自分のお店を開く時の心構えとは? >>

こんにちわ、ちゃりをです。

(1)FDフォーマットを自動化するバッチファイルをつくりましたが、
「準備ができたら Enter キーを押してください」でとまって
しまいます。これを回避しバッチ処理を進めるコマンドはある
でしょうか?

(2)また、「準備ができたら Enter キーを押してください」で(Y/N)?
となるのですが、自動的にYにして処理をすすめるコマンドは何
でしょう?

よろしくお願いいたします。

参考:
C:\>format a: /fs:FAT /q /v:ini_flp
新しいディスクをドライブ A: に挿入してください
準備ができたら Enter キーを押してください...<-----(1)
ファイル システムの種類は FAT です。
クイック フォーマットしています 1.44M バイト
ファイル アロケーション テーブル (FAT) を初期化しています...
フォーマットは完了しました。

1,457,664 バイト : 全ディスク領域
1,457,664 バイト : 使用可能ディスク領域
  512 バイト : アロケーション ユニット サイズ
  2,847 個 : 利用可能アロケーション ユニット
  12 ビット : FAT エントリ

ボリューム シリアル番号は 8EC0-07A2 です

別のディスクをクイック フォーマットしますか (Y/N)?<---(2)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私の環境では


yn.bat
--------------------------------------------------------------
echo y|format a: /fs:FAT /q /v:ini_flp
--------------------------------------------------------------
の場合実行すると
--------------------------------------------------------------
C:\>yn.bat

C:\>echo y | format a: /fs:FAT /q /v:ini_flp
新しいディスクをドライブ A: に挿入してください
準備ができたら Enter キーを押してください... ファイル システムの種類は FAT です。
クイック フォーマットしています 1.44M バイト
ファイル アロケーション テーブル (FAT) を初期化しています...
フォーマットは完了しました。

1,457,664 バイト : 全ディスク領域
1,457,664 バイト : 使用可能ディスク領域

512 バイト : アロケーション ユニット サイズ
2,847 個 : 利用可能アロケーション ユニット

12 ビット : FAT エントリ

ボリューム シリアル番号は 8A33-0B7B です

別のディスクをクイック フォーマットしますか (Y/N)?
別のディスクをクイック フォーマットしますか (Y/N)?
C:\>
---------------------------------------------------------------
となります

別のディスクをクイック フォーマットしますか (Y/N)?
別のディスクをクイック フォーマットしますか (Y/N)?
この二行が気になるようでしたら
以下の方法も参考にして下さい

ヒアドキュメント(here document)
http://flex.ee.uec.ac.jp/texi/sh/node7.html
DOSにヒアドキュメントの機能を拡張
http://www.vector.co.jp/soft/dos/util/se007939.h …

DOS標準では、
標準入力のリダイレクト(<)を使用してキーボード入力の代わりにファイルから文字コードを読み込むことができます
DOSではこの方法が最もスタンダードな方法です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

prumさん、

早速のご回答恐縮です。
上記の方法でうまくいきました。
ありがとうございました!

お礼日時:2007/05/06 15:45

echo y|format a: /fs:FAT /q /v:ini_flp

この回答への補足

PRUMさん、

レスありがとうございます。
早速実施してみましたが、以下のメッセ時が出て、先に進めません。ネットで調べるとチェックディスクのときよく出るメッセージのようですが、どう対応したらよろしいでしょうか?ご存知でしたらご教授ください。

準備ができたら Enter キーを押してください... ダイレクト アクセスのためにボリュームを開けません。

補足日時:2007/05/06 10:34
    • good
    • 0

確認入力を省略するとFDを入れ換える事ができなく


なりますが、それでも良いのでしょうか?

この回答への補足

レスありがとうございます。
> 確認入力を省略するとFDを入れ換える事ができなくなりますが

はい、特にかまいません。

補足日時:2007/05/06 10:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWindows7でformatコマンドを使う

windows7でコマンドプロンプトを起動して、formatコマンドを使って
DVD-RAMをサイレントでフォーマットしたく、以下のコマンドを実行したのですが
「現在のボリュームラベルを入力してください」と入力要請されます。
このボリューム名の入力を行なわせない(無視する)オプションは無いのでしょうか?

[条件]
(1) クイックフォーマット指定。
(2) ファイルシステムはFAT32
(3) ボリューム名を指定

format D: /Q /FS:FAT32 /V:ボリューム

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

NO.2の補足です。
diskpartコマンドでscriptを使ってください。
次のようにしてみてください。
任意に応用してください。
1.format.txtというファイルをメモ帳で作成する。
内容は次の4行です。

select disk 0
select volume f
format fs=ntfs label="myvolume" quick
exit

2.コマンドプロンプト「管理者として実行」diskpartを実行する。
diskpart /s format.txt

実行結果は添付画像参照。
script内容で処理されますので、途中では何も入力する必要はありません。
---scriptの説明
1行目:disk 番号を適切に指定してください。
2行目:ドライブ番号を適切に指定してください。
3行目:label名を任意に設定してください。
4行目:exitは処理命令です。

Q「現在のボリュームラベル」を入力って(ntfs convert時)

外付けHDのファイルシステムをFATからNTFSにコンバートしようとして
convert k:fs:ntfs 
(Kが、エクスプローラで表示されている、対象ドライブです)
と入力したら
現在のボリュームラベルを入力してください。
と、出ました。
何を入力したらよいかわかりません。
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ボリュームラベルは、
例えば、マイコンピュータで
SYSTEM(C:)
と表示されていたらSYSTEM の部分です。
ドライブのプロパティから変更することができます。
名前を付けていないなら適当な名前を付けてやれば良いです。
コマンドプロンプトからは、
vol コマンドでボリューム名の確認ができます。

Q外付けハードディスクをFAT32→NFTSに変換したい

BUFFALOの250GBのHDDを買ったのですが最初にされているフォーマットがFAT32だったのを知らずに使ってました。
今XP SP2を使ってるのでFAT32に未練はありません。

その外付けHDDは「F」として扱われています。
http://support.microsoft.com/kb/307881/JA/
これを見ながらチャレンジしたんですが、
「ドライブ F:の現在のボリュームラベルを入力してください」
のあとに「f」と入力しましたが、無効だと跳ね除けられました。
「F」「ドライブF」と入力してみましたがこれも無効となりました。

どうにかなりませんか?

Aベストアンサー

マイコンピュータを開いたときに、~(F)のように書かれてるのではないでしょうか?(~は任意の文字列です)
この~の部分がボリュームラベルですので、それを入力してみてください。

QコマンドプロンプトのERRORLEVELについて!

コマンドプロンプトの記述で、ERRORLEVELというのがありますが
そのERRORLEVELが、0の場合は正常終了と考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

>if not ERRORLEVEL 1 goto aaa
>教えていただいた上記記述なんですが、
>1じゃないということは、2~255も含まれるのではないのでしょうか?
>素朴な疑問ですいません。

if文の文法については、if /? で調べてください。

if ERRORLEVEL 1 goto aaa は、ERRORLEVEL が1以上の時にgoto aaaするという意味です。ということを#4の人が書いてるのですが・・・
従って、その否定である、
if not ERRORLEVEL 1 goto aaa は、ERRORLEVEL が1未満つまり0のときにgoto aaaします(負になることはないので)。

Qバッチファイル XCOPYで上書きしない

バッチファイルでXCOPYを実行し既存ファイルを上書きしないようにしたい(上書き確認を自動でNo返答する)さらに、存在しないファイルはコピーしたい
●構成
・C:\test\A\A.txt がある
・バッチファイルと同列に、A\A.txt 及び B.txt が存在
 さらにバッチファイルと同列に、からフォルダB が存在
●試したコマンド:
XCOPY * C:\test /E /-Y /Q < nul > nul
●結果:C:\test\A\A.txt は上書きされないが、B.txt 及びフォルダBがコピーされない
●求める結果:
C:\test\A\A.txt は上書きされず、コピー先に存在しないB.txt 及びフォルダBがコピーしたい

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

直接の回答とは少し異なりますが。
もしも、「存在するファイルは上書きしない」というのが、
「変更されていなければ上書きしない」
というレベルで良いのなら、

XCOPY /s/m * C:test

で可能です。

/m オプションは、アーカイブ属性のファイルのみ
コピーして、その時に、アーカイブ属性をクリアします。
アーカイブ属性自体は、ファイルが更新されたときにセット
されるので、結果的に、更新されたファイルだけコピー
することが出来ます。

Qコマンドライン(バッチ)でDVDに書き込みたい

現在、日々発生する顧客データをバッチ(xcopy)でバックアップしていますが、HDDの容量がすぐ一杯になってしまうため、バッチでDVDにデータを書き込む方法がないか探しております。
本来であればファイルサーバに保存したいところなのですが、セキュリティ上スタンドアロンの運用しか許されておりません。

アルバイト従業員も端末を操作するので、確実にバックアップが行われるよう、シャットダウンスクリプトで行う予定です。

処理のイメージとしては
C:\DATAに保存されるデータを

D:\backup(HDD)に移動し

E:\backup(DVD)に書き込む
といった感じで考えています。

お詳しい方がいらっしゃいましたら、このようなことが可能かどうか、お教え頂けますでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> ・・・このようなことが可能かどうか、・・・

可能です。
「C:\DATAに保存」は出来ているということですので
一例として
「D:\backup(HDD)に移動」は
xcopyでD:\backupにコピーして
C:\DATAを削除すれば移動完了です。

「DVDに書き込む」は定番のフリーソフトimgburnを使用して書き込めばOKです。
下記サイト参照。
ImgBurnを他のソフトと連動させる方法(バッチ処理)
http://imgburn.nnn2.com/?p=81
なお、imgburnでなくてもコマンドラインで実行できるDVD書き込みソフトであれば何でも構いません。
マイクロソフトの AIKツールでも可能です。(imgburnなどに比べて面倒なだけです)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5753

Qバッチファイルでdiskpart.exeを操作する

バッチファイルでdiskpartを開いた後の処理が実行されません。

DISKPART>という所から処理が進行せずに、非常に困っております。

http://support.microsoft.com/kb/300415/ja

上のサイトからスクリプトの作成をするという情報は得ましたが、何をどれだけ準備してどうするのかが不明なため、前に進めずにおります。

処理としては、diskpartを開いて、list volumeというコマンドを実行したいだけなのですが、どなたか実行手順や何を揃えたら良いのかを教えていただけないでしょうか・・・。

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そのページに
>diskpart /s script.txt
と書いてあるとおり、script.txt のファイルにコマンドを並べて書いて、上記のように起動します。

この場合、list volumeとだけ書いたファイルを作ってそれを diskpart /s で指定する。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報