散文詩とは小説やエッセイとは何が違うのでしょうか?
わからないのでよろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  小説や随想・エッセイの文章は、「散文」と呼ばれ、「散文詩」とは確かに区別されます。どこに区別があるのかは、あまり散文詩に関与していない人には、難しいというか、何が区別なのか、分からないとうことは当然だとも思います。
 
  少し、詩の歴史を振り返って見ます。元々、「詩」あるいは「歌」と呼ばれていた古代の文学は、宗教や共同体の儀式、祭儀などと関係し、朗詠や詠唱に適するように「韻文」で書かれていました。というか、朗詠や詠唱には、一定のリズムや、語尾の繰り返しや、頭音のリズミカルな反復などがあると、朗唱しやすいので、そういうリズム的な言葉になったのです。
 
  また、詩の技術で、古代の詩は、ホメーロスの詩にあるような、「定型修飾辞」、例えば、英雄アキレウスには、「神のような」とか「脚の速い」つまり、diios, ookys などが付くと言うような暗黙の規則がありました。これは、イメージを再現し易くすることと、アキレウスを特徴付ける、また「音調」を整えるという大きな目的もありました。日本の枕詞も、ほぼこれと同じ機能を持っています。
 
  古代の詩は、はっきりと、日常語とは違っていたと言えます。朗唱し、記憶し、リズミカルに、美しいまた雄壮な響きで、人々の前で、語るのに相応しいような、特別な「言葉の形式」でした。
 
  こう言った、広い意味の「韻文構造」は、その後の詩文学でも継承されます。日本の紫式部の『源氏物語』は散文作品とされますが、実際に原文を声に出して読むと、流れるように軽快で美しい言葉の響きがあります。これは、散文であっても、なお、韻律構造を備えていたからです。
 
  「詩」には、二つの側面があるということは、古くから言われてきました。一つは、「詩は音楽に憧れる」ということで、これは、詩の持つ韻律性、音楽的な言葉の持つ可能性を評価した側面です。しかし、他方、詩は、意味や心の思いや、精神が「凝縮された」「意味の結晶体」であるという見解があります。「意味の結晶体」とは何かということです。これは、とりあえず、わたしがこう言ってみたのですが、一般には、「詩の持つポエジー」ということになります。「ポエジー」は、フランス語で「詩」のことですから、同義反復となっておかしいのですが、日本語では、「詩の意味的本質」を、「ポエジーの有無」ということで考えます。
 
  「詩」が「詩であること」即ち「ポエジーを備えるかどうか」が実は問題になり、散文と散文詩の違いは、前者にはポエジーがなく、後者にはポエジーがあるということになります。では、その「ポエジー」とは何かということになります。「韻文構造」なら、言葉の発音上の特性として見分けることができます。しかし、ある文章に、「詩を感じた」「ポエジーがある」とは、どういうことなのか、これは難しい問題になります。
 
  散文詩の「ポエジー」は、言語や詩文の歴史にある程度通じている人のあいだで、初めて意味があるとも言えます。俳諧や連句の句の味わいも、或る程度の前提となる教養がないと、十分に句が味わえません。散文詩の場合、どういう言葉の使い方をしているか、その言葉のつながりによって、どういう言語空間・意味の空間が構成されているか、それなりに、言語や散文詩について、親しんできた人には、構成が「見える」と言いますか、詩的言語空間の構成が、感受できるのです。
 
  これは、相対的な感性の問題に、実は落下する可能性があり、一部の批評家や詩人たちが、自分たちで、勝手に、くだらない文章を、素晴らしいなどと褒めていて、ある期間、作品が優れた散文詩として評価されていても、時代が変わって来ると、ただの奇をてらっただけの無意味な言葉だという評価になることもあります。
 
  散文詩は、既存の、また伝統的な散文詩を多く読み、言語がどのように使われいるのか、そのことについての深い理解がないと、散文とどう違うのかの区別が難しいです。また、区別したつもりになっていて、上に述べたように、時代が変わると、ただの愚作だということにもなりかねません。批評家や詩人の「主観」のなかに、散文詩のポエジーはあるのだとも言えます。
 
  言語学的に「ポエジー」を解析することもできますが、それは、新しい言葉の結合がもたらす新鮮さ、新しい言語の意味空間の創出とうことになるでしょう。また「美」や「感動」や、様々な「感情」もまた、言葉の組み合わせなどで、新しく表現可能になるとも言えます。その新しい意味空間を鑑賞できるには、それだけ言語とその現在の流れを理解し、ポエジーの感性を持っていなければならないということになります。「散文詩」は、個々人の主観とも言え、しかし、また新しい意味の空間を切り開いている場合は、そこに客観的なポエジーの創造が成立しているのだとも言えます。
 
  言語は、その意味の表現方法や、意味そのものも、進化しているのです。日常的な表現や意味を越えて、言語の可能性を開こうとする試みで、新しいポエジーの可能性が試みられ、これが散文詩だと言えます。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなにも詳しく答えていただいて、本当にありがとうございました。わたしは誰にでも区別がつくものだと思っていましたがそうではないんですね。

お礼日時:2002/01/29 02:37

我々が日常書いている文章(手紙、感想文など)は何の制限も受けない文なので散文です。

小説やエッセイも同じく長さの制限も行数も文章の形も自由なので散文です。同様に古来からの詩の制約を受けず、自由に詩心を文章化したものが自由詩です。詩ですから作者それぞれとはいえある種のリズムはあるかと思いますが、テーマーも字数も行数も音数も自由です。勿論韻にもこだわりません。うまいか下手か、人の心を打つかどうかは別として、散文詩は誰にでも作れます。特に物事に先入観を抱かず、また己を飾ろうとしない幼児、児童の書く文章は、散文というより、常に散文詩になっています。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q散文詩と小説の違いについて

私は今、中学生なのですが、国語で授業で詩について勉強しています。
そこで、疑問を持ったのですが、外国人の作った詩はリフレインが続いていたりしてとっても長いですよね。詩と小説の境目はどこにあるのでしょうか。もしかして、外国では散文詩と小説の区別がなかったりするんですか?

特に、音楽で出てきたヴォルフガング・ゲーテのドイツ歌曲=リート「魔王」なんかになると、どこか詩なんだと叫びたくなってしまいます。ちゃんとストーリーがあるし、叙情詩ではなく叙事詩といったような趣きがあるのですが……「古池や」とか「雨にも負けず」が詩だというのが普通だった私にとって、理解しがたい点です。

Aベストアンサー

中学生さんが、学校の国語の授業だけでは理解できないのも当然でしょう。
たぶん、ですが、指導要領にそこまで教えるように書いてないんですね。
で、「短い行を幾つも並べたのが詩だ」なんて誤解が生ずるのです。
長くなりますが、覚悟はいいですか?(笑)

詩は韻文で、小説は散文ですね。
では、韻文と散文の違いって何でしょう?
小生も義務教育の頃、「自由詩」「散文詩」ってのが出てきて、何だか分からなくなった覚えがあります。
韻文とは、韻律を具えた文のこと。散文は、韻律を具えていない(のではなく、韻律を気にせずに作った)文のこと。

では、韻律とは何であるか。
ヨーロッパの詩(古代ギリシアを除きます)、中国の詩(これは全時代に共通)において、韻律とは押韻のことです。
押韻というのは、詩の一行一行の出だしかお終いの発音をそろえること。
小生の師匠は、「語呂合わせですから」って身も蓋もないことを仰有ってましたが。
例えば、例に挙げておられる「魔王」。日本語の訳詞を見てたんでは、それこそ散文との区別が付かないですね。
原文の冒頭はこんなです:
Wer reitet so spat(aの上に¨がつきます)durch Nacht und Wind?
Es ist der Vater mit seinem Kind;
Er hat den Knaben wohl in dem Arm,
Er fasst ihn sicher, er halt(aの上に¨がつきます)ihn warm.
各行のお終いを見て下さい。ドイツ語が分かんなくても、同じ綴りが繰り返されてるのは分かりますね? 一行目は「ヴィント」(風)、二行目は「キント」(こども)。ヴィントとキントとで、押韻(語呂合わせ)。三行目と四行目も、「アルム」(腕)と「ヴァルム」(温かく)とで、語呂合わせ。
こんなふうに、語呂合わせを繰り返してどこまでも行くのです。押韻をしている限り、どんなに長くても「詩」です。
押韻のやり方には、幾つか種類があります。「魔王」は一行目と二行目、ですが、ベートーヴェンの「交響曲第九番」の歌詞は、一行目と三行目、二行目と四行目、という具合に押韻してます。3の倍数の行だけ押韻する例もあったはずです。

アクセントの規則というのもあります。アクセントには、言語によって「高低」「長短」「強弱」などの種類がありますが、例えば母音の「長」「短」を、ある規則に従って並べなければならないのです。古代ギリシアの詩、すなわちホメロスの「イーリアス」「オデュッセイアー」などは、押韻はしていませんが、アクセントの並べ方が規則的なので、韻文、つまり「詩」に分類されるのです。岩波文庫で何冊にもなるほど長いですが、長くたって「詩」です。ちなみに、(日本語訳だけ見てるとそういう誤解があって当然ですが)、「長いから叙事詩」というわけではありません。叙事詩は長くなりがちですが、叙情詩だって長くなっていけない訳ではありません。

日本では、アクセントはまず気にする人はいませんね。百人一首を読むときに、係り結びや縁語・枕詞については注意するでしょうが、「アクセントに注意して読みなさい」なんて聞いたことないですよね。日本語ってアクセントには鈍感な言語で、昔のテレビアニメのロボットや特撮の宇宙人は(ああっ、トシがバれる!)、みんなアクセントの高低のない、真っ平らな日本語をしゃべっていました。日本語って、それでも分かっちゃう言語なんですよね。例えば現代中国語では、真っ平らに(高低をつけずに)しゃべったんでは意味不明になります。だから「アクセントの規則」なんてこだわりがあっても、誰にも分かってもらえない。わかってもらえないんじゃこだわっても仕方ないですね。
押韻の方はどうでしょう。語呂合わせですから、誰でも簡単にできちゃいますね。オヤジギャグって言ってバカにされるくらいで。で、誰でもできることを文学者がしたって誰も褒めませんよね。日本では、谷川俊太郎さんと井上陽水さんとが、押韻に挑戦して成功した例外的な人です。

近代になって、既存のことをやっていたんではつまらない、って考える人が現れて(何の分野でもそうですが)、韻文で小説を書いたり、散文で詩を書いたりし始めました。例えばプーシュキンの「イェヴゲニイ・オネーギン」は韻文で書かれています。そこで「韻文小説」と言われますが、「物語詩」って書いてある本もある。「詩」の定義からすると「イェヴゲニイ・オネーギン」は「詩」なんですが・・・。この辺は作者のネーミング(カテゴリー分類)に従うしかないんでしょうね。

日本の「詩」には韻律らしい韻律はありませんから、小生は「日本には詩はない。日本語は詩には向かない」って立場です(ああっ、国文の人から雨霰の非難が・・・)。平安朝の人々もそう思ってたみたいで、古文で「詩」と言えば漢詩のことに決まっていました。和歌はその通り「歌」。
明治になってpoemが入ってきたときに、これを「詩」と訳した。この「詩」が漢詩だけを指すのなら、大して問題はなかったのです(どっちも韻律を具えているから)。問題は、「詩」に和歌や俳句を含めてしまったこと。当時の文学者たちのヨーロッパへの対抗心のなせるわざだと思いますが、お陰で今の中学生が悩まなきゃならない。現代日本文学における「詩」の定義、分かり易いものがあれば小生もうかがいたいです。

長々と失礼しました。読むだけでも辛かったでしょう。文意が伝われば幸いです。

中学生さんが、学校の国語の授業だけでは理解できないのも当然でしょう。
たぶん、ですが、指導要領にそこまで教えるように書いてないんですね。
で、「短い行を幾つも並べたのが詩だ」なんて誤解が生ずるのです。
長くなりますが、覚悟はいいですか?(笑)

詩は韻文で、小説は散文ですね。
では、韻文と散文の違いって何でしょう?
小生も義務教育の頃、「自由詩」「散文詩」ってのが出てきて、何だか分からなくなった覚えがあります。
韻文とは、韻律を具えた文のこと。散文は、韻律を具えていない(...続きを読む

Q「詩」や「小説」に詳しい方、ご協力おねがいします(>_<)

学校で20世紀に活躍した詩人、文学者について勉強してまして、ある人たちを調べています。
名前を挙げますと、
-----------
□Wilfred Owen(ウィルフレッド・オーウェン)
■Siegfried Sassoon(ジークフリード・サスーン)
□Edward Thomas(エドワード・トマス)
■Dylan Thomas(ディラン・トマス)
□James Joyce(ジェームス・ジョイス)
-----------
などなどです。

もしも彼らの中で、1人でも知ってる方がいたら情報いただけると嬉しいです!代表作だけでも結構です。
エドワード・トマスについては、自分で調べてもみたのですが良い情報が見つかりませんでした。
なので、彼については何でもイイので情報下さい!!
心より お返事お待ちしてますm(_ _)m

Aベストアンサー

非常に失礼なのですが、#3の方の回答の訂正をさせてください。

ディラン・トマスはウィスキーの飲み過ぎで死んだわけではありません。
確かに酒飲みで、亡くなったころは大変太っていたのだけれど、ニューヨーク滞在中に、講演や朗読、オペラを上演するために作曲家と打ち合わせなど、過密日程で体調を崩し、肝臓と心臓を痛め、ニューヨークの病院で亡くなっています。享年39歳。

ディラン・トマスは1914年、イギリスのウェールズに生まれます。
#3さんのおっしゃっておられる
>下層中産階級出身
というのが、どういった層を指すのかいまひとつわからないのですが、お父さんはグラマー・スクールの教師でした。
たとえばジョイスがアイルランド・ダブリンの地と切っても切り離せないように、トマスの作品はウェールズと切り離すことはできません。

1930年代のイギリスの詩壇は、マックニース、スペンダー、オーデン、デイ・ルイス(俳優のダニエル・デイ・ルイスのお父さん)らが中心の、非常に知的で左翼的で社会心理学の影響を色濃く受けた「ニュー・カントリー」派の詩人が支配していたんです。

そこへ19歳、全く無名の新人ディラン・トマスが、個人の魂を謳った「緑の導火線を通して花を駆り立てる力」という、詩壇そのものを揺るがすような詩をひっさげて華麗に登場した。若き天才児だったんです。

その後の十数年の間に三冊の詩集を出し、その傍ら小説を書き、短編集として『若き犬としての芸術家の肖像』(これはジョイスの『若き日の芸術家の肖像』のもじり)、中編として『皮商売の冒険』(晶文社からこのタイトルで翻訳も出ています)を出し(生前は短編集のみ)、戯曲もいくつか残しています。

トマスの詩は、とくに初期のものは難解で知られています。
とりわけ、言葉に象徴性と多義性を持たせようとして、多くの言葉を創り出し、複雑な構文で書いた初期の作品は、一つの言葉が動詞と受け取られたり、名詞と受け取られたり、批評家の見解も一致していません。
彼にとって「言葉」は大変に重要で、言葉にキリスト教、ドルイド教、ウェールズの伝説、神秘主義など多数のイメージを持たせる一方、感覚的にも言葉をとらえ、非常にいきいきとした、美しい英語で書かれた、とされています。

彼の詩の中で一番有名な「ファーン・ヒル」を参考URLとしてあげておきます(これはそれほどむずかしくありません)。

http://www.bigeye.com/fernhill.htm

参考URL:http://www.bigeye.com/fernhill.htm

非常に失礼なのですが、#3の方の回答の訂正をさせてください。

ディラン・トマスはウィスキーの飲み過ぎで死んだわけではありません。
確かに酒飲みで、亡くなったころは大変太っていたのだけれど、ニューヨーク滞在中に、講演や朗読、オペラを上演するために作曲家と打ち合わせなど、過密日程で体調を崩し、肝臓と心臓を痛め、ニューヨークの病院で亡くなっています。享年39歳。

ディラン・トマスは1914年、イギリスのウェールズに生まれます。
#3さんのおっしゃっておられる
>下層中産階級出身
という...続きを読む

Q詩と散文などの違い

高校生の頃から、詩、俳句、短歌などを作って、同人誌のまねごとをして遊びましたが、よく考えてみると、それらについて正式な教育は受けたことがありません。最近考えるのは、詩って何だろうと言うことです。俳句などと違って字数の制限はありませんし、長いものになると40ページを越えるものもあると聞きます。散文などと詩では、何が違うのでしょう。詳しい方にお答えいただければ嬉しいのですが。

Aベストアンサー

 言葉の元来の意味で言えば、韻文とは「定型詩」のことであり、散文とは『定型詩以外」です。日本の伝統的な韻文は、(広義の)「和歌」(「今様歌」「連歌」なども含む)「俳句」「川柳」「都々逸」などであり、これは音数や使える語などに規定がありました。特に和歌は、音数以外にも、漢語を使ってはだめだとか「馬」は俗語だから「駒」を使えとか、非常に細かい制約の中での創作だったのです。
 明治になって西洋流の詩が輸入されたわけですが、欧米でいうpoetryとはまさに韻文で、一行の音数やら頭韻・中韻・脚韻やらの規則が厳然としたものでした。40ページを超えるような詩ですら、ひたすら音数と韻を守って書かれているわけです。こんなのは日本語ではことばの仕組みとして無理でしたので、せめて音数を一定にするといったくらいの制約の中で書けばよかろうという感じで新しい「定型詩」が生まれました。もちろん、定義からして「和歌」「俳句」なども「定型詩」の一種です。なお大正から昭和にかけて、日本語でも厳密に脚韻を踏んだ定型詩を作る運動として「マチネ・ポエティック」という運動があったそうですが、成功はしませんでした。話が飛びますが、現代のラップ音楽の歌詞は、あれは音数に制約があってかつ韻を踏んでますから立派な定型詩というべきですね。マチネ・ポエティックの失敗は、20世紀末になって達成されたとも言えるわけです。
 話を戻して「自由詩」は、一行の音数にも、韻にも何らの制約をなくしたものです。これは伝統的な「韻文」の定義を根底から覆すものですから、形式的には「散文」に属すると言うべきものです。実際に「自由詩」のことを「散文詩」と言うこともあります。形式的には小説やエッセイなど他の文体と区別することは不可能ですので、ある文芸を見て「自由詩」と判断するか「小説」と判断するかは見る者の主観でしか決められません。何を以て詩情とするか何てのは、決めようがないことです。
 なお論文や説明文などを散文ということはないようです。
 まとめますと次のようなところです。

韻文(定型詩)  和歌
         俳句
         川柳
         都々逸など
         狭義の定型詩  文語定型詩、ラップ音楽など
境界上      自由詩(散文詩)
散文       小説・エッセイ・紀行文など

 言葉の元来の意味で言えば、韻文とは「定型詩」のことであり、散文とは『定型詩以外」です。日本の伝統的な韻文は、(広義の)「和歌」(「今様歌」「連歌」なども含む)「俳句」「川柳」「都々逸」などであり、これは音数や使える語などに規定がありました。特に和歌は、音数以外にも、漢語を使ってはだめだとか「馬」は俗語だから「駒」を使えとか、非常に細かい制約の中での創作だったのです。
 明治になって西洋流の詩が輸入されたわけですが、欧米でいうpoetryとはまさに韻文で、一行の音数やら頭韻・中...続きを読む

Q小説 随筆 エッセイ違うの?

司書の卵です。
小説、随筆、エッセイの違いを書誌的に教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ。
小説:物語、作文のこと。非現実的な恋物語、創作の物語、荒唐無稽な物語などを言います。書いた本人以外の人・興味のない人からみると、簡潔に言えば作り話のことです。

随筆:見聞、思索、経験、感想などを気の向くままに記した文章。心に浮かぶまま、見聞したままを書いたもの。漫筆、漫文、随想とも言います。ようするに'随'の字の如く、自由気儘に書かれた文章です。知性や教養はあまり重要視しません。

主として、日本文学においては、様式・内容は多様で、欧米のエッセイに比べると、主題・方法がより一層の自由と即興的な味わいがあり。古典では枕草子、徒然草、甲子夜話が、近代では正岡子規、夏目漱石、寺田寅彦らが有名です。

エッセイ:随筆の英語読みでessayのことですね。気軽に書いた個性的な散文で、作者の知性や教養を反映したものが多いです。評論・論評のたぐいより自由な形式です。簡潔に言うと、随筆よりもお洒落な文でいくらか教養的とでも言いましょうか。

あえて線引きをするならば(小説・随筆とエッセイを区別するならば)、小説は物語・作り話、随筆は見聞録・感想文、エッセイは随筆よりも少々思索的であってお洒落でいくらか教養的な文章となるでしょうか。

以上です。

こんにちわ。
小説:物語、作文のこと。非現実的な恋物語、創作の物語、荒唐無稽な物語などを言います。書いた本人以外の人・興味のない人からみると、簡潔に言えば作り話のことです。

随筆:見聞、思索、経験、感想などを気の向くままに記した文章。心に浮かぶまま、見聞したままを書いたもの。漫筆、漫文、随想とも言います。ようするに'随'の字の如く、自由気儘に書かれた文章です。知性や教養はあまり重要視しません。

主として、日本文学においては、様式・内容は多様で、欧米のエッセイに比べると、...続きを読む

Q野球(ソフトボール)をテーマにした散文詩

ソフトボールをしている子供の写真に散文詩を添えて子供に差し上げたいと思います。
野球関係、ライバルをテーマにした散文詩を教えてください。
子供たちには無料で配布しているので、著作権等は侵害しません。

Aベストアンサー

 野球といえば正岡子規ですね・・・。散文詩ではありませんが多くの俳句、短歌を残しています。

「若草や子供集まりて毬を打つ」・・他にも下記参照

参照:http://www.city-matsuyama.net/yakyu/


 個人的には夏の高校野球甲子園大会歌の「栄冠は君に輝く」はいつ聴いても感激します。

参照:http://www2.asahi.com/koshien2004/song.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報