アウトレットモールについて教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アウトレットモールは、最近の新しい街づくりの一つとして注目されているようで、全国各地に大なり小なりのアウトレットモールが誕生しているようです。


下記にその事例が出ています。

参考URL:http://dir.lycos.co.jp/business_industry/company …
    • good
    • 0

アウトレットとは元々「はけ口」とか「排水口」という意味ですが、1980年代アメリカで、旧モデルや余剰在庫品あるいはサンプル品や規格外品をメーカーが直営の小売店を設けて販売するようになり、これを「アウトレット・ストア」と呼ぶようになりました。

自社生産した商品の残品を売りさばく「ファクトリー・アウトレット」と、小売企業が仕入れたり委託生産したりした商品を処分する「リテイル・アウトレット」の2つのタイプがあります。

よけいな事かもしれませんが、この質問の前後の質問を見ても、「困っている」というよりも「検索するのが面倒なので楽をしよう。」という事が感じられます。自分で調べないと意味ないと思いますよ。
(レポートかなんかでしょう)

参考URL:http://www.udit.co.jp/www30.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHedge Fund ついて

 Hedge Fund 買いたいとおもいますが、Permal社とPioneer社について、どんな会社でどのような種類のHedge Fundを扱っているかおしえてください。

Aベストアンサー

どちらも評判の高いFOFのゲートキーパーです。
Permalの代表的なファンドは、Permal FX&Finalcial Futuresというマルチストラテジー、マルチマネージャーのファンドです。トラックレコードの高いFOFです。その他にも、コモディティーや日本市場にフォーカスしたFOFもあります。
Pioneerの代表的なものは、Pionner Allweatherというこれもマルチストラテジー、マルチマネジャーのファンドです。これも広範囲にリスク分散され「全天候型」のファンドとして定評があります。

どちらもHPがあるので、詳しく書かれています。英語ですが、HFに投資されようとする方は英語には抵抗ないですよね。
http://www.permal.com/permaldev/public/index.jsp
http://www.pioneeraltinvest.com/

どちらもファンド自体を買おうとすると、最低投資単位が(たぶん)5,000万円以上で富裕層に限定されると思います。日本でもプライベートバンクや一部証券会社で購入可能だとは思いますが。
ファンド自体ではありませんが、元本保証をつけたものや、小口化したものが、いくつかの証券会社や銀行で販売されていたと思います。こちらは数百万単位で買えたと思います。(今は扱っているか不明ですが)検索すれば出てくるはずなので、ご自身でお調べくだされ。

どちらも評判の高いFOFのゲートキーパーです。
Permalの代表的なファンドは、Permal FX&Finalcial Futuresというマルチストラテジー、マルチマネージャーのファンドです。トラックレコードの高いFOFです。その他にも、コモディティーや日本市場にフォーカスしたFOFもあります。
Pioneerの代表的なものは、Pionner Allweatherというこれもマルチストラテジー、マルチマネジャーのファンドです。これも広範囲にリスク分散され「全天候型」のファンドとして定評があります。

どちらもHPがあるので、詳しく書かれ...続きを読む

Q国際組織関連のついて

「国際安全保障について」、「平和維持活動について」、「交戦法規と中立法について」、「難民問題について」、「環境に関する国際制度について」、「ILO・UNESCO・WHOについて」のなかで出来れば複数頂きたいですがこの6つの項目のものがそれぞれどういう物なのか教えて頂けないでしょうか?分かりにくくて申し訳ありませんが1つだけでも結構なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

安全保障
国連平和維持活動
戦時国際法
難民
京都議定書
国際労働機関
国際連合児童基金
世界保健機関

以上のそれぞれを WIKIPEDIAで 見てください

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki

Qアジア通貨危機ついて

アジア通貨危機について質問です。ネットでアジア危機について調べても、何を説明しているのか全くわかりません。そもそも経済というものをあまり触れたことがなにので、困っています。変動為替相場とか~制度だったりいろいろな用語がでてきます。

どなたかアジア危機についてあまりこのような用語を使わず簡単に説明できるかたいらっしゃいますか?
お願いします。

Aベストアンサー

>その当時タイバーツはすごく価値があるものだったのでしょうか

価値というものがどれに対する価値なのかよく分かりませんが
国際的な取引通過の価値としてならほとんどありません。

単純にいえば利ザヤが大きい(儲かる)から投資するのです。
日本でも金利が高いときに銀行に預ければ利息は大きいですね。
それと同じ理屈です。
投資は別にタイバーツでするわけではなく、通常はドルで行われます。

ここまではあまりタイバーツはそれほど主役になっていません。
次にドルが強くなって空売りの流れになるのですが、ここで主役になります。
タイバーツが実はそれほど強くないのではないかとファンドが薄々と勘づいたのです。

こういう嗅覚は百戦錬磨のファンドです。
どういうことを仕掛ければ大もうけができるか経験的に知っています。
当然、タイの経済が滅茶苦茶になることも知っています。
でも自分達が儲かればいい。だからハゲタカとよばれるわけです。

なお、空売りの意味は金融取引の専門用語になりますが、
通貨を売ったんだぐらいの認識で結構です。
ここでは詳しく触れるつもりはありません。
もし、知りたいのであれば信用取引を勉強して下さい。

>その当時タイバーツはすごく価値があるものだったのでしょうか

価値というものがどれに対する価値なのかよく分かりませんが
国際的な取引通過の価値としてならほとんどありません。

単純にいえば利ザヤが大きい(儲かる)から投資するのです。
日本でも金利が高いときに銀行に預ければ利息は大きいですね。
それと同じ理屈です。
投資は別にタイバーツでするわけではなく、通常はドルで行われます。

ここまではあまりタイバーツはそれほど主役になっていません。
次にドルが強くなって空売りの流れ...続きを読む

Q郵政民営化ついて

たまに郵政民営化はアメリカに売ったとか聞きます。
どういう意味でしょうか?
郵政民営化の何が悪かったんでしょうか?

簡潔に教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

郵政民営化で一番標的となるのは、郵貯の資金です。
郵貯は世界最大の金融機関であり、しかも今まで一度も自分たちで資金運用したことが無い機関です。
なぜなら、財政投融資といって、政府が裏金として使うために、郵貯自体は何も運用していなかったから。
それが、現在の金融市場に開放されれば、まず最初に外資の投資会社や資産運用会社がやってきて、うちで運用すれば間違いないと言って資金を持っていってしまいます。

次に簡保。
保険業界は、第3分野といわれる医療保険に関しては、アメリカの圧力に屈して、外資の流入を政府が後押ししています。
アフラックやら、アメリカンホームダイレクトやら、やたらと外資のしかもアメリカの医療保険CMが多いのも、
国産の医療保険が軒並み摘発されているのもアメリカからの圧力の結果です。
簡保は、この外資の標的となっています。
実は、この簡保も日本最大で、保険業界が医療保険に本格参入するようになると、簡保の客が外資に流れていく可能性がかなり大きいといえます。

郵貯と簡保で日本の預金・保険の6割を占めるという巨大な資金。
これをアメリカはずいぶん前から民営化しろ民営化しろとけしかけていました。
これはアメリカ大使館のHPにアップされている「規制緩和及び競争政策イニシアティブ」と呼ばれる
日米の意見交換のレポートを見れば分かります。

http://japan.usembassy.gov/pdfs/wwwfj-20071018-regref.pdf

小泉政権は、実はこのアメリカからの要望に沿った政策しか実現させていません。
郵政民営化もその一つ。
ちなみに最近のレポートでは、
「米国は、日本郵政公社の民営化と改革に引き続き重大な関心を払っている。
この取り組みが完全に市場志向型で実施されるならば、日本経済にとって潜在的利益があると米国は認識している。」
と言ってのけています。
つまり、市場に任せろ=アメリカ企業に任せろという、なんともジャイアン的発想。

これがアメリカに売ったということです。

ちなみにこのレポートで日本側からの要求は、外務省などのHPにアップされていますが、
要望が通ったことは、当然ながらないという状態です。
情けない。

郵政民営化で一番標的となるのは、郵貯の資金です。
郵貯は世界最大の金融機関であり、しかも今まで一度も自分たちで資金運用したことが無い機関です。
なぜなら、財政投融資といって、政府が裏金として使うために、郵貯自体は何も運用していなかったから。
それが、現在の金融市場に開放されれば、まず最初に外資の投資会社や資産運用会社がやってきて、うちで運用すれば間違いないと言って資金を持っていってしまいます。

次に簡保。
保険業界は、第3分野といわれる医療保険に関しては、アメリカの圧力...続きを読む

Qアメリカの国債ついて

質問します。
日本はアメリカの国債を大量に購入していますが、それは何故なのでしょうか?利率が良く、リスクが少ないからなのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2009/04/0904j0624-00002.htm

「実際、日本の外貨準備のほとんどがアメリカ国債で占められている。・・・」
上のサイトの下の方に詳しく出ています。
国債とは国の借金です。
それを日本政府が買うことでアメリカ経済を助けています。
但し問題は日本が溜め込んだアメリカ国債を売れないことです。
売れば暴落する恐れがあり、アメリカ経済は混乱します。
それを恐れています。
中国が一番アメリカ国債を持っていますが、中国にはアメリカは圧力を日本ほどかけることができません。
日本はアメリカの従属国のような立場です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報