今日最終回が終わりました。
最後まで見ていても全然最後の終わり方の意味が分かりませんでした。
あれはどういう意味なのでしょうか?詳しく分かる方、どうぞ教えて下さい。

A 回答 (5件)

結局、飛ばした手紙がワープする前日の窪塚の元へ行き、二人の運命だけが少し変わるという結末でした。


もちろん滅びる運命の世界や、翌日の学校にいた人の運命は変わりません。
ラストで校門の外が緑に変わったのは、無理やりハッピーエンドにしたかったのでしょう。
    • good
    • 1

私もkyonnさんやkutiiさんのように考えました。


しかし思い出してみると、草原は広がりましたが人工的な建物は見えませんでした。
時間移動前は学校の周りには一般的な町並みが有ったわけですが、いくら自然を大切にしようと努めたとしても、それまで暮らしてた町を無くしてしまう事は不自然です。
それに、送った手紙も途中で燃え、断片的にしか残ってないので、未来からのメッセージが届いたとは考えにくいです。
つまり、手紙の切れ端をきっかけにミサトとアサミの恋は時間移動前に進展してくのだが、やっぱり時間移動は起こってしまって(笑)、頑張って緑を増やしたのでは。
というのが私の考えです。

詰まるところ、あえてアバウトなエンディングにして、その後は視聴者の想像に任せる、というのが製作側の意図と思われるので、自分の好きなように想いめぐらすのが良いのでは(これでは回答にならないのかな(笑))。

そう言えば原作も違った感じではありますが、エンディングはあきらかになりませんでしたね。
    • good
    • 0

手紙の切れっぱしが届いた過去は、学校が消えた過去とは違う世界なんじゃないかなって思ってます。

手紙を発送(?)する時、そんな感じのことも言ってましたよね。パラレルワールドというやつ。あそこではごく普通のトレンディドラマが始まって、そのまま続いていくんじゃないかな~。学校が消えるなんていう異常なことは起こらない、みんなが望んだ、「普通の」世界。
ラストで校門の外が緑に変わったのは、学校が消えた過去の世界がそのあといい方に変わったからだと思います。kutiiさんが仰るように、未来の彼らががんばって変えた、と考えるのもアリですよね。

私、gooの掲示板のTVカテゴリで「ロング・ラブレター」の話をしてるんだけど、もーすぐ掲示板なくなっちゃうんですよね~
    • good
    • 0

窪塚くんがベンチに腰掛けていましたよね。

あれは過去のシーン。
そこに未来から、筒に詰めて過去に飛ばした手紙の切れ端が、飛んできます。
それを見て、なんとなく気分が変わり、もう一度電話してみようと思い直し、常盤ちゃんに電話するんです。
すると、会わないはずだった2人が、会うことになります。
(前は、会えなくて、のちに学校で再会しましたよね)
これで過去が変わります。
未来の危機に気付いた過去の人々が、現在の過ちに気付き、直していった結果、未来は緑あふれる世界に変わった。ということなのでは?と思いました。
    • good
    • 0

過去に手紙が届き、繋がらなかった電話がつながって過去が変わり、


未来も変わったってことではないでしょうか???
だから未来から過去へのロングラブレター?じゃないの?
とさっき母に説明していたのですが、(笑)
それとも過去は変わらず、未来で皆が頑張り、校門の外に緑を取り戻したのでしょうか?
あっ、私も質問になってしまった(笑)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漂流教室、終わり方がよくわからなかった

15時~17時に2本いっぺんに再放送していた
「漂流教室」が本日で終了しました。

最後まで見て、結局「漂流した教室」は
想像だったのでしょうか?
今地球を大切にしないと、砂漠化してしまうよという
警告のお話だったのでしょうか?

原作も読んだことがないのですが、いまいち
終わり方に疑問を感じたので、お願いします。

Aベストアンサー

これ、再放送されるたびに同じような質問が出てるような気がします。

この際、原作は忘れてください。少しというかかなり違いますから。

で、ドラマですが、最後、我猛ちゃんが作ったロケットみたいなやつで手紙を過去へ飛ばしますね。
で、それが時空を飛ぶ間に粉々に砕けてしまって、手紙も切れ切れになってしまいます。

そして、第1回では常盤さんと本屋で知り合い、お茶をした後の窪塚くんがもう一度常盤さんに電話する前に携帯をなくしてしまうのですが、最終回では、ちゃんと携帯で常盤さんともう一度話をして、その直後に雪(又は花びら)に混じって空から降ってきた切れ切れの手紙の破片を受けとめます。
タイトルの「ロングラブレター」というのはこの手紙の破片のことを言ってるのかな?とも思わせますね。

つまり、その瞬間に2002年の世界が微妙に変化したという意味だと思います。
で、未来の地球(廃墟)も一瞬、緑に覆われた世界が写されたと思いますが、あれは過去が微妙に変わったので、こうなる可能性があるよ、という示唆だと思います。

ただし、私は今回の再放送は観ていないので、過去の放送の記憶だけで書いています。当時、そのように理解したので記憶違いの回答でしたら、ごめんなさい!!

>今地球を大切にしないと、砂漠化してしまうよという警告のお話だったのでしょうか?

2002年ですから、温暖化や砂漠化などの環境問題がかなり現実味を帯びていた頃ですから、そういう戒め的な要素は確かにあったと思います。

これ、再放送されるたびに同じような質問が出てるような気がします。

この際、原作は忘れてください。少しというかかなり違いますから。

で、ドラマですが、最後、我猛ちゃんが作ったロケットみたいなやつで手紙を過去へ飛ばしますね。
で、それが時空を飛ぶ間に粉々に砕けてしまって、手紙も切れ切れになってしまいます。

そして、第1回では常盤さんと本屋で知り合い、お茶をした後の窪塚くんがもう一度常盤さんに電話する前に携帯をなくしてしまうのですが、最終回では、ちゃんと携帯で常盤さんとも...続きを読む

Qロングラブレター~漂流教室~あの後

フジテレビのドラマ「ロングラブレター~漂流教室~」
の最終回最後の緑になった世界はどういう風になってるのでしょうか?あの人たちはいるのでしょうか?それともいないのでしょうか?電話によって現代が変わり未来に飛ばされる人たちも違うはず。最後の緑の世界はどこの世界だったのでしょうか?ばらばらになった手紙はどこに行ったのでしょうか?

Aベストアンサー

これは あくまで私の推測ですいません。 手紙は未来にいってしまう前日にばらばらになって降って来たというのはわかるのですが、私は第一話の最初の45分を見ていなかったのでよくわかりません。本当は暁生と結花が前日の夜に会っていなかったけど会えたということでしょう。それで未来に結局いってしまったのかはすいませんけどわかりません。でも2つの未来ができてしまったのではないかと私は思います。原作とちょっと違うので考えさせられますけど。手紙が現在に届いたとしても学校は未来に行ってしまった。でもその時暁生と結花はあの場所にいたのだろうか?と考えると私も質問したくなってしまいました。回答にならないですいません。


人気Q&Aランキング