色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

買いたいと思っているチケットがあるのですが、そのチケットの説明を読んだ所、1公演でチケット4枚までという制限がありました。

こちらの1公演というのは、
・1つの作品の中での時間の異なる回
・1つの作品、1つのライブ

どちらを指すのでしょうか?
初心者のため、何もわかっておりません。
どちらでもない等、ご存知の方、教えて下さい!
よろしくお願い致します。

gooドクター

A 回答 (4件)

『1公演でチケット4枚まで・・』の解釈についてですが、


一般的には、同じ演目での公演期間中に1人の方が購入出来るチケットの枚数は4枚までという事になります。
ですので、1日の公演が2部制(昼の部・夜の部とか第1部・第2部というように)になっていても関係ありません。
たとえば、1日の公演で考えた場合「昼の部」で3枚購入したら、「夜の部」で購入出来る枚数は1枚までになりますし、「昼の部」で4枚購入したら「夜の部」のチケットの購入は出来ません。当然ですが、この場合には他の日のチケットは購入出来なくなります。
また、公演期間中で考えた場合、初日のチケットを2枚購入したとすると、他の日での購入できる枚数は2枚までとなります。
繰り返しますが、とにかく同じ演目の公演期間中に購入できるチケットの合計枚数は、4枚までという事です。

ちなみに歌舞伎座の場合ですが、歌舞伎会の会員になると、特典として一般の方よりも数日前にチケットの購入が出来ます。先行販売と言いますが、この期間中のチケットの購入枚数には制限があります。
1人4枚までです。歌舞伎座は、ほとんど「昼の部」「夜の部」の2部制ですが、「昼の部」で2枚購入した場合「夜の部」で購入できる枚数は2枚までです。
また、土曜日の「夜の部」と日曜・祝日の「昼の部」に限り、それぞれ2枚までとなります。
しかし、上記の制限は、あくまでも先行販売期間中の事です。
先行販売の期間が終了して一般販売になると、購入枚数の制限は無くなります。
ようするに、チケットが完売しない限り、1人何枚でも購入可能という事になります。

質問者さんの質問の場合ですが、なんらかの注釈がなければ(先行販売とか会員特典など)同じ演目の公演期間中に購入できるチケットの購入枚数だと考えます。
一番良いのは、チケットの取扱いをしている所に電話で問い合わせる事です。
    • good
    • 2

今までの経験からいうと


・1つの作品の中での時間の異なる回
のことをさしていると思います。
例をあげるとNo.1さんのおっしゃるように 
 3/10(土)13時開演の回を4枚、同日18時開演の回を4枚購入できるということです。

まれに演目によって上記プラス公演回数に係わらず合計何枚などと決まっている場合もありますので、購入の案内をよくご覧になってみてください。
    • good
    • 1

1つの作品、1つのライブで、1公演として販売されます。


これは、すべての種類の公演で同様です。
もしも、それ以外の方法でチケットを販売を行う場合は、当然、その事実を、事前にチケット販売会社等が注意喚起するはずです。
    • good
    • 0

演劇、古典芸能には詳しくないのですが


音楽のコンサートのチケットはよく取るので参考になれば,と思います。

最近のコンサートでも1公演で1人チケット4枚までというのが多いです。

この場合,判りやすくいうと自分が観に行く公演で入り口でチケットが必要になるのが「1公演」だという意味です。
なので、同じツアー(公演)が10日間ある場合は10公演あると言う事で
1日(1公演)について4枚チケットの申し込みが出来ると言う事です。

演劇などで午前と午後に公演がありそれぞれ入場にチケットが必要ならば午前=1公演×4枚/午後=1公演×4枚 申し込む事が出来ると言う事になります。

実際の演劇などのチケットを取った事がないので確実とは言えませんが
おそらくこう言う意味だと思います。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング