週刊ストーリーランドっていう何年前かにやっていたテレビをご存知でしょうか?
かなり簡単にまとめますと。
内容はいつも老婆が不思議な商品を売り、色々なことがおき、最後はバッドエンドで終わる(たまにハッピーエンド)って感じです。
こういう話をいつも短編で20分くらいのアニメを放映していました。

これに似たような漫画ありませんか?短編を集めたようなのや長編などどちらでも良いです、少しSFが入って、どきどきさせるような不思議系漫画または、なんか頭を使うような漫画を見たいです。

少し主旨と違っても良いです。小さいことでもなんでも良いので紹介していただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

光原伸 「アウターゾーン」



吉田ひろゆき 「Y氏の隣人」

どちらも地味な人気があったような気がします。
好き嫌いのはっきりしていた作品ではないでしょうか。

参考にどうぞ 
    • good
    • 0

週刊ストーリーランド・・・覚えています。

懐かしいですね。

不思議系と思うもので私のお勧めをいくつか挙げてみます。

手塚治虫『ユニコ』
CLAMP『xxxHOLiC』
今市子『百鬼夜行抄』
宮本福助『拝み屋横丁顛末記』
熊倉隆敏『もっけ』
漆原友紀『蟲師』
大塚英志・森美夏『木島日記』

ホラー系が平気なら、

大塚英志・山崎峰水『黒鷺死体宅配便』
いがらしみきお『sink』

といった感じです。
お役に立てれば幸いです。
    • good
    • 0

笑ゥせぇるすまん


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%91%E3%82%A5% …

藤子不二雄A原作
    • good
    • 0

藤子・F・不二雄のSF短編シアターがお勧めです。


かなり大人向けの内容です。
    • good
    • 0

岡崎二郎「アフター0」


http://www.amazon.co.jp/dp/4091873510
SF風味の短編集

漆原友紀「蟲師」
http://www.amazon.co.jp/dp/4063142558
民話風味の連作短編
    • good
    • 0

ホリック(CLAMP)がその雰囲気にあっているマンガだと


思います。ただこの作品は同作者の「ツバサ」と言うマンガとリンクしているので両方読まないと分からないところが出てきます。
ですが基本となる不思議な話しは全然大丈夫なので楽しめると思いますよ
    • good
    • 0

ちょっぴりSFチックな短編集で…


『しあわせ』『説得ゲーム』他 戸田誠二(著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4776790270

ファンタジーチックな中短編集で…
『群青学舎』 入江亜季(著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4757729189

本格的に不思議系の中短編集で…
『魔女』 五十嵐大介(著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4091884628
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q週刊ストーリーランドの嘘?

余談ですが、過去ログを読んでみると、火曜日に放送されていた地域が殆どのようですね。
自分の地域では木曜日でした。

さて、この週刊ストーリーランドですが、確か5年程前にやっていたはずです。
割と早い時期にこの番組と出会い、最終回まで見届けました。

その最終回の件についてなんですが、
番組終了間際に司会の西村雅彦さん(?)が
『週刊ストーリーランドは今週で終了します。
来週からは新しく「新・週刊ストーリーランド」が
始まります。お楽しみに』
と言って締めていました。
しかし、何週間経ってもまったく始まりませんでした。

番組終了にショックを受けていたので、この発言ははっきりと覚えていますし、母も覚えているとの事です。
一体あれは何だったのでしょうか?
真相をお知りの方、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

気になってこの番組が好きだった友人に聞いてみたのですが、どうやら
「来週から始まる」ではなく「いつかまたスペシャルします」みたいな言い方だったらしいですよ。
その友人も結構前のことなのでうろ覚えなのですが。

もう終わって大分たちますから、その企画自体中止になっているか、みんなが忘れたくらいに
いきなりするのではないでしょうか?

Q40年程前の漫画ですがタイトルをご存知の方教えて下さい

私の母親が中学生だったころ、母親が好きだった漫画があり、5巻中の2巻までしか読んだことがなく、どうしてももう一度全巻読みたいけど、タイトル作者が覚えてないとのことで、探してあげたいのですが、見つけることができないので、皆さんのお力を貸していただきたく、質問いたしました。

40年程前に母親が中学生だった時に読んだ漫画だ
そうです。
作者の名前・タイトルは覚えておらず、話のストーリーもうるおぼえだそうですが・・・

☆だいたいのストーリー☆(2巻までのストーリー)
お父さんが外国船の船長さんで、お父さんの船が嵐なのかよく覚えてないのですが事故にあってしまい、行方不明になってしまいます。
そして、お父さんは死んだと思われているのですが、
記憶喪失になって生きてるのですが、主人公はそのことは知らないでいるとのことです・・・

主人公の名前は『あこちゃん』又は『あっこちゃん』だそうです
(これも100%確かではないそうです^^;)

巻数は5巻だそうです。

情報が不十分なのは、私自身承知の上ですが、
どうぞ、ご存知の方がいらっしゃいましたら
タイトル・作者名を教えて下さい
宜しくお願いいたします!

私の母親が中学生だったころ、母親が好きだった漫画があり、5巻中の2巻までしか読んだことがなく、どうしてももう一度全巻読みたいけど、タイトル作者が覚えてないとのことで、探してあげたいのですが、見つけることができないので、皆さんのお力を貸していただきたく、質問いたしました。

40年程前に母親が中学生だった時に読んだ漫画だ
そうです。
作者の名前・タイトルは覚えておらず、話のストーリーもうるおぼえだそうですが・・・

☆だいたいのストーリー☆(2巻までのストーリー)
お父さんが...続きを読む

Aベストアンサー

横山光輝さんの「おてんば天使」(全4巻)
時代的にこれかも知れません。

わたしが生まれる以前なのでわかりませんが・・・。

参考URL:http://www.mandarake.co.jp/otherwork/books/mushi/mushi_01.html

Q週刊ストーリーランドのBGMについて

週刊ストーリーランドのBGMについて

週刊ストーリーランド「不思議な商品~あこがれのカーテン」part1(お手数ですが左記の文をコピーして検索して下さい。)の0:47-1:05で使われているBGMの詳細が知りたいです。タイトル、曲の出所等、何でも良いので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

聴いてみました。トランペットで奏でている曲ですね。
テイストとしては60年代のイタリアのスパイ映画やB級アクション(トロヴァヨーリやピッチオーニに似てます)ぽい感じですけど、この手のBGMは大半がライブラリー音源といって、著作権フリーの音楽だと思われます。
この番組の製作会社やアニメ製作会社が”選曲”といって音楽のプロに依頼し、その選曲のスタッフが音楽製作プロダクションと契約して、まあ言うなれば好き勝手に使うことの出来る業務用CDというのがあるんですけど、その音源だと思います。
業務用のCDなので一般には売ってませんし、1枚数千円から数万円とかなり高いです。
いまはネットでダウンロード販売もしている音楽製作プロダクションもあるので、時間があるときに探してみるのもいいかもしれません。ただ数が多すぎてお目当ての曲にたどり着けるかはわかりませんけど。

取りあえず1社を
http://www.nichion.co.jp/soundslibrary/index.php

ライブラリー音源とかフリー音源とか検索すると他の会社もヒットすると思います。

Q週刊少年ジャンプを読みたいけど、単行本とのストーリーの差があって困る

今まで好きな漫画(BLEACH、NARUTO、ONE PIECE等)を単行本で買って読んでいたのですが、
単行本の内容はジャンプ本誌に比べてかなり遅れているので、
週刊少年ジャンプを購読したいと思っています。

しかし、ジャンプを買おうと思っても、
単行本を読んでいていきなりジャンプに切り替えてしまったら、
ジャンプの方がストーリーが遥かに進んでいるのでなんのこっちゃわからないと思うんです。
でもやっぱりジャンプは読みたい。
この場合はどうしたらいいでしょうか?

わかりにくいかもしれませんがお願いします。

Aベストアンサー

私の場合、ずっとコミックのみの読者でしたが、数年前に本誌も読むようになりました。その時は、もう先に進んでいるのは気にせずに、コミックと話が繋がるのを待っていましたね。

これだと、オチが分かってしまうのが何ともいえませんが。(私は気になりませんでしたが)

ただ、こればっかりはコミック→本誌と来る人にとってはしょうがないでしょう。

Q週刊ストーリーランドについて(ネタバレ的)

ここのカテできまって周期的に「西村雅彦さんが司会してたオムニバスで木曜7時にやってたアニメ、なんでしたっけ?」と質問が寄せられている(笑)『週刊ストーリーランド』ですが。
とあるサイトで「手編みのセーターをプレゼントする話の結末に抗議が殺到した」という記述がありました。
なんでも残酷すぎたとのことらしいのですが……当方『週刊ストーリーランド』は割と見ていた方だと思うのですが、この話は見ていなかったようで内容を知らないのです。
すごく気になるので、どんな話だったのか、ご存知の方教えてもらえないでしょうか。

Aベストアンサー

確か記憶では、
ある女が好きな男に手編みのセーターを作っていたのですが、渡す予定の日(誕生日だったかクリスマスだったかこの辺記憶あいまい)になっても完成しませんでした。
そこで女は”できていない右袖に合わせてその男の右腕を切り落とす”という暴挙にでました。
こんなかんじだったはずです。

Q「生徒諸君」のストーリー御存知の方います?

こんにちは
先日旅先で「生徒諸君」という漫画本を
何巻か読みました。
 (ずいぶん昔の本です。たぶん。
  だって,横浜国立大が新設2年目だって
  書いてありましたから)
調べてみると全24巻とわかりました。
私が読んだのは
初音ちゃんが結婚するところ
岩崎くんが目を手術するところ
沖田くんが遭難して死んでしまうところ・・
(泣けました)
メインはこんなかんじです。
全体のうちのほんの数巻だけでしたが
もっと読んでみたくなりました。
ただ時間がないと思うので
大体のストーリーでいいので
最初から最後まで教えてほしいと思います。
最後はどうなるんでしょう。
岩崎くんとうまくいくのでしょうか。
どちらかといえば,後半を詳しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは☆
大体出ていますが、お邪魔させて下さい。
「生徒諸君」は実家にあり、何度も読んだので^^;

ストーリーは、ナッキーが聖美中に転校してくる中2から始まり、大学卒業後に教師として母校に帰って来た初日まで、ですね。
ナッキーには「マール(真理子)」という、少し知能の発達が遅れていて体の弱いお姉さんがいます。そのお姉さんの事があり(付きっきりの世話が必要だった為)、幼い頃から母親の実家である青森の田舎に預けられていたんです。(幼いナッキーが、自分が双子である事実を写真で知る場面もありました)
マールは20歳まで生きられないと診断されていたし、「本当に家族みんなで暮らそう」と、やっとナッキーを呼び寄せたものだと記憶しています。それが中2ですね。
その後、ナッキーが中心となって「悪たれ団」を結成し、中3の修学旅行前に大阪から転校して来た沖田くんを含む合計6人の友情の物語が始まるって感じです!

ナッキーの初恋の相手の美術部の飛島先輩がマールと婚約し、同居。(その後、マールの死ぬ間際に結婚)そのショックから田舎へ帰省したナッキーを追って岩崎くんが雪深い青森へ駆けつける・・・なんて事もありましたね。

それぞれが様々な問題を抱えますが、支え合いながら苦難を乗り越え成長していきます。特にナッキーは、マールが死んだ事により精神が壊れてしまった母親との問題、岩崎くん・沖田くんとの恋愛、沖田くんの死、将来の事など、色々ありました。

物語の後半は、教師になると決めたナッキーが、母校と荒れた男子校で教育実習をするエピソードや(岩崎くんの教育実習は女子校でした)その男子校の番長と暴走族の頭の妹との恋愛を絡めた話、それぞれ事情を抱えた子供が通う、お寺内の塾でアルバイトで先生をする話、田村くんと舞ちゃんの婚約、皆で車の免許を取る話などが中心になって進んでいったように思います。
そして・・・ナッキーは岩崎くんと婚約!二人揃って母校の教師となり、めでたしめでたしです♪
古いですが、いつまでも残る作品だと思うので、将来暇ができた時にでも読んでみては?(^^)

余談ですが、全24巻以外に番外編で沖田くんの大阪時代が書かれた「生徒諸君外伝・沖田成利編」もあります。
(あと、ナッキーの大学は横浜国立大ではなく、横浜教育大という架空の大学名です。)

こんにちは☆
大体出ていますが、お邪魔させて下さい。
「生徒諸君」は実家にあり、何度も読んだので^^;

ストーリーは、ナッキーが聖美中に転校してくる中2から始まり、大学卒業後に教師として母校に帰って来た初日まで、ですね。
ナッキーには「マール(真理子)」という、少し知能の発達が遅れていて体の弱いお姉さんがいます。そのお姉さんの事があり(付きっきりの世話が必要だった為)、幼い頃から母親の実家である青森の田舎に預けられていたんです。(幼いナッキーが、自分が双子である事実を写真で...続きを読む

Q週刊ストーリーランド

週刊ストーリーランドの投稿数みたいなのをオープニングで言っていたように思うのですが思い出せず苦しんでいます。(週に●万通とかだったような)

Aベストアンサー

ここにヒントがあるかも。

参考URL:http://www.ntv.co.jp/storyland/

Q女性向け週刊漫画雑誌についてのご意見下さい

マーケティング調査の仮説検証です。ご意見・情報あればお知らせ下さい。
 疑問:女性向け週刊漫画雑誌は、男性向けよりは少ないのはなぜか?
 仮説1:幼少期の漫画への導入は男性と違いないとしても、思春期頃に女性は「漫画」から「ファッション誌」を好むようになるため。
  - ファッション・メイクに興味を持つと、「写真」が無い雑誌には満足できなくなる
  - 男性が中学-大学・成人まで継続して漫画雑誌を講読するのに対して、女性はその間ファッション誌に向く。
  - そのため女性漫画雑誌全体の読者層が加齢とともに縮小し、月刊誌ばかりとなる。

Aベストアンサー

まずは「週刊」がないことですね。
基本として女性向け漫画雑誌は「隔週」か「月刊」ですから。

確かに「ファッション誌」を好む傾向はあると思いますが、だからといって漫画を読まないわけでは無いと思います。
それよりも、雑誌ではなくコミックス派が多いと言うことですね。周りの「それなりに」漫画を読む女性は一冊を回し読みしたりするのが普通で、お金が勿体ないというか、其処まで漫画に執着しないんだと思います。

あとはコミックスになるのに雑誌を買うのは勿体ない、とか。
それから、最近は少年・少女の区切りが無くなってきたことでしょうか。
同人をやっていますが、少年漫画のキャラクターでBLをやったりするようなことだったり、また逆に百合(レズ)ものとして少女小説などが流行ってきていることがその証拠では無いかと思います。

結果として仮説についてですが、私は
・「ファッション誌」である某雑誌に、人気漫画家が長期連載していたことがあることからも、「漫画」を読まなくなったわけではない。
・とはいえ、「ファッション誌」と「漫画」はイコールで結べるものではなく、「漫画」を読まなくなるかならないかはその人次第。
・男性の漫画雑誌は継続して読める内容が多いが、女性漫画雑誌の場合、小学生(かろうじて中学生)向けの雑誌→中高生向けの雑誌→高校生以上の雑誌…と、内容(例えば小学生だとアニメを漫画化(もしくはその逆)している作品が多く、高校生以上だと性的描写が多いなど)に差があるため、少なく見られる。
・世の女性の全てが「ファッション誌」を読んで、そのまま読み続けているとは限らない。
・加齢と共に読者層が縮小する事は確かだが、書店でよくみてみると、読み切り増刊号なども含め(読み切りとは言っても、シリーズ化されていることがある)数十種類の雑誌はあると思われる。

といったところでしょうか。
ちなみに、漫画を読むからといって幼稚というのは偏見に過ぎないと思います。
漫画を描いているのはれっきとした「大人」であって、それを楽しむのは子どもにも大人にもあると思います。私は昨年成人しましたが、これからもずっと漫画を読んでいきたいと思いますよ。

荒い言葉を長々と失礼いたしました。
これは私の独断ですので、どうか一意見としてお聞き下さい。
少しでも参考になれば幸いです。

まずは「週刊」がないことですね。
基本として女性向け漫画雑誌は「隔週」か「月刊」ですから。

確かに「ファッション誌」を好む傾向はあると思いますが、だからといって漫画を読まないわけでは無いと思います。
それよりも、雑誌ではなくコミックス派が多いと言うことですね。周りの「それなりに」漫画を読む女性は一冊を回し読みしたりするのが普通で、お金が勿体ないというか、其処まで漫画に執着しないんだと思います。

あとはコミックスになるのに雑誌を買うのは勿体ない、とか。
それから、最近は...続きを読む

Q週刊ストーリーランドで「いるはずのない同級生」

以前 週刊ストーリーランドで「いるはずのない同級生」という話があったのですが、
この作品の製作や脚本、演出などで、名前が分かる方がいましたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

http://web.archive.org/web/20080111040909/http://www.ntv.co.jp/storyland/archives/022/b.html

Qテレビランドに昔載ってた

昔、テレビランドという、いわゆる子供番組を特集した子供向け雑誌に連載されていたマンガのタイトルが思い出せません。作者はたしか山田ゴロ先生で、ギャグマンがです。時期的には20年あたり前で(宇宙刑事ギャバンとかがやっていた頃)、普通ああいう雑誌に載っているマンガはTVのヒーロー物やアニメをマンガにした物が多いですが、それは完全なオリジナルのマンガです。宇宙が舞台でした。覚えてるのは、殺し屋みたいなキャラが出てきて、「俺は全身が武器だ!」というセリフに対し、主人公が「オレは全身がギャグだ!」とかいうやり取りがあった事くらいです。
できれば正確なタイトルと、このマンガがコミック化されているかどうか、あるいは見られる場所やサイトがあったら教えてください。「山田ゴロ」のキーワード検索では分かりませんでした。

Aベストアンサー

こんばんは。

同じくらいの世代なのでしょうね~
今、通り掛かった主人に「知ってる?」って聞いたら、「ゴロ先生なら好きだゾ!!」と威張っていました(苦笑)生憎その作品は分からなかったみたいですが、オフィシャルサイトを教えてもらったので、貼っておきますね(因みに『山田ゴロ でんぐりがえし』で検索できました)お探しのものがあるといいですね!

しかし・・・主人の隠れた一面を見てしまった思いです(笑)

参考URL:http://jmac.dma-j.net/GORO/


人気Q&Aランキング