「息子の部屋」で流れていた曲を聴いて、いい曲だなって思いました。ブライアン・イーノのバイ・ディス・リバーっていう曲だってことは分かったんだけど、どのアルバムの曲か分からないので、知っているひとがいたら教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「Before and After Science」収録です。

参考URLで確認して下さい。

参考URL:http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B000003S0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなにはやく教えてくれて、ありがとうございました。感激です。kensakukunサンはブライアン・イーノについて詳しいですか?あの曲以外にもいっぱい素敵な曲あるのかな?

お礼日時:2002/01/20 22:53

Brian Enoという人は元ロキシー・ミュージックのメンバーです。


いろんなミュージシャンとのコラボレーションアルバムもあります。
もう随分前から環境音楽というのでしょうか、わたしなぞにはちょっととっつきにくいほうへ行ってしまわれたので最近の曲等は全く知らないのですが・・。
「By This River」の収録されている「Before and After Science」はわたしLPレコードを持っています。20年くらい前、高校生の頃に買ったアルバムです。
大変古いアルバムですが、「By This River」以外の収録曲も今聴いても古くないいい曲ばかりですのでぜひお試しくださいませ。
実はわたしもCDで買い直しを検討中です。
amazonの日本語サイトamazon.co.jpでも入手できますのでよかったら覗いてみてください。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000003 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バイ・ディス・リバーってそんなに古い曲なんですね。映画で聴いたとき、わたしにとってはとっても新鮮でしたよ。すーってはいってきて。さっそくタワレコに行ってきます。shigechiyoサン、どうもありがとう。

お礼日時:2002/01/21 23:13

私がブライアン・イーノで好きなのは


「Ambient 1: Music for Airports」です(参考URL)。

あとは David Bowie の「Low」「Heroes」に参加していて、それも好きですね。

参考URL:http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B000003S2 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブライアン・イーノの曲について

昔、よくドキュメンタリーのうら寂しい場面などで、よく使われていた曲です。演奏者がブライアン・イーノまでは解っているのですが、曲名がはっきりしません。
確か、ウインド???までしか思い出せません。どなたか正しい曲名を教えて下さい。できれば、その音源が今でも入手可能かどうか解ればありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「Brian Eno」で「Wind~」というと『Wind on Water』
かもしれません。(自信はないのですが…)

参考URLで試聴できますので、ご確認を…

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=435861

Qロバート・フリップ&アンディ・サマーズ、ロバートフリップ&ブライアン・イーノ

ロバート・フリップ&アンディ・サマーズ、ロバートフリップ&ブライアン・イーノというユニットがあったようですが、それぞれどのような音楽をやっていたのでしょうか?
三人共、皆好きなギタリストなんですが、アクの強い彼らが組んで音楽を作るというイメージがわきません。
何となく、フリップが独裁してプログレになりそうな気はしますが・・・・・・。

Aベストアンサー

リアルタイム世代です。

フリップとイーノのアルバムというと、「No Pussyfooting」ですね。
レコードで持ってますが、はっきり言ってほとんど聞いてません。
あまりに、実験的なのです。
永遠とノイズが続く構成など、現在の音楽からは信じられないでしょう。
と言うか、音楽に聞こえません。とにかく、最後まで聞くのが苦痛でした。
当時は、実験的アルバムと評判は高かったですが、私は、全然ついて行けませんでした。

それ以来、フリップ関係は、クリムゾンしか聞きません。
といっても、新生クリムゾンの一枚目でさよならしましたが。

アンディ・サマーズとのアルバムについては、記憶が全然ありません。

Qブライアン・イーノについて

イーノリスナー初心者です。
ブライアン・イーノの作品は初期とアンビエント期とでは全く違いますよね。
1.リアルタイムで聴いていた人の反応はどんな感じだったのでしょうか。
2.どちらの作品が好きですか。
3. 2で選択した時代の逆の作品はよく聴きますか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ロキシーミュージック参加時からリアルタイムで両方聞いていました。
初期の頃、洋楽で話をする友人の同級生達は「凄い!凄い!」と大絶賛で聞いていました。私は醸し出す空気は凄いなと思っても、あの独特の粘着質な声と、ケバいヴィジュアルが苦手で、凄いと思うけどフルのソロアルバムは敬遠する「敬して遠ざける」という状態でした。だから、比較でいえば、アンビエント期の方がよく耳にはします。好きなのは、「Discreet music」「Music for Airport」あたりですね。
彼の歌ものでは、クラスターと一緒にやった「ベルドッグ」、スタンダードナンバーのカバー「ライオンは寝ている」、ケビン・エアーズ、ニコ、ジョン・ケールとのオムニバスライブ「June 1974」、フィル・マンザネラらとのバンド”801”はアクが少ないせいか、好きでよく聞きます。
あと、彼の作品ではロバート・フリップとのコラボ「No pussyfooting」「Evening star」は大好きです。
こんな感じでよろしいでしょうか。

Qブライアン・イーノ。

 ブライアン・イーノの代表作って、どのアルバムでしょうか?。あと、ブライアン・イーノ名義(Roxy Music除く)で、おさえておかないといかんアルバムって何でしょうか?。因みに今の所 持っているのは、AMBIENT 2/THE PLATEAUX OF MIRRORと、THE PEARLと、Another Green Worldの3枚です。

 ブライアン・イーノ在籍時のRoxy Musicで、聴いとかなぁいかんアルバムって何でしょうか?。

 ブライアン・イーノ ファンの方、ブライアン・イーノ マニアの方(笑)、御回答(アドバイス)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マイナーですんませんが、イーノの影響でサイバネテクスまでも勉強したイーノ歴25年の私といたしましてはDISCREET MUSICは必聴だと思います。
まさにアンビエントの原点、シンセ単音だけのシンプルさですが、全然飽きません。

それから、最高傑作はクラスターとのコラボAFTER THE HEATだと思ってます。
いわゆるイーノ節の不思議ポップサウンド+コニープランクの職人芸という感じです。

しかし、何故かロキシーは好きになれませんでしたが、ロバートフィリップとの2枚は良いですよ。

Qサイモンとガーファンクル Simon & Garfunkel の「バイ・バイ・ラブ Bye Bey Love」はどこの演奏?

Simon and Garfunkelサイモンとガーファンクルのアルバム「明日に架ける橋 Bridge Over Troubled Water」に収録されている「バイ・バイ・ラブ Bye Bye Love」は、Live演奏ですが、どこでの演奏か分かりません。どうもアンコールで歌っている感じがするんですが、詳細についてご存じの方はお教え下さい。(できれば、バックミュージシャン、演奏場所、その日のセットリスト、その日の演奏のライブ音源の有無、映像の有無?)
英語のサイトでも結構です。

Aベストアンサー

全盛期のアルバムでもエヴァリーブラザーズのカバーをとりあげていたんですね。知りませんでした。
(1)ネットを見る限り、NO4,5や質問された方がおっしゃる通り、アイオワ州エイムズ市、アイオワ州立大学での1969年11月のコンサート録音が音源という説が多いようです。
(2)サイモンとガーファンクルは1969年11月に、南イリノイ大学、マイアミ大学他でもツアーをしています。これは、やっと最近に公式発売されたライブアルバム作成が一つの目的だったようです。
http://www.experiencefestival.com/a/1969_in_music_-_Events/id/602922
http://blog.goki-music.com/?eid=937761
(3) おそらく、(1)は、ライブアルバムに入れるはずだった曲を(何らかの事情で)スタジオ盤にいれたということではないでしょうか。
それから、(2)のミュージシャンはラリーネクテル、ハルブレインなどスタジオ録音と重なっているので、(1)も多分同じだろうと思います。
http://www.musicbox-online.com/reviews-2008/simon-garfunkel-live-03262008.html
(4)ロスアンジェルスやナッシュビルの超一流セッションミュージシャンが参加していることからも、単なるツアーじゃなくて、もともとライブ盤作成が主目的だったことがうかがわれます。

全盛期のアルバムでもエヴァリーブラザーズのカバーをとりあげていたんですね。知りませんでした。
(1)ネットを見る限り、NO4,5や質問された方がおっしゃる通り、アイオワ州エイムズ市、アイオワ州立大学での1969年11月のコンサート録音が音源という説が多いようです。
(2)サイモンとガーファンクルは1969年11月に、南イリノイ大学、マイアミ大学他でもツアーをしています。これは、やっと最近に公式発売されたライブアルバム作成が一つの目的だったようです。
http://www.experiencefestival.com/a/1969_in_...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報