楕円体の表面積の求め方について教えてください。

A 回答 (4件)

一般の楕円体はちょっとかんべんしてもらって,


回転楕円体
(1)  (x^2+y^2)/a^2 + z^2/c^2 = 1
の表面積に焦点を絞って回答します.

残念ながら No.1 と No.2 の回答は不正解のようです.

No.1 は楕円の面積の π×(長半径)×(短半径) から類推されているような
気がします.
一つの軸をスケール変換したときに,
平面図形の面積あるいは立体図形の体積,などはスケール変換と簡単に関連づけられて,
円の面積から楕円の面積,球の体積から楕円体の体積,
など求めることが可能です.
しかし,楕円の周長や,楕円体の表面積はそうはいきません.
参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=27302

No.2 は方針は合っていますが,傾きのことを忘れています.
曲線の長さを求めるときに √{1+(dy/dx)^2} の因子に相当するものを
考慮しないといけません.

z 一定の面での切り口は円で,その半径 R は(1)で x^2+y^2 = R^2 とおいたものですから
(1)  R = (a/c)√(c^2 - a^2)
です.
円周はもちろん 2πR.
z~z+dz の範囲からの表面積への寄与 dS は
(2)  dS = 2πR √{dR^2+dz^2} = 2πR √{1+(dR/dz)^2} dz
下図の斜線部が √{dR^2+dz^2} です.

        /  ↑
       /│  │
      / │  dR
     /  │  │
    /   │  ↓
    │   │
    │   │
   R│   │
    │   │
    z   z+dz

あとはこれを積分すればよく
(3)  S = ∫{-c~c} 2πR √{1+(dR/dz)^2} dz
を(1)を考慮して計算すればOKです.
ちょっと計算してみるとわかりますが,積分の本質的部分は
(4)  ∫{-c~c} √{c^4 + (a^2-c^2)z^2} dz
で,a>c か a<c かの分類が必要です.
結果は
a>c のとき
(5)  S = 2πa^2 + [πac^2/√(a^2-c^2)] log {[a+√(a^2-c^2)]/[a-√(a^2-c^2)]}
a<c のとき
(6)  S = 2πa^2 + [2πac^2/√(c^2-a^2)] arccos(a/c)
です.
a=c ならもちろん S = 4πa^2.

回転楕円体でなくて,一般の楕円体
(7)  x^2/a^2 + + y^2/b^2 + z^2/c^2 = 1
なら,z 一定の切り口が楕円ですし,傾きも方向によって異なります.
表面積の公式
(8)  ∬ √{1+(∂z/∂x)^2+(∂z/∂y)^2} dx dy
を使う方がわかりやすいかも知れません.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2001/12/28 15:22

かなり複雑な計算式になりますね。


参考URLに公式があります。
色々な公式集はこちら。
 ↓
http://www.asahi-net.or.jp/~jb2y-bk/math/heartko …

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~jb2y-bk/math/daenmen …
    • good
    • 0

まず楕円の式を y について解き、次にその y を半径として


2yπ=円周 が出ますね。それを左端から右端まで積分すれば出ると思う
のですが・・・・(実際には2×まん中から右端までになると思いますが)。

間違っていたらすみません。
    • good
    • 0

楕円体の表面積を求める公式は、


4×π×(長半径)×(短半径)
ですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDubois式以外の体表面積の求め方

Dubois式以外の体表面積の求め方について教えてください。
検索しても、あまり出てきませんでした。お願いします。

Aベストアンサー

補足欄に誤植がありますので投稿します。
検索TOPで、ご存知とは思いますがURL張ります。
http://www.osaka-med.ac.jp/deps/in1/res/calc/bsa.html
なお此のSITEの記述に統一性がないので、エクセルで追試します。
誤記述というか、自動計算の結果の単位が(cm^2)ではなく(m^2)です。
HT=163.4
BW=54.3
BSA(Du Bois):体表面積(Du Bois式)
BSA:欧米人の体表面積
BSA(cm^2) = 71.84 * HT(cm)^0.725 * BW(kg)^0.425
=71.84*(163.4^0.725)*(54.3^0.425)
=15785.70524
=1.5785705237622411(SITEの自動計算)
BSA(Fujimoto):体表面積(藤本式)
BSA:日本人の体表面積
BSA(cm^2) = 88.83 * HT(cm)^0.663 * BW(kg)^0.444
=88.83*(163.4^0.663)*(54.3^0.444)
=15353.12893
=1.5353128932462136(SITEの自動計算)

補足欄に誤植がありますので投稿します。
検索TOPで、ご存知とは思いますがURL張ります。
http://www.osaka-med.ac.jp/deps/in1/res/calc/bsa.html
なお此のSITEの記述に統一性がないので、エクセルで追試します。
誤記述というか、自動計算の結果の単位が(cm^2)ではなく(m^2)です。
HT=163.4
BW=54.3
BSA(Du Bois):体表面積(Du Bois式)
BSA:欧米人の体表面積
BSA(cm^2) = 71.84 * HT(cm)^0.725 * BW(kg)^0.425
=71.84*(163.4^0.725)*(54.3^0.425)
=15785.70524
=1.5785705237622411(S...続きを読む

Q楕円形の面積の求め方教えてください。

長径α、短径βの楕円形(平面)の面積の求め方を教えていただけませんか。できれば、証明方法も教えていただければ、幸いです。

Aベストアンサー

#1です。
>ではもし、楕円形の中心角50度分の面積を知りたい場合はどうすればよいのですか?

その中心角の範囲によります。
長径から50°だったら比較的簡単です。

圧縮前の円と、圧縮後の楕円を図にかいてみてください。
圧縮前の角度をθとすれば
 (αcosθ)tan50°=(αsinθ)×(β/α)
が成り立ちますから、αtanθ=tan50°より
 θ=atn{(tan50°)/α} ←atnはtanの逆関数です。
となります。
圧縮前の扇形の面積はπα^2×(θ/360°)ですから
圧縮後の楕円の一部の面積はπαβθ/360°つまりπαβatn{(tan50°)/α}/360°となります。

短径から50°の場合も同様に考えれば可能です。
中心角の両端が短径や長径に一致していない場合は面倒だと思いますが、上に書いた方法を応用すれば可能です(ただし中心角だけでは求められません)。

Q平面と楕円体との距離の最小値を求めたいのですが・・・・

平面ax+by+cz=d

楕円体x^2/16+y^2/4+z^2=1
について、

平面と楕円体の距離が最小となる時の楕円体上の点の座標を求めよ
というものです。

初めにラグランジュの乗数法を用いて解こうとしましたが混乱してしまいました。
求める座標をx,y,zとして

(x-X)^2+(y-Y)^2+(z-Z)^2-λ(x^2/16+y^2/4+z^2-1)=0
(ただしX,Y,ZはaX+bY+cZ=dを満たすもの)

から、x,y,z,λで偏微分して連立しようとしました。
平面ではなく点なら簡単だったのですが、こういう場合はどうやって
x,y,zが求まるのでしょうか。それとも他に簡単な解法があるのでしょうか。もしありましたら教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

楕円体x^2/16+y^2/4+z^2=1 上の点(p,q,r)での接平面の式は、
px/16+qy/4+rz=1

この接平面と平面ax+by+cz=dとが平行になるとき、平面と楕円体の距離が最小になります。

よって、
p^2/16+q^2/4+r^2=1
p/a=q/b=r/c
の連立方程式から、p,q,rを求めます。

ただし、解は2つあるので、どちらの点の距離が小さいかを決める必要があります。

Q今日は、楕円の事で教えて下さい。楕円を書くには焦点が必要ですけど、焦点

今日は、楕円の事で教えて下さい。楕円を書くには焦点が必要ですけど、焦点の計算を教えて下さい、長軸1m、短軸0.5mの場合焦点の位置はどうなりますか?計算方法を教えて下さい。皆様宜しくお願いします( 一一)。。。

Aベストアンサー

楕円の中心点を原点Oとした時、√3/4だけ、x軸方向に進んだ点が焦点です。
もうひとつは-√3/4だけ進んだ点です。
式は
√(0.5^2-0.25^2)です。
参考URLの一番したを見たらわかります。

参考URL:http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~tomodak/quadratic/reference/ellipse.html

Q四面体の体積を求める際の、高さの求め方。

四面体ABCDがある。 AB=BC=3 BD=1 AD=2√2 AC=2√5 CD=2√3 である時、四面体ABCDの体積Vを求めよ。

体積(V)=底面積×高さ×1/3 
「高さ」を求められず、この式が使えません。

解答では、「△BCDを底面とすると、ADが高さになる。」…とありますが、底面△BCDから頂点に伸びる線は3本あり(AD、AC、AB)、なぜ、ADが「高さ」になるのか、わかりません。

正四面体であれば答えられるのですが、この問題は考えてもまったく分かりませんでした。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

△DABと△DACとでピタゴラスの定理が成立します。
AB^2=DA^2+DB^2
AC^2=DC^2+AD^2
したがって
∠ADC=∠ADB=∠R (直角)
△BCDの平面上の交差する直線DBと直線DCに直線(線分)ADは直角だから、
点Dは頂点Aから底面BCDに下した垂線の足といえるわけです。
つまり底面BCD、頂点Aの四面体の高さがADの長さになるということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報