テンションコードの多用されたアカペラ曲を耳コピーしたいと
思っているのですがテンションコードは耳の良さと
ある程度の知識がないと耳コピーするのは難しいと聞きました。
テンションの勉強をする上で参考になるサイトや本を
是非教えてください。

ちなみに、私自身普段耳コピーをするときは
「部分的絶対音感」(鍵盤の白鍵ならわかる程度)で
聞きとってそれでできない部分は相対音感で補って
聞き取っているように思います。
それと、m,M,7th,aug,dimなどの基本的和音やコード進行なら勉強したことがあります。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

こんばんは。

私もテンションの聞き取りは苦手でした(です,かな?)。
さて,テンションの参考書ということですが,テンションを始めとするポピュラー音楽の和声理論に関する図書はたくさんありますので,その中から選ぶとすると,どうしても自分の好みが入ってしまいますが,ご了承ください。
コードの基礎知識はお持ちということですので,テンションを中心に述べた本として,
篠田元一著「実践コード・ワーク 理論編」(リットーミュージック,1991年,2060円,163ページ)を挙げておきましょう。
(本書はその後,「新・実践コードワーク」全3巻として再編されています。私は未見ですが,前作がかなりハイピッチの説明だったのに対し,比較的丁寧で実例も豊富になっているのではないかと想像されます。)
念のため,同社の音楽理論書のページのURLを下に書いておきます。

また,もう少し範囲を拡げて基礎の復習からということであれば,
秋谷(あきや)えりこ著「10日間でわかる ポピュラー音楽に役立つ知識」(シンコーミュージック,1999年,1400円,125ページ)があります。
タイトルから推察がつく通り,全体が10の章に分かれており,第6章が「テンションとヴォイシング」です。それほど厚い本ではありませんが,内容はぎっしりと充実しています。

もっとしっかりと勉強するということであれば,あの渡辺貞夫さんの「ジャズ・スタディ」(ATN,1970年,3500円)でしょうか。版形は大きく,厚みもあり,内容的にもかなり難しいですが,70年代にポピュラー音楽の(日本語で読める)理論書といったらほとんどこれ,という感じだったらしいです。
書店にはあまり置いてありません。むしろ楽器店の楽譜コーナーや楽譜専門店でよく見ます。

その他,いろいろと本が出ていますが,どの本を使うにせよ,大事なのは実際に音を鳴らしてみることではないでしょうか。
それも,単独でバラバラとならすのではなく,コードをつなげた「コード進行」のなかで,それぞれのコードの響きを,一つ一つ確かめるように味わうのがいいと思います。

参考URL:http://www.rittor-music.co.jp/category/book_riro …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な本を紹介していただいて参考になりました。
まずは基本的な知識を身につけて音楽を
楽しめるようがんばってみます。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/27 21:00

コードのテンションノートはスケールに基づいているはずです。

たとえばKey in Cでのドミナント、G7ではミクソリディアン、オルタード7th、ハーモニックマイナーP5ダウン、ホールトーン、コンビネーション・オブ・デミニッシュ、などのスケールが想定できます。ですので主旋律からこれらのスケールを識別し、その構成音からテンションノートを予想することができると思います。ミクソリディアンならば9th音はA音ですが、オルタード7th等を想定すると♭9th=A♭音となったりします。
何度も耳コピーしていればここいらへんのテンションはイメージ、あるいは予測できるようになります。ある程度のジャズ理論も知っていれば解決への早道になるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

テンションコードをしっかり理解するには
やはりスケールを把握しておくことが大事なんですね。
慣れと理論を身につけることをまずは
がんばっていきたいと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/27 21:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあなたが思うテンションが上がる曲を教えてください

最近テンションが上がるって曲を探してます。たくさん回答がほしいのでお願いします。
あなたが思うテンションが上がる曲を教えてください。

Aベストアンサー

再度No.7です。
しつこくすみません。<(_ _)>これで終わりにします。

m.o.v.e(ムーヴ)の「SUPER SONIC DANCE」を
お聴き頂けたようで、何よりです☆

それではしつこいですが、
もう1曲m.o.v.e(ムーヴ)を。。。


m.o.v.e(ムーヴ)の「Gamble Rumble」です!
http://www.youtube.com/watch?v=KhTxlm4REQc

有名な曲なので、ご存じかもしれませんが…
テンション上がるので、
下に貼りましたので、是非聴いてみてください☆



↓この動画も、avexnetworkがYoutubeにアップロードした、『avex Channel』という、
Youtube公式チャンネルのものです。したがって著作権上の問題はありません。

http://www.youtube.com/watch?v=KhTxlm4REQc

Qギターのコードを耳コピーできる方。

ギターのコードを耳コピーできる方。
こちらの曲ですがヴォーカルギターの人の歌入りのコードは何のコードで弾いてますか?
楽譜だと、G→Gmaj7→dm7→Cmaj7→Cm7→Bm7→E7b9→Am7→Am7(onD)
→D7→Gmaj7になってますが、どーみても
そのようには弾いてないように見えます。
ズバリ、なんでしょうか?

http://www.youtube.com/watch?v=8_L6DchWEEY

Aベストアンサー

お尋ねの曲、楽譜ではキーがG(ト長調)ですが映像ではキーがE(ホ長調)になっていますね。
(つまり楽譜よりも一音半下がっているわけです。)
ですのでこういう流れになります。

E→Emaj7→E7→Amaj7→Am7→Gm#7→C#7b9→F#m7→F#m7(onB)→B7→Emaj7

質問者様の示されたコード進行をそのまんま移調しました。
(3つ目の「dm7」は「G7」ですよね?)
若干ニュアンスの違う部分があるような気がしますが大体こんな感じだと思います。

Qテンションがあがる曲

 洋楽・邦楽とわずに、テンションがあがる曲を探しています。
 
 例えば、「恋のマイヤヒ」とか「踊るポンポコリン」など、ジャンル問わず誰でも知っている曲を教えていただきたいです。その曲を知らなくてもテンションがあがればそれでいいです。
 お一人様何曲でもかまいませんので教えて下さい!よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

こんばんわ 

テンションがあがる といえば真っ先に思いついたのが格闘技 

PRIDEのヴァンダレイ・シウバのテーマ曲である
DJ.DARUDE の「SANDSTORM(サンドストーム)」

もしくは、イノキボンバイエ こちらは説明不要ですよね。 

いかがでしょうか? もしかしたら求めていたジャンルとは違うかもしれませんが

Qm7b5とdim7、dim等の使い分け

 m7b5、dim7(全て短3度の関係の4音構成)、
dim(根音、短三度、減5度のトライアド)、dimMajor7(dimに長7度を追加)、dim9(dim7に長9度を追加)など、
似たような(定義の違いはわかるのですが)コードの使い分がわかりません。

 m7b5は、
ダイアトニック・コードのVIIm7b5だけでなく、
準固有和音であるIIm7b5も、
世に出ている楽曲や、作曲の中で理解しています。

 一方dim7は、(転回形を許容すれば)3つしかパターンがないということで、
適当に当てはめて気持ちよかったら使う、
という程度です。

 dim、dimMajor7、dim9は(難しそうなので)置いておいて、
特にm7b5とdim7の使い分けを知りたいと思っています。
助言等、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学問的な意味でのコードの解釈なのか、実践的に使うときの使い分けなのか疑問点がはっきりしないので的外れな回答になる可能性がありますが。

>ダイアトニック・コードのVIIm7b5だけでなく、
>準固有和音であるIIm7b5も、
>世に出ている楽曲や、作曲の中で理解しています。

>一方dim7は、(転回形を許容すれば)
>3つしかパターンがないということで、
>適当に当てはめて気持ちよかったら使う、
>という程度です。

これで答えは半分出ているように思えます。特に
>世に出ている楽曲や、作曲の中で理解しています。
>適当に当てはめて気持ちよかったら使う
この部分が以外に重要です。

実際にどう使われるか、いくつかの例を挙げます(ハ長調・イ短調の場合)。

長調の場合
1.IIm7b5 - I (Dm7b5 - C)
2.IIdim7 - I (Ddim7 - C)
dim7 はいろいろなコードに割とつながりやすいのですがそれはともかく IIm - I の代用として使う場合この二つは構成音は似ていますが響きはかなり違います(ドとシの違いが大きい)。Dm7b5 は Fm6 と同じ構成で IVm - I (Fm6 - C) の代用と考えられ響きは長調的です。Ddim7 はシの音が効いており E7 (or E7b9) に響きが似ておりここだけ VI (Am) に続きそうなのに I (C) に続くという一種の違和感が演出できます。

3.IV#m7b5 (F#m7b5)
これは Am6onF# の代用表記のようなもので Am からベース音が F# まで下がっていった場合に見られます。
4.IV#dim7 (F#dim7)
ご存知のように Cdim7, Ebdim7, Adim7 と同じ構成音です。これは C にも G にも F にもつながりますがベース音の動きにが自然になるように選びます。

5.I#dim7 (C#dim7)
A7b9 の代用で Dm への橋渡しとして使われます。 IIIdim7 (Edim7) も同様。
6.IIIm7b5 (Em7b5)
もっぱら A7 へと続く(さらにその後 Dm へ)。

7.VIIm7b5 (Bm7b5)
これは C major でも A minor でも後続するのはもっぱら E7。6とキーの中での役割は違いますが2つのコードの関係は同じです。

8.VIIdim7 (Bdim7)
A minor では E7 の代用として使われることがあります。 C major ではあまり使われることはありませんが G7 - C の代用として Bdim7 - C が考えられます。しかし2同様 E7 的なのでここだけ短調っぽく聞こえます。このためベース音を G として Bdim7onG(実際には G7b9 と書く)とすると長調らしさがでて、さらに洗練された響きでもあります。

以上実際に使われた例から書いてみましたが何もこれが決まりというわけではありません。うまくいけば斬新な進行になりえます。
結局既存の曲を聞いたり自分で弾いてみた時にどう感じるかです。

学問的な意味でのコードの解釈なのか、実践的に使うときの使い分けなのか疑問点がはっきりしないので的外れな回答になる可能性がありますが。

>ダイアトニック・コードのVIIm7b5だけでなく、
>準固有和音であるIIm7b5も、
>世に出ている楽曲や、作曲の中で理解しています。

>一方dim7は、(転回形を許容すれば)
>3つしかパターンがないということで、
>適当に当てはめて気持ちよかったら使う、
>という程度です。

これで答えは半分出ているように思えます。特に
>世に出ている楽曲や、作曲の中で...続きを読む

Qテンションの上がるおすすめの1曲!!

洋楽、邦楽問わず聴いていてテンションの上がるおすすめの曲教えてください!!

それと、バラードの中でもおすすめの曲ありましたら、教えてください。

ちなみに私のイチオシはワイルドチェリーのPlay That Funky Music White Boyです。(テンション上がりまくります)

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私のテンションの上がる曲はちょっと古いですがポルノグラフィティのミュージック・アワーです☆夏って感じがして気分が上がりますよ!!
それとレミオロメンのスタンド バイ ミーです♪疾走感があって聞いていて気持ちいいですよ(e^∀^e)

Q急ぎ!ギターのコードの耳コピーができません!!

THEイナズマ戦隊の「五月雨」で
「♪これも青春の傷跡と~」とところで
最初のジャーンという音はEと分かるんですけど
二つ目のジャーンという音が分かりません。。。

たぶん、D♯・E♭だとは思うんですけど
なかなか近い音になりません。。。

http://www.youtube.com/watch?v=hJekf1RSt6o

Aベストアンサー

おお、わかりやすい。
これは定番なので覚えておくといいでしょう。

この曲の歌いだしから、
E、B、C#m(Aでも可)、B、A、G#m、F#m、B
という王道進行です。

コード理論の中で、IとかVという、あくまで、トニックからみた位置関係での表現のときに、15654325いう具合に覚えておくといいです。この進行を若干変化させたもので、それぞれのドミナント云々の関係はほとんど同じということもしばしばです。

この手の理論はおもに作曲の時に使うのですが、こういうパターンを覚えておくと、ミミコピの時に読みが働いて、より早くに解明できるようになります。

Q邦楽でアップテンポでテンションのあがる曲、前向きな歌詞な曲、メッセージ

邦楽でアップテンポでテンションのあがる曲、前向きな歌詞な曲、メッセージ性の有る曲でお勧めの良いアーティストや曲ってありますか?新旧は問いません!お願いします。

Aベストアンサー

HOME MADE 家族「少年ハート」

齢をとると余計にネ...

Qコードをコピーするには(耳コピ)

最近ギターで市販の楽譜を引くだけでは物足りなくなり
そろそろ自分でギター用にアレンジをしてみようと思い耳コピを始めました。
しかし、メロディーはコピーできるのですが
コードはどのようにすればコピーすることができるのか分かりません。
耳コピでコードを取っていく人たちはどのような部分を気にしながら聞いているのでしょうか。

Aベストアンサー

五線譜の読み書きはできますか?
ダイアトニックスケールコードは分かりますか?
調性判断はできますか?
いろいろな曲のコード進行を体系的に分析して、自分で作ったメロディーにコードを乗せることはできますか?
これらの意味が分からなかったら、まだまだ無理と言うことですし、分かるのならひとつひとつ課題をクリアしていきましょう。

まず、あるメロディーに何故そのコードが使えるか、というところから分析し、使えるコード、使いにくいコード、できるだけ使わないコードのパターンを耳で覚えてしまいます。
そして、ベース音を頼りにルート音を聞き取り、トップノートを頼りに音型を推測していきます。
メロディーの流れを考えながら、動きの良い滑らかなコード進行を読み取っていきます。最初はJ-POPのような簡単な曲から始めると良いでしょう。慣れて来るにつれて、テンションコードや2階建てコード、分数コードなども採れるようになってきます。
とにかく、耳を鍛えるとともに、既存のコード進行のパターンを読み取る練習は欠かせません。
あるメロディーの上に、C-Am-Dm7-G7sus4-G7-Em-Am-F-Dm7/G-Cといったコードが出てきた時に、それらのコードの役割、ポジション、つながり方というのが、どのようなルールないしは習慣によってもたらされているかを理解しましょう。参考サイトをお示ししておきます。↓↓↓

http://www2s.biglobe.ne.jp/~hongo/

五線譜の読み書きはできますか?
ダイアトニックスケールコードは分かりますか?
調性判断はできますか?
いろいろな曲のコード進行を体系的に分析して、自分で作ったメロディーにコードを乗せることはできますか?
これらの意味が分からなかったら、まだまだ無理と言うことですし、分かるのならひとつひとつ課題をクリアしていきましょう。

まず、あるメロディーに何故そのコードが使えるか、というところから分析し、使えるコード、使いにくいコード、できるだけ使わないコードのパターンを耳で覚えてし...続きを読む

Q聴いたり、歌ったりするとテンションが上がるポルノグラフィティの曲を教え

聴いたり、歌ったりするとテンションが上がるポルノグラフィティの曲を教えてください。
メジャーな曲でも、マイナーな曲でも結構です。
個人的な意見でもかまいませんので、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人的には「ヒトリノ夜」ですね。

他にもミュージック・アワー、サウダージ、アゲハ蝶、メリッサなど
多数挙げられます。

テンションが上がると感じるのは個人差もあると考えられますので
自分で聞いて気に入った曲が一番いいのでは?

Q(音楽理論?)ディミニッシュ(dim)コードについて

(音楽理論?)ディミニッシュ(dim)コードについて


このコードはどういうとろこに使われることが多いのでしょうか?
またそのときにどういったスケールを用いると面白くなりますか?
例としてコード進行をあげて説明をお願いします

もちろん音楽にこれといった決まりはありませんが
●●風というものには共通点があると思います
そういった意味で特徴的な使い方を教えていただけると嬉しいです

よろしくお願いします

Aベストアンサー

dim は厳密には3和音ですがポピュラーでは短3度で4つ重ねた4和音(dim7)をさすことが多くありますので、それを含めていくつかの例を挙げます。キーをハ長調またはイ短調としておきます。

1 C - Cdim7 - C
2 C - Cdim7 - G7
3 C - E♭dim7 - Dm7 - G7
(Cdim7とE♭dim7はルートの違いで構成音は同じc-e♭-g♭-a)

I, V, II など次に来るコードが何通りかある例として挙げました。ここにソロを乗せるときは特徴的な e♭ と g♭ を生かすように音を選べばよく、何スケールというよりCスケールにこれらの音を臨時に加えたという感じで。

4 C - C#dim7 - Dm
4' C - Edim7 - Dm
5 C - Bdim7 - Am

これは A7(♭9) や E7(♭9) の代理として一時的な転調を誘うため。ベースを A や E にするとこれらのコードと実質同じになります。スケール的には次に来るコードをIとするキーのハーモニックマイナー(具体的にはDmやAmのハーモニックマイナー)を使い第6音と第7音の増音程(b♭-c#, f-g#)を生かすと感じが出ます。

6 Cdim7 - C#dim7 - Ddim7 - D#dim7 - Edim7 - E♭dim7 - Ddim7 - D♭dim7 - Cdim7

これは効果音的な使い方。コードの響きだけでソロを当てないか、半音音階で無調のソロを当てるといいでしょう。

dim は厳密には3和音ですがポピュラーでは短3度で4つ重ねた4和音(dim7)をさすことが多くありますので、それを含めていくつかの例を挙げます。キーをハ長調またはイ短調としておきます。

1 C - Cdim7 - C
2 C - Cdim7 - G7
3 C - E♭dim7 - Dm7 - G7
(Cdim7とE♭dim7はルートの違いで構成音は同じc-e♭-g♭-a)

I, V, II など次に来るコードが何通りかある例として挙げました。ここにソロを乗せるときは特徴的な e♭ と g♭ を生かすように音を選べばよく、何スケールというよりCスケールにこれらの音を臨...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報