フランシス・フォード・コッポラが監督した映画である、原題『Apocalypse Now』に、『地獄の黙示録』という邦題をつけたのは誰なのでしょうか?
字幕を担当した方でしょうか?

由来は、原作となっている『闇の奥』の中の「地獄」から来ているかと思われますが、(この「地獄」でさえ「The horror!」の訳語として適切かどうか疑問が残ります…。)、『Apocalypse Now』という映画の内容を表すには不適切だと思われます。何か意図のようなものでもあったのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

映画の邦題を決めるのはその映画を配給した配給会社です。


なぜ地獄にしたのかは中野好夫氏が翻訳した原作小説の最後の「the horror,the hprror」が「地獄だ、地獄だ」と訳されていることや、戦争=地獄、というイメージが配給会社の人たちにあったんじゃないかと思います。

一般的にはコンラッドの「闇の奥」が原作とされているようですが、映画全体はマイケルハーの「ディスパッチズ・ヴェトナム特電」から来ているところが多いようです。全体のモノローグや戦闘シーンや登場人物なども、ハーのものを相当に参照にしているそうです。
これを配給会社の人たちが読んだかどうかはわかりませんが、ヴェトナム戦争の実態がかなり生々しく書いているので、こんなところからも戦争=地獄のイメージが思い浮かぶのかもしれません。

ついでですが、ラストのセリフは初公開版では「地獄だ、地獄だ」でしたが評判が悪かったようで、長尺版では「地獄の恐怖だ」と改められていました。
英語と欧米の文化に詳しい人だと「the hprror=背筋が凍るような質の恐怖」ということで、地獄よりもどこか抽象的な”恐怖”というニュアンスでの字幕にしたほうがよかったと感じている人は多いようです。

この映画よりも先に公開されたヴェトナムもの「ディアハンター」(当時メジャーのひとつだったユナイト映画配給)がそのまのタイトルだったので、配給した会社(ヘラルド映画:純粋に日本の資本の配給会社です)がもっと過激なタイトルにしたかったんだと思います。
正式なタイトル決定前は映画雑誌の製作中の映画情報には「戦争の黙示録」だったか「現代の黙示録」だったか、そんな邦題で紹介されていたと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
初公開版で「地獄だ、地獄だ」としたことが問題になったのは、評判が悪かったというオブラートに包んだ言い方ではなく、誤訳だったから、長尺版では改められたのです。
はっきり言えば、この映画の字幕翻訳のレベルは相当に低く、コンラッド、エリオット、フレイザーなどを熟読している者にとっては、戸田氏の字幕翻訳は決して受け入れることができないのです。もっと適切な人物がこの映画の字幕翻訳に関わっていれば、タイトルに「地獄」をつけることにも、必至に抵抗してくれたのではないか、そう思うのです。
しかしながら、この映画の字幕翻訳に、コッポラ自身が戸田氏を指名したという話が事実であるならば、まさに自業自得であり、本当に悲劇の映画の何者でもないのだなと痛切に感じます。

お礼日時:2006/11/15 01:58

ベトナム戦争と言うと、やはり地獄と付けたくなるかもしれませんね。


内容もワーグナー流しながらヘリで爆撃したり、脱走した大佐が、自分の王国を作ってたりと、常軌を逸している人達も沢山出てきますしね・・。
邦題を付けるのはまず日本の配給会社の人達でしょうけど、大抵の言葉は使われているわけで、「地獄」というのは戦争映画のタイトルでは度々使われてきた言葉ですし、正確な邦訳だとお客に何の映画か却って分かり難いという事もあります。 地獄と付けるとインパクトが有ると言うのも有るでしょう。「エグゼクティブ・デシジョン」なんてタイトルそのまま使われてもなんの事やらまるで分からないと言うのが普通の反応でしょう。

余談として、故 淀川長治さんが、まだ若い頃映画の配給会社の社員当時、ジョン・フォードの「駅馬車」原題STAGECOACHを「地獄馬車」と言う邦題にされそうになって、必死に抵抗して、「駅馬車」というタイトルにしたという有名な話もあります。
配給会社の担当の人次第で邦題の運命も変わるものでしょうから、日本語の良さを生かし・・尚且つ内容や原題にも則したタイトルをなるべく付けて欲しいものです。良い邦題もいままでに沢山有るわけですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
まさにその点なのです。おかしな邦題に抵抗してくれる人物がいなかったという点で、『Apocalypse Now』は、制作費、興行成績、編集作業、そして何よりも映画史で「絶対的な支持」を得られなかったという意味で、不幸な運命をたどったと言えるのではないかと思ったのです。

お礼日時:2006/11/15 01:41

ハッキリとした背景は知りませんが、原題『Apocalypse Now』は直訳すると「現代の黙示録」あるいは「今こそ黙示録を」ですよね。

公開当時の邦題といえば、ロマンスには「愛と○○の~」、おセンチなものには「悲しみの~」、暗めのものには「地獄の~」を付けるのが、わりとお決まりになっていたので、自然な成り行きかと思います。

不適切かといえばそれまでですが、だったら不適切な邦題なんて山ほどあるわけでして。ちなみに、邦題を考えるのは字幕翻訳者の仕事ではありません。たいていは、いろいろな人が意見を出し合って、配給会社が決定するようです。

質問者さんなら「Apocalypse Now」やラストの「horror」のセリフを、どう訳すのか興味ありますが。ちょっと考えてしまいますよね。「今こそ黙示録を」なんて題名じゃ、人、来なそうだし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
(字幕)翻訳はあくまで、原文があって成立するものです。
「Now」の意味を訳出しないで、「地獄」とするのは乱暴すぎます。
そのまま『現代の黙示録』あるいは、私なら意訳して、『我々の黙示録』とするでしょう。「Horror」もそのままで「恐怖」とすべきです。少なくとも映画の中で「地獄」という言葉が出てくることはありません。

お礼日時:2006/11/15 01:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの映画の邦題はどうしてこんなんなんだ!?原題と邦題があまりにも違う映画

原題と邦題が全然違ったものになってしまってるってこと、よくありますよね。
最近の映画で例えると「サウンド・オブ・サイレンス」の原題は
「その言葉を言うな」
「ニューヨークの恋人」のそれは「ケイトとレオポルド」ですよね。

このふたつに関しては、どうしてそうしたのか理解できるし違和感はないです。
でも、中には原題と全然違う言葉が邦題になってる映画ってありますよね。
メチャ古くて恐縮ですが、「明日に向かって撃て!」なんて、
内容とは全然違ってる。題名からすると明日への活力を感じるんですが、
主人公の二人は破滅への道を辿ってるだけだもん。

こういった、内容とは全然かけ離れた言葉による邦題になってしまってる映画というと、
皆さんはどんなのを思い出しますか?
尚、お礼に数日かかると思いますのでご承知置き下さいね。

Aベストアンサー

007シリーズの1作目も原題は「Dr.NO」が「007は殺しの番号」
原作本が日本で最初に紹介された時は、なんと「医者はいらない」

Q原題→邦題 誰が決める?

映画の邦題なんですけれど、私には、納得できるものもあれば、「え??」と思ってしまうものもあります。
もうすぐ日本で公開される(もしかしてもう公開中?)の「ゴースト・ハウス」は原題が「the messengers」ですが、映画を見て、この題の違いによって、この映画の意図することが少し違ってきてしまうのでは?と思いました。

原題から邦題というのはどのように決められているのでしょうか?映画製作会社がなにかの権利をもっているのでしょうか?それとも、翻訳家の方が決められるのでしょうか?

ご回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

既に出ているように、配給会社がつけるようです。一時期なんでも「愛と哀しみの」とか「愛と青春の」とか「愛」を頭に付けることがはやりました。最近は、アメリカの興行成績情報が日本にリアルタイムで入ってくるので、オリジナルタイトルのカタカナ読みが増えていますね。

また、アメリカ本社からの指示で決めるもあるようです。日本人の英語力からするとなんだこりゃ?(少なくとも私はそう)、のタイトルもあります。「ホワット・ライズ・ビニース」は本社指示のタイトルだったそうです。

「ランボー」は日本で勝手につけたタイトルですが、アメリカで評判が良くなんとPART2製作の際は、向こうでも使われることになりました。逆輸入ですね。「バタリアン」も本編には全然出てこない名前なのに勝手に語感だけで付けたそうです。むちゃくちゃですが、かえってそれが受けたりするので、水物ですね、ほんと。

英語以外は今でもちょっと趣きがあるものがあったりしますよね。「あるいは裏切りという名の犬」とか感心しちゃいました。

Qカナダの映画邦題「ゾンビーノ」 (原題Fido) について

ご覧になった方に質問します。

主人公ゾンビのファイドさんですが、生前心臓手術をした形跡がある事は、作品中にでてくるのですが“生前、ファイドが誰だったのか”については、はっきり出てきていなかったと思います。ファイドを飼っている夫人が、夜に「夫の事ごめんなさい、覚えてる?」の様な事を言いましたよね。

ファイドさんはこの夫妻の身内だったのでしょうか?

Aベストアンサー

はい。観ましたよ。
ちょっと細かいとこまでは覚えてないのですが・・・

もし身内だとしたらのことを考えてみましょう。
(1)父方の身内では絶対にない
 →もしそうなら彼は「首だけ埋葬」にされてるはず
(2)母方の身内だとすると
 →まぁ、考えられますよね。でも息子に「ファイド」なんて名前を付  けさせるかな?
  ちなみに「ファイド」はよくアメリカの犬に付ける名前だそうで、  日本での「ポチ」みたいな。あなたなら親戚の叔父さんが死んでゾ  ンビになってうちに来たら「ポチ」って呼びますか?(ありえない  話ですが仮定として)
  あともし親戚ならそこをもっと前面に出して回想シーンとか入れる  と思うけど。その設定が物語に活かされてないのが不思議。
  所詮コメディーですので、そこまで裏設定みたいな凝ったことはし  てないような。
  でもお父さんがファイドを知らないってのはどうだろう?結婚式で  見かけたとか、絶対身内ならあると思うが。

以上の理由で身内じゃないと思う。(全て想像ですが)
ゾンビ映画なのにあそこまでPOPな感じに仕上げてる点でなかなかいい意味で裏切られた映画ですね。

はい。観ましたよ。
ちょっと細かいとこまでは覚えてないのですが・・・

もし身内だとしたらのことを考えてみましょう。
(1)父方の身内では絶対にない
 →もしそうなら彼は「首だけ埋葬」にされてるはず
(2)母方の身内だとすると
 →まぁ、考えられますよね。でも息子に「ファイド」なんて名前を付  けさせるかな?
  ちなみに「ファイド」はよくアメリカの犬に付ける名前だそうで、  日本での「ポチ」みたいな。あなたなら親戚の叔父さんが死んでゾ  ンビになってうちに来たら「ポチ」って呼び...続きを読む

Q『地獄の黙示録』でかかった音楽

といえば『ワルキューレの騎行』が有名ですが、
別のシーンでかかった曲なんです。
前線の基地に慰問団のヘリがバニーガールを乗せて訪問しますね。
あそこで彼女たちが踊って、兵士たちが興奮して大騒ぎになるところ。
かかっていた曲がお分かりになるかたはいらっしゃいますか?
一説によるとCCRの『雨を見たかい』だそうですが、あれは反戦歌ですので、あの場でかけられるような曲ではないと思うのですが、わざとコッポラが意図したのでしょうか……?

Aベストアンサー

CCRのスージーQだと思います。

Q原題:「検察側の証人」邦題:「情婦」

この邦題「情婦」は【こんな面白い作品は成る可く沢山の人には見せたくない(?)と考えた映画宣伝部が二日間徹夜で議論の上首脳陣の強力な反対を押し切り公開決定した】という与太話は実は私が考えたものです(笑) 勿論、実情は残念乍ら知りません、もしご存じの方こっそり教えて下さい、なければ、この邦題に纏わるエピソード(女友達に紹介して邦題のお陰で拒否された云々)やほら話・嘘話も教えて下さい。

閑話休題、
映画の邦題、特にサスペンス映画の邦題、は色々難しいですよね。当然、邦題イコール(ネタばれ)では駄目だし、昔ならいざ知らず、今や、ポスター、予告編、テレビ前宣等で嫌という程「邦題」を連呼して、尚かつネタばれを防ぎつつ観客の期待感・不安感・焦燥感をかき立てる「邦題」が本当に練りに練られた「邦題」だと思いますが、昨今はそんな作業以下省略で「原題」をそのまま(カタカナ)ってな「邦題」が多すぎますね。

ここで質問ですが、サスペンス映画に限らず、「原題」と「邦題」がこれ程かけ離れているのに、チャンと映画ファンの心を捉え観賞前に期待を持たせ観賞後に「成る程」と唸らせた秀逸な「邦題」を教えて下さい。 
条件として、
(1)該当の映画がそれなりにヒットした
(2)原題と邦題がこんなにかけ離れている
(3)出来れば回答者の思い入れが有れば歓迎
以上、よろしくお願いします。

この邦題「情婦」は【こんな面白い作品は成る可く沢山の人には見せたくない(?)と考えた映画宣伝部が二日間徹夜で議論の上首脳陣の強力な反対を押し切り公開決定した】という与太話は実は私が考えたものです(笑) 勿論、実情は残念乍ら知りません、もしご存じの方こっそり教えて下さい、なければ、この邦題に纏わるエピソード(女友達に紹介して邦題のお陰で拒否された云々)やほら話・嘘話も教えて下さい。

閑話休題、
映画の邦題、特にサスペンス映画の邦題、は色々難しいですよね。当然、邦題イコール(ネタば...続きを読む

Aベストアンサー

確か「愛と××の○○」やマカロニ・ウェスタンなどはほとんどものが大きく違っていたような…

・俺たちに明日はない=Bonnie and Clyde
   87発の弾丸で暗い快感の初体験
・明日に向かって撃て!=Butch Cassidy and The Sundance Kid
   まぁ雨の中で歌ってみたいとか、現役ギャングのまま死にたいとか、
   少年に夢をみせてくれました
・月の輝く夜に=MOONSTRUCK
   大人の女への踏み絵
・旅情=Summer Time
   当時は、OLの海外ロング・バケーションなんて
   リアリティがないなぁと思っていたけど、今では日常的
・哀愁=Waterloo Bridge
   何がなんでも漢字2文字
・旅愁=September Affair
   この他にも上海を舞台にした悲恋ものの漢字2文字
   シリーズがあったような…
・我輩はカモである=Duck Soup
   レニングラード・カウボーイズの原点
・オーケストラの少女=100 Men and a Girl
   30年前、某ライブハウスに貼ってあったポスターを
   盗んだのはこのσ(^^; 反省してます
・君に読む物語=The Notebook
   「心の旅路」の翻案っぽい
・モンタナの風に抱かれて=The Horse Whisperer
   景色はきれい
・あの子を探して=NOT ONE LESS(一個都不能少)
   素直に面白かったといいます
・めぐりあう時間たち=The Hours
   思いつく限りで最悪の邦題!!

1回エラーになったために#1さんとダブっていることがわかりましたが、せっかく書いたので、このまま出させてくださいませ

確か「愛と××の○○」やマカロニ・ウェスタンなどはほとんどものが大きく違っていたような…

・俺たちに明日はない=Bonnie and Clyde
   87発の弾丸で暗い快感の初体験
・明日に向かって撃て!=Butch Cassidy and The Sundance Kid
   まぁ雨の中で歌ってみたいとか、現役ギャングのまま死にたいとか、
   少年に夢をみせてくれました
・月の輝く夜に=MOONSTRUCK
   大人の女への踏み絵
・旅情=Summer Time
   当時は、OLの海外ロング・バケーションなんて
   リアリティがない...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報