ずいぶん昔のマンガ(劇画?)で、たぶん絵は池上遼一(違うかも?)だと思うのですが、題名が思い出せません。週刊少年マガジン(これも自信なし)に連載されていたもので、その内容は、エリート学生集団が劣等学生たちを、世の中の役に立たないという理由で抹殺しようとする計画を立て、それを実行しようとするものです。劣等学生のリーダーがそれを阻止しようとする内容だったと思います。ずっと気になっていたのですが、また読んでみたいと思うようになりました。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「男組」が違うのであれば



少年サンデーに連載されていた「青拳狼(せいけんウルフ)」かも知れませんね

エリート至上主義を標榜する世界的大企業パックス(PAX)の運営するパックス学園では、エリート学生による劣等学生の弾圧を行っていた。
パックスによって両親を失った主人公海原狼は青狼拳という武術を身につけパックス学園のエリートを叩き伏せる。
といった内容だったと思います

参考URL:http://item.furima.rakuten.co.jp/item/53910152/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました(^.^)
おお!「パックス学園」そういえばそんな名前だったような・・・。
さっそくネットで調べてみましたが、残念ながら確証は得られませんでした。あとは実際に、コミックスを見て確認するしかないですね。
いちおう確認できるまで、もう少しこの質問は残させてくださいm(__)m

お礼日時:2006/03/11 11:48

池上遼一の「男組」でしょうか。


悪の親玉(笑)が白ランだったかどうかまでは調べられませんでしたが、なんといっても彼(神竜)のキメ台詞は
「大衆はブタだ!!」だそうですから…。

参考URL:http://polaris.rati.info/otokogumi/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。さっそく「参考URL」を見てみましたが、残念ながら違うようです(;´_`;)

お礼日時:2006/03/10 18:36

絵は池上良一風で、というと藤原芳秀の『私立終点高校』かなぁ。


なんか、そんな感じの漫画だった気がするけど、あれはサンデー増刊だったしなぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。絵を見たらわかるかなと思い、「藤原芳秀 私立終点高校」で検索してみましたが、探し出せずわかりませんでした。う~、気になるなあ・・・。

お礼日時:2006/03/09 21:21

望月三起也の「ジャパッシュ」は違うかなあ…。


マガジンじゃなくてジャンプだけど。
表紙画像↓
http://de-jazz.sakura.ne.jp/bookstore-man/archiv …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。しかし、絵が違いますねえ・・・。池上遼一風の劇画で、エリート集団は皆、冷たい目をしていたような・・・。

お礼日時:2006/03/09 11:32

少年サンデーで『男大空』かな?


親兄弟を殺され生き残った財閥の少年が、不良学生を仲間にして船型の学園を作ったと思います。後半は主人公が日本古武道の骨法を学んで、ライバルと戦う拳法漫画になったような記憶が…(笑)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4840109 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくご回答いただき、ありがとうございました。でも違うかなあ・・・。エリート集団の方は白い(?)制服を皆、着ていたような気がします。とにかく、自分たちより劣っている人間は、世の中の役に立たないから抹殺してしまえ、というスジは衝撃的でよく覚えているのですが・・・。ネット上でも池上作品をいろいろ調べていますが、どうしてもわかりません(*_*)

お礼日時:2006/03/09 11:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q武論尊&池上遼一の作品

ビッグコミックスペリオールで武論尊&池上遼一の「覇-LORD」という作品が連載されています。
(スペリオール自体、隔週発売ですが、この作品は隔号掲載です。)

この作品は三国志を題材にしていますが、個人的に全く面白過ぎて、早く結末を知りたく、一刻も早く最終回を読んでみたいです。

このコンビの現代を舞台にした作品も楽しみにしています。

この「覇-LORD」は、まだまだ続くでしょうか?

Aベストアンサー

>この「覇-LORD」は、まだまだ続くでしょうか?

未だ未だ続きそうですね。
私は、最初は、主人の買って来た「スぺリオール」で読んでいましたが、購入しなくなった為途中からツタヤのレンタルコミックで借りて読んでます。


私が、この作品に興味を持ったのは、池上遼一さんの「流月抄 」「ベステイア~流月抄完全版~ 」を読んだ事が有り、又、中学の時に読んだ「三国志」 (吉川英治) がとても面白かったからです。

残念ながら、他の作品は呼んだ事が有りません。

Q作画・池上遼一先生、原作・雁屋哲先生の「男組」という漫画を探しているの

作画・池上遼一先生、原作・雁屋哲先生の「男組」という漫画を探しているのですがなかなか見つかりません。
現在13,14,15,17巻が無い状態です。
そこで抜けている部分は文庫版で補おうと思っています。
これらの巻は文庫版でいうと何巻にあたるのでしょうか?

Aベストアンサー

全14巻の文庫本を持っています。

単行本の内容は以下でしょうか?
12巻の最後「総攻撃」
16巻「裏切り」~「戦士帰る」
18巻の最初「地獄へ」


そうであれば、
単行本の13巻~15巻は文庫本の7巻~9巻
単行本の17巻は文庫本の10巻
にあたるので、文庫本7巻~10巻まで入手すれば内容は揃うと思います。

Q劇画版Qちゃん

昨日トリビアで紹介されていましたが、コミック化とかされていないのでしょうか?
短編漫画らしいので、短編集とかに掲載されていたりするのでしょうか?

読んでみたいので、ご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

【『劇画・オバQ』収録単行本リスト】
●ゴールデンコミックス『藤子不二雄異色短編集(1)ミノタウロスの皿』(小学館)
●愛蔵版『藤子不二雄SF全短編(1)カンビュセスの籤』(中央公論社)
●小学館叢書『藤子・F・不二雄異色短編集(1)ミノタウロスの皿』(小学館)
●藤子不二雄ランド『異色SF短編(2)一千年後の再会』(中央公論社)
●小学館文庫『藤子・F・不二雄異色短編集(1)ミノタウロスの皿』(小学館)
●ビッグ作家究極の短編集『藤子・F・不二雄』(小学館)
に収録されています。
すでに絶版になっている本もありますが…探してみてください。

Q劇画調でない端正な絵柄を描く美人画家

以前「松森正」に凝って大抵の作品を集めました。でも彼は寡作でした。今も描いているのかわかりませんが見かけません。
余り雑誌は見ない方です、というかまったく買いませんが、単行本は時にまとめ買いします。
松久由宇の画風も好きでしたが彼も原作に恵まれなければ力を発揮できない作家のように思います。
彼らのような、いわゆる劇画調でない端正な絵柄を描く美人画家を知りませんか?
(池上遼一や平野仁などはちょっと引けます。まだやまさき拓味のほうが好みです。)
古いのかもしれません。

Aベストアンサー

山田章博さんなどいかがですか。
マンガより挿絵が主流かも知れないですが、繊細さで秀でていると思います。

Q探している漫画があります。戦う女主人公で劇画調。

タイトルも作者名も不明です。

読んだ時期は15年~20年前。
単行本で絵は 劇画調でした。


古代ローマ?か何かが舞台だったと思います。
具体的に憶えているシーンは女主人公が敵に捕らえられ、
拘束を解こうとほぼ裸の状態でもがいているのを、
同じ場所に拘束されていた男の捕虜が「そんなにみせつけられちゃたまらないね」
とか言う場面があったと思います。

女主人公が戦っている相手も女戦士だったと思います。
最近のマンガのような超能力やファンタジー的な強いヒロインではなく、
もっと血と汗を感じさせる生身の戦い方でした。


で、ほんとにうろ覚えなのですが、女主人公は普通の人間ではなく、伝説の何かである
とかいうスートーリー展開のような記憶もあるのですが、定かではありません。

作者はアマゾネス的に精神的、肉体的に強い女性が好きな男性の漫画家さん
だったようで、やたらに強いヒロインを主人公にした作品を
多く描いているようでした。

この作品だったかどうかは忘れたのですが、作者の方が単行本のカバー折り返しのコメントで、
昔の洋画のジャングルで戦う強いヒロイン(女ターザン?)に惹かれたのが、自分の漫画のルーツ
であるというような内容の事が書かれていたと思うのですが。

検索してもうまく該当する作品に当たりません。心当たりのある方情報お願いします。

タイトルも作者名も不明です。

読んだ時期は15年~20年前。
単行本で絵は 劇画調でした。


古代ローマ?か何かが舞台だったと思います。
具体的に憶えているシーンは女主人公が敵に捕らえられ、
拘束を解こうとほぼ裸の状態でもがいているのを、
同じ場所に拘束されていた男の捕虜が「そんなにみせつけられちゃたまらないね」
とか言う場面があったと思います。

女主人公が戦っている相手も女戦士だったと思います。
最近のマンガのような超能力やファンタジー的な強いヒロインではなく、
もっと血と汗を感じ...続きを読む

Aベストアンサー

その条件で思いつくのは、「闘奴ルーザ」(かきざき 和美)ですかね。
あるいは同じ作者の「LIZA」か。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報