(2/8inch)=細い管、低圧側は3分管(3/8inch)=太い管です。
尚、標準的なルームエアコンでは、低圧側は能力によって4分管を使う場合が、
あります。

フロンの押だし終了ですが、これは経験によるものが大きいので、難しいですが。
R22の場合、噴出してくるガスの臭いが変る筈です。
(匂いをかぐ場合は、噴出ガスで凍傷にならないようにしてください。
 もっとも凍傷を起こすほどすごい勢いで、噴出させたらガスが一気に
 なくなります)

尚、2方弁・3方弁は4mmか5mmのアーレンレンチ(六角レンチ)が必要に
なります。(メーカーによって異なります。)

フロンは水に触れると酸性になる?とか、(水にぬらしたリトマス試験紙?)
高熱に加熱(千℃?)でホスゲンと呼ばれる、猛毒のガスになりますが、
炎をかざすと炎色が変るそうです。
上記の方法は実際に試したことがないので、何とも言えませんが・・・
後述の方法は、フロンガス漏れ検知機にも使われているで、有力かもしれません。

がしかし、完全に噴出ガスが100%フロンになったことは確認できませんので、
なんとも言えません。

フロンR22については、混合無しのガスですので、混合比の心配は要りません。

なにはともあれ、エアパージの場合はフロンガスを多少なりとも、噴出する事に
なりますので、環境の為には良くないことをすることだけは、覚えておいて
ください。

PS.エアコンは機種によって、電気代がかなり違います。(2倍ぐらい)
 客間用など余り使わない部屋は、製品代が安いものを、居間など頻繁に使用
 する部屋は、高級タイプを使うことをお勧めします。(2~3年で元が取れる
  地域もあります。)
 又、配管にはカバー(モール)をつけて、ドレンホース(排水)は塩ビ管を
 使うと、経年劣化時の電気代もかなり違いますし、田舎ではドレンホースに
 防虫措置を取らないと、虫が巣を作ることがあります。
 (こう言った事は、施工説明書には書いていないはずです。まだまだ書き
  足りないことはたくさんありますが・・・専門家にお願いする場合も参考に
  してください。) 

補足の内容が表示されないようなので・・・

>早速のご回答ありがとうございます。さらに具体的に教えていただきたいのですが、室
>外機高圧側とは細管の方(二方弁)で、低圧側とは太管の方(三方弁)でしょうか?ま
>た、配管内の空気ををフロンで押し出し終えたかどうかは、どのように判断すれば良い
>でしょうか?時間でしょうか?それとも噴出物で判断するのでしょうか?尚、冷媒は室
>外機本体にフロン22と書いてありました。宜しくお願いします。

高圧側は2分管(2/8inch)=細い管、低圧側は...続きを読む

Qエアコン工事の失敗 ガスが抜けたでしょうか?

工事屋さんに、前回の手抜き工事のやり直し(室外機と配管の交換)をやってもらいました。

フレア加工や真空引きは完璧だったのですが、最後のリークテストで、工事説明書には、
「2方弁の弁棒を六角レンチ(4mm)を使って、反時計方向に90°開き、5秒後に閉じ冷媒漏れの確認をする。」

と書いてありました。
つまり「微量のガス」を放出し、石けん水等で接合部の漏れを確認しろということです。

しかし、工事屋さんは、勘違いして2方弁(高圧側)を全開にしてしまいました。
「あっ!」と思ったのですが、時既に遅しでした。

次に3方弁も全開にしてしまいました。

その状態、石けん水でリークテストを行いました。
幸い漏れはありませんでした。

しかし、3方弁のサービスポートからチャージホースを抜くのに手間取ってしまい、
合計で3秒間度「シューー」という音とともにガスが漏れました。

工事屋さんは、チャージホースに残っていたガスが漏れる音だと言いましたが、
チャージホースに入っていたガスの分だけなら「シュッ」という音で終わり、
3秒間も音はしないと思います。

エアコンは25kで冷媒は800グラム位です
これはかなりの量のガスが漏れたということでしょうか?
この状態で使い続けても効率低下等の問題は生じないでしょうか?

工事屋さんに、前回の手抜き工事のやり直し(室外機と配管の交換)をやってもらいました。

フレア加工や真空引きは完璧だったのですが、最後のリークテストで、工事説明書には、
「2方弁の弁棒を六角レンチ(4mm)を使って、反時計方向に90°開き、5秒後に閉じ冷媒漏れの確認をする。」

と書いてありました。
つまり「微量のガス」を放出し、石けん水等で接合部の漏れを確認しろということです。

しかし、工事屋さんは、勘違いして2方弁(高圧側)を全開にしてしまいました。
「あっ!」と思ったのですが、時既に遅し...続きを読む

Aベストアンサー

工事の方法は人それぞれ昔はメーカーサービスが講習会を開いてくれてコツや注意事項を教えてくれました。
ガス漏れはフレアー部がほとんどなのでフレアー作成時から悪くなければ漏れ確認などは飛ばす場合や「ギュポフレックス」(石鹸水)を吹きつけ泡が無いことの確認ぐらいで。長時間見て泡が出来ないかまでは見ていない。

最初の配管内の圧力をかける為の短時間の弁開放は漏れが有った場合の為に短時間開けて閉めるので漏れが無ければ全開でよい事。

真空引き後のチャージホース外しは運転時の圧を測らなければ負圧が正圧になった時点で外してよいのでその時点で外す。
タイヤバルブコア形状の物を押して開通しているのでコア押しがないものは外すときは一気に外す必要があるが

Qエアコン取り付け工事のトラブルが少ない量販店は?

自宅を新築し、この数日間にエアコンを購入するものです。
どうしても、この盛夏に取付せざるを得ないのですが、いろいろなサイトを見ていると、量販店の取付業者さんはひどいところが多いみたいですね。(特に今の季節は・・・)

当然、どの量販店にも丁寧な業者さん、雑な業者さんがおられるとは思うのですが、比較的トラブルの少ない量販店をご存知な方がおられましたらお教え願えますでしょうか。(外注に厳しいとか教育を頻繁に行っているとか)
少しぐらい高くても、そのあたりを重視して購入したいと思います。
また、もし雑な業者さんに当たらないコツなどがあれば、お教えいただくと幸いです。

Aベストアンサー

それは量販店(大手電気店)と契約している電気屋・電気工事業者さん次第です。
量販店の社員が取り付けに来るわけじゃないのでその時に言ってもあまり意味がありません。
数日間ではなくもっと日取りを取っていい業者に取り付けに来てもらえるように順番をまわしてもらうとか
取り付けに来た業者さんにきちんと取り付けるようお願いするとか
工事状況を見ながら問題があるようなら注意するしかないでしょうね。

Q家電エアコンを、ガス補充する費用はいくらくらいですか?

約20年前に購入した大手家電メーカーのエアコンですが、冷却能力が落ちたような気がしますのでガスを補充したいと思います。

本当は買いかえたいのですが、事情があり簡単にそう出来ないないため、ガスの補充にどれくらい費用がかかるのかが知りたいのですが・・・。

経験がある方、専門家の方どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

参考までに、追加コメントです。

エアコンの「掃除」はされていますか。

1週間に1回はフィルターについたほこりをきれいに掃除することです。
中もエアコン洗浄スプレーで掃除するのもいいです。
これだけでも「効き」が変わります。(電気代も)

大々的にクリーニングするのなら「ダスキン」などに依頼するのもいいでしょう。
実家で実施したところ20年来使用しているエアコンがよく効くようになったとのことでした。

参考URL:http://www.100100.co.jp/goods/h1living.html

Q◆エアコンを移転後ガス欠 補充にきた職人は真空引きなし◆

表題の通りです

殆ど新品のエアコンを移転しました
冷えも温もりも悪く、業者へ連絡しました

調べてもらうと、ガス欠だそうです
無料でガス補充して頂きましたが

室外機の真空引きはしなかったように思います

聞くところによると、現在のエアコンはガス欠になると

ガスを全部抜いてから、本体も配管も全てを真空引き
してからガスを入れると聞きました

私のエアコンの場合は昔の古いクーラーと同じようにガスだけを補充して職人は帰りました

勿論、配管だけは真空引きしていたように見えましたが・・・

自転車の空気入れの様な物でやってましたが・・・

正規の工事としてこれで良いのでしょうか?
現在問題なく稼働しておりますが、手抜き工事による
不具合が発生しませんでしょうか?

よろしくアドバイスお願いします

Aベストアンサー

tao0118様のおっしゃる通りであっています。
室外機ももちろん真空にしてからしないと、意味がありません。

◆修理方法◆
(1)ガス抜けの原因があれば、まずその箇所の修理をする。
(2)ガスを一旦全部抜き真空引きする(空気等が混入するとエアコンの効きが悪くなる)
(3)ガスを注入する
(4)ガス圧を測る
(5)試運転してみる(お客様にはしばらく様子見てください。おかしければまたすぐ参りますと言って修理完了書にサインしてもらう。)
上記で異常がなければ修理完了。
です。
◆手抜き工事による不具合◆
エアコンの効きが悪い
ガスが抜けている箇所(穴や施行時のパッキンのゆるみ、破損)があれば、またそこからガスが抜けてエアコンがきかなくなる。

上記防止の為にガス圧を最後に測り、ガスが漏れていないか確認します。

Qエアコンの設置に親身に乗ってくれる大型電気店は?

 マンションを買って20年使用していたエアコンが故障し、買い替えの検討をしています。
 ただし、そのエアコンは設置時に分譲業者が取り付けたもので、壁の内側に配管をしていたり、電源の配線もコンセントを使用しないなど、特別な方法をしているようです。
 エアコンの経験をされた方はおわかりだと思いますが、オプション代が結構馬鹿になりません。価格が安い店を選ぶのも大事ですが、機種の取替えや工事費の見積もり漏れでそれを回収されてもと考えています。
 できれば、下見と言わずともある程度前提条件の整理をしてくれる量販店を探しています。ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなど比較的価格の安い店で、事前相談に乗ってくれる東京中心部か千葉県のお店は無いでしょうか?

Aベストアンサー

ちゃんとしたエアコン工事を望むなら、商品を決めるより先に、技術と経験の豊富な技術者が、現在のエアコンの取り付け状況と、今後発生するであろう追加工事の大まかな概要を把握するために下見に来てくれる販売店でないと、多分後悔します。

隠蔽配管のエアコンの取り替えは、量販店のスピード重視の下請け丸投げ商法では無理難題です。販売する人に取り付け経験も無い人が多数だし、自分で下見に行く訳でもなし、取り付ける訳でもなし。

取り付け業者が隠蔽配管とは知らされずに工事に出向き、どうしても壁の中の配管の再利用は無理、と判断されると、壁に新たにコアドリルで穴を貫通させてしまい、普通のエアコンの取り付けをします。隠蔽配管は壁の中で放置です。後々の事も考える業者なら隠蔽配管設置時に、すこし余裕を持たせるのですが、配管が既存のものでギリギリいっぱいだと、新しいエアコンの接続に寸法が絶対的に不足してどうしようもない、ということがよくあります。

その業者が溶接してくれる技術があって、銅管を延長できる、または既存の隠蔽銅管を丁寧に取り出せて、新しい銅管を入れる技術をもっている、というなら、割り増し料金をちゃんと支払って、作業してもらった方がいいです。

他にも、配線もコンセントを使用しない、と言う事ですから、家庭用動力エアコンの可能性が大です。ここは量販店ではなくて、しっかりした電気工事の出来る店にお願いした方が、きっと後々まで納得いく価格と工事をしてくれる事でしょう。今高くても、数年後にきっと良かったと思えるはずです。

ちゃんとしたエアコン工事を望むなら、商品を決めるより先に、技術と経験の豊富な技術者が、現在のエアコンの取り付け状況と、今後発生するであろう追加工事の大まかな概要を把握するために下見に来てくれる販売店でないと、多分後悔します。

隠蔽配管のエアコンの取り替えは、量販店のスピード重視の下請け丸投げ商法では無理難題です。販売する人に取り付け経験も無い人が多数だし、自分で下見に行く訳でもなし、取り付ける訳でもなし。

取り付け業者が隠蔽配管とは知らされずに工事に出向き、どうしても...続きを読む


人気Q&Aランキング