ネットが遅くてイライラしてない!?

TVを観ていると、ピントがなかなか合わない場面がよくあります。ズームした時など特に合わないように思います。
家庭用のデジカメでも瞬時にピントが合うのに、プロがプロ用機材を使っていてボケているのが不思議で仕方ありません。
それと、スチルカメラのズームって、一度合わせたピントはずれないと思っていて、TVカメラってどうなっているんだろうと思います。
その辺りの話を分かりやすく回答していただきたく、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確かに時々ありますね。



プロ用機材は、ズームやピントに関して手動だと思います。
普通の状況では、事前にズームアップ(拡大)した状態で一度ピントを合わせて戻してから(ピント位置はそのまま)本番のズームアップをするのが普通だと思います。

しかし、これが事前にできない状況例えばリハーサルとは違うことが起きると事前のピント合わせ無しにアップして行くことになり多少ミスが出ることもあるのかなと思います。

昔、8キロぐらいの業務用カメラで結婚式を取ったことがありますが引いた状況からアップする必要があったのですがフレームとピントを考えながらズームアップするのはプロでないので大変でした。なのでズームは電動で(手動とスイッチで切り替え)ごまかして左手の小指側の指でズームのボタンを人差し指と親指でピントのリングを右手でフレームを修正するための三脚のバーを動かして大変でした。(プロは、できるでしょうが本来の人が行けないの時の臨時のヘルプなので)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。

プロ用のカメラは大変重いと聞きますので、カメラマンというのは大変な仕事だと思います。8kgものカメラを担ぎながら、ピントだズームだと操作するのは、なかなか出来ることではないですね。

それでも、観ている方からするときちんと合わせてほしいし、ハードやソフトの面でも進歩がありそうなモノだと思ってしまうのです。手動ではなく自動という選択肢もあってもよさそうだとか・・・

お礼日時:2007/01/10 23:17

実際の現場を知っているわけではないので想像ですが



1つは、カメラの自動化には限界がありきれいな絵を作る事を考えると手動の場合が良い時があります。結婚式での経験ですか多くの事を管理できないので通常明るさは自動にしていたのですが、唯一キャンドルサービスを撮る時ははずして撮影するように指示されました。これは、花嫁さんにピンスポットが当たり周りが真っ暗なので自動だと周りの暗さに引きずられる感じで部分的に露出オーバーになり花嫁さんの顔やレースがベタとした白になってしまいます(白トビ)
ピントでも手前の花にピントを合わせて徐々に女優さんに合わせるとかの事や、人がカメラから等距離にいない時に誰に合わすかは人間でしかできないですし、コントラストが小さい時は自動はミスするときがあります。

のようなことが考えられます。

あと、スタジオのカメラマンはインカムをつけていて色々指示を受けていて新人だと変化する状況についていけなくてピントが甘くなっているかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答をありがとうございます。

確かに、自動では難しい撮影というのもありそうですね。あまり賢いカメラにしようとしても、それだけ重くなってしまうでしょうし。

ちょっとしたズレなら文句を言うつもりはないですけど、(終わってしまった)「どっちの料理ショー」なんかだと、料理に寄ったときになかなかピントが合わず、ガッカリするようなコトもよくあります。

でもそれは、カメラを担いで動きながら小さい物に寄るわけですから、難しいのも理解できます。せめて少しずつでも進歩してくれると嬉しいのですが、「相変わらず」というのが私の心証です。

お礼日時:2007/01/11 22:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテレビカメラマンってそんなに大変ですか?!

ワタシの彼が地方局でカメラマンをしているんですが、
かなりしんどいようです。
・休みがなかなか取れない(もしくは決まっていない)
・休みの日でも急な取材などで呼び出される
・とにかく寝る暇がないので休日は寝るのみ
…と、ナカナカハードの様子です。
だからもちろん連絡もナカナカ出ず。

ここで質問です!カメラマンを相方にお持ちの方達はどのように会っているんでしょうか?!
また、カメラマンをしてる、あるいはしていた、
テレビ局で働いている、などの経験お持ちの方、
夜の23時に撮影を行ったりするもんなんでしょうか?!
どれくらいハードなのか詳しく教えて下さい。
納得できない点が多々ある為、なんだか彼を信じていいのか
迷っております。
ハードな仕事だからしょうがないよね…
と理解はしていますが、かれこれ1週間も会えない状態が
続いています。お互い独り暮らしで
家はチャリで5分くらいにもかかわらず。です。
ちっとも会ってくれません。そりゃあ、疲れてる時は一時も早く寝たいものです
そんな時に恋人のことなど考えられる時間もない・・・・
んですか???!!!
その辺教えて下さい…ワタシと会うよりも寝る方が先決となってしまうほどハードなのかどうか!!!!
じゃないと、なんだか納得いきません…
ちなみにワタシもかなりハードな仕事をしてますが
それでも頑張ろうと思えば会いたいって思います。
一応彼は「努力する」というメールをしてくれ、
その後は「今から野球の中継」などコマカに
メールはしてくれます。有難いと思います☆
しかし、カメラマンにとってメールを打つのが誠意イッパイなのでしょうか。

いろんな人がいますから100%の答えではないのはわかります。
ただ、知りたいのはそんなにハードな仕事kなのか?
ってことです。

具体的にどうハードなのか教えていただければ幸いです…

ワタシの彼が地方局でカメラマンをしているんですが、
かなりしんどいようです。
・休みがなかなか取れない(もしくは決まっていない)
・休みの日でも急な取材などで呼び出される
・とにかく寝る暇がないので休日は寝るのみ
…と、ナカナカハードの様子です。
だからもちろん連絡もナカナカ出ず。

ここで質問です!カメラマンを相方にお持ちの方達はどのように会っているんでしょうか?!
また、カメラマンをしてる、あるいはしていた、
テレビ局で働いている、などの経験お持ちの方、
夜の23時に撮影...続きを読む

Aベストアンサー

テレビ業界のカメラマンの仕事は大変です。
(でもディレクターほどではありませんが。)
休日も早朝・深夜もほとんど関係無く仕事がありますし、報道の場合は突発で急に仕事する場合もありますから、休める日が不定期で一般的な会社の人のような友達付き合いは難しいです。

プロの現場では失敗が許されないし、撮り直しのできないロケ等もありますから神経を使うし、機材も高額で重い物を持つので体力も消耗します。現場への移動中や休みがあれば、少しでも寝て疲労回復をはかりたいはずです。

疲れた身体で仕事すると、集中力が欠けてミスを犯したりして、本来クリエイティブであるべきカメラマンとしての業務を全うすることが難しくなってしまいます。
プロとしての将来を見据えたカメラマンであれば、彼女との付き合いや家庭の用事等を犠牲にすることも多いはずです。
なかなか逢えない彼女もかわいそうですが、カメラマン本人はもっと辛い想いをしていることだと思います。

そういう事を理解してもらえる彼女は物凄く少ないので、事情を知っている同じ業界で結婚する人も結構います。(そのように結婚しても、忙しくて一緒に居られる時間は普通の家庭より少ないです。)

仕事の合間に携帯で電話したりメールするカメラマンやVEは多いですね。

中継だと、放送時間の半日前あるいは前日から放送機材の設営や調整をして、綿密な打ち合わせをしますし、中継後の撤収もかなり疲れます。

そのような疲労した心身状態でする彼女へのメールは、ささやかなリフレッシュ手段であり、精一杯の彼女に対する誠意なのかもしれません。

> 具体的にどうハードなのか教えていただければ幸いです…

信じられないかもしれませんが、ある人の場合の実例を挙げます。

2月にオーストラリアに2週間の海外ロケ。季節が逆なので真夏での野外ロケと夜も観光地での撮影で労働時間が長く、体力を消耗。
日本に帰国して翌日に北海道に移動。雪の稚内、宗谷岬等で寒風に晒されながらの野外ロケや、夜のコンサート収録なので設営・リハーサル・本番・撤収と休みなし。
30℃以上の真夏の気候から氷点下の真冬に一気に変わり、よく皮膚感覚が順応できたものだと思います。

その北海道に3日間居て、1日おいて今度は韓国へロケハンと打ち合わせ。
3日間韓国各地を巡り深夜に帰国。休む間も無く、数時間後の早朝5時に地方ロケに出発。1週間の地方ロケ。

地方ロケから帰り、翌日から雪の残る冬の山中を徹夜で歩く人たちを撮影する追っかけロケ。山道を重い機材を担いで48時不眠不休で撮影する超過酷なロケ。

働き詰めでも休めず、都内でスタジオ収録。例により、深夜にまで及ぶ長時間拘束。

翌日は、某タレントさんがイメージキャラクターを務めるCMの撮影。

カメラマンがすべてこのように殆ど休み無く働いているとは言いませんが、神経と体力を使い、過酷な仕事がありますので、大変であることは間違いないと思います。
それをこなしている人は、精神力が強く、自己管理がしっかりできる人といえるでしょう。

テレビ業界のカメラマンの仕事は大変です。
(でもディレクターほどではありませんが。)
休日も早朝・深夜もほとんど関係無く仕事がありますし、報道の場合は突発で急に仕事する場合もありますから、休める日が不定期で一般的な会社の人のような友達付き合いは難しいです。

プロの現場では失敗が許されないし、撮り直しのできないロケ等もありますから神経を使うし、機材も高額で重い物を持つので体力も消耗します。現場への移動中や休みがあれば、少しでも寝て疲労回復をはかりたいはずです。

疲れた身...続きを読む


人気Q&Aランキング