『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

 日本のアニメ技術は他国と比べ物にならないくらいのレベルですが、どうして日本のアニメレベルはこんなに高いんですか?。
 ディズニーアニメも綺麗に出来ていると思うんですが、どうも方向から違いますよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

直接関係あるかわからないけど


アニメの原作に一つの部分に位置する漫画が
アメリカでは著作権が著者ではなくて
出版者側に行くのが
(スポーン原作者がそのためにわざわざ会社を
自分で起こしたのは有名な話です。)
元々の原作の品質に影響するのかもしれませんね。
(著者のモチベーションの問題として)

それとアニメの作り方でも
日本ではアニメーションの部分ができたら
それに対して声をあてるのに対して
ディズニーなんかだと声を最初に入れて
それに併せてアニメーションを作るらしいです。


>主にアメリカ圏だと完全懲悪で悪人側には大して人を襲う理由が無くてのっぺらぼうなのに対して、
自分もこれは思いますね。
ハリウッド映画もそうだけど向こうの作品は
ほとんどが絶対悪とそれに対するヒーローという
図式ばっかりですね。
日本の作品はそれに対して悪も必ずしも悪ではないし
ストーリー上の複雑では日本の作品は良いと思いますよ。
    • good
    • 0

我々が日本に住んでる日本人だからという面もあるんじゃないですかね?



日本人が評価するのであれば、
日本人向けに日本で作られたものがアメリカ人向けにアメリカで作られたものより良く見えるのは当然でしょう。


なお、ディズニーアニメなんてのは最高のスタッフと多量の予算をつぎ込んで作っているアメリカ最高のアニメです。
日本で一番スタッフと資金をつぎ込んでいるアニメと比べないとフェアじゃないですよ。
    • good
    • 1

とりあえず日本のアニメの表現力の高さ、という点について。


アニメというより、その原作となるコミックスの影響もまた大きいのです。アメリカでは1950年代にコミックスでの暴力表現規制が行われ、子供に見せる物に対しては過激な描写が抑えられてしまいました。いわゆる典型的な勧善懲悪、しかもヌルい表現になってしまったわけです。これは'70年代に改善されていき、「悩めるヒーロー」「敵味方どちらにも正義がある」作品が作られるようになります。(今でも勧善懲悪しかないなんてのは完全な誤解です。そんなこと言う人はおそらくちゃんとアメコミを読んだことが無いのでしょう。)しかし、ジャンルは基本的にヒーローものがほとんどで、日本のように少女漫画や成人向け漫画、麻雀劇画のような特殊なものなど市場が広がることがなかったのです。
アニメも同様にカートゥーンやヒーロー物ばかりで、普通のドラマなど人間が演じればいいようなものはアニメでなく実写でやるのが普通です。これに対し日本では予算の都合(アニメーターの給料が安い)で実写でなくアニメでシリアスな作品を作ることが多く、映画的な演出が取り入れられ発展していきました。これは、ちょうど映画界の人材が労働争議が原因で干されて流れてきて、子供向けアニメ・特撮の中で表現の限界に挑戦したのも原因です。
    • good
    • 0

お言葉を返すようで申し訳ないのですが、実際に「技術」を比較した場合にはそれほどの格差はありません。

TVアニメなどでエンドロールをみても純粋に日本人だけで制作されているわけではありませんし、近年では韓国などでもクォリティの高いものが制作されています(NHK「チャングムの夢」など)。

プロダクションIGやスタジオジブリなど、「一部」では突出して高品質ですがそれを「日本のアニメ」と一般化するのには無理があります。

特に「酷い」と思えるのはアニメに限ったことではないのですが「脚本・シナリオのひどさ」ですね。これだったら「ハリウッドの解り切ってる話のほうがまし」と思えるほど。

なんにしても「全体で見るとそれほど傑出しているわけではない」のが現実です。
    • good
    • 1

 明治時代のお雇い外国人の一人であるエドワード・モースが、日本人は欧米人に比べてとても子どもを大事にする文化を持っている、と言っています。

この説を論証することは難しいですが、もともと子ども向けの娯楽であったアニメに対して、決して手を抜かず、ストーリーやキャラクターを工夫してより楽しめるものにしようとしてきた多くの先人たちの努力の結果、大人の鑑賞に堪えうる、洗練されたアニメ文化が醸成されてきたのではないでしょうか。
 最近のディズニーやピクサーなど、アメリカの製作者は、アニメが大人向け市場としても商売になることがある程度分かってから、力を入れ始めたような印象があります。
    • good
    • 1

私が思うに日本の漫画と同じように、練りこまれたキャラ設定とストーリーではないでしょうか?主にアメリカ圏だと完全懲悪で悪人側には大して人を襲う理由が無くてのっぺらぼうなのに対して、日本のは人を襲う側にも理由があってストーリーに起伏が有る所かな。

あとストーリーが日常に関係しているところ。絵に関しても対象年齢に応じて絵をシッカリ描いたり、クレヨンしんちゃんみたいに雑に描いたりして使い分けているとこかな?アニソンも大きな役割をになっていると思います。
    • good
    • 0

日本も昔はアメリカにアニメも遅れを取っていました。


しかし、日本の最大の娯楽産業だった映画がハリウッド映画にシェアを奪われ、結果的に人材がアニメやゲームに流れたわけです。
まあケガの功名ですね。
でもハリウッドの映画は世界的にボロ儲けしているのに、日本のアニメは世界で見られている割りには金が入ってこないので、結局は負けなのかもしれません。
    • good
    • 0

日本アニメが国内大衆に広く受け入れ始めた時期は、「鉄腕アトム」(1963年)や「鉄人28号」あたり、つまりTVという家電の家庭への(ハード)普及とともにTVアニメが家庭へ(ソフト)普及しはじめた時期と重なると思います。


ここで特徴的な事は、当時は「1家庭にTV1台」が浸透しつつあった時代で、そのため「親が子供のTVアニメ視聴に付き合わされる」特徴がありました。

その結果、日本アニメは「悪書追放運動」「有害図書指定」の標的となり子供に対する害悪防止を強化する意図だけでは足らず有害指定法制化が検討されるなどの状況があったわけです。 これを防止する目的で出版社や放送局はもちろん経済界などアニメ(=ソフトウェア)の需要を守りたい側が「質的向上」・「量的拡大」・「多様性拡大」などの工夫をして良質アニメの製作と宣伝を行い、なんとか社会的に許容されるための工夫をしてきたといのが実情と思います。

つまり大人の監視を受けながら有害ソフトウェアとして破棄・抹殺される事を苦慮し防止してきた人達が、大人でも受け入れられる、子供に広く人気がでるマンガ作りをしてきた結果1980年代の「ナウシカ」誕生であったと(私は)思っています。

つまり大人の厳しい監視につき合わされながら、なんとかアニメ需要を守りたい側が質的向上を維持しなければならず、いつのまにかソフトウェアが向上していた。 結局ヨーロッパクラッシク音楽の流行と同様の発展をしたのでしょうね。

まあ日本アニメといっても、大半の作品はダメです。 結局、アニメというソフトウェアのTV供給に慣らされた年代が大人になってもアニメから完全に離れず、子度向け(品質)監視を要するソフトウェアとして容認しています。 こうした作品評価者が多数あり競争が激しい結果として、良質アニメが製作維持可能となっているのではないでしょうか。

http://www.hmt.toyama-u.ac.jp/socio/lab/sotsuron …
http://q.hatena.ne.jp/1099859818

参考URL:http://www.hmt.toyama-u.ac.jp/socio/lab/sotsuron …
    • good
    • 0

手塚治虫氏の影響です

    • good
    • 0

海外のものも、やっていることのレベル自体は高いこともありますが、それが報われてない場合も・・・


アニメの制作現場では、原画、動画、彩色、ビジュアルコーディネート、撮影、CG、編集など色々セクションが分かれています。ある意味、ハリウッドの映画並みに各分野のプロがそれぞれのパートに分かれて作業していますから、それなりの作品があがってきます。
さらに、人件費といえばどんなに大変なことをやらされても、どれだけ時間がかかっても、殆どの場合、歩合制ですからコストも向こうほどかからないことがあります。

アメリカなどでは、最近ではゲームもアニメも3Dを使うのは当たり前になってきてますね。3Dでないと、っていう風潮もあるのかもしれません。(日本ほど3Dを特別なものと見ていないようです)
ディズニーの制作する2Dのアニメは売れないけれど、ピクサーが作成する3Dのアニメは売れるというのもあってか、最近ディズニーがトイストーリーやファインディング・ニモを制作したピクサーを買収しました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本のマンガやアニメが海外で人気があるのはなぜでしょう

日本のマンガやアニメが海外で人気があるのはなぜでしょう?近年、日本のアニメの実写作品が作られたり、コスプレがブームになってたりと日本の作品が注目されていると思います。日本のマンガ・アニメが注目される理由は何でしょう?

Aベストアンサー

No.2さんと被りますが 日本の漫画やアニメは目線や視点といった構図やカット割りが大胆であったり、ストーリーも映画のようにスケールが大きかったり、ジャンルも幅が広かったりで読み手や受け手を選ばないし、既成の概念に囚われていないからじゃないかと思います。

わたしもやはり手塚治虫さんの存在は漫画界、アニメ業界どちらにも大きかったと思います。手塚さん自身が後進の漫画家に、漫画を書くとき漫画そのものを多く読むよりも映画、文学、芸術、一級品に多く触れるようにアドバイスしたという姿勢も後々のこの分野の発展に大きな影響を与えたと思います。

このことが唯単に先人の模倣に終始するのではなくて、自分の中で素材としていったん吸収して創造していくこと、昇華させることにより視野や可能性を広げていくことに成功したのだと思います。

このような姿勢、一見無関係に思えることや文化を取り入れて自国の文化に発展させるのが得意だという日本人の下地は、日本は資源の少ない島国だったということや、古代から中国や朝鮮半島から文化や技術を学んだり、他国の良いところは学び取り入れようと努力したことによるところが大きかったのではないかと思います。黒船が来た後も日本という国が残ったのは、同じ理由だと思います。
常に日本人の視線は外に向かざるを得なかった。そのことが可能性を広げたのだと思います。

アニメや漫画の制作をするにあったって、普段の生活の中からヒントを見つけ、発展させる柔軟さを持つ人が日本人の中には多いのだと思います。
そして、それを受ける側も柔軟さを持つ人が多い。
だから提供する側、受け手側でより文化として結実させることに成功したのだともいます。

また、アニメの発展の下地にはやはり漫画の存在が大きいのだと思いますが、この漫画の元祖ともいえるのが「浮世絵」ではないかと思います(もっと古くは鳥羽僧正の鳥獣戯画まで辿れそうですが。)
東洲斎写楽、葛飾北斎、安藤広重の存在を忘れてはいけないと思います。
あるじき唯の梱包材まで落ちぶれてしまった浮世絵ですが、ゴッホやモネたち印象派はその大胆な構図や新鮮な色遣いに心動かされたと言います。
元々人間は常に新鮮な感動を求める生き物なのではないでしょうか。

日本の漫画やアニメが海外で人気があったり、コスプレが流行ったりするのは既存のものではないものに出会えた感動がそこにはあるからでしょう。

No.2さんと被りますが 日本の漫画やアニメは目線や視点といった構図やカット割りが大胆であったり、ストーリーも映画のようにスケールが大きかったり、ジャンルも幅が広かったりで読み手や受け手を選ばないし、既成の概念に囚われていないからじゃないかと思います。

わたしもやはり手塚治虫さんの存在は漫画界、アニメ業界どちらにも大きかったと思います。手塚さん自身が後進の漫画家に、漫画を書くとき漫画そのものを多く読むよりも映画、文学、芸術、一級品に多く触れるようにアドバイスしたという姿勢も後...続きを読む

Q何故日本はアニメや漫画が発展したのでしょうか

他の国にもそれぞれあるとおもうのですが、日本のように子供のみるものという位置づけではなく発展した国はあんまりないようなきがします(あったらおしえてください)

なぜでしょうか?

Aベストアンサー

>日本のように子供のみるものという位置づけではなく発展した国はあんまりないようなきがします
ご指摘の通りです。
何故?となると、文化論になり恐ろしく堅苦しい話になります。

その前に、
現代のアニメや漫画の始祖は手塚治虫ではありません。(念のために)
日本アニメの始祖とされているのは幸内純一です
下記サイトをご参照ください

幸内純一 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/幸内純一

寺内の作品かどうかは不明ですが、現存する最古のものをyou tubeで見ることができます。

日本現存最古のアニメ「なまくら刀」発見 - YouTube
www.youtube.com/watch?v=sFDt5CK6f5c

当時は、TVはありませんからすべてフィルムによる映画です。
沢山作られました。

後年大野信郎がアニメでアカデミー賞を受賞しています。
下記サイトをご参照ください

大藤信郎 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/大藤信郎

第二次世界大戦中には軍部が教育用のアニメも作っています。
you tubeで見れます

桃太郎の海鷲
投稿者:solakumo•

動画の動きがスムーズであるのは現代と遜色がありません。

漫画については、歴史的に遡ると定義次第で相当に古いものまで遡ってしまいます。
漫画のように絵を主体として、物語を伝えるという手法は非常に古いものです。
現代の漫画には「はだしのゲン」や「美味しんぼ」のように時事問題にまで発展するものがありますから、ユーモアの要素だけで議論はできません。

明治以降の近代漫画の始祖とされるのは北澤楽天です。
手塚治虫もこの人の影響で職業漫画家になっています。

北澤楽天 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/北澤楽天

江戸時代の黄表紙、合本などと呼ばれる大衆向けの書籍は絵が書かれた周りに台詞が書き込まれています。
この台詞のやり取りで物語を進展させる手法を取っています。
基本的には現代の劇画と変わりがありません。(吹き出しという手法が使われていないだけです)
一枚絵の浮世絵でも、描かれている人物の台詞が書き込まれているものが沢山あります。

このようなスタイルの書籍や絵画は日本独特のものとして発達しました。
諸外国では現代の挿絵のように、関連する情景がアクセサリーとして描かれているだけです。
日本は版木という技術がありましたから、文字だろうが絵だろうが自由に印刷できました。
西欧のようにアルファベットの活字を使う印刷方法では絵を入れるというのは至難の業でした。
結局、文字と絵は別々のページということになりました。

日本は絵巻物という文化が発達しました。
一つのストーリーを長い巻紙に時間の経過に応じて絵を描き並べていく手法です。
多くは寺院の由来や高僧の伝記でした。
源氏物語絵巻のように貴族階級の子女の娯楽向けに発達したものもあります。

仏教を布教するのにあたり絵解き講釈という手法が採られました。
大衆に絵を見せて、その絵の情景や登場人物の説明をしながら仏教の教義を教えました。
地獄絵などは、現在も残っています。
これを横長の巻紙に描いたのが絵巻物です。

以上がざっとしたアニメと漫画のむかしのお話です。

このように大衆の間で発達した文化を時の権力者が認めて活用奨励するという文化は日本独特のものです。
中国や西欧では、王侯貴族の文化と大衆文化に厳然とした区別があったのの対して、日本は、階級間の文化の障壁が低いというかむしろ曖昧だったといえるでしょう。
古くは、万葉集には王侯貴族の歌も防人と呼ばれる民衆の歌もなんら区別することなく収録されています。
後白河法皇が編纂した梁塵秘抄という歌集があります。
当時(平安時代)の大衆の間で流行した歌謡を集めたものです。
今でいえば、路上ライブの歌を総理大臣が集めて全集にしたようなものです。

サブカルチャーとカルチャーの差が曖昧で線引きが難しいというのが日本文化の特徴です。
王侯貴族が外来文化を導入しても、たちまち民衆に浸透していきました。
一方で、民衆によって淘汰され支持が続いたものが伝統文化として伝えられ残されてきました。
歌舞伎も元々は卑賤なものだったのが、いまやなにやら高尚な舞台芸術になっています。
アニメや漫画もこの文化の一部であると言えるでしょう。
今や政府も産業界も家電自動車にかわる外貨獲得手段として大騒ぎしています。
女子高生発の携帯絵文字もそのうち著作権料が入ってきますかね?

>日本のように子供のみるものという位置づけではなく発展した国はあんまりないようなきがします
ご指摘の通りです。
何故?となると、文化論になり恐ろしく堅苦しい話になります。

その前に、
現代のアニメや漫画の始祖は手塚治虫ではありません。(念のために)
日本アニメの始祖とされているのは幸内純一です
下記サイトをご参照ください

幸内純一 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/幸内純一

寺内の作品かどうかは不明ですが、現存する最古のものをyou tubeで見ることができます。

日本現存最古のアニメ...続きを読む

Q日本のアニメはなぜ外国で受け入れられているのか?

大学のレポートで「日本のアニメはなぜ外国で受け入れられているのか?」について調べています。
現在アメリカではドラゴンボールなど、日本で人気のアニメが流行するなど海外で日本のアニメは大人気です。
その理由はなぜだと思いますか?
是非、皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

ちょっと辛口かつ経済面からの答えだけどね。

日本のアニメが安いからというのが一番大きな理由さ。
日本のアニメの制作費はアメリカの三分の一、ヨーロッパの六分の一と言われている。それだけの制作費であれだけの良質なアニメを作るのだから売れて当然。

放映する側から考えれば、安く仕入れることができてそこそこ売れる(視聴率や人気が得られる)のだから、うれしいよね。一度良い目を見たら、柳の下の二匹目のどじょうを狙うのは経済原則から言って当然でしょう。で、期待に応えたから、また次のが売れるということ。

その背後にはアニメーターの悲惨な生活があるけど(参考URL参照)、最近はアニメの原画制作自体を外国に発注しているようで、日本製アニメの優位も長く続かないかもしれない。結局、日本製の工業製品と同じで安くて品質が良かったから売れたけれど、これからも売れるという保証はない。

宮崎アニメのように大金をかけるというのはやっぱり賭けの要素が強くなるから、コケれば大変。それを吸収できるだけの体力が日本のアニメ制作会社にあるかどうかが今後の問題。

参考URL:http://db.g-search.or.jp/sideb/column/20050304.html

ちょっと辛口かつ経済面からの答えだけどね。

日本のアニメが安いからというのが一番大きな理由さ。
日本のアニメの制作費はアメリカの三分の一、ヨーロッパの六分の一と言われている。それだけの制作費であれだけの良質なアニメを作るのだから売れて当然。

放映する側から考えれば、安く仕入れることができてそこそこ売れる(視聴率や人気が得られる)のだから、うれしいよね。一度良い目を見たら、柳の下の二匹目のどじょうを狙うのは経済原則から言って当然でしょう。で、期待に応えたから、また次のが...続きを読む


人気Q&Aランキング