最新閲覧日:

国際郵便(手紙や小包)の清算をどうやってやっているかご存知のかたがいらしたら、教えてください。
国際電話の場合、呼ごとの履歴データの蓄積により、キャリア間で清算をしていると聞きました。
しかし、国際郵便の場合、旅先からのはがき一枚から、小包などバラエティーに富んでいるため、恐らく一つ一つ相手国ごとにいくつの郵便物をいくらで送ったか。などというのを管理するのは不可能のように感じます。
それに使われる切手は、国際郵便目的だけで購入されるわけでなく、もちろん国内郵便につかわれるものと同一なわけですから、購入時に把握することもできませんよね。
すごく不思議なので是非教えてください!

A 回答 (1件)

 「万国郵便条約」(第 49 条第 2 項)の規定に基づき、各国間で清算。




 万国郵便連合(UPU, Universal Postal Union) 1875年創設、日本は1877年
(明治10)に加盟、1948年再加盟。本部ベルン。

1874年一般郵便連合として創設され、78年に万国郵便連合と改称。
1947年5月パリで「万国郵便条約」および関係約定を締結。
1952年と57年の会議で万国郵便条約と関係約定が改正。
1964年のウィーン会議で万国郵便連合憲章と万国郵便連合一般規則を制定。
【目 的】郵便物の相互交換のため単一の郵便境域を形成、郵便業務の発展
     のため国際協力を促進する。
【加盟国】189カ国






■国際郵便
http://www.yomiuri.co.jp/nandemo/list/20000510.htm
郵便物を「郵袋(ゆうたい)」という袋に入れて送る時に量り、一年単位で重量
差を計算し、万国郵便条約の取り決めに従って、1kg 当たり 3.427 SRD (Special
Drawing Rights, 国際通貨基金(IMF)特別引出権)で差額を清算。





第22回万国郵便大会議の結果
http://www.yusei.go.jp/pressrelease/japanese/son …
・到着料制度:
  各国郵政庁間で支払う郵便の配達費用に対する補償金を「到着料」という。
・先進国間では内国料金を基礎とする料率を採用する(注 2)及び、
・先進国間以外では、現在の一律料率(3.427 SDR (約 550 円)/Kg)を維持

(注 2)
2001年 0.158SDR/通 + 1.684SDR/kg = 3.926 SDR/kg(約630円/kg)
2002年 0.172SDR/通 + 1.684SDR/kg = 4.124 SDR/kg(約660円/kg)
2003年 0.215SDR/通 + 1.684SDR/kg = 4.734 SDR/kg(約760円/kg)
(1SDR=160円で計算)






3.1 全世界均一の低額の到着料率
http://www.iptp.go.jp/reserch/monthly/m-serch/po …
超過郵便物の重量に応じて「到着料」と呼ばれる配達手数料を支払う

脚注
万国郵便条約第 49 条第 2 項により通常郵便物については、重量1キログラム
につき 3.427 SDR と定められている。これは 20g 当たりの郵便物に換算すると
10 数円程度。

 

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/nandemo/list/20000510.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。先日ふと疑問に思い、気になって仕方がなかったんです。
意外と地道な方法をとっているんですね。もちろんデータ管理されているのでしょうが。。。
旅先でどこで出しても物価にあまり左右されない、大体同等の金額の切手代になるので、UPUのような存在は予想していたのですが、びっくりしました。
想像では、管理するのは無理だから、手紙は一方通行はあんまりあり得そうにないし、発信地収入のみで清算はないのかと思っていました。(どんぶり勘定)
実際は、発着で2.5倍近い差があるんですね。その差の原因はリメーリング(この言葉自体始めて知りました)なんて。いろんなことを考える人がいるものですね。リメーリングではありませんが、最近海外からのDM(特にチャリティー系)を受け取る事が多いのですが、発信国の国内郵便事情に起因しているのかも。
読売のHPでは、そうそうこれも不思議だった!という乗り越し運賃の清算。
謎が1つどころか2つ解けました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/22 18:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報