出産前後の痔にはご注意!

懐中電灯の電球交換について教えてください
懐中電灯がもう少し明るく出来ないかと思っており、電圧が異なる電球の交換は難しいと思っていますが、同じ電圧の電球を交換する場合に
 (1)標準の電球(当初ついている電球)より電流値が大きい電球をつけること
 (2)標準の電球と異なる種類の電球(たとえば、標準がクリプトン球のところをハロゲン球に交換する)こと
は問題があるのでしょうか。懐中電灯は単純な電気回路なので、ある程度あれば問題は無いと持っていますが、ご知見をいただけるありがたいです。
もちろん、自己責任で実施することは承知しております

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

(1)白熱球の懐中電灯をHID懐中電灯に改造した場合など発熱の問題がある場合もありますが、白熱球交換程度では先ず大丈夫でしょう。

念のため実験してみて不具合の無い事を確認されてはいかがですか?

(2)まず、問題はありません。(1)と同じです。

最近はミニチュア球形状のLED球も販売されています。検討してみてください。

あと、もし、使用電池が単一電池でしたら単三電池を3個か4個直列接続して単一電池のスペースに収める為のアダプター等も販売している所もあります。その場合、例えば元々の電圧が3Vであったところが、9Vあるいは、12Vと成りますので、その電圧用のパワーライト用の電球を使用すれば簡単に強力な光を得る事が出来ます。

ただし、いずれの場合も不具合が生じないかの確認はお忘れなく。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご連絡ありがとうございました。
教えていただいた事を参考に実験してみたいと思います

お礼日時:2006/08/20 23:58

(1)(2)


標準のクリプトン球で良いと思います
ハロゲン球懐中電灯を持っていますがあまりメリットがありません
明るいのは 明るいのですが 電池の消耗が激しく意味がありません
たとえ アルカリ電池 オキシライド電池 充電池でも意味がないのです
現在は 発電機タイプのLED懐中電灯を使用しています
1)電池代がかからない
2)暗いな と思ったときは 一生懸命(2-5分程)充電すれば済むことです
3)価格が安くなっている 900-1500円ほど
  電池代がかからないのでランニングコストが安い
4)LEDなので球切れの心配が非常に少ない
    • good
    • 0

>より電流値が大きい電球をつけること



それだけ発熱しますから電球の周囲樹脂部分が溶けるかもしれません。
ハロゲンであればなおさらです。
    • good
    • 0

 ちょっとしたライトマニアです。

(笑)
 さてご質問ですが、懐中電灯本体の電圧よりも少し低い電圧の電球に変更したらかなり明るくなります。(例:元々が6Vの電球を4.5Vに換える)ただし、お察しのように電球の寿命はかなり短くなります。
 あと、HIDやLED以外でパワーアップなら電球内に封入されているガスで選択されると良いです。お書きのような選択で良いかと・・・。
 更に、直接的には照度アップにはつながりませんが、「見易さ」を向上させるだけでもかなり印象が違います。
 いわゆる、「色温度」を上げるんです。
 僕が実際にやったのは、電球に蛍光ペンで青い色を塗ったりしました。電球の「黄色」と「青」で「白」に近づきました。
  
 HIDやLED以外は結局は電球内で「燃焼」させていますので、赤外線からは逃れられないため、
なかなか「色温度」は上がりませんが、無いよりは
マシ程度でお試しを・・・。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご連絡ありがとうございました。
LED.HIDに変えることまでは考えていないので色温度挑戦してみたいと思います。

お礼日時:2006/08/20 23:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q懐中電灯の豆電球交換はどれを買えばいいのか

懐中電灯がつかなくなりました。電池を入れてもつかないので、豆電球を交換しなければいけないのかもと、お店に行きましたが、よく分かりません。

電球には、4.7Vと0.4Aと書いてあります。ネットで探すと、4.8Vと0.5Aの組み合わせならありましたが、それでも大丈夫でしょうか?
今入っている電球のメーカーは、フィリップスです。

詳しい方、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

クセノン球というので、存在しますね。
電球のソケットの形状が合えば、使用可能です。
ただ、若干の使用可能時間が短くなるだけです。

形状はこれです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/monotaro/34814762.html

Q懐中電灯の豆電球ソケットに適合するLED球はある?

昔ながらのフィラメント豆電球を使用した懐中電灯の電球が寿命になりました。
どうせ新電球を買うならソケットに適合するLED電球を買いたいと思うのですがそうしたものは売っているんでしょうか?
豆電球ソケットに取り付けできるLED電球の市場での有無を教えてください。

Aベストアンサー

先日電池2本用が1個399円で販売されていたので購入しました。

電球タイプよりもブルー色ですが明るいですし消費電力が物凄く少ないです。



参考URL
http://xikit.com/products/ledbulb/index.html

Q豆電球の球形状の規格

豆電球の口金の規格はアカリセンター等のHPで確認できるのですが、球のほうの規格が確認できるサイト等、ご存知でしたらお教えください。

該当するカテゴリがなかったのでこのカテゴリに質問いたしますが、家電用だけでなく、様々な豆電球についてのっているサイトを教えていただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一般電球や懐中電灯、ホビーなどの豆電球など様々な電球を扱っているメーカーです
アサヒランプ(旭光電機)

http://www.impact-e.co.jp/asahilamp.html

各種豆電球ならパイロットランプのカテゴリーにあります

Qハロゲン懐中電灯がいまだに売られてる理由

LED懐中電灯のほうが安く長寿命で軽い。ハロゲン電球の懐中電灯の優れてるところがわからないのですがなぜいつまでたっても販売が続けられてるのでしょうか。

Aベストアンサー

> ハロゲン電球の懐中電灯の優れてるところがわからないのですがなぜいつまでたっても販売が続けられてるのでしょうか。

・ハロゲン電球は、もっとも小型で高輝度なランプです。
ハロゲン電球の方が、LEDよりも消費電力は大きいが、同じ大きさのランプならばハロゲン電球の方がLEDよりも明るい特性があります。

LEDも蛍光灯もハロゲンランプも、電流を多く流し輝度を上げれば上げるほど高温になります。
LEDの弱点は高温に弱いこと。
LEDは温度が高くなると発光効率が低下し、寿命も極端に短くなります。
高輝度LEDチップ本体の最高温度は120℃位です。

ハロゲンランプは熱に強い特性があります。
表面温度は250℃以上でもへっちゃら。

懐中電灯など、大きさ重さに制限がある照明器具の場合。
電力をバカ食いしても構わない用途では、ハロゲンランプの方が遠くまで光が届く明るい懐中電灯が製作できます。
もう暫く、、、LEDは発光時の熱問題が解決するまでは、小さくて明るい照明器具ではハロゲンランプが活躍することになります。

Q懐中電灯の電球について

懐中電灯の電球が切れました。

この懐中電灯は単一電池4本(2本を直列に入れたものを並列に繋げている)で点灯しています。
切れた球に4.8V 0.5Aと書いてありました。

調べてみたらピリケン球と言うもので
お店に2.5V 0.5Aがありましたが正常に
使えるでしょうか。また手元に3.8V 0.5Aの
ピリケン球があります。

電池のボルト数と電球のボルト数の関係を
教えて下さい。

Aベストアンサー

単1電池1個は1.5Vですよね。(1個1.2Vと考えても良いよ)
で、2列ですが、全部直列で繋がっています。
4×1.2Vで4.8V対応を使用してください。

2.5Vは2個用
3.8Vは3個用です。

0.5Aは電流で、0.7とかにすると明るく光らせることが出来ますが、その分消費量も大きいので、電池の消耗も早いです。

Q豆電球どれを買えば良いですか?

質問させてください。
使用する電源は1.5V単三電池2本です。
豆電球は2本使用し、並列で繋ごうと思います。
購入する豆電球は E-10 2.5V-0.5Aで良いのでしょうか?
この場合、抵抗は入れ無くとも良いのですよね?
また、単三電池を1本にする場合は E-10 1.5V-0.3A
で良いのでしょうか?
この場合抵抗は使用せず、配線して良いのですよね?

よろしくお願いします。
 __ __
|  |  |
V  電  電 
|__|__|

Aベストアンサー

#2、#3です。
A#3の補足質問について
>私のやり方だと、
>電源は単三2本直列に対し、電球は2個並列になっているので、
>これを
>電源は単三2本直列はそのままで、
>電球はE-10 2.5V-0.5Aを並列ではなくE-10 1.5V-0.3Aを直列に2個接続したほうが、
>電池と豆電球の寿命は同じで、豆電球の正規の本来の寿命まで使える
>と言うことでしょうか?

そうです。
1.5Vの豆電球に電池で3Vの電圧はかけないほうが良いでしょうね。
電池も豆電球も直列接続であれば、電源が3V、豆電球の定格電圧の和が4V で電源の方が低いので本来の寿命まで使えるでしょう。

なお豆電球のフィラメントの抵抗は温度か低いときは数Ωですが、明るく光っている時は2000℃以上になって抵抗が急増します。そこで電流が減少して明るさが減少して適当な明るさの所で平衡が取れて一定の電流、明るさに落ち着きます。
それが点灯時の豆電球の定格です。
E-10 2.5V-0.5A … 2.5V/0.5A=5Ω
E-10 1.5V-0.3A … 1.5V/0.3A=5Ω
で同じですね。

#2、#3です。
A#3の補足質問について
>私のやり方だと、
>電源は単三2本直列に対し、電球は2個並列になっているので、
>これを
>電源は単三2本直列はそのままで、
>電球はE-10 2.5V-0.5Aを並列ではなくE-10 1.5V-0.3Aを直列に2個接続したほうが、
>電池と豆電球の寿命は同じで、豆電球の正規の本来の寿命まで使える
>と言うことでしょうか?

そうです。
1.5Vの豆電球に電池で3Vの電圧はかけないほうが良いでしょうね。
電池も豆電球も直列接続であれば、電源が3V、豆電球の定格電圧の...続きを読む


人気Q&Aランキング