【お知らせ】カテゴリの見直しについて

最近ギターを始めた初心者です。
AmonGとかBonF♯とか書いてあるんですけど全く意味がわかりません。
ギター教本のコード一覧表にも載っていません。
あと、さらに分からないのがありまして、B-5onFって……?B-5って何なんでしょうか?これもコード一覧表に載っていません。
頭が痛くなりそうですorz。
ギターに詳しい方いましたら、教えて下さい。
宜しくお願いします。m(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>AmonGとかBonF♯とか書いてあるんですけど全く意味がわかりません。


ギター教本のコード一覧表にも載っていません。

初心者の場合は、「on」の後ろは無視しても大丈夫です。
すなわち、「Am on G」は「Am」でOK、「B on F#」は「B」コードでよいということです。
ギター教本のコード表は、スペースの関係で、代表的なコードしか載っていません。
すべてのコードを収録するとそれだけで1冊の本になります。
「on」というのは、英語で「上に」と言う意味です。
onの後ろの英文字が最低音を表します。アコギで指弾きの場合は、「親指で弾く音」を指定しているということで、人差し指・中指・薬指で弾くのは「Amコード」ということになります。
「Am on G」というのは、「G音の上に乗ったAmコード」という意味になりますが、具体的には第1弦から0-1-2-2-0-3という押さえ方になります。高音側の弦で「Amコード」を鳴らし、最低音として6弦の3フレット(G音)を小指で押さえると言うことになります。これが「Am on G」というコードの押さえ方です。
「B on F#」は、「F#音の上に乗ったBコード」という意味なので、第1弦から2-4-4-4-2-2という押さえ方です。
第2フレットセーハのバレーコードです。「B」コードの場合は、第6弦がX(弾かない)になっているコード表が多いですが、第6弦の第2フレットを押さえると「F#」音が出るので、これで「B on F#」コードになります。「F#音」の上に乗った「Bコード」という意味ですね。
以上の通り、「on」という文字があれば、「オンコード」と呼ばれ、onの後ろの文字が最低音ということですから、onの文字の前のコードとの組み合わせは無限といって良いほどあるので、これらのすべてをコード表に収録することは不可能で、奏者がその都度押さえかたを考えなければなりません。
また、バンドにベース奏者が居る場合は、ベースマンがonの後ろの音を弾いてくれるので、ギター奏者はonの後ろの音を鳴らしてはいけません。それでバンドサウンドとしては「Am on G」がキレイに響きます。
「Am on G」は「Am/G」と記されることもあり、見た通り「分数コード」あるいは「スラッシュコード」とも呼ばれますが、すべて同じ意味です。

>あと、さらに分からないのがありまして、B-5onFって……?B-5って何なんでしょうか?これもコード一覧表に載っていません。

「B-5」は「ビー・フラットファイブ」あるいは「ビー・フラッテッドフィフス」と読みます。
「B-5onF」の押さえ方は、第1弦から1-4-4-3になりますが、「B-5」というコードは、あまり使われません。「Bm-5」「Bm7-5」「B7-5」「b+5」あたりは比較的よく使うのですが・・
「-5」というのは、「5番目の音を半音下げる」ということです。
コードというのは、大文字で書かれた音「ルート音」から音階上の奇数番目の音を積んでいくという約束になっていて、普通の「B」コードの構成音は、ルート(1番目)「B」、3番目「D##」、5番目「F#」ですが、この5番目の「F#」音を半音下げて「F」にすると、「B-5」コードになる理屈です。なお、「B-5」コードを「B」コードで代用することはできません。

>頭が痛くなりそうですorz。
本当ですね(笑)。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

指の押さえ方まで教えて下さって本当にありがとうございます。
かなり参考になりました、しかし難しいですねorz
勉強します。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/14 23:21

オンコードとか分数コードなどといい、ベース音を指定します。


on は紛らわしいので Am/G、B/F♯、と書くこともあります。

◆Am/G →コード Am の構成音【A・C・E】にベース音【G】を指定。通常はルート音の【A】。

◆B/F♯ →コード B の構成音【B・D♯・F♯】にベース音【F♯】を指定。通常はルート音の【B】。こちらのように構成音で指定することが多いです。
--------------------------------
*-5 (フラット・ファイブ)…
長三和音(メジャー トライアド)の完全5度を半音下げ、減5度とした和音。(1・3・♭5) 
調合のフラット(E♭、B♭、…)と混同するのでマイナスの記号を使います。
◆B-5 (Bフラット・ファイブ) → 構成音【B・D♯・F】
http://www.piano-c.com/pianoChord_B-5.html
*他の調でも確認しておきましょう。
◆B-5/F (Bフラット・ファイブ・オンF) → 構成音【B・D♯・F】+ ベース【F】
--------------------------------
[添付音源] 有名な「カノン」進行
1ループ目はコードのルート音をベースにしたもの、2ループ目は一段階ずつベース音を下げるパターン(クリシェという)。後の方が滑らかな進行に聞こえるはずです。
C-G-Am-Em-F-C-Dm7-G7
C-G/B-Am-Em/G-F-C/E-Dm7-G7
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。
しかし今の私の知識では難し過ぎる内容ですorz
とりあえず勉強します。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/14 23:17

>AmonGとかBonF♯とか書いてあるんですけど全く意味がわかりません。


>ギター教本のコード一覧表にも載っていません。

基本的には、全体的な曲の流れがあります。

その上で、AmonGはベースパートが基本となる『G』をベースに演奏するときに、ギターは『Am』のラインを演奏するというものです。
BonF♯はベースがF#でギターがBのラインとなります。

コードではないですから一覧には載っていないのは当たり前です。

目的は、転調効果を狙ったものだと思いましたが。


>あと、さらに分からないのがありまして、B-5onFって……?B-5って何なんでしょうか?これもコード一覧表に載っていません。

こちらは、コード表には載っていると思います。

先ずは、コード⇒音の構成を勉強しましょう。

R - II - III - IV - V ー VI - VII ー R'

B - C - D - E - F - G - A - B

Bをルートとすれば、上記の様な配列になります。

B-5は、B(ルート)に対してVの音、すなわちFを半音階下げた音を表します。ただ、基本的には、7thの場合に使用されますので、B7(♭5)、Bm7(♭5)という表記になると思います。

ついでに・・・・(上記を参照しますので、R=Bで説明します。)

III度(D)⇒が変化する時、メジャー、マイナーになります。

VII度(A)⇒が変化する時が、7thです。

VI度(G)が、加わると6になります。


その他・・・・(使用頻度はそれほど多くないと思います。)

7thのコードで・・・・

II度(C)が、加わると9th。

VI度(G)が、加わると13th。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。
まずは音楽の基礎を勉強しないとダメそうなので、それから練習します。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/14 23:15

詳しくは無いですが



分数コードで検索して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分数コードというのですね、とりあえずググってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/14 23:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qon? コードネームについて

いつもお世話になっております。
コードネームつきの歌唱曲の楽譜について、メロディーだけでなく、伴奏を知りたいと子供に言われたので、ドレミ楽譜出版社の初心者のためのピアノ・コード早わかりという本を参考に、コード表記をを和音に置き換える作業をしています。

sus4 とか aug などは載っていますが、「E♭M7onG」とか「A♭onG」、「B♭7onE♭」とかの「on」に該当する一覧がなくて困っています。
たくさん出てくるので恐らく常識的な表記なんだろうと思いますが意味がわかりません。
どのように扱えばよいのでしょうか?

理論についてはせめて基礎だけでもとコードワーク理論の本で独学で勉強しているのですが、実際の楽譜を前にするとちんぷんかんぷんになってしまいます。まだまだ勉強不足です。
コードから即座に割り当てられる和音を見つけられるより良いお勧めの資料や書籍なども教えて頂けると有難いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうですね。通称「オンコード」ですね。
ConDのことを「C/D」と書く人もいまして、見た目が数学の分数みたいなんで「分数コード」という呼び方もあります。
まー、どっちみち、ニックネームみたいなもので、音楽理論の言葉ではないような気がします。


ご存知と思いますが、定義は簡単なことで、「ConD」は、ピアノだったら、右手がCで左手がD。
ギターを一人で弾く場合、オンコードのフレットの押さえ方は存在するのですが、バンドの場合は、ギターやキーボードがCでベースギターがDでよいです。



私、専門家じゃないですけど、ある程度説明できますよ。
分類も可能です。

まず、話を整理して索引的にするために、全部のオンコードを平行移動して、高さを揃えちゃいます。
すなわち、ピアノの右手をC(ドミソ)に固定しちゃって、左手(指1本)だけを色々変えます。=メジャーコードの場合
マイナーコードの場合は、全部、「Aonなんちゃら」に揃えます。

例えば、ご質問にあるコードは
「E♭M7onG」→C△7onE→(簡単のためにConE)
※「△7」はメジャーセブンです。
「A♭onG」→ConD♭
「B♭7onE♭」→C7onF→(簡単のためにConF)


では、始めます。


<Cメジャーシリーズ>右手は全部ドミソ!

ConC = (Cと同じ)

ConD♭ = まず使われません。汚い音がするので。

ConD = Dm7の延長と考えられるコード。クラシックは勿論のこと、ポピュラー音楽でも極めて頻繁に用いられるコードで、代表的な使用例は、ヘ長調の曲で、コード進行C→Fの代わりにB♭onC→Fとする手法。

ConE♭ = まず使われません

ConE = Cとほぼ同じであるが、Cより少し不安定に聞こえ、直後に続くコード進行への入口として“ワクワク感”を与える。ELT(Every Little Thing)の曲の中で、サビの部分の最初のコードとして使われることが多い、というイメージがあります。
例えば、ト長調の曲だとすれば、サビの最初がGonB

ConF = F△7(+9)とほぼ同じで、そこからラの音を省略したもの。典型的な例としては、曲のエンディングの最後の和音。例えばヘ長調の曲で、最後の最後のコードにConFが使われる。

ConF# = まず使われません。

ConG = 基本的なコードの一つで、最も基本的な使い方は、Vの和音→Iの和音という基本コード進行の直前に挿入するコードとしてである。例えば、子供が弾くようなピアノ練習曲でも、ハ長調の場合、ConG→G→Cという進行は結構ある。

ConA♭ = まず使われません。

ConA = (Am7と同じ)

ConB♭ = C7の変形。このコード単独で使われることは、ほとんどないが、よく用いられる手法は(ロック系が多いと思われる)ハ長調の曲の出だしで C→ConB♭→Am7 というふうに、2つのコードの中に挿入することによって、ギターの和音(ピアノの右手)は固定されたままベース(左手)だけが階段状に音程を下げていく、ということが起こる。これによって、洒落た印象を与えることができる。

ConB = C△7の変形で、これも単独では(ConB♭と同様)あまり用いられず、C→ConB→ConB♭→Am7・・・ という流れの中で使われる。



<Aマイナーシリーズ>右手は全部ラドミ!

AmonA = (Amと同じ)

AmonB♭ = B♭△7(+9)の変形コードの1つ。ピアノで実際に鳴らしてみると、「なんだこの汚い和音」と驚く場合が多いが、実はたまに使われることがあり、例えば、Amの曲なのに、最後のコードをAmで締めないでAmonB♭やB♭△7(+9)で締めることがある。相当かっこいい曲でなければ似合わないコード。

AmonB = まず使われません

AmonC = メジャーで説明したConEと同じようなことであるが、子供のピアノ練習曲によく登場する。

AmonD♭ = まず使われません。

AmonD = Dm7(+9)とほぼ同じで、ファの音だけ省略したもの。

AmonE = メジャーで説明したConGと同様の使われ方をする。例えば、AmonE→E→Am という進行。

AmonF = (F△7と同じ)

AmonF# = 「F#m7(-5)」という特殊コードと同じ。「-5」という記号は、5の音(#ド)を半音下げる(#のつかないドにする)という意味。特殊コードと述べたが、使われることが少ないということではなく、クラシックでもポピュラーでも時々見かける。

AmonG = Am7の変形ともいえるが、よく使われる手法は、Am→AmonG→Fm7 というふうに右手をラドミに固定して、左手だけラ→ソ→ファと下がっていくもの。

AmonA♭ = これも実際鳴らしてみると「なんじゃこりゃ?」と言いそうなコードであるが、サスペンス系、脅かし系のコードの一種。個人的にはA♭△7の親戚に当たるコードではないかと思っているが、不明。


おしまい
ーーーーーーーーーーーーーーー


なお、上記のように、オンコードについて、整理した記述をしている書籍やインターネットサイトは見たことないんですが、代わりに下記の書籍を紹介いたします。
とかくコードの説明だの音楽理論だの、読んでて疲れる文献は数限りなくありますが、下記は楽しみながら、すいすい読める本です。
CD付きの本です。

http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/riron_data/05317314.htm
(「明和電機」っていう、作業服着て変な自作楽器ならすユニット知ってます? 著者は、明和電機の「非常勤社員(通称、経理のヲノさん)」らしいです。クラシック出身なのに面白い人です。)

そうですね。通称「オンコード」ですね。
ConDのことを「C/D」と書く人もいまして、見た目が数学の分数みたいなんで「分数コード」という呼び方もあります。
まー、どっちみち、ニックネームみたいなもので、音楽理論の言葉ではないような気がします。


ご存知と思いますが、定義は簡単なことで、「ConD」は、ピアノだったら、右手がCで左手がD。
ギターを一人で弾く場合、オンコードのフレットの押さえ方は存在するのですが、バンドの場合は、ギターやキーボードがCでベースギターがDでよ...続きを読む

Qウクレレでコードを押さえるときのコツを教えて下さい

ウクレレの練習中なのですが、コードを押さえる時
指を立てなければならないのはわかっているのですが、
難しいコードを押さえる時は、ついつい指を寝せてしまいます。

そうすると、次のコードを押さえづらくなり、泥沼です。

なお、左手の爪は切り、弦を押さえやすいようにしているつもりです。

うまく左手の指を立てて、スムーズに演奏できるコツがありましたら
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

>うまく左手の指を立てて、スムーズに演奏できるコツがありましたら
アドバイスをお願いします。

まず基本姿勢ですが、ウクレレは意外にも自分の体に対して、平行ではなく45度ほどヘッドを前に出します。小脇に抱えるような感じになります。そうすると自分の顔の前に左手が来ます。それが正解です。
それから、もうひとつ大切なことは、左手の人差し指の付け根のところにウクレレのネックが乗ります。
これを間違えて、体に対して平行にしたり、手のひらとネックを平行にするとコードがまともに押さえられません。
Photo
このように、体に対して45度に構えます。青い線を見て下さい。左の腕とネックと体のラインが三角形になるのが正解です。写真は、体を真正面に向けた状態で撮影しています。
赤い丸の部分を常にネックに付け(受ける)て演奏します。写真はG7ですが、Cの場合も同じ場所でネックを受けます。従って左指の各節は、フレットに対して45度くらい斜めに入ってきます。フレットに平行に指の節が来ているのは間違いで、斜めが正解です。
手のひらをネックに対して平行にしたり空間があると、コードチェンジのたびにネックが手の中に落ちてきて演奏できません。

>うまく左手の指を立てて、スムーズに演奏できるコツがありましたら
アドバイスをお願いします。

まず基本姿勢ですが、ウクレレは意外にも自分の体に対して、平行ではなく45度ほどヘッドを前に出します。小脇に抱えるような感じになります。そうすると自分の顔の前に左手が来ます。それが正解です。
それから、もうひとつ大切なことは、左手の人差し指の付け根のところにウクレレのネックが乗ります。
これを間違えて、体に対して平行にしたり、手のひらとネックを平行にするとコードがまともに押さえられま...続きを読む

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む


人気Q&Aランキング