従来のURLに代わって自社名や商品名のキーワードからHPへ直結できるツール
が話題となっていますが、今後主流となるのでしょうか?
登録には今までの「.jp」とか「.COM」よりかなり費用がかかるようですが、登録機関としては「フォーバルテレコム」以外にもあるのでしょうか?
また、インターネットを利用する皆さんにとって、今は検索エンジンなども充実していますので、「インターネットキーワード」の必要性はどの程度あるでしょうか?
ご意見、お待ちしています。

A 回答 (2件)

ちょっとだけ補足ですが、最近は、co.jpや、.jp、.comなどでも


転売目的で取得してもほとんど無駄です。

商標とかをもって会社があるのなら、勝手に他人に先にその
ドメインを取得されても簡単に取り返せるようになりました。

以前のように、どんな場合でも先にとったほうに使う権利が
あって、使いたい会社は高額をはらって譲ってもらう必要が
ある状況ではなくなってきています。

たしかにインターネットキーワード便利ですね。
ただ、マイクロソフト製品以外をちょっとでも使うと
使えないのが一番の弱点ですね。これが解消されれば
普及の可能性があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

最近、いろいろな商売が増えてきて、混乱しております。(斡旋のTELあり)
あわせずに取り組んでいきます。

お礼日時:2002/01/27 20:55

windows+IEの環境でなければ使えないようですね。


URLでなければ、IEが勝手にMSNの検索サービス
につなぐ機能をを使ったものなので、いつまで
このような方法での接続が可能なのかわからないですね。

そういう意味で、将来性にやや問題があるかもしれません。

それよりは、日本語.comのほうが、まだ将来性はあると
思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
日本語.comも仮おさえしているのですが、まだ運用していません。
聞いた話によりますと「.jp」、「.co.jp」などの取得は早い者勝ちですが、インターネットキーワードはある程度、知名度が高い企業に優先権があるようです。ただし、取得する意思がない場合は個人へ割り当てられるらしいです。
将来、どれが主流になるかわかりませんね。

お礼日時:2002/01/27 12:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ