いつもお世話になっております。
表題のままの質問です。

シャーロット=ブロンテの『ジェイン=エア』を読み、他の作品や同じような背景の作品を読みたい気分になりました。
そこで、先日書店で見かけた森薫さんの『エマ』を思い出したのですが、
シャーロット=ブロンテも『エマ』という作品を書いていて、森薫さんの『エマ』も似た様な背景みたいなのですが、(19世のヨーロッパ、召使・家庭教師と貴族との恋愛など)
これは何か関係があるのでしょうか?
森薫さんの『エマ』の作家紹介欄に「19世紀のヨーロッパが好き」みたいなことが書いてあったから、たまたま似たような時代、背景なのかもしれませんが。。
とても気になるので、読んでみようかな、とも思ってます。

本を読んだことのある方、ふたつの本の関係などは分からなくても、感想など教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

英文学古典の「エマ」は、ジェーン・オースティンの作品ではないでしょうか?ジェーン・オースティンは、ほかに「高慢と偏見」「センスアンドセンシビリティ(分別と多感)」などの代表作を書いています。


私は、主に映画で触れたジェーン・オースティンの世界が好きだったので、森薫さんの「エマ」もてっきりそれが原作だと思い、読みました。
が、まったく別物でした!
ジェーン・オースティンのエマは貴族の娘で、マンガのエマは貧しい出の娘でメイドをやっています。
森薫さん、この連載を始めてから、イギリスに初めて行ったそうですが、(最初のころの絵は、写真からの知識のみで描いていたそうです)そうとは思えないほど、19世紀のイギリスの雰囲気がよく出ていて、よかったです。ついさきごろ、最終巻の7巻が出て、「エマ」も完結しました。脇の登場人物もなかなか味があって、最近のマンガのなかでは、読み応えがあるものでした。手元に置いて、また読み返したい作品です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答をありがとうございます。
森薫さんの『エマ』を読んだことがあるんですね。
「手元に置いて、また読み返したい作品」とのこと、
わたしも読んでみようかな♪

どうもありがとうございます(^^)

お礼日時:2006/07/12 23:11

森薫の『エマ』もシャーロット・ブロンテの『エマ』も読んだことはないのですが(ジェーン=エアは読みました)、ネット検索してみました。



一般人のブログやHPを見たところでは、直接の関係はないようですが、登場する地名や人名からすると、森薫さんがイギリス文学に影響を受けているのだろうということのようです。

森薫さんに『シャーリー』という作品があるそうですが、シャーロット・ブロンテにも同名作があるそうです。

いやもう、詳しい人は詳しいですねぇ

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Playtown/2536/MaIDERi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ調べてくださったんですか、どうもありがとうございますm(__)m
参考URLも拝見しました。
すごい詳しいですね。
このサイトの最後にもブロンテ姉妹との関連性が少し書かれていましたね。
やはり、特別関係性があるのではなく、イギリス文学に影響を受けてのことなんでしょうね。

どうもありがとうございました(^^)

お礼日時:2006/07/12 23:18

#1で回答したものです。


すみません、ブロンテにも「エマ」という作品があったのですね。
勉強不足でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、わざわざ書き込みありがとうございます(^^)
下の書き込みを拝見しても、mamboさんがたくさん本を読んでらっしゃることは伝わります。
わたしは、海外文学はあまり読んだことがないので、これを機に読んでみようと思います。

お礼日時:2006/07/12 23:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q栗本薫さんのSF作品でおすすめは?

栗本薫さん著作のSF作品で「グインサーガ」シリーズのような超長編ではなく、上中下ぐらいで完結している面白い作品があれば3作品ぐらい推薦していただけないでしょうか?

ミステリー系の作品はわりと読んでいるのですが、SFはまだ読んだことがありません。かといって、あまりにも長いとちょっと疲れるので、1冊から3冊ぐらいまでの長さのSFを読んでみようと思いましたので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人的には、「 レダ 」 が好きです。
昔から栗本女史の作品はジャンルを問わず大概読んでいますが、この作品は
グインよりも最も好きかもしれません。
ボー・ミーツ・ガール系のSF作品です。かなり昔の作品なので、現在の作品に
比べて文章が若い感じがします。
元々の四六版ハードカバーは既に絶版ですが、異常な程ぶ熱い本でした。
文庫版では上中下の三巻に分けられています。
版元は早川書房です。

Q森博嗣さんの作品でお勧めは?

知人に森博嗣さんの作品を勧められました
お勧めは?

また何から読み出したらいいですか?

Aベストアンサー

まずは「すべてがFになる」から読んで欲しいです。
森先生の処女作です。
ただ、森先生は某国立大の理系学科の先生なので
ものすごく理系用語が多いです(^^;)
なぜ「F」なのかは、多少理系の知識が必要かもしれません。
基本的に出版された順に読むのをお勧めします。
結構過去の作品の内容について触れるシーンもあったりするので
飛び飛びで読んでいたら、たまにワケがわからなくなるかも(^^;)
主要作品にはS&MシリーズとVシリーズがあります。
先にS&Mシリーズを読んでいたので(「すべてがFになる」はS&Mシリーズです)
Vシリーズの雰囲気に最初はなれませんでしたが
読んでいくうちにどちらも好きになりました。

これ以上言うとネタばれになりそうなのでやめときます(^^;)

ちなみにS&MシリーズやVシリーズ以外の作品もありますよ。
たとえばスカイ・クロラという作品は、ミステリではなく
詩のような雰囲気です。

Q子どもの頃(=30年前)に読んだ本

ずっと探している絵本があります。
最初は左開き(=横書き書籍の開く方向)なのですが、
最終ページまでくると、本の上下をひっくり返して、また左開きで読んでいく絵本なのです。
途中で牛が出てきたような記憶はあるのですが…。

どなたか書籍名をご存知の方、お助けください。

Aベストアンサー

「おばあさんとこぶたのぶうぶう」ではないでしょうか。

横長ではないので、違うかなあ…。

おばあさんが、きかんぼうのこぶたを柵の中に入れるために、他のモノたちに次々に頼んでいって断られ続け、
途中(絵本の最終ページ)でようやく了解をとりつけて、こんどは次々と頼みをきいてもらって、こぶたを無事に柵に入れる事に成功する話です。

了解をとりつけた相手が牛(かあさんうしのぐいぐい)です。

私も大好きな本でしたので、実家にまだ大切にあり、帰省するとこどもに読んできかせています。

これだといいんですけど。

参考URL:http://pict.cocolog-nifty.com/pict/2004/07/post_2.html

Q庄司薫さんのその後

読書を一番の趣味にしており、Webサイトも開いているものです。ずっと気になっていたのですが「赤頭巾ちゃん気をつけて」を書いた庄司薫さんは現在本を書かれているのでしょうか?ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
検索してみて知ったのですが、ごくたまに文章を
書かれているようですね。
中村紘子さんの話やご本ににポロリと庄司さんのお話のでていることがあって「やった!」などと思うことがありますけれども。
きっと普通に?お仕事をやっておられて、そちらの方は傍らなのだろうと考えています。

ご存知でしょうが、ご参考に。↓

参考URL:http://www.geocities.jp/bakukai2004/kanennpu.html

Q森博嗣、Vシリーズで…

まだS&Mシリーズ5冊目までしか行き着いていないのですが、ついつい横道にそれてしまった短編集にでてきた小鳥遊練無クン(なんですよね、チャンでなくて。)がとても気になる存在になっています。
彼はVシリーズではどんな役回りなんでしょう?(ムードメーカーとか、トラブルメーカーとか、などなど。)
Vシリーズ読了の方、ちょっとだけ教えてくれませんか?
なんだか気になって、犀川先生と萌絵ちゃんはほっといて次シリーズに手を出してしまいそうなので(笑)。

Aベストアンサー

ムードメーカーですね。知的で、それでいておちゃめ、いい役柄ですよ。トラブルメーカーではないですね。調整役みたいな存在。
Vシリーズは、主要登場人物が多く、それぞれがなかなかいい味出してます。
S&Mもいいけど私はVシリーズのほうが好きかな。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報