ファッション業界でMDという職業は一体何の略で何をする人なんでしょうか?最近すごくカタカナ、略語に困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「MerchanDiser」の略です。


商品企画、生産、販売など、商品の流れの全般にかかわるという仕事です。
売り場の意向を把握しつつ、企画とすりあわせを行い、客が望む商品のプレゼンテーションをします。それからまた市場の動向をキャッチして、商品作りにフィードバックする、という仕事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。何となくわかりましたが、プレゼンテーション、キャッチ、フィードバック。カタカナ英語ってほんと日常用語になりつつありますね。オシャレな業界では特に。

お礼日時:2002/01/05 16:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q[質問]ファッション業界の就職について。109系のファッションが好きです。

初めまして、こんばんは。

現在、新宿にあるファッションの専門学校に通う3年生の男子です。

学校では、パターン、縫製、デザインなど服作りの基礎を勉強しました。今年が最後の学年で就職の年なのですが、正直、まったく動けていないのが現状です。

学校の合同企業説明会やアパナビの説明会などにも行ったのですが、自分の行きたいと思える会社が見つかりません。

僕は学校のほかの友達と違って、コレクションとかに出ている斬新な服よりも渋谷の109で売っているような服のほうが好きです。

学校の就職課の人に相談してみたところ、109系のブランドはあんまり会社説明会などをしないと聞きました。

109系のブランドは、あまり新卒の募集などはしていないのでしょうか?また109系のブランドで働くとしたら、販売以外では、どのような職種がありますか?

教えてください。よろしくお願いいたます。

Aベストアンサー

109系の服は、少人数でバイイング→韓国・中国など中心でされていると思います。マウジー・SLYなど
ですから就職課の人が、仰るのはその通りでしょう。

いきなり、109系の服の会社に入られたいのでしたら、ほぼ今までの専門学校の知識より、着たいか、売れるかの判断が決め手になります。
新たにデザインを出すとしても、店頭の流れについていけないので=バイイング主体となります。
製品を仕入れ、店頭に=作りこみはさほど必要なく、旬の物であればいい。
その繰り返しになると思います。
ヤングターゲットのアパレルの機能でしたら、ほぼそのようだと思ってください。

株)エゴイストでは、リクルートがホームページにあります。
広報(プレス)が有りました。
ブランドの検索で、リクルートの載っているところもあるので。

Qファッション業界の問題点や課題は・・・?

みなさんは今のファッション業界の問題点や課題は何だと思いますか?皆さんの意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

問題点
ヴィトンやグッチなど、海外の高級ブランドにすっかり水をあけられている。
また、ユニクロのなどの登場により、「必要最低限」の衣料が安価で購入できる現状が、消費者にとっての「ファッション」の意味を大きく変えることとなった。つまり、消費者がファッションにあまり多くを求めなくなり、ファッションに対する期待感がなくなりつつある。
業界が、70年代~80年代にかけてのDCブランドブームのように、社会現象になるような活気のある話題を提供できなくなった。
生産拠点を海外に移転するメーカーが増え、国内の工場が閉鎖に追い込まれている。
消費者の嗜好の多様化により、これまでのマーケティング手法では本当にヒットするものを提供することが難しくなってきた。そのために、確実に売れる似たようなデザインの服が市場に増え、バリエーションがなくなったことで各メーカー間の競争が減り、業界全体の不景気を更に加速させる要因となっている。

課題
やはり、日本の衣料生産の強みをもう一度、見直したほうがいいと思います。デザインの差ではもう海外ブランドと勝負出来ないと思うので。
あと、ファッション業界全体が「若者」にターゲットを絞っていますが、今後は高齢化社会になることもあるし、若者はお金を持っていないので、ある程度お金に余裕のあるミドルエイジを今のうちに取り込んでおいたほうがいいと思います。

問題点
ヴィトンやグッチなど、海外の高級ブランドにすっかり水をあけられている。
また、ユニクロのなどの登場により、「必要最低限」の衣料が安価で購入できる現状が、消費者にとっての「ファッション」の意味を大きく変えることとなった。つまり、消費者がファッションにあまり多くを求めなくなり、ファッションに対する期待感がなくなりつつある。
業界が、70年代~80年代にかけてのDCブランドブームのように、社会現象になるような活気のある話題を提供できなくなった。
生産拠点を海外に移転するメーカ...続きを読む

Qファッション業界での梅春物の意味を教えて下さい。

ファッション業界で1月から2月位に展開する「梅春物」(うめはるもの)の正確な意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

その名の通り、梅の花の咲くころに展開される初春もの(アーリースプリングライン)のことを呼びます。
冬のセールが終わって最初に並ぶ商品のことで、冬ものより色は春らしいが、完全な春ものよりは素材が厚く暖かい感じ。
欧米ではこの時期に避寒のためバカンスをとる人が多いので、リゾートラインの商品が必要になり、その商品群をクルージングコレクションとも呼びます。

Qファッション業界での「切り替え」の意味について教えて下さい。

ネットショップで洋服を一枚買おうを思っておりますけど、「切り替え」という表現がよく使われてます。
「切り替え」といのはファッション業界では具体的に何を意味する言葉なんでしょうか?
ファッション関係のお仕事をなさってる方の投稿をお待ち致します。
宣しくお願い致します。

Aベストアンサー

切り替え、って「胸元の切り替えが女性らしい印象です」みたいな感じに書かれていますか?
それとも、「商品切り替えのため、お安くしております」みたいな感じですか?

前者でしたら、デザインのことです。
ワンピースやキャミソールなど、途中で生地を縫い合わせてあるもの
http://www.rakuten.co.jp/cletia/1738851/1803743/
↑この場合はレースの部分が「切り替え」です。
同じ生地で切り替えする場合もあるし、別の生地の場合もありますが、どちらにしてもその部分を印象づける効果があります。
最近多いデザインですよね^^

後者の場合は、「商品入れかえ」のような意味合いです。
この商品はもう終わりで、新しいタイプにしますよ、ということです。

このどちらかだと思うのですが・・・。

Qファッション関係の職業についている男性?

偏見かと思いますが、質問させてください。
一般的に男性より女性の方が、流行のファッションに敏感だったり興味を持ってたり、これとこれが似合う・これはダサいなどのファッションセンスをものすごい勉強してたりしますよね。なのに、ファッション関係の職業に就いていて女性に絶大な人気があり有名な方は、男性が多いのはなぜでしょう?デザイナー、ヘアメイクアーティスト、スタイリスト、美容師など。もちろん女性の方も多く活躍されていますが、男性もとても多いです。古くからのハイブランドのデザイナーはほとんど男性なイメージがあります。
これは周りにファッションに無頓着な男性が多い私にとってはとても不思議なことに思えます・・・。男性ならではのセンスや強みというのか、あるのでしょうか?それとも単純に女性の社会進出が阻まれていたからでしょうか?ちなみに、そういうお仕事をしている男性に不快感を感じているのでは決してありません。ただ単純に不思議なんです。
何かわかる方、教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

クリエイティブな仕事には、体力と気力が必要です。
以前、ファッションデザイナーに限らず、クリエイターにはなぜ女性の成功者が少ないのか、
ということを話題に挙げた際、やはり体力が最終的なクオリティを左右する、
という結論になったことを思い出しました。

しかも、平凡な女性が自分の身を着飾る事に費やすエネルギーと、
男性のデザイナーがパリコレで成功したい一心で作り続けるエネルギーとでは
質量共に違います。
私もファッションではありませんが長年デザインをやっています。
デザインを学んだ大学では、同級生の半分は女性でしたが、
それから15年を経た現在、同級生の女性は皆結婚や出産、
また体力が続かなくなったなどの理由で
どんどん仕事を辞めてしまい、残っているのは一握りとなってしまいました。
もちろん出産後でも、体力が十分あれば仕事と育児を両立させられるはずなのですが、
クリエイティブの仕事に限っては、事務職などとは違い、体力や気力が必要なために
両立は非常に難しいのが実情です。

私も多くのクリエイター達を見てきていますが、
一流になりたい、有名になりたい、という気持ちが強いのは
やはり女性より男性のほうが圧倒的です。
男性の場合、結婚後も独身時代と変わらず仕事に打ち込む事ができるため、
仕事に対する目標が明確なのですが、
女性の場合、結婚後は出産という新たな目標設定をせざるを得ないため、
そこで足踏みしてしまう人が多い事は否めません。
それが、多くの女性の飛躍を妨げている原因の一つである事は確かです。

ただし、この問題はクリエイティブ業界に限らず、ほとんどの業界について
言える事だと思います。

クリエイティブな仕事には、体力と気力が必要です。
以前、ファッションデザイナーに限らず、クリエイターにはなぜ女性の成功者が少ないのか、
ということを話題に挙げた際、やはり体力が最終的なクオリティを左右する、
という結論になったことを思い出しました。

しかも、平凡な女性が自分の身を着飾る事に費やすエネルギーと、
男性のデザイナーがパリコレで成功したい一心で作り続けるエネルギーとでは
質量共に違います。
私もファッションではありませんが長年デザインをやっています。
デザイン...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報