ドイツに行って以来、クラシックに目覚めました。
いろいろ好きな作曲家などもできました。ところが、基本的なところがわかりません。CDショップで、ジャンル分けがされていますが、管弦楽曲、交響曲、協奏曲などの違いがよくわかりません。その他のジャンルの違いも含めて、わかりやすく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

うーん、確かに難しいですね。



交響曲というジャンルはハイドンによって確立され、ベートーヴェンによって形式が完成されました。彼らの交響曲を聴けばその土台がわかると思います。基本的に作曲者が「交響曲」と付けていれば交響曲のジャンルに入るのですが、ラロの「スペイン交響曲」のように、ヴァイオリン協奏曲に「交響曲」の名が冠されていて、CDショップでは協奏曲の棚に置かれているものもあれば、ダンディの「フランスの山人の歌による交響曲」というのは、ピアノ独奏が華々しく用いられているにもかかわらず、協奏曲ではなくて交響曲のジャンルに含まれています。これらは例外として考えた方がよいです。また、リヒャルト・シュトラウスのアルプス交響曲のように単一楽章の交響曲というのも、次第に作曲されるようになったので、明確な基準というのはありません。また、カンタータ(声楽曲)として扱うか交響曲として扱うかで紛糾している作品(マーラー「大地の歌」)もあり、明確な線引きはなされていないのが現状です。

協奏曲というジャンルは、ソロで楽器を演奏する人(ソリスト)と、オーケストラが、文字どおり協力して(競うのではなく)演奏するタイプの曲です。しかし、声楽協奏曲というタイプのものは声楽曲の方に行ってしまいます。これにも例外があって、バルトークの「管弦楽のための協奏曲」というものがあります。このように、オーケストラの内部でソロパートを担当する人が変わるというケースもあります。もちろん、「2台のピアノのための協奏曲」「フルートとハープのための協奏曲」のように、楽器は1種類とは限りません。基本的にソリストが演奏するパートは技巧的なものが多いようになっています。その他の例外としては、プロコフィエフの「交響的変奏曲」は、そのソロパートが技巧的であること、また、最初の構想が協奏曲であったために、協奏曲として扱われています。ラフマニノフの「パガニーニ狂詩曲」も協奏曲に入ったりするので、曲の題名よりも、内容でソリストが技巧的なことをしているかどうかによるのだと言えます。なお、ヴィヴァルディの「四季」も協奏曲と呼ばれますが、これは合奏協奏曲というものです。普通CDショップでは、「バロック・古楽」のジャンルに分けられています。

管弦楽曲というのは、管弦楽で演奏される、「交響曲でも協奏曲でもない」作品ということになります。例えば、舞曲(ワルツやらボレロやら)、交響詩(描写によって物を音楽で表現しようとしたもの)、組曲(オペラからの抜粋や純粋に組曲にしたもの)、序曲・前奏曲・間奏曲(オペラから独立したもの)などがあります。例えば、リムスキー・コルサコフの「シェエラザード」は、交響組曲であり、交響曲ではありません。また、ヴァイオリンの独奏が重要な位置を占めますが、協奏曲にも扱われません。コダーイの組曲「ハーリ・ヤーノシュ」のように、ツィンバロンという民族楽器を使った難しい部分がある曲でも、全体としては組曲であり、ツィンバロンの登場しない曲もあるという事情から、管弦楽曲になるものもあります。

室内楽曲はおわかりかと思いますが、コンサートホールほど大きな場所を必要としない、室内でできる曲です。ピアノ伴奏をつけたソナタ、弦楽四重奏曲などがこれに当たります。ピアノの独奏や連弾、無伴奏チェロ組曲などもこれに含めてもよいですが、CDショップによっては分けている場合もあります。

古楽・バロックは、ヴィヴァルディだのバッハだのを思い浮かべるとわかる通り、ハイドンやモーツァルトが出てから変革される以前のものです。ヘンデルの組曲「水上の音楽」なども組曲であり、管弦楽曲であると言えますが、大抵の店ではこちらのジャンルに含まれていることが多いです。

現代音楽は、なんとも言えません。いつから現代なのかが曖昧なのです。調性が崩壊した頃から、という見方で、シェーンベルク、ベルク、ヴェーベルンのような新ウィーン楽派をここに入れているものもありますが、それより後の時代のストラヴィンスキーや、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチは現代音楽に入っていません。また、山田耕作の作曲と武満徹の作曲を同時に現代音楽と位置づけるのには若干疑問があります。この辺は、「誰でもすんなり聴けるとは限らないですが、聴きやすい宝のような曲も混ざっていますよ」としか言えません。

声楽曲は歌ものということでおわかりいただけると思います。特に、合唱曲を分けて取り扱っているケースもあります。なお、オペラなどはまた別個のジャンルです。このへんで難しいのは、声楽が入っていても交響曲(第九)、協奏曲(ブゾーニのピアノ協奏曲)、管弦楽曲(ホルスト「惑星」)などがあるということですが、基本的に、メインが声楽であるということが大事なのだと言えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い対応感動します。
CDショップでも、新しい見かたができます。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/25 10:21

簡単に説明しますと、交響曲は作曲者が「Symphony」と書いてしまえばどんな形式であろうと「交響曲」なのです。


基本的にはみんさんの仰っているようなソナタ形式云々という制約があるものもありますが、実際、現代の交響曲は自由なものが多いです。協奏曲にも言えますが、交響曲との違いはソリストがいる点です。ただ、ベルリオーズの「イタリアのハロルド」などはビオラのソロがありながら一応交響曲の分野に入っています。また、曖昧なもので協
奏交響曲なんて分野もあります。ハイドンやモーツアルトが書いていますが、同様に協奏曲でありながら交響曲でもあるという曖昧な存在です。
一番曖昧なのは「管弦楽曲」です。一応オーケストラで演奏されるものは全てこの分野に入るのですが、合唱曲ではなく、「交響曲」「協奏曲」でないその他の曲を一般にさします。
バレエ音楽、歌劇の序曲・前奏曲・間奏曲、交響詩、管弦楽組曲、ワルツ、行進曲などなどいろいろあります。
他に室内楽曲という分野は文字通り室内向けの小さな編成の曲がメインです。たとえば、弦楽四重奏曲など。
器楽曲は殆どが一人か二人で演奏する曲で、ピアノの演奏なんかはここに入ります。
声楽曲は文字通り人の声による作品がメインですが、オペラなどは別に分類することもあります。
音楽史はバッハ以前(ヴィヴァルディを除く)の曲をメインにしています。グレゴリオ聖歌などはここに分類されます。
現代曲は20世紀後半の曲はメインですが、作曲家によって入れる人とそうでない人とに分けられています。どちらかというと作風によって(前衛的なもの)分けられます。
まあ、大体こんなもんです。
はっきりとした境界線はないので曖昧な作品はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
こんな質問は、クラシックに精通している方には簡単なものだと思っていましたが、結構ややこしいものだったのですね。助かります。また、よろしくお願いします。

お礼日時:2002/02/25 10:18

 数多い例外が存在することを承知の上で、あくまでも本当に基本的な要素の御説明から入ります。



 交響曲は特定の用途やテーマによることなく、純粋に聴くための音楽です(書いていながら例外ばかり頭に浮かんできますが)。ハイドンによって一応完成された様式から言うと、ソナタ形式という主題(テーマメロディ)とその展開から再現と流れる一連の音楽を一楽章とし、これに本来は踊りのための音楽であるメヌエットやスケルツォを加え、メリハリを付けるために速い楽章と緩やかな楽章を組み合わせて一つの曲としています。ハイドンが一応完成させたドイツスタイルの交響曲(ベートーヴェンや晩年のモーツァルトなどが基本)では第1楽章に速いソナタ形式、第2楽章に緩やかな音楽(ソナタの場合もあり、もっと単純にメロディの繰り返しだったりする)、第3楽章で舞曲(踊り)、第4楽章にまた速いソナタ形式を持ってくる、もしくはロンド形式、という何種類かの部分を組み合わせた形式(ABACABAがもっとも基本-A・B・Cそれぞれが一つの部分)で構成されています。

 協奏曲とは一人、もしくは複数の独奏楽器とオーケストラが文字通り協演するための音楽です。多いのはピアノ、ヴァイオリン独奏ですね。
 こちらは独奏者の演奏の美しさ、技術を聴いてもらうのが主眼なので、オーケストラは控えめなケースが多くなっています。
 こちらは3楽章形式が基本と言え、第1楽章がソナタ形式で、曲全体の中でかなり長いこと(全曲の半分以上)も多くなっています。第2楽章は通例緩やかな曲、第3楽章には先程書いたロンド形式を使うことが多いです。

 管弦楽曲というのはそれ以外のオーケストラ用の曲全てをさすため、これと言った定義はありません。中でも多いのはバレエ音楽、交響詩などでしょうか。オペラなどの序曲だけを集めたものもこのジャンルに入れていることが多いようです。

 それ以外にも、歌手の唄(独奏もあり合唱もあり)をメインに伴奏として何かの楽器(ピアノが多し)、オーケストラが演奏する曲は声楽曲という範疇に入ってきます。独唱(一人が歌う)の時には歌曲、と呼ぶこともあります。
 これはお解りかとも思いますけれど、多数の歌手(一人もあるにはあります)を使い、ストーリーに従って劇形式になっているものが歌劇(オペラ)です。

 オーケストラ以外では数人の奏者が一緒に演奏するものを室内楽曲、ピアノ曲のように一人で演奏するものを独奏曲と言います。ピアノソナタなどがそうです。
 また、明確な基準があるわけでは無いながら、概ね第二次大戦頃から後の作品や日本人の作曲した作品については現代音楽(現代曲)として独立して置いてある店が多いです。

 最初にも書きましたように、これはかなり膨大な例外を無視してやや乱暴に切り分けたものです。ベートーヴェンの交響曲でも「田園」のようにかなり情景を描いている上に5楽章形式の、しかもさっき書いた形式とは全く違った曲もありますし、第9番のように合唱が入っているものもあります。マーラー頃から後、20世紀になるとこうした形式に則っているものの方が稀、と言える状況になります。
 それではそれぞれの区別をどうつけているか、ということで言うと、これは作曲者がどう名前を付けたか、を尊重するしかありません。「交響曲」と命名されていれば作曲者はこれを交響曲として聴いて欲しい、という意図を持っているわけですから交響曲に入れる、ということです。
 一方交響曲の起源から言えば、もともとは歌劇の序曲から出発し、それを次第に拡大し独立させたものです。序曲の時点では切れ目なしに演奏される急(速い)緩急の三部形式が基本でした。

 こうした曲のスタイルなどは別に意識しなくても充分に楽しめます。逆に形式を意識した上で作曲家の創意工夫についておっ、こんなところでこんなことを、という風に発見して楽しむことも出来ます。
 御自分の嗜好性に合わせて好きに聴かれるのが良いでしょう。まあ、CDショップで曲を探す際には知っていた方が楽かもしれませんね。

 あまりに幅広く且つ奥深いテーマなので、とても書き切れません。
 もし、この内容、別な話でも具体的な疑問etc.お有りでしたら追加でお答えしたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事細かいところまで、ありがとうございます。
ますます、深みにはまりそうです。
助かりました。

お礼日時:2002/02/25 10:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベートーベン交響曲第7番の最近の名盤

ベートーベン交響曲第7番のCDを買いたいのですが、
以下の条件に当てはまるものを知っていれば型番を教えてください。

○2000年以降録音されたもの
○デジタル録音されたもの
○オーストリア・アメリカ・イギリス・フランスの楽団ではないもの
(ジャーマンオーボエが聴きたいのでドイツが理想)
○ど下手ではないもの

お詳しい方何卒宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

最近のドイツのオーケストラによるベートーヴェンの交響曲というと,次のものが比較的有名だと思います。

☆アバド指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E5%85%A8%E9%9B%86-%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%89-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA/dp/B00005HMCT
☆ノリントン指揮 シュトゥットガルト放送交響楽団
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E5%85%A8%E9%9B%86-%E3%83%8E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3-%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC/dp/B0002RNBIY

(URLはどちらも交響曲全集です。バラ売りもあったと思うのですが,ネット上では見つかりませんでした)


どちらも7番そのものは聴いたことがありませんが,他の曲を聴いた印象としては,伝統的なドイツ風の重厚さからはかなり遠い演奏だと感じました。特にノリントンのものは軽快です。

アバド盤でオーボエを吹いているのは,たぶんシェレンベルガー氏ではないでしょうか。(確証はないですが,録音年代と音からの推定)
もちろん,下手であろうはずがありません(笑)

ノリントン盤は,人に借りてちょっと聴いた事があるだけなので,申し訳ありませんが,オーボエまでは印象に残っていません。


*(おそらく)初のベーレンライター校訂版による全集として話題になったジンマン指揮/チューリヒ・トーンハレ管弦楽団のものも,最近だと思っていたのですが,録音は2000年よりは前だったようです。最近増えている「現代楽器による古楽風の奏法での演奏」というアプローチの元祖のような録音です。
念のためURLはつけておきますので,よろしければご参考に。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC7%E7%95%AA-%E7%AC%AC8%E7%95%AA-%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3-%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89/dp/B00005EH54

こんにちは。

最近のドイツのオーケストラによるベートーヴェンの交響曲というと,次のものが比較的有名だと思います。

☆アバド指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E5%85%A8%E9%9B%86-%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%89-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA/dp/B00005HMCT
☆ノリントン指揮 シュトゥットガルト放送交響楽団
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%...続きを読む

Qインド人作曲家のフルート協奏曲

インド人作曲家らしき人が作曲したフルート協奏曲だと思いますが、FM放送で断片を聴いただけでなにもわかりません。フルート協奏曲で、シタールも入っていました。ラヴィ・シャンカールが思い浮かびますが、作風がちょっとちがっていて、あまり前衛っぽくない20世紀音楽という感じです。さわやかな曲なのでもう一度聴いてみたいので、ヒントでも結構ですのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

kaiso2さん、こんにちは。
やっぱりラヴィ・シャンカールの「魅惑の夜明け」が思い浮かびますが、さわやかなという感じではないし協奏曲でもないし。
お弟子のチャンドラカントも、よく日本で演奏していて西洋や日本の楽器と合奏することもあるみたいです。
参考になるとよいですが。
あと放送されたFM局、日時が分かれば調べられるツールがあるかもしれません。

参考URL:http://www.darshanam.com/jp/indexj.html

Qスピード感がある クラシック名盤(交響曲)

お世話になります。

同じ曲でも指揮者によって テンポが違ってくるようですが??
たたみ駆ける ようなスピード感のある
アルバムや指揮者を紹介してください。
今 クライバーに興味があります。

Aベストアンサー

交響曲にはテンポの速い楽章が含まれるのが普通なのですが、
最終楽章のテンポが速くてノリがよく爽快に終わる曲、
と解釈させて頂きます。

モーツァルト 交響曲第35番「ハフナー」
ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱つき」
プロコフィエフ 交響曲第1番「古典」
ドヴォルジャーク 交響曲第8番

以上の曲は、すべて有名で、発売されているディスクも多く、
聴きやすい曲ばかりだと思います。

それにしても、
最終楽章を速いテンポで押し通す交響曲は、
意外と少ないですね。

Q独学の作曲家と音楽学校卒の作曲家

古関裕而さんは独学で作曲家になったそうです。
ヨーロッパのクラッシックの作曲家でも独学が多いと聞きました。

個人的には、音楽学校に行くより、独学の方がオリジナリティがあるような気がします。

質問は
『一流と言われている作曲家の中で、独学の人と音楽学校で学んだ人を教えてください』
お願いします。

Aベストアンサー

武満徹も伊福部昭も、独学だそうです。すごいですねえ。

「三人の会」(芥川・団・黛)が集まって、音楽について語り合っていたとき、偶然武満徹が通りかかり「ちょっとよかったら、ピアノを弾かせてもらえないか」と入ってきて、すごい音楽を弾いたという、まことしやかな伝説があります(ホントか嘘か不明)

伊福部も営林署の職員で、趣味で作曲したそうです。

Q名盤教えてください

ブラームスの交響曲第1番の名盤教えてください。
3番の名盤もお勧めがあったら教えてください。

Aベストアンサー

●ザンデルリンク指揮ドレスデン・シュターツカペレ
こちらは、いかがでしょう。
けして重くならずに、しかも堂々とした佇まい、といった感じでしょうか。
DENONのクレスト1000シリーズに入っています。1050円です。

●ジュリーニ指揮ウィーン・フィルハーモニー
知人が大絶賛していました。
ジュリーニらしい遅いテンポの、名演です。
グラモフォンから、1000円で再発されたばかりです。

<オマケ>
●飯守泰次郎指揮東京シティ・フィル
下記URLで演奏が聴けます。
ブラームスの交響曲全曲あります♪

参考URL:http://www.cityphil.jp/sound/library/index.html

Q愛し合っているとき聴きたくなる管弦楽

また同じような質問になるんでしょうね~
愛し合っている二人がムードにはまっているとき頭の中に浮かぶ管弦楽・吹奏楽のの曲って皆さん一体どんな曲がありますか?ポップスでも、現代音楽でもクラシックでも邦楽のアレンジ物なんでもかまいません。それに関するエピソード、うんちくも承ります。どしどし教えて下さい。ちなみに私は・・ブルッフのバイオリンコンチェルトト短調の2楽章とか、スパークのThe Year Of The Dragon の2楽章などを思い浮かべます。ものすごく大至急。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ブルッフのコンチェルトとは、クラシックの中でもかなり通な方とお見受けしました。

よし、一介のクラシックファンとして、お答えしましょう。

ショスタコーヴィチ 歌劇「ムツェンスク郡のマクベス夫人」
いや、これはまずいな、愛し合ってるのを露骨に描写した音楽だし。

マーラー 第9交響曲より第4楽章
5番のアダージェットじゃないところがミソ。

マスカーニ 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲
有名すぎますが、こういうイメージが僕にはあります。

ラヴェル ラ・ヴァルス
フランス音楽のお洒落な部分が、愛する2人のイメージにぴったりです。

サン・サーンス クラリネット・ソナタ
クラリネットという楽器が官能的なので、ついついクラリっとネ。

こんなところでどうでしょう。

Q両翼配置のベートーヴェン交響曲全集

ベートーヴェンの交響曲全集は
かなりの数があり、ネットでも名盤というのが
たくさんあげられていますが、
いわゆる「ヴァイオリンの両翼配置」の
名盤というのは、
どのようなものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

高く評価されているものには、クレンペラー&フィルハーモニア管があります。
それ以上に、左右の掛合いが堪能できるのは、
こちらの
http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=1098168

モントゥーの全集です。「第5」、「第7」、「第8」など、左右の掛合いの上に成り立っていることが実感できると思われます。1枚あたり1200円ですので、お買い得です。
なお「英雄」は、この全集ではウィーン・フィルですが、ACO(アムステルダム・コンセルトヘボウ)が絶賛されています。中公新書「クラシックCDの名盤」の評論家の方のコメントは、参考URLからご覧ください。
なにせ、これまでは廃盤でしてオークションでは10000-50000円の高値がついていました。これも1200円で再発されますのでどうぞ。

参考URL:http://furtoroor.exblog.jp/i9

Qファイナルファンタジー 12 交響曲 希望

いまさらですが、FF12の交響曲「希望」のピアノ楽譜をさがしています。いいピアノ楽譜があったら教えてくれませんか?
できれば原曲に近いものがいいです。また、あまりにも練習用に変えられたものは、ほしくありません

Aベストアンサー

No.1の者です。すみません;先ほどのURLですと、そのサイトのメインページに飛んでしまうみたいです。

下記URLのサイトに行きましたら、書籍名検索で、書籍名は希望、楽器別の欄はピアノ、ジャンル別のチェック欄はアニメ・ゲームミュージックにチェックを入れて検索してみて下さい。

失礼いたしました;

Qオススメな交響曲、お好きな交響曲教えて下さい☆

いつもお世話になっております。
今度は交響曲のことです。
皆さんがオススメする交響曲は何ですか?
あるいはお好きな交響曲は何ですか?
教えて下さい!名盤なども教えていただけると幸いです。宜しくお願いします。

私が好きなのは
ブラームスの交響曲第1番
ブルックナー交響曲第4番「ロマンティック」
ベートーヴェン交響曲第6番「田園」
などです。

Aベストアンサー

こんにちは。
ついに来ましたね,ストライクゾーンど真ん中♪
覚悟してください(笑)

私は好きな曲が多すぎて絞れないので,交響曲というジャンル全体像の紹介に近くなると思います。ご自身で聴く曲を選ぶときのご参考にしてください。
また,オススメCDについてですが,曲も紹介しつつ演奏の紹介もしていると,とんでもない分量になってしまいますので,今回は曲の紹介に絞りたいと思います(それでもとんでもない・・・)。
お目当ての曲がありましたら,オススメ演奏はまた別途ということで(笑)
私が個人的に好きな曲は,文面からにじみ出るものから察してください(^^

☆交響曲の父 ハイドン
現在の交響曲の形を作った人。すっきりとした明快な曲想は,やっぱりこれが基本だよね,と思わせます。
私はあまり詳しくないのでオススメは割愛します。ごめんなさい。

☆神童 モーツアルト
ぱっと聴いても魅力的,じっくり聴けばどこまでも奥深く。
まずは39番,40番,41番の後期三曲を。

☆楽聖 ベートーヴェン
何はともあれ,9曲全部聴くべきです!(笑)
俗に,偶数番(2, 4, 6, 8)は女性的,奇数番(1, 3, 5, 7, 9)は男性的などと言われますので,選ぶときのご参考に。

☆真摯で誠実な シューベルト
第8(7)番「未完成」
いたずらに熱しすぎず,でも,十分に心のこもった愛すべき素敵な曲です。オススメ♪
これが気に入ったら,第9(8)番「グレート」に挑戦してもよいでしょう。

☆爽やかに メンデルスゾーン
快晴の青空のようにすっきり爽やかなメンデルスゾーンからは,まずは第4番「イタリア」を。冒頭を聴くと本当にウキウキします。
第3番「スコットランド」もよいです。

☆詩情豊かな シューマン
あくまでも個人的な印象ですが,シューマンに一番ロマン派っぽさを感じます。
第1番「春」は楽しく軽快に,第3番「ライン」は流麗に。2番,4番もいい曲だと思いますよ。

☆渋く重厚に ブラームス
1番がお好きならば,これも全部(1~4番)聴くべきでしょう!(笑)
田園がお好きなら,2番は特にオススメできそうですね。(ブラームスの田園交響曲,と呼ばれたりします)

☆フランス人による名交響曲ふたつ
ベルリオーズ 幻想交響曲
彼の幻覚が音になった,とてもロマン派前期に書かれたとは思えない掟破り・型破りな曲。
サン=サーンス 交響曲第3番「オルガン付き」
最後の盛り上がりが最高にかっこよく,ゆったりした部分の旋律も大変に美しい名曲です。オススメ♪

☆土の香りの ドヴォルザーク
郷愁をさそう第9番「新世界より」が名作なのは言うまでもないとして,端正でバランスのとれた第8番も素敵な作品です(第3楽章はよくご存知と思いますよ)。

☆ロシアの大地が咆哮する チャイコフスキー
まずは激しく燃え上がる後期三曲(第4番,第5番,第6番「悲愴」)だと思いますが,前半三曲もあまりねちっこくなくて魅力的,という方もいらっしゃるようですね。

☆巨大なスケールで圧倒する ブルックナー
好きな人にはどうにもたまらない魅力がありますが,嫌いな人には退屈でかなわん,という不思議な作曲家です。
「ロマンティック」がお好きならばきっと質問者さまは大丈夫でしょう(^^
一般的には後期三曲(第7番,第8番,第9番)が有名ですが,個人的には,第5番を非常に激しくオススメしたいです!!!ブラ1とロマンティックが好きなら絶対に気に入るはずです!

☆自然と人間のすべてがここに マーラー
全部オススメ!!
若々しく爽やかな1番 メルヘンチックな3番,4番 壮大な迫力の2番「復活」,8番
オケの全ての楽器がフルに大活躍の5番,6番,7番 東洋的無常観の「大地の歌」,諦めと憧れが葛藤する9番
彼の第9番は交響曲の究極の姿だ,という人もいらっしゃいます。

☆清冽な北欧の空気 シベリウス
北欧の景色を知らない人にも北欧の情景を思い浮かばせる凄い人です。
個人的には,これも,全部オススメ!・・・と言いたいところですが(笑),まずは2番,5番,7番は少なくとも聴いていただきたく。
ぎゅーっと濃縮された7番が特に大好きな曲です♪

☆天才?ひねくれ者? ショスタコーヴィチ
ベートーヴェン以来の「第九の壁」を破った数少ない人ですね。今年生誕100周年です。
深読みしだすとキリがないクセ者(笑)
第5番「革命」をまず聴いて,他は,これを聴いて興味が持てれば,でよいかも。
(本当はあれこれオススメしたいですが・・・)


---(余談)---
☆ギネス公認(今はどうか分からないですが,少なくとも昔は) 世界一長くて世界一人数がたくさん必要な曲
 ブライアン 交響曲第1番「ゴシック」
NAXOSから安いのが出ています。
私は怖いものみたさで買ってみましたが・・・(内容はノーコメント^^;)

☆マニアックながら質問者さまには特別にオススメ,遅れてきたロマン派 ラフマニノフ
こちらは,アシュケナージの指揮者としての出世作となった録音です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=570670
濃厚でセンチメンタルな雰囲気の交響曲第2番は,彼のピアノ協奏曲ファンにはとても人気があります。
3番や交響的舞曲もいい曲だと思いますよ。

---
上記の印象は,あくまでも「個人的なもの」ですので,質問者さまなりの聴き方・感じ方をしていただきたいと思います。(あえて申し上げなくても分かっていらっしゃると思いますが^^)

大変な長文,読んでいただき,ありがとうございました。

こんにちは。
ついに来ましたね,ストライクゾーンど真ん中♪
覚悟してください(笑)

私は好きな曲が多すぎて絞れないので,交響曲というジャンル全体像の紹介に近くなると思います。ご自身で聴く曲を選ぶときのご参考にしてください。
また,オススメCDについてですが,曲も紹介しつつ演奏の紹介もしていると,とんでもない分量になってしまいますので,今回は曲の紹介に絞りたいと思います(それでもとんでもない・・・)。
お目当ての曲がありましたら,オススメ演奏はまた別途ということで(笑)
私が...続きを読む

Qブルックナーの交響曲6番について教えてください

ブル6の曲解説とかエピソードを何でもいいので教えてください

Aベストアンサー

参考URLが比較的詳しく解説してあると思います。

参考URL:http://www28.tok2.com/home/makokato/6ban.htm


人気Q&Aランキング