【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

Word 2003です。

Microsoft数式3.0を用いて数式y=√xを作ってそれを5行ばかりの日本語の文の中の上から3行目に「関係はy=√xと表される。」という文の一部となるように置きました。
その後、上から2行目に10文字ばかり挿入すると、その箇所より後の日本語の文字は全て10文字分後ろへ送られるのですが、数式だけは後ろへ送られないで元の場所に取り残されるため、日本語の文字との位置関係が10文字分ずれます。

取り残されないでほかの文字と一緒に後ろへ送られるようにするにはどうしたらよいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 質問の内容とは少し違うんです...。



初めて操作してみました。「オブジェクトの書式設定」→「レイアウト」タブの「テキストの折り返し」が「行内」以外はうまくないようですね。(Word2003)

「ツール」→「オプション」→「編集と日本語の入力」タブの「図を挿入/貼り付ける形式」が「行内」以外の「前面」とか「四角」などになっていませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答有り難うございます。
「行内」でうまくいきました。こんなところに設定があったんですね!
長い間これで苦労していました。
有り難うございました。

お礼日時:2006/12/30 10:55

ご質問の主旨から少しずれるかも分かりませんが、



2列×1行の表を挿入して、各々のセルに数式と文字列を移動した後、表を選択して「罫線なし」を指定すれば、印刷後はご希望のように見えると思います。

なお、表を挿入するとき、数式と文字列を同時に選択しておいて、「罫線」→「変換」→「表を作成する」→列数を「2」に指定すれば、数式と文字列が入った形で、表が作成されますので、お試しください。
但し、数式と文字列が別の段落であることが条件です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有り難うございます。
そうですね。御教示のようになりますね。
でも、質問の内容とは少し違うんです...。

お礼日時:2006/12/29 22:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qword 数式が一部表示されない

word2003で数式3.0を使ってルートや分数を入力したら一部表示されません。
編集時には表示されているのですが、
終わると表示されなくなります。
今まで適当に触ったら表示されてたのですが、
これから仕事で多々使うので非常に困ってます。
どうやったらきちんと表示されるんでしょうか?

Aベストアンサー

数式の下部が表示されない場合、
行間を変える方法と図のトリミングで調整する方法があります。

1.行間を変える方法
[書式]→[段落]→[インデントと行間隔]タブで、
間隔→行間→"1行"と変更してみてください。
おそらく数式全体が表示されるはずです。
また、"1行"ではなく固定値で細かく調整することもできます。

2.図のトリミングで調整する方法
もし行間を崩したくないという話であれば、
数式を右クリックして図(?)の書式設定で、
トリミングで上か下に-1[mm]とか調整すれば、
表示されます。

参考:Wordの行間設定について
http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Word/w-gyokan.htm

Q数式エディタでの行間の間隔の操作

数式エディタでの行間の間隔の操作は、できますか?

Aベストアンサー

Officeのどの数式でしょうか。
Office 2007の数式と数式3.0の2種類があります。
数式エディタを、どのアプリケーションで使用の場合かわかりませんが、
例えば、Wordで使用の場合に、レイアウトが「行内」の場合は、書式メニューの段落で、「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックをなしにすることで、選択している行の行間が狭くなります。

レイアウトが「行内」以外の場合は、数式を任意の場所に配置することができますが、数式自体の中の行間は変更できないようです。
数式エディタの画面で、サイズ→サイズの定義で、個別のフォントサイズを変えるしかなさそうです。
 

QWordからPDFに変換すると、文書が少しずつズレて行ってしまいます。

初心者です。

現在仕事で使う書類作成を頼まれたのですが、いろんな用途で使うらしくPDFに変換して渡してくれ!と頼まれました。

一応文書は完成し、いざPDFに変換してみると、微妙に文書全体がずれてしまいます。wordでは改行による空白などあけていないのに、PDFで確認すると改行分の空白が空いていたりします。

そのため文書全体がだんだんずれて行ってしまい、最後の方には涙なしでは見れない状態になっています。

これは一体何が原因なのでしょうか?関係ないのかもしれませんが、私的に考えられる物は、ヘッダーとフッターを指定し、それらに画像を挿入していることでしょうか?

なるべく早急に提出したいのですが、このままではとてもお見せすることが出来ません。


解決方法をご存知の方は、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 PDFMakerをお使いではないでしょうか?
 Acrobat 7.0 Proは最も良いPDF変換ツールですが,PDFMaker(Word用)経由のPDFは,なぜかずれるんですよね.
 そこで,Adobeプリンター(Wordの印刷ボックスから)でPDFを作成されると解決することがあります.
 それでも解決しない場合,Wordからプリンタに印刷してみて下さい.その際,意図しないように出力(=PDFに変換したものと同じ)されるのなら,Word側に問題があると思われます.

>>これは一体何が原因なのでしょうか?関係ないのかもしれませんが、私的に考えられる物は、ヘッダーとフッターを指定し、それらに画像を挿入していることでしょうか?

 Wordへの画像挿入は「拡張メタ」で挿入して下さい.他のアプリからコピペすると,画面と異なって出力されることがあります.

QMS数式3.0で作成する数式の文字色を変えたい

OFFICE2000のパワーポイントでMicrosoft数式3.0を用いています。
作成した数式は黒字ですが、これを色つきに変えたいのですが、
方法が分かりません。教えてください。また他の画像と同様に、枠線を
つけたりはずしたたり或いは塗りつぶしあり、なしの選択もしたいので
すが、方法がわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

数式エディタで作った数式は、オブジェクトですから
塗つぶしは、図形描画ツールバーの「塗つぶしの色」周囲の線は、「罫線の色」で変更できます。

文字の色等の変更(グループ化を解除して行う。)
挿入した数式をクリック→テキストの折り返しを「行内」以外に設定→右クリック → グループ化解除→文字及び罫線等の色を変更する。


注意
「グループ化解除」を押すと「これはインポートされたオブジェクトで・・・・埋め込まれたデータ又はリンクの情報は失われます。変換しますか?」とでますが「はい」でOK

グループ化が何度かされているので文字、罫線が選択できないときはグループ化を解除してください。
又、記号は罫線の組み合わせでできてますので御注意ください。

QWordの数式エディタの下つき文字について

こんにちは。
数式エディタで下つき文字を挿入したとき,その行の周りだけ行間が異様に空いてしまうのですが,これを通常の幅に戻す方法をご存じないでしょうか。ちなみに,Office2003を使っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初期設定の[数式エディタ]の書式として、[下付き]の位置がやや下側に
あるので、表示されるスタイルが変わりますが行間に合う程度の位置に
変更をしてはいかがでしょうか。

[数式エディタ]を起動して、メニューから[書式]→[スペースの定義]→
[下付き文字の深さ]を[10%]以下にして[OK]します。
下付き文字のフォントサイズも変更をしておくと、もっと狭めますから
[サイズ]→[上付き/下付き文字 (メイン)]でのポイント数を減らすこと
で行間に収まるようになると思います。

ちなみに、行間が広がる対策として段落の書式設定から数式エディタの

ある段落に対してグリッド線に合わせる設定を解除しても良いでしょう
から、以下の設定で対応しても良いですね。

段落にカーソルがある状態で、[書式]のメニューなどから[段落]を選択
して[インデントと行間隔]タブから、間隔の[1ページの行数を指定時に
文字を行グリッド線に合わせる]のチェックをはずします。

数式エディタ側の設定を変更しなくても、数式の高さプラスアルファの
間隔程度におさまることができます。

初期設定の[数式エディタ]の書式として、[下付き]の位置がやや下側に
あるので、表示されるスタイルが変わりますが行間に合う程度の位置に
変更をしてはいかがでしょうか。

[数式エディタ]を起動して、メニューから[書式]→[スペースの定義]→
[下付き文字の深さ]を[10%]以下にして[OK]します。
下付き文字のフォントサイズも変更をしておくと、もっと狭めますから
[サイズ]→[上付き/下付き文字 (メイン)]でのポイント数を減らすこと
で行間に収まるようになると思います。

ちなみに、行間が広がる対策...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

QWord2007の数式エディタで、分数を入力すると小さくなってしまう

Word2007で数式エディタを使用して、行頭で分数を入力すると通常通りの表示(2行程度の高さ)になるのですが、文中で分数を入力すると、その行の高さに合わせて小さく表示されてしまいます。
どこかにその設定があるのかもしれませんが、見つけられません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Word2007の数式では、同じ行に数式以外の文字が存在する場合、強制的に文中数式になってしまいます。そのため、独立数式のまま行内に配置するためには、テキストボックスなどに入れるか、逆に文章を数式中に入力するしかないと思います。

以前の数式は、挿入→オブジェクトから挿入できます。

分数だけならフィールドを用いて、
{eq \f(1,2)}
のようにしてもよいです。

Qword2010の数式エディタについて質問です。

word2010の数式エディタについて質問です。

数式エディタで作った数式の枠の移動をするにはどうしたらよいでしょうか。

キーボードの↑→↓←記号を使って位置の微調整をしたいのですが、できません。

word2010です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レイアウトが「行内」になっているのではないでしょうか。

右クリック―オブジェクトの書式設定―レイアウト―前面

にしてみたらどうでしょう。

これで、Ctrl+→などで、微調整できるでしょう。

Qワードの数式エディタのツールバーが出ない!

数式エディタは表示されるのですが、分数とかギリシャ文字が示されたツールバーが出てきません。
どうかお知恵を拝借したいのですが・・・。

Aベストアンサー

> 数式エディタは表示されるのですが、分数とかギリシャ文字が示されたツールバーが出てきません。

表示される「数式エディタ」は、下の添付図のどちらでしょう?

上の図が表示したいツールバーであれば、
「挿入」タブの「テキスト」グループにある「オブジェクト▼」を押して、表示される「オブジェクトの挿入」ダイアロブボックスの「新規作成」タブの「オブジェクトの種類」から「Microsoft 数式 3.0」を選択し、「アイコンで表示」にチェックを入れて「OK」ボタンを押せば、別窓に「Microsoft 数式 3.0 エディター」が表示されます。

この窓にツールバーが表示されていない場合は、「表示」メニューの「ツールバー」が表示されます。

Q第一章→第一節・・・その次は?

よく目次で
第一章○○○
 第一節△△△
 第二節□□□
第二章◇◇◇~
とありますよね?その第一節をさらに分けたい場合、第一何となるのでしょうか。
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たまたま手元に「公用文作成の手引き」という冊子があります。
役所で使用する文書規定の本です。

これによると、章、節、項までは皆さんのおっしゃる通り。

さらに、「項目を細別する見出し符号は以下による。」とあります。

第一章 第二章・・・
 第一節 第二節・・・
  第一項 第二項・・・
   第1 第2
    1 2 3
     (1) (2) (3)
      ア イ ウ
       (ア) (イ) (ウ)
        A B C
         (A) (B) (C)
          a b c
          (a) (b) (c)

注1:「第1」を省略して「1」からはじめても良い。
注2:「イ」「ロ」「ハ」「ニ」は用いない。


以上のように書いてありました。
しかし、何にせよ法律で決まっているわけでもないし、通常は
自分の好みで選択して、問題ないと思います。


人気Q&Aランキング