忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

最近自転車を盗まれてしまい自転車を買いに行ったら26インチと27インチの自転車がありました。
僕は身長が180cmあるのでサイズ的には27インチだと思うのですが、店に売っていた27インチは何故か値段が高いものばかりでした。
オートライトや変速がついていなくてもいいので安いのが欲しかったのですが26インチしかありませんでした。

そこで質問なんですが身長180cmの僕が26インチってやっぱり小さいですか?
サドルの高さを変えればなんとかなるでしょうか?
26インチと27インチってそんなに大差あるんですか?

あと関係ないんですけど折りたたみ自転車ってタイヤ小さいけどスピードでるんですか?
乗ったことないのですが乗りにくい印象があるんですが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ご質問の趣旨からはそれるかもしれませんが、折りたたみ自転車はホイールベース(

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DB%A5%A4%A1%BC …)が長めのものが安定していて乗りやすいです。
ただ折りたたみ自転車は折りたたむための機構の分普通の小径車よりも重くなります。
その為安い製品の場合重くて取り回しが悪く、折りたたみ自転車なのにほとんど折りたたまずに使う方もいらっしゃいます。
高級品になればその点も解消できるのですが、ロードバイクの入門モデルと変わらないくらい高い(最低でも7万円弱、10万円以上も珍しくありません)です。
その為どうしても折りたたみでないと困るというのでもなければママチャリが無難です。
ホームセンターなどで売っている7千円くらい(もっと安い?)の自転車はいくら中国製だとしても無理して価格を下げている商品ですから、安全面を考えるとお勧めできません。
ご予算がどれくらいかは分かりませんのでこれがお勧めとはいえませんが、BAA(http://www.baa-bicycle.com/index.html)の基準に適したものであれば安心して使えると思います。
BAA準拠でない製品もJIS規格のもので作りのしっかりしたものを選ぶようにするといいと思います。
ライトやリフレクターがついていない場合はそれらも合わせて購入するようにして下さい(大抵は付属していますが)
無印良品やイオンの自転車も普段使いなら問題ないと思われます。

ちなみにフロアポンプ(空気入れ。パナレーサーの楽々ポンプなどのようなタイプ)をお持ちでないのでしたら、一緒に購入しておいたほうがいいでしょう。
ママチャリは英式バルブがほとんどで他のタイプに比べると空気が抜けやすいのでこまめに空気を入れないとパンクしやすくなります。
ママチャリに限らず自転車はチェーンにきちんと注油することとタイヤの空気の管理をすることかなり快適に使えます。
点検やパーツの交換はお店でやってもらえるので定期的に点検をしてもらえば事故などを未然に防げます。

前に使っていた自転車は盗まれたそうですが鍵は二つ以上使うことをお勧めします。
鍵は丈夫なチェーンタイプのものや後輪を止めるタイプのもの(前輪を止めるタイプのものは簡単に壊されてしまうものが多いです)などを二つ使い、短時間駐輪するなら一つだけ、長時間駐輪したり盗まれやすそうな場所なら二つという風に使い分けるといいと思います。
自転車を盗まれるのは結構ショックだと思いますので、二度連続ということが無いように気をつけて下さいね。

参考URLのところにはママチャリ選びの参考になりそうなのを見つけたので乗せておきます(自転車屋さんのホームページのようです)。

参考URL:http://www.fp2001.com/c-nango/mama/mamatop.html
    • good
    • 5

ママチャリでしょうか。

僕は178cmありますが、ママチャリでは合う自転車はないですよ。サドルが低すぎ、ハンドルが近すぎです。スポーツ車でも一番大きいフレームサイズになるでしょう。

実家にもらい物の(多分安物の)折りたたみ自転車がありますが、フラフラして直進せず、スピードも遅く、使い物になりません。
    • good
    • 3

26インチと27インチは大差はありません。


ただし、身長があってサドルが低い場合はサドルを上げますがサドルポストには
限界のマークがあります。マークより伸ばす必要があるときはサドルポストを
長い物に交換してください。サドルポストが曲がることがあります。
ハンドルも低い時は上げることが出来ますが、さらに高くしたいなら
カマキリハンドルにして下さい。

体重がある人の場合は1万円以下の中国製の自転車ではリムの触れが出たり
スポークが折れることが良くあります。
日本の規格を考慮したフレームのパイプの繋ぎ部分が直接溶接ではなくて
差し込んである物(ラング)を選んでください。
値段は1万5千円程度(売り出し時はもっと安い)になりますが強度が違います。
    • good
    • 2

もう#1で基本的な回答が出ていますが、


どういった自転車を希望なんでしょうか?
いわゆるママチャリなのでしょうか?
純粋にママチャリだとすると身長が高いaoi_85さんは27インチの方がいいかもしれませんね。ママチャリではフレームサイズという概念自体が無いので、サドルの高さであわせるしかありません。

しかし、いわゆるスポーツバイクに属するもの(ロードレーサー、MTB、クロスバイク等)はフレームサイズで身長をあわせます。プロの自転車選手でもマウンテンバイクの選手は身長190以上でも26インチです。逆にロードレースの選手は160位の小柄選手でも27インチです。
要するに自転車しだいなところがあります。

そして、折り畳み自転車ですが質の良いものでしたら勿論速度も出ます。乗りにくさは慣れ次第だと思いますね。ただ、折り畳み自転車の購入はより考えてください。使用目的、使用する状況等で全く必要ない場合があります。折り畳めない小径自転車という物もありますよ。
    • good
    • 4

 aoi_85さん こんばんは



 一般に自転車の適応身長ですが、タイヤのサイズではなくてフレームの大きさで言います。従ってタイヤサイズは身長に対しての適応サイズと言う事になると気にしなくて良い事になります。

 ではなぜ26インチと27インチが存在するかですよね。タイヤ径の小さい自転車は、漕ぎ出しの時の力が軽い力で可能です。径の大きいタイヤを履いた自転車は、ペタルを漕ぐ回転数が同じなら1回転で進む距離が長くなります。従って高速走行や長距離走行に優れているんです。
 従ってママチャリの世界では、特に低価格のママチャリの需用は自転車に乗れて行動範囲が少しでも広がれば良い程度の需要ですから、高速走行や長距離走行を考えない方が多い為昔から一般化している26インチタイヤを履いた車種が多いんです。27インチ(正確には700Cのタイヤ)は概ね高速走行や長距離走行を求める方用の自転車に多く使われているタイプのタイヤですから、ギアー等色々な機能を搭載したある程度の値段の車種になってしまいます。

 以上よりお解りになったと思いますが、低価格の機能のほぼ無い自転車を希望されている場合、26インチタイヤ装着車からの選択以外、選択の余地が無いのが現状です。

 折りたたみ自転車等の小径車でスピードが出るか??に付いてですが、その程度のスピードを想定しているのでしょうか???スピードについてはタイヤ径以外にもギアー比の設定も関係してくるので、タイヤ径だけでは何とも答える事が出来ません。ママチャリを想定しているスピード位なら十分以上出る様にギアー比を設定していますから問題は無いです。ただし20インチ以下のタイヤ径が小さいタイヤ装着車ですと、路面等の段差の衝撃等を受け易い為、そう言う意味では乗り難い可能性が高いでしょう。しかしある程度の値段を出せば、サスペンションでカバーする様になってる車種が多くなりますから、気にならないのも事実です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

悩んでいたことが一気に解決しました
ありがとうございます

お礼日時:2007/02/04 21:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自転車26インチの次はなぜ27インチ?

ママチャリが欲しいです

なぜ急にそこだけ1インチ刻みになっているのでしょうか?

身長168センチの男ですがどっちのサイズを買ったほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

自転車のタイヤサイズはETRTO(The European Tyre and Rim Technical Organisation)と言う組織が定めた規格が使われています。
http://www.cb-asahi.co.jp/html/size-etrto.html

で、ETRTOで定められているタイヤ径は7/8/10/11/12/14/16/17/18/20/22/24/26/27/28/29の各インチ径です。この規格は登場した自転車を後追いで制定している面が強く、偶々中途半端な刻みになっているのでしょう。

26インチというのは、古くからあるタイヤサイズで、実用車やちょっと前のスポーツサイクル(ランドナーやキャンパーの650cなど)では、ほぼ標準的に使われていたサイズでした。その頃、22や24というのは小径車ではなく、子供用自転車のサイズでしたから、それほど細かい刻みになってないのだと思います。20インチ以下は小径車になりますから、メーカー毎に特色を出していろんなサイズが出て来てしまったのでしょう。
ロードレースではUICの規定もあって、28インチ(700C)の自転車が普及していきます。一方、MTBはアメリカで実用的な自転車から発展したため、26インチが標準になっています。

で、26インチと27インチ、軽快車ではどちらに乗っても大差ないでしょう。20と26ならともかく、1インチでは乗った感じはほとんど変わりません。
なお、タイヤやチューブの供給などは26インチの方が普及しているため、商品展開や在庫が多く、選択肢が広がったり、タイヤ交換などのコストが安く上がる可能性があります。

自転車のタイヤサイズはETRTO(The European Tyre and Rim Technical Organisation)と言う組織が定めた規格が使われています。
http://www.cb-asahi.co.jp/html/size-etrto.html

で、ETRTOで定められているタイヤ径は7/8/10/11/12/14/16/17/18/20/22/24/26/27/28/29の各インチ径です。この規格は登場した自転車を後追いで制定している面が強く、偶々中途半端な刻みになっているのでしょう。

26インチというのは、古くからあるタイヤサイズで、実用車やちょっと前のスポーツサイクル(ランドナーやキャンパーの650c...続きを読む

Qダイナモランプと点灯虫の違いは?

http://item.rakuten.co.jp/e-cycleparts/b63u/
http://item.rakuten.co.jp/e-cycleparts/b63ut/
このどちらかで迷ってるんですが、ダイナモランプと点灯虫の違いはなんですか?
点灯虫モデルのほうが少しだけお値段がするんですけど。。

Aベストアンサー

点灯虫は センサーによってつくタイプで
LED式になってますので昼間のように明るく球切れもない。

http://www.kyuusyuusyaryou.com/BSwhiteflashone.htm

ダイナモランプは従来と同じだと思います

Qママチャリの内装3段 vs 外装6段

サイクルベースあさひに自転車を見に行って、よりワイドレンジなギヤの自転車が良いと思い外装6段をチョイスしようと思ったら、
「一番軽いギヤと一番重いギヤ比はどちらも同じ、外装6段はこの中で細かく分かれているだけですよ」との事。
でも「外装6段だから坂道も楽々」ってカタログに書いてあるからより軽いギヤ比じゃないのか?と言い返すと、
「より細かい細かいギヤ比だから最適なギヤで登ると楽と言う事です」とのこと。
これって、本当ですか?
なら、ほとんどの自転車メーカーのカタログや、HPの情報って紛らわしいですよね。

Aベストアンサー

実際にギア比を計算してみました。
ギア比というのは、ペダルを1回転させた時に、後輪が何回転するか、です。
まず、内装3段です。
内装3段は、リアハブの中で変速するため、チェーンのかかるギアの歯の枚数はいつも同じです。
うちのマンションの駐輪場に泊まっている内装3段の自転車で、ギアの枚数を数えてみました。
2台見て、2台とも前が32枚、後は14枚でした。
この場合、ギア比は32/14=2.285です。
ペダル1回転で、リアハブが2.285回転します。
そして、リアハブの内部で3段変速します。
これのギア比は、1速が0.733、2速が直結1.000、3速が1.360だそうです。
(参照:自転車探検! http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/variable_speed.html)
これを、さっきの2.285に掛けます。
すると、1速が1.674、2速が2.285、3速が3.107です。
(数字が多くなるほど、ペダル1回転でより多く後輪が回転する、つまり、スピードは出るけど重いギアになっていきます。 逆に小さくなるほど、スピードは出ないが、軽く、坂も楽に登れるギアになります)
次に外装6段です。
外装6段のシティサイクルの前ギアを数えたかったのですが、いいのがありませんでした。
後ギアは、ほとんどはシマノの14-28T(最小14枚、最大28枚)だと思うので、1速から順に28、24、21、18、16、14枚です。
前ギアを仮に44枚とすると、ギア比は順に1.571、1.833、2.095、2.444、2.750、3.142です。
これを見ると、内装3段の1速と3速、外装6段の1速と6速のギア比はかなり近いことがわかります。
内装3段の2速は、外装6段の3速と4速の中間くらい、つまりちょうど中央あたりです。
つまり、店員の言っていることは、あながちウソではない、ということです。
外装6段は、内装3段を細かく分けただけ、とも言えます。
ただ、内装3段は、1つギアを変えると、ペダルの重さが極端に変わります。
1速では軽すぎる、でも2速では重すぎる、みたいな状況が、外装6段より多くなるかと思います。
外装6段なら、2速や3速を使えばちょうどよくなります。
なお、外装6段には、1速が28枚から34枚になったギアもあります。
(2速から上は同じ枚数)
このギアが装備されている、もしくは、あとからこのギアに交換すれば、1速だけ2速と極端に離れてしまいますが、かなり軽いギアにすることができます。
また、同じ内装変速でも、内装3段ではなく、内装8段にすると、細かく分かれるだけでなく、さらにワイドレシオなギアになります。
(軽いギアはより軽く、重いギアはより重くなります)
具体的には、1速が0.527、8速は1.615です。
内装3段の1速0.733、3速1.360より、広範囲をカバーしています。
なので、よりワイドなギアが欲しいのであれば、内装8段を選択するのも手です。
・・・が、内装8段には、一つ大きな欠点があります。
コストが高いことです。
内装8段の採用車種の多いブリヂストンでも、一番安くても定価で5万円クラス以上の上級グレードにしか存在しません。
(マリポーサシリーズ、プレスティーノ、アルベルトロイヤルエイト等)
予算が許すのであれば、内装8段の自転車を候補に入れてもいいと思います。

実際にギア比を計算してみました。
ギア比というのは、ペダルを1回転させた時に、後輪が何回転するか、です。
まず、内装3段です。
内装3段は、リアハブの中で変速するため、チェーンのかかるギアの歯の枚数はいつも同じです。
うちのマンションの駐輪場に泊まっている内装3段の自転車で、ギアの枚数を数えてみました。
2台見て、2台とも前が32枚、後は14枚でした。
この場合、ギア比は32/14=2.285です。
ペダル1回転で、リアハブが2.285回転します。
そして、リアハブの内部で3段変速します。
これのギア比は、1...続きを読む

Qイオン(トップバリュ)の自転車ってどうですか?

妻が使用するママチャリとして27インチ(ギヤ付)のシティ車の購入を検討しています。候補として上がったのがイオンのPB自転車です。http://www.aeonshop.com/contents/bicycle/
これってどうですか?数年前のモデルに関しては悪評を目にしますが、現行モデルに関しての情報が知りたいです。
また、イオンで販売されている他の自転車を見ると有名メーカー品が同等価格でラインナップされているので、どちらがよいのか判らなくなります。

Aベストアンサー

cherrrytroutと申します。

BAA
日本製メーカーの「良心と基準」で元々壊れるような物は売っていませんでしたが、中国製激安自転車の事故が数年前続発して、自転車業界が粗悪品と差別化するために出来たような基準です。

BAA基準では無いですが、激安自転車のタイヤとチューブの質が悪くすぐパンクしたり駄目になったりして、結局BSやらパナのタイヤに変えて高い買い物になったという話は有名な話・・・・

各日本メーカーの自社工場も中国にありますが、結局採用する”パーツの値段”に比例するように価格に反映されていきます。
激安自転車でも、変速機はシマノのインターシリーズだったりしますが、クランク、ペダル周りや、ブレーキは怪しい物が載っていますyo

別にイオン自転車が悪いとは言いませんが、ブレーキ、タイヤを良く確認することです。

余談・・・
ブレーキは、シングルピポットブレーキが主流でしたが、現在、高めの自転車にはダブルピポットが主流。ダブルは良く効きます。

ブレーキ関連。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AD

BAA認証。
http://www.baa-bicycle.com/index.html

cherrrytroutと申します。

BAA
日本製メーカーの「良心と基準」で元々壊れるような物は売っていませんでしたが、中国製激安自転車の事故が数年前続発して、自転車業界が粗悪品と差別化するために出来たような基準です。

BAA基準では無いですが、激安自転車のタイヤとチューブの質が悪くすぐパンクしたり駄目になったりして、結局BSやらパナのタイヤに変えて高い買い物になったという話は有名な話・・・・

各日本メーカーの自社工場も中国にありますが、結局採用する”パーツの値段”に比例するように価格...続きを読む

Qシティーサイクル26インチと27インチ

シティーサイクルの購入を考えています。
お店で見ると26インチと27インチがあるようでした。
いずれも6段変速で価格は同じでした。
ちょっとした坂も登ることがありますが、26インチと27インチどちらが適しているでしょうか?
また、6段変速は十分でしょうか?
教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

ちゃんとした自転車なら、タイヤの経にあわせたギア比になっているので、どちらを買っても変わらないと言うことになれます。厳密には回転モーメントが違うので、27インチの方が惰性はつくでしょうが、感じられるほどではないと思います。また、26インチの方が空気抵抗は小さくなりますが、これも感じられるほどではないでしょう。
あとは、フレームサイズからくる体格との相性です。

ただ、ホームセンターなどで売られている安物だと、ギア比が変わらないこともあるので、その場合は、26インチの方が登坂が楽、27インチの方が最高速がでるということになります。
ギア比を確認してみてはいかがですか。

Qチェーン式とベルト式、寿命はどちらが上?

自転車の寿命が来た(ペダルの軸が磨耗で磨り減った)ため、買い替えを迫られています。

耐久性を重視して自転車を買いたいのですが、最近ベルトタイプが増えていますが、
ベルトはチェーンに比べて寿命は長いのでしょうか?

ほぼ毎日、5~20キロ乗っているので、今まで使っていた(寿命が来た)自転車のチェーンも
過去に2回伸びてしまい、チェーンの連結数を少なくしたりして対応していました。

ベルトは切れたり錆びたりはしないようですが、長時間かつ長期間使用していると
伸びてしまうことがあると思います。その場合のコストはいかほどなのでしょうか?

因みに寿命が来た自転車は10年近く愛用していましたが、チェーンが切れたことはありませんでした。

Aベストアンサー

ブリジストンのベルトドライブの場合、フローティングメカニズムになっていますから、通常使用で発生する程度の伸びには対応できるはずです。

http://www.bscycle.co.jp/root/catalog/prestino/labo.html

一番大きいのは駆動部のメンテナンスフリー化でしょうね。チェーンよりその点は有利です。お袋に買ってやったのはもう10年前ですがタイヤ交換以外は健在です。まあ、ガシガシは漕がないので持っているという面もあるでしょうね。少なくとも回転部が錆からフリーというのは大きいです。

短所はすでに出ていますが、タイヤ交換と変速が不自由(内装変速機しか使えない)なことと、パーツが特殊で素人(私もそうですが)にはいじりようがないことでしょう。

なお、選択肢として、丸石のベベルテック(シャフトドライブ)もお忘れ無く。inter-8とか、Loloの11速なんかと組み合わせた自転車を作ってくれないかなあ。無印のシャフトドライブ3段折りたたみも復活して欲しい。

Qブリジストンの自転車はどこがいいのですか?

例えば、ホームセンターで売っているシティサイクルやママチャリに比べ、
ブリジストンのシティサイクルやママチャリはどこが優れているのですか?

ホームセンターの自転車にも「BBA」のマークは付いているのですが。

Aベストアンサー

ブリジストンがいいというより、どこまで会社の姿勢として安全基準を満たしているかだと思います。
最近はホームセンターのシティサイクルやママチャリもJISはもちろんBAA適合のものを見かけますので、BSだけが安全なんてことはありません。当方もBSに乗っていました。『メイドインジャパン』がよくて買ったのですが、部品はほとんど中国製造です。最終組み立てが国内なので『メイドインジャパン』になっているだけです。

壊れるか壊れないかについては、自転車の強度・構造・耐久性(PL法では使用者の乗り方・使い方指導まで問われるのですが)においてクレーム等が発生したときの、製造メーカーとしてのイメージダウン・企業責任をどこまで重視しているかの姿勢しだいです。
したがって、設計時の強度や安全性・使い勝手まで、法的安全基準のほかに企業としての基準を持っているはずです(広義ではコンセプトやイメージも含めて)。

また、BSは国内の販売網が整備されていることと、部品が汎用性のものが多く修理しやすいというメリットはあるでしょう。

そういう意味においてネームバリュウの影響が大きいBSは、他の無名メーカーよりはコンプライアンスや企業理念のようなものがしっかりしているといえると思います。
一般人がBS自転車なら安心だろうとか、間違いないだろうというイメージを抱かせることこそが、BSが優れている点だと思います。
BSに限ったことではありませんね。大手企業はみな同様です。

ブリジストンがいいというより、どこまで会社の姿勢として安全基準を満たしているかだと思います。
最近はホームセンターのシティサイクルやママチャリもJISはもちろんBAA適合のものを見かけますので、BSだけが安全なんてことはありません。当方もBSに乗っていました。『メイドインジャパン』がよくて買ったのですが、部品はほとんど中国製造です。最終組み立てが国内なので『メイドインジャパン』になっているだけです。

壊れるか壊れないかについては、自転車の強度・構造・耐久性(PL法では使用者...続きを読む

Q20インチ自転車と26インチ自転車の両方を乗ったことがある方に質問です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3471532.html

上の質問で、20インチ自転車と26インチ自転車の効率を理論的に教えてもらいました。
こちらの質問では、どちらも乗ったことがある皆様の実際の経験を教えていただきたいのです。
20インチ自転車と26インチ自転車は、同じ労力で、どれだけ進み具合が違いますか?同じ行程を行くのにどちらが疲れますか?

Aベストアンサー

>20インチ自転車と26インチ自転車は、同じ労力で、どれだけ進み具合が違いますか?

同じ労力での進み具合は、双方の重量、タイヤの接地面積、タイヤ圧、自転車のこぎ方等々、多くの条件が違いますので、比較は出来ません。

>同じ行程を行くのにどちらが疲れますか?

「どちらが疲れるか」については、一般的に20インチの方が疲れます。
同じ路面の凹凸でも、ホイールベース(前輪と後輪との距離)が短い(20インチの方)と、大きく揺れます。また、同じハンドルの切り方でも、20インチの方が曲がり(左右の動き)が大きく、これも疲れの原因となります。

ホイールベースが短い自転車は、道路に穴とか、大きな段差があったとき、前方(進行方向)に倒れ、頭から突っ込む可能性があり、非常に危険です。
段差を斜めに乗り越えるときも、乗り越え難いので転倒の可能性が大きくなります。
前輪ブレーキを掛けた時の転倒の可能性も大きくなります。
このあたりのことを知ってしまうと怖くて乗れません。

そのほかにも、サドルとハンドルの相対位置の自由度(調整できる範囲)、サドルとペダルの位置関係、ペダルの地面からの高さなど、色々な面で26インチの車のほうが有利です。

20インチ車で長距離を走ると、体の疲れもそうですが、神経の疲れでぐったりです。

市場に出回っている車種では26インチが一番多いのもこのことを物語っています。
もし購入するのであれば、私なら迷わず26インチにします。

>20インチ自転車と26インチ自転車は、同じ労力で、どれだけ進み具合が違いますか?

同じ労力での進み具合は、双方の重量、タイヤの接地面積、タイヤ圧、自転車のこぎ方等々、多くの条件が違いますので、比較は出来ません。

>同じ行程を行くのにどちらが疲れますか?

「どちらが疲れるか」については、一般的に20インチの方が疲れます。
同じ路面の凹凸でも、ホイールベース(前輪と後輪との距離)が短い(20インチの方)と、大きく揺れます。また、同じハンドルの切り方でも、20インチの方が曲がり(左右の動...続きを読む

Qすぐ壊れるママチャリと壊れないママチャリの違い

ママチャリを買おうと思っています。
すぐに壊れるものとそうでないものの違いはなんですか?
どういうところを気をつけて選んだらいいですか?

Aベストアンサー

 自転車にはいろいろな品質を評価する規格があり、JISやBAAなどがあります。

 まじめな自転車メーカーであれば品質・製造責任を考えて規格をクリヤできる品質を満たした設計となっています。その分どうしてもコスト的には高くなります。

 一方、ホームセンターやスーパーなどで販売されている格安の自転車やスポーツ車風の自転車は殆ど規格・設計・生産が外国で行われています。 こういったものは、その生産国の品質基準を満たしていれば問題がない事となっています。 当然日本国内と同程度またはそれ以上の品質試験などされていないものが多くなります。 かた、使われているパーツもとりあえず動く程度のペラペラな部品を使ったり、独自規格のパーツを使ったりしてコスト削減をしています。

 以前、自転車屋で働いていた時の事です。 パンク修理受付ですが、スーパーで購入後半年も経たない自転車でしたがタイヤが減ってしまっていて(もともと国産と比べて肉厚が半分以下)タイヤ交換を薦めたら、「それだけ出すなら新しいのを買う」といって自転車を捨てていった人がいました。 安物買いの銭失いとはこのことです・・・

 参考までに、安全基準が必要なわけが簡単に書いてあるサイトをご紹介しておきます。

自転車の新しい安全基準 BAA
http://www.baa-bicycle.com/

 自転車にはいろいろな品質を評価する規格があり、JISやBAAなどがあります。

 まじめな自転車メーカーであれば品質・製造責任を考えて規格をクリヤできる品質を満たした設計となっています。その分どうしてもコスト的には高くなります。

 一方、ホームセンターやスーパーなどで販売されている格安の自転車やスポーツ車風の自転車は殆ど規格・設計・生産が外国で行われています。 こういったものは、その生産国の品質基準を満たしていれば問題がない事となっています。 当然日本国内と同程度また...続きを読む

Q20インチと26インチの自転車の速さの違いって?

自転車の購入を考えていて
都内から新宿、渋谷あたりで使用したいと思っています。

今までは郊外に住んでいて、26インチの自転車に乗っていたのですが、
都内では小回りが利いたほうが良いのかという思いと、ファッション性の追求もあり、20インチのミニベロの購入を検討しているのですが、

20インチと26インチですと具体的にどのくらいスピードに差があるものでしょうか?(ちなみに20代後半女子です。)

また過去の質問をいくつか拝見して、一概にタイヤの大きさのみではいえず、ギアなどの問題もあるようですが、
20インチでしたらギアは6段くらいあったほうが良いのでしょうか?

今無印の自転車を購入しようと考えているのですが、
三段ギアというところに不安があります。

以上、つたない文章で申し訳ないのですが、
詳しい方、ご意見ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 まず、スピードの差について。

 タイヤの「○○インチ」というのは直径を指します。1インチは約2.54cmなので、20インチだと50.8cm、26インチだと66.04cmということになります(以下、分かりやすく50cm、66cmとして計算します)。

 次に円周を求めます。今回は円周率を3.14として計算しますが、円周=直径×3.14なので、20インチタイヤの円周は157cm(少数点以下切捨て)、26インチタイヤの円周は207cm(小数点以下切捨て)になります。

 この円周というのは、タイヤが1回転した時に進む長さ(距離)ですので、20インチだとタイヤが1周すると157cm、26インチだと207cm、前に進むことになります。

 ペダルをこいでタイヤを1回転させる手間は同じですから、ということは、同じ100mの距離を進むのでも、26インチタイヤの方が、ペダルをこぐ回数が少なくて済むということはお分かり頂けるかと思います。

 つまり、ペダルをこぐ回数が同じだと、26インチタイヤの方が20インチタイヤより、約1.3倍多く進める(=速い)ということですね。

 ギアは段数が多い方が運転も楽なので便利ですが、その分値段も高くなります。私は26インチの7段ギア車を5万円前後の価格で買った記憶がありますが、質問者さんが自転車を使用する環境で坂道が無い(又は少ない)ようでしたら、3段でも問題ないかと思います。

 私の場合、7段とは言っても、実際によく使うギアはその中の3つほどなので、そう考えると3段でも良かったのかなぁ、なんて…f(^^;) あとは予算で検討してください♪

 まず、スピードの差について。

 タイヤの「○○インチ」というのは直径を指します。1インチは約2.54cmなので、20インチだと50.8cm、26インチだと66.04cmということになります(以下、分かりやすく50cm、66cmとして計算します)。

 次に円周を求めます。今回は円周率を3.14として計算しますが、円周=直径×3.14なので、20インチタイヤの円周は157cm(少数点以下切捨て)、26インチタイヤの円周は207cm(小数点以下切捨て)になります。

 この円周というのは、...続きを読む


人気Q&Aランキング