結婚1ヶ月目に、進行性の難病で余命約10年と診断されました。
余命が長くないというショックはなんとか乗り越えられましたが、
夫と子供のことについて悩んでいます。

現在は普通に生活していますが、進行すると寝たきりになるそうです。
お医者様からは、妊娠によって病気が進行する可能性が高いため、
出産はお勧めできないといわれています。

夫は無類の子供好きで、結婚前から子供がほしいといつも言っていました。
私自身はあまり子供は好きではないのですが、病気がわかる前は、
彼がそこまで言うなら一人位は産んでもいいかなぁと思っていました。
私の病気がわかってからは、彼は「子供はもういいから、二人で仲良く
生きよう」と言ってくれているのですが、本心ではとてもがっかりして
いるのがわかり、私もつらいのです。

(1)子供はあきらめて二人で生きる
私の死後、彼が一人きりになってしまいます。
彼は現在40歳なので、再婚したり子供を持つことは難しいでのではと思います・・・。

(2)病気が進行するリスクを承知で、子供を産む
子供を産めば、彼はとても喜びます。
また、私の死後、彼の心の支えにもなるでしょう。
ただ、やはり病気の進行度合いが心配ですし、病気が進行した場合に
家事・育児がこなせるのか不安です。
また、幼い子供を残して逝くつらさを思うと、なかなか踏み切れません。

(3)離婚し、彼に健康な女性と再婚してもらう
彼と別れるのはとてもつらいことですが、彼は私の心の支えになって
くれていると同時に、重荷にもなっています。
両親がまだ健在ですので、実家に戻って一人でのんびり生きるほうが
精神安定上よいのかなぁとも考えています。

私はどうすべきでしょうか。アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中11~20件)

こんにちは。

私は既婚男性で、2人の子供がいます。
まず、ほかの回答者さまの意見を否定するつもりでもないのですが、No.7の方の

>おそらく、誰もが夫の立場なら(1)を迷わず選択すると思いますね。

という回答とは、私の意見は違います。私のホンネは(2)です。
もちろん、どちらが正しいとかいうなんていうことではないですよね。私がまず申し上げたいのは、それぞれ考え方が違うということです。ですから、やはりおふたりで答えを出していくしかないと思います。

そして、全体として気になるのは、

>余命が長くないというショックはなんとか乗り越えられましたが

とおっしゃっていらっしゃいますが、やはり、とても重大なことだと思いますので、心底から乗り越えられていらっしゃらないのではないでしょうか。と言いますのも、わたしには「夫のことを思うと」という言葉で、重大な決断を旦那さんに押しつけているようにも感じます。
キツイように思うかもしれないですけれど、決して責めているわけではないですよ。そんな簡単に乗り越えられる問題ではないとも思いますし、「自分に正直になる」というのが一番大切なのではないか、と個人的には思います。何よりも、自分のための人生なのですから。だからこそ、(3)なんて選択肢が浮かんできちゃうのかなぁとも感じます。

自分のことをないがしろにして、それこそ他人のことまで思いやる余裕などないのではないでしょうか。一般論では「男には育児は無理」というような意見が多いかと思いますが、個人的には「バカにするな」とさえ思ってしまいます。私自身、子供が1人だけのときは、育児は妻任せでしたが、今では妻にいつ何時何があったとしても、子供達を何とか育てていく自信はあります。もちろん完璧にこなすことなどできるわけはありませんが、それはそれで仕方がないこととも思います。これは、旦那さんとお子さんが乗り越えていく問題ではないでしょうか。

ただし、子供を産むことができるのは、女性であるご質問者さまだけです。こればかりは、代わってあげることができません。そして、ホンネとしては産んで欲しいけれど、「産まない」という結論をご質問者さまが出したのならば、もちろん、それに同意します。きっと本心では違うのでは? とか疑心暗鬼に思うこともないでしょう。もっと低レベルなことでも、「本心は違う」なんていうことはたくさんあるでしょ。目標というか「見る方向」を同じにしておくとか、そんな感じでしょうか。もちろん、旦那さんも乗り越えるまでに時間がかかると思います。一方で、なんだかんだ言っても、男性は、やっぱり「育児」とかナメている傾向が強いと思いますので、単純に「子供好き」とか言ってられないレベルの意識で、強く認識しなければならないとは思いますけど。

少し時間がかかるかもしれませんが、そうしてお互いによく話して答えを見つけていくしかないようにも思います。そして、「旦那さんのために」ではなく、「自分としてどうしたい」ということなのだと思います。No.6の回答者の方が、

>もしその余命診断がなければどうしていたのでしょうか?

とおっしゃっていますが、まさにここなのではないかと思います。
「妊娠」と「出産」というのは、とても体に負担がかかることですので、お医者さんのおっしゃるように「お医者様からは、妊娠によって病気が進行する可能性が高い」というのは、そうなのでしょう。シロート考えでも容易に想像できます。でも、子供はエネルギーの塊みたいなものですので、子供からパワーをもらうということもあるのではないかと個人的には思います。子供から教えてもらうこともたくさんありますしね。出産と育児が余命を短くするというのは一概に言えないのではないでしょうか。医者は立場上、マイナスのリスクを説明する傾向が高いようにも思います。それと、充実した人生というのは、「長さ」だけでもないと個人的には思うんですけどね。

そして、いろんな選択肢があるということもお考えになるのもいいと思います。医師のセカンドオピニオンみたいなのを聞いてみるのもいいかもしれません。「出産」が体に負担がかかるということを気になさり、その一方で旦那さんが子供が欲しいとおっしゃるなら、「里子」をもらうなんていう方法もあるかもしれません。そして、同じような症状を抱えた方の集まりとかに参加されるのもいいと思います。やはり似たような境遇にいる方の意見のほうが、深く心に届くことが多いと思いますので。そして、繰り返しになりますが、これらもおふたりで実行なさってくださいね。

長文になってしまい、申し訳ございませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろなアドバイス、そしてやさしいコメントをありがとうございました。

私の両親は、まだショックから立ち直っていないのか、あまり病気のことを話したがりません。
また、長年の友人にも、信頼している会社の先輩にも、病気のことはまだ話していません。
相談したり意見を聞いたりできる人が夫以外にはいなかったので、皆様のご意見は非常に参考になりました。
予想はしていたことですが、さまざまなご意見があり、正解というのは存在しないということがよくわかりました。

私は昔から決断が苦手で、だれかに決めてもらったり、世間一般の評判にしたがって選んだりしてきました。
(例えば、口紅を買うときでも売れ筋ランキング上位のものを選んだり、という感じです)

でも今回だけは、「自分が」どうしたいのかをもう一度ゆっくり考えてみようと思います。
その上で、夫やお互いの両親ともよく話し合ってみます

お礼日時:2007/07/12 17:42

難病はその言葉の通り治療法が確立されていない病気であります。


現代医学の限界を垣間見るような気もしてしまいます。
一方、どのような病状か分かりませんが、まだまだやれる治療もあるかもしれません。病気を克服する道を考えてみては如何でしょうか。
例えば、主にペイクリニックで行っている星状神経節ブロック療法というものがあります。

http://www.musashino-hospital.or.jp/topix/topix0 …

上記はとある病院のHPの一部ですが、難病と言われる病気も多数含まれている事が分かると思います。
この治療法は局所麻酔を使いますが、考え方は漢方に近いです。神経系、内分泌系、免疫系を整え自然治癒力を高めると言うものです。
もしご自身のご病気が対象に含まれてないとしても、実際にその病気の患者が来ていないので結果が出ていないと言う事も有り得ます。
根気良く受ける必要もありますが、少なくとも体調は良くなるはずです。うまく効くといいのですが。

http://www.jspc.gr.jp/member/prefectureselect.ph …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えていただいたHP拝見しました。
私の持病は患者数が少ないためか(100万人に1人くらいだそうです)、残念ながら対象には含まれていませんでしたが、
次回の診察のときにでも主治医に相談してみますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/12 14:21

こんにちは。



私の古い知り合いにM子さんという人がいます。彼女のお母様は、彼女が中学生の頃にSLEでお亡くなりになりました。お母様が「進行性の難病で余命10年ほどと診断されている」ことを、私は彼女から聞いて以前から知っていました。
その後、彼女も私も別の高校に進学しそれぞれ大学生になり、それ以降はあまり連絡することもありませんでした。
何かの用事があって、彼女と久しぶりに連絡を取った25歳頃、私は彼女から「SLEを発症した」と聞かされました。同時に、付き合っている彼と近々結婚するつもりと。その言葉通り、翌春、彼女は病気のことを全て承知した彼と結婚しました。
結婚して数年、病状が落ち着いていることもあって彼女は主治医に妊娠・出産について相談したそうです。何度も流産する可能性があること、妊娠によって病気が悪化する可能性があること。「産後、育児を替わってくれる人はいますか?あなたの替わりに育ててくれる人がいますか?」と聞かれたそうです。「母がもし元気で生きていたら、それでも産もうとしたかも知れない」と、後日彼女は言っていました。
私も彼女ももう42歳になります。
さて、長く介護された奥様を亡くされてからの彼女のお父様は、娘が結婚してからも娘夫婦の所に足繁く通って家事全般をされています。私は、あのお父様だったら育児も替わってやってくれたんじゃないかしら?と思ったりもしますが、女親でないと..と彼女は思ったのかも。お父様ももう70代ですしね。このあとはご主人の仕事でしょうね。
彼女とご主人はとても仲がいいです。ここに詳しく書くことはできませんが、お互いにある分野で一流のプロフェッショナルなので、尊敬しあっています。介護する・されるという立場を超えて平等だと思います。

私の知人の話をしました。質問者さん、質問者さんの親御さん、ご主人、そして出産するかもしれないお子さん。それぞれの立場で参考になる部分があれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろなアドバイス、そしてやさしいコメントをありがとうございました。

私の両親は、まだショックから立ち直っていないのか、あまり病気のことを話したがりません。
また、長年の友人にも、信頼している会社の先輩にも、病気のことはまだ話していません。
相談したり意見を聞いたりできる人が夫以外にはいなかったので、皆様のご意見は非常に参考になりました。
予想はしていたことですが、さまざまなご意見があり、正解というのは存在しないということがよくわかりました。

私は昔から決断が苦手で、だれかに決めてもらったり、世間一般の評判にしたがって選んだりしてきました。
(例えば、口紅を買うときでも売れ筋ランキング上位のものを選んだり、という感じです)

でも今回だけは、「自分が」どうしたいのかをもう一度ゆっくり考えてみようと思います。
その上で、夫やお互いの両親ともよく話し合ってみます

お礼日時:2007/07/12 17:42

心中お察しします。

素通りできませんでしたので
自分なりの考えを書いておきます。

こうして他の回答者様達の回答を拝読すると
様々な意見がありますね。興味深いです。

私は男ですから、夫の立場で言うと
(1)ですね。

絶対、少しでも妻には長生きして欲しい。
と思います。いくら子供が好き。と言っても
それは妻がいてこそ。妻が一番です。

おそらく、誰もが夫の立場なら(1)を迷わず
選択すると思いますね。

「夫のために子供を産む」という考えは
「夫の気持ちを無視した考え方」というのを
認識しておいてください。

しかし一方で

種の保存は生物として根源的なもので
人間としての存在理由にもなり得ます。

それを頭からに否定するのも気が引けます。

リプロダクティブ・ライツという考え方があります。

リプロダクティブ・ライツ(再生産の権利)とは、

簡単に言うと

妊娠や中絶などの決定権は全て女性がコントロールすべきで
男がとやかく言えない神聖な領域だということです。


「今日は安全日よ」と夫をだまして
わざと妊娠しても
それは女性のリプロダクティブ・ライツなのです。


たぶんご主人と話し合っても、答えは出にくいと
思います。

ご主人は「二人で生きていきたい」と腹は決まっていると
思います。あなたの命を削ってまで子供を
欲しいとは考えていないはずです。


1.主人の気持ちを最優先するならば⇒(1)子供はあきらめる

2.種の保存をかけてリプロダクツ・ライツを実行するなら⇒(2)子供を産む


(3)は論外です。相手(ご主人)のことを最優先に考えるなら(1)ですね。



こういう問題には正解はないと思います。
私の狭い了見での意見ですので

参考にとどめておいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろなアドバイス、そしてやさしいコメントをありがとうございました。

私の両親は、まだショックから立ち直っていないのか、あまり病気のことを話したがりません。
また、長年の友人にも、信頼している会社の先輩にも、病気のことはまだ話していません。
相談したり意見を聞いたりできる人が夫以外にはいなかったので、皆様のご意見は非常に参考になりました。
予想はしていたことですが、さまざまなご意見があり、正解というのは存在しないということがよくわかりました。

私は昔から決断が苦手で、だれかに決めてもらったり、世間一般の評判にしたがって選んだりしてきました。
(例えば、口紅を買うときでも売れ筋ランキング上位のものを選んだり、という感じです)

でも今回だけは、「自分が」どうしたいのかをもう一度ゆっくり考えてみようと思います。
その上で、夫やお互いの両親ともよく話し合ってみます。

お礼日時:2007/07/12 17:43

こんにちは。


もしその余命診断がなければどうしていたのでしょうか?

医者の言う事は統計的に当たります、が、それは必ずそうなる、という保障ではありません。

従ってできる事は「そうなった時にはどうするか」を事前に準備しておく事です。

「余命がxxだから・・・」というのはちょっと違うかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>もしその余命診断がなければどうしていたのでしょうか?

結婚前に夫と相談して、排卵日チェックや、万が一の不妊治療は
一切行わず、自然に任せようと決めていました。
正直なところ、自分自身がどうしても子供が欲しいわけではなく、
もし産むならばどのタイミングで産むべきかを決めかねたため、
決断を天に任せたといえるかもしれません。
もちろん、いつ授かったとしても、ちゃんと産んで自分達で育てる
だけの自信と経済的・時間的な余裕があったからできた選択だと思います。

でも病気が判明した今となっては、体のこと、子供の将来のこと、
金銭的なこと、親兄弟の協力が必須なことなど、考えなくてはいけない
ことが多くなりすぎて、授かったら産めばいいじゃないと気軽には
いえなくなってしまいました・・・。

お礼日時:2007/07/12 16:09

旦那さんの事がとても好きなんですね。


文章にあふれ出ています。
私は小学4年の頃、父を胃がんで亡くしました。
幼く親を亡くすのは、子供ながらに辛く、死と言うのを間近で感じた時でもあります。
残されて辛かったのは、父がいなくなった事はもちろん、一人になった母を見るのも辛かったです。
でも母は「私と姉がいなかったら、お母さんは立ち直れなかったかも」と最初は言っていました。
もし、相談者さんが余命が短くなっても、旦那さんを一人にさせたくないのであれば、お子さんを作ってはいかがでしょうか?
私も子供は好きではなかったのですが、自分の子供は別格でした。
今では二人の息子に恵まれました。
我が子はかわいいです。
また、お子さんを生むことで、自分のDNAを残す事にもなり、旦那さんもうれしいのではないでしょうか。
もちろんお子さんの事は、ご両親にも相談されないと、相談者さんが逝かれたあとお子さんの主な面倒を見る方が旦那さん一人では無理だと思います。
ご両親のどちらかが、見て頂く約束を取れば、相談者さんもお子さんを残してっと言う面では気持ちが変わるのではないでしょうか。
相談者さんはこの様な文章が書けるなんて、心の強い人で、とても旦那さんを好きなんだなぁっと思います。
それとコレは余談ですが、私は全く霊感なんてありませんが、たまに父の夢を見ます。
これが私の空想なのか、現実なのかはわかりませんが、なんだか父と会っている気持ちになります。
私はお子さんを生まれる事が今のお二人にイイでのは?と感じます。
うまく言えませんが、頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろなアドバイス、そしてやさしいコメントをありがとうございました。

私の両親は、まだショックから立ち直っていないのか、あまり病気のことを話したがりません。
また、長年の友人にも、信頼している会社の先輩にも、病気のことはまだ話していません。
相談したり意見を聞いたりできる人が夫以外にはいなかったので、皆様のご意見は非常に参考になりました。
予想はしていたことですが、さまざまなご意見があり、正解というのは存在しないということがよくわかりました。

私は昔から決断が苦手で、だれかに決めてもらったり、世間一般の評判にしたがって選んだりしてきました。
(例えば、口紅を買うときでも売れ筋ランキング上位のものを選んだり、という感じです)

でも今回だけは、「自分が」どうしたいのかをもう一度ゆっくり考えてみようと思います。
その上で、夫やお互いの両親ともよく話し合ってみます

お礼日時:2007/07/12 17:44

私はこのような重大な判断に対して、答えることはできません。


ですが、ここにある産婦人科の医師の言葉を書きたいと思います(状況が
違うことは十分認識しての上のことです)。

「子供を堕して後悔する人はいるけど、産んで後悔する人はいない」

どうか最良のご決断を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとおりですね。
もし子供を産んでしまえば、夫や子供の将来が心配になったり、
別れがつらくなることはあるかもしれませんが、産んだことを
後悔することはないと思います。

お礼日時:2007/07/12 13:49

質問文を拝見して胸が詰まりました。

 とても辛い選択を強いられていますね。

一般論で大変恐縮なのですが、子供の将来を考えると、ここはやはり1番目の選択しかないように思われます。

時々40歳を越えての高齢出産をする女性がいますが、妊娠、出産、それに育児に要する体力は想像を超えるものがあると思います。 ご主人の協力が期待できるとしても、男性はどうしても仕事中心になりがちなので、これもやはり限度があります。

従って仮に思い切って出産を決意されたとしても、母親として子供にしてあげたい事が満足に出来ない可能性があるように思います。

それに万一ご主人と幼い子供さんが残された場合ですが、その後のお二人の大変な生活は想像に難くありません。

もし別の女性と再婚という事になっても、相手の女性と子供さんは血のつながらない関係になるし、それに子供さんもその頃には実の母親の記憶がシッカリ残るくらい大きくなっているでしょうから、「今日からこの人が新しい母親だよ」 と言われても、お互い家族として愛し合って新しい家庭を築くのに相当な苦労がいると思われます。

また再婚した相手との間に子供が出来た場合、兄弟関係が難しくなる場合があります。

辛いでしょうが、ここは二人で残された時間を有効に過ごすのが賢明なように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろなアドバイス、そしてやさしいコメントをありがとうございました。

私の両親は、まだショックから立ち直っていないのか、あまり病気のことを話したがりません。
また、長年の友人にも、信頼している会社の先輩にも、病気のことはまだ話していません。
相談したり意見を聞いたりできる人が夫以外にはいなかったので、皆様のご意見は非常に参考になりました。
予想はしていたことですが、さまざまなご意見があり、正解というのは存在しないということがよくわかりました。

私は昔から決断が苦手で、だれかに決めてもらったり、世間一般の評判にしたがって選んだりしてきました。
(例えば、口紅を買うときでも売れ筋ランキング上位のものを選んだり、という感じです)

でも今回だけは、「自分が」どうしたいのかをもう一度ゆっくり考えてみようと思います。
その上で、夫やお互いの両親ともよく話し合ってみます

お礼日時:2007/07/12 17:43

はじめまして。


自分なら、と考えて回答させて頂きます。

私は2番をオススメします。

どのような病気は分かりかねますが、余命10年。
もし出産すれば確かに寿命は縮んでしまうかもしれません。

ですが、今は子供が好きじゃないかもしれませんが、自分の子供は絶対に別です。
私は今まで子供が大嫌いで、食事に行っても子供が泣いたり、遊んでいるだけで「うるさい!」と顔をしかめるくらいでした。
ですが、2年ほど前に妹が子供を出産しました。
妊娠が分かる前は家族とも不仲で、妹や家族を気遣ったことなどなかった私でしたが、妊娠した途端に妹に手厚い態度を取り、子供が生まれてからは目に痛くない、と言うのはこういう意味なんだ・・・と思うくらい可愛くして仕方ないです。

旦那様も子供好きなら、きっと可愛がってくれるでしょうし、将来も一人っきりじゃないというのは本当に心の支えになると思います。
nyanco_999さんも心配している、家事育児が出来るか不安だ、幼い我が子を残していくのはつらい、というお気持ち、お恐れながら想像の範囲ですが、理解出来ます。

ですが、家事も育児も夫婦が一緒にやるものでしょうし、何より子供のことを考えれば、もっと長生きできるかもしれないです。
(実際、うちの親戚でも宣告されていた余命より長生きした人もいます。)自分の可愛い子供と旦那さんのために、ともっと頑張れるかもしれないですし、旦那さんも一人じゃない、いいことだと思うので、私なら生みたいと思います。

そして、何より離婚は反対です。
支えと同時に重荷かもしれませんが、きっと旦那さんはnyanco_999さんが件こんな女性だから結婚したのではなく、好きだから結婚したと思うので・・・・。

偉そうなことばかり書いてごめんなさい。
もし、少しでもお役に立てば、と思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろなアドバイス、そしてやさしいコメントをありがとうございました。

私の両親は、まだショックから立ち直っていないのか、あまり病気のことを話したがりません。
また、長年の友人にも、信頼している会社の先輩にも、病気のことはまだ話していません。
相談したり意見を聞いたりできる人が夫以外にはいなかったので、皆様のご意見は非常に参考になりました。
予想はしていたことですが、さまざまなご意見があり、正解というのは存在しないということがよくわかりました。

私は昔から決断が苦手で、だれかに決めてもらったり、世間一般の評判にしたがって選んだりしてきました。
(例えば、口紅を買うときでも売れ筋ランキング上位のものを選んだり、という感じです)

でも今回だけは、「自分が」どうしたいのかをもう一度ゆっくり考えてみようと思います。
その上で、夫やお互いの両親ともよく話し合ってみます

お礼日時:2007/07/12 17:40

あなた一人で決めることではないと思います。


仮にあなたが勝手に考えて勝手に結論を出したら、例えどういう結論であっても、ご主人は悲しい思いをすると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

病気が発覚してから夫や私の両親と何度も話し合って、
「(1)子供はあきらめて二人で生きる」と決めたのですが・・・。

卵巣を取ってしまったわけではなく、気持ちだけの問題なので、
本当にこの選択でよかったのか、今ならまだ間に合うのではと悩んでしまうのです。

お礼日時:2007/07/12 13:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 全身性エリテマトーデス・全身性紅斑性狼瘡・SLEのまとめページ

    全身性エリテマトーデス(SLE)とはどんな病気か  自分自身の体の組織に障害を与える抗体(自己抗体)ができ、さまざまな臓器で炎症を引き起こす病気です。よくなったり(寛解(かんかい))、悪くなったり(増悪(ぞうあく))を繰り返しながら慢性に経過します。日本には約5000人の小児患者がいると推定され、女子が男子に比べ5倍多く発症しています。 原因は何か  根本的な原因は不明ですが、次のようなことが発病に関...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QiPhoneアプリ「3年日記」バックアップできない

iPhoneのWiFi機能が壊れて、ソフトバンクの人からの勧めで、iPhoneをバックアップして復元しようとしています。

iPhone用アプリ『3年日記』(ver1.3.1)(85円)を使っていますが、iPhoneのバックアップでは3年日記のデータはバックアップされないみたいなので、3年日記のアプリでバックアップする必要があります。
しかし3年日記のバックアップはDropBoxを使ったバックアップでWiFi接続が必須のようで、今iPhoneのWiFiが使えない状況のため、アプリでのバックアップが出来ずに困っています。開発者に相談したくても連絡方法もわからないし。。。開発者はKazuoSakamotoさんとなっているようです。
3年日記を3g回線でもバックアップできる方法、もしくは、開発者への問い合わせ方法をわかる方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

ザザッと調べてみましたが、

http://www.smartphone-dev.com/blog/?p=136

こちらで試して見るのはいかがでしょうか?

また、こちら開発者さんのブログのようですので、
ここからであれば連絡がとれるかもしれません。

Q32才主婦です。約2年前から子作りを試みていますがなかなか妊娠しません。1年タイミングをとりましたが

32才主婦です。約2年前から子作りを試みていますがなかなか妊娠しません。1年タイミングをとりましたがダメで、不妊外来に通い一通りの検査も行いましたが、私も主人も特に悪いところもなく、人工授精10回行いましたがダメでした。体外受精に進もうと思い低刺激法でやっていましたが、たまごがちゃんと育っていなくて採卵ができませんでした。お金も時間もかけてるのに何でこんな頑張っているのに報われないんだろうって、イライラが募っていく一方です。私は妊娠しにくい体質なのでしょうか?みなさんはイライラとどうつきあっていますか??
妊娠しやすくなる方法があれば教えて下さい。マカや葉酸のサプリメントは飲んでいます。

Aベストアンサー

まだまだ32歳!高齢出産ではないし、妊娠しにくいとは決めつけないで下さい。とにかく精神的に自分を追い詰めてしまう事が排卵にはよくない。イライラしたり絶望する事はあるかもしれないけど焦らず自分達を信じて!所で子宮内洗浄はしましたか?旦那さんもストレスたまると、いい精子が出来ないから、とりあえずは、少しでもストレスためないで下さい。

Qフランス語訳 「余命」

インターネットなどで「余命」のフランス語訳を調べると

l’espérance de vie (平均余命)
リスペホンス ドゥ ヴィ

と出てきました
実際にこの言葉が持つニュアンスは日本の余命と近いものになるでしょうか?
ネイティヴなフランス語に詳しい方がいらしたらご指南いただきたく存じます

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

l’espérance de vie (レスペランス ドゥ ヴィ)は、まさに「平均余命」です。
新聞や雑誌で平均寿命の話をするときなんかに出てくる言葉です。
そういう意味では日本語と同じです。

それとも、「余命幾ばくもない」というときの「余命」でしょうか。
それならたとえば「彼の余命」であれば、
ses derniers jours(直訳:彼の最後の日々)
le restant de sa vie(直訳:彼の生命の残り)
あたりでしょう。

「彼はもう余命幾ばくもない」であれば、
Ses jours sont comptés.(直訳:His days are counted)

Q産むか産まないかについて

私自身、どうしたものかと迷い、悩んでいるので参考意見をいただけないかと
思いこちらに来ました。

私は先週産婦人科に行き、妊娠していることが発覚しました。
ただ、現在の彼の経済状況では、貯金も新生活を迎えるには少なく、母親の
扶養等に月10万円(彼の給与の半分弱)が出ていってる状況です。
両親は今の彼についていったら お前が不幸になる、まだ妊娠初期だから
堕ろしても不妊になる心配はない、って病院の先生も言ってるし
今回は堕ろして彼と別れたらどうかと言われている状況です。
手術をすると、子供の命を勝手に私の状況や判断で奪ってしまうことになるので
この子には申し訳ないばかりで。かといって、望まれてない子が産まれてくる
のも可哀相で。(彼は産むかどうかの決断は私に任せる、産むのであれば
結婚するとのことです。)産み育てられるかの経済的状況も不安です。

手術をするのであれば、今週前半には病院に予約等しなければならず、
最後の決断は自分でするつもりですが、時間がなく、産むか産まざるか、
重要な決断をする前に少しでも多くのご意見がいただければと思います。
よろしくお願いします。

私自身、どうしたものかと迷い、悩んでいるので参考意見をいただけないかと
思いこちらに来ました。

私は先週産婦人科に行き、妊娠していることが発覚しました。
ただ、現在の彼の経済状況では、貯金も新生活を迎えるには少なく、母親の
扶養等に月10万円(彼の給与の半分弱)が出ていってる状況です。
両親は今の彼についていったら お前が不幸になる、まだ妊娠初期だから
堕ろしても不妊になる心配はない、って病院の先生も言ってるし
今回は堕ろして彼と別れたらどうかと言われている状況です。 ...続きを読む

Aベストアンサー

恐らく。
よほどの鬼畜で、テレビのニュースを騒がせるような人じゃないなら、産んで後悔はないと思いますよ。

質問者様は相談できるご両親がいるんですね。
いざとなれば多分、娘と孫への愛情から支援してくれるご両親じゃないかと推測します。

彼は結婚するともいっていますし、父親もちゃんといる状況。
収入が少ないとはいえ、働いていて定期収入あり。

母親の扶養ですけど、今は同一世帯であるから扶養義務があるんでしょう?
結婚して独立世帯になったときに、母親はそれだけの扶養がないと生活できない・仕事できないのであれば生活保護が申請できるでしょう。
今申請させない水際作戦も多いようですけど、違法ですから毅然と対応すれば大丈夫ですよ。
いざとなればこれは弁護士に相談しましょう。

無事出産できれば質問者様も働けますしね。
子どもが一人であれば親がふたり働けばなんとかなります。

問題がお金の面だけならば、「まっとうなお金の心配」であればそう問題はないかと思います。これが浪費癖の母親につきまとわれていてお金を渡しているって話じゃななら。

恐らく。
よほどの鬼畜で、テレビのニュースを騒がせるような人じゃないなら、産んで後悔はないと思いますよ。

質問者様は相談できるご両親がいるんですね。
いざとなれば多分、娘と孫への愛情から支援してくれるご両親じゃないかと推測します。

彼は結婚するともいっていますし、父親もちゃんといる状況。
収入が少ないとはいえ、働いていて定期収入あり。

母親の扶養ですけど、今は同一世帯であるから扶養義務があるんでしょう?
結婚して独立世帯になったときに、母親はそれだけの扶養がないと生...続きを読む

Q癌 余命

癌を宣告された患者や家族は、なぜ、すぐに余命を聞きたがるのでしょうか?

リンパ節に転移があったとしても、多くの癌ではそれほどすぐには死にません。
リンパ節転移が見られる癌は多いですし、治療の進歩でリンパ節転移があっても、5年~10年以上生存する人も多いです。
よほどの末期癌でない限り、医師も余命は予測できませんし、1年生存確率10%でも100人に10人は生き残りますよね。

なぜ、癌を宣告された患者や家族は、すぐに余命を聞きたがるのでしょうか?
癌=余命宣告、しばらくしたら死ぬというようなイメージでしょうか?

Aベストアンサー

私の意見でして、すべての方にあてはまるかは疑問ですが、
癌の宣告をされて、最初に思ったのが、「俺の人生終わったか・・・」でした。
なんででしょうね。手術をする前や治療をする以前に、終わった。と思いましたよ。
ご質問者様の仰るように、癌=余命宣告 というのが、自然と頭にインプットされているんでしょうね。
でも私の場合は、余命どのくらいですか?とは聞きませんでした。治りますか?とは聞きましたが。
治療は治すためとはいえ副作用のせいで弱る部分も出てきます。相当な体力が必要です。
ですから、癌はあるのに治療を休まなくてはいけないときもあります。
もう、これ以上治療を続けても死期を早めるだけだとか、昏睡状態だとかでないと、現実では余命云々とはあまり聞かないのではないかと思います。
テレビ、ドラマの影響が大きいように思います。癌になると末は死ぬ。それまでにしておくことは済ませるような
パターンが多いのかな。
今は、医学の進歩から治せる癌、治せなくても出来る限り長く生かせるような治療。医学はすばらしいと思います。
ドラマや映画が、癌にかかっても、治って元気におじいちゃんおばあちゃんになるまで暮らしているような、ストーリーが増えないといけないのかな。
だらだらと書きましたが、おっしゃるとおり、癌=すぐに死ぬ というイメージに尽きると思います。

私の意見でして、すべての方にあてはまるかは疑問ですが、
癌の宣告をされて、最初に思ったのが、「俺の人生終わったか・・・」でした。
なんででしょうね。手術をする前や治療をする以前に、終わった。と思いましたよ。
ご質問者様の仰るように、癌=余命宣告 というのが、自然と頭にインプットされているんでしょうね。
でも私の場合は、余命どのくらいですか?とは聞きませんでした。治りますか?とは聞きましたが。
治療は治すためとはいえ副作用のせいで弱る部分も出てきます。相当な体力が必要です。
ですか...続きを読む

Q32才主婦です。不妊期間が約2年になります。病院での検査でAMHが低く、子宮年齢が実年齢よりも6才高

32才主婦です。不妊期間が約2年になります。病院での検査でAMHが低く、子宮年齢が実年齢よりも6才高い38才とのことでした。そのほかの検査では特に異常がなく、旦那のほうにも問題ありません。35才から妊娠率が下がると言われていますが、私がなかなか妊娠しないのはやはり子宮年齢が高いからでしょうか??詳しいかたよろしくお願いします

Aベストアンサー

私も32歳の時AMHの検査をして40歳手前と言われましたが33歳で妊娠しました。

3年間不妊だったので関係あるのかな?
私も他は異常なし主人も大丈夫だったので。

でも私は検査だけで不妊治療はしませんでしたよ。
AMHの数値は薬ではどうにもならないので、今ある卵子を大事に子宮を労わっていたら自然と妊娠しました。

Q余命を宣告されたらどう過ごしますか

余命を宣告された訳でも、大病になっている訳でもありません。

(昨年、考えるきっかけがあったもので)

私は、余命2ヶ月と言われたら、
職場の上司と自分の家族に知らせます。
1ヶ月休みを頂いて、今まで関わった人に
病気のことを伝えず、お礼の旅をしたいと
思います。
余命1ヶ月を切ったら、家族と楽しく過ごします。

Aベストアンサー

余命宣告されたら、まず自室の掃除と、机と箪笥の中を片付けます。
特に箪笥の中身、着古した服や下着を処分します。
机の引き出しの中も入念に片付けておきます。

次に家族に話して、私の場合、一人者なので、その時点で親がいれば親に、もう親がいなければ妹と弟に、その時の事を頼みます。費用などの置き場所、実印、保険の証書、家土地の権利証の置き場所、遺言書の場所なども話しておきます。

それから会社の上司に話して、仕事の引継を行い、退職します。

その後まだ動けるようであれば、お世話になった人や友人に会いに行ったり、大好きな場所を回ります。もし動けないようであればお世話になった方々、友人にお礼の手紙を書きます。

約10年前、病気した時、医者からもしかしたら明日の朝、死んでるかもしれない、と言われた事が一度ありまして、それ以来回復した今でもその時の準備だけはある程度しています。宣告されたら、心静かにその時に向かって過ごしたいとは思っています。

Q高プロラクチン血症と診断されたが妊娠した方はいますか? 結婚6年目に入りますが、お互いが晩婚って事も

高プロラクチン血症と診断されたが妊娠した方はいますか?
結婚6年目に入りますが、お互いが晩婚って事もあり付き合ってる頃から避妊もせず子作りをしてますが子宝に恵まれず、半年前から不妊治療を本格的にスタートしました。先日医師から高プロラクチン血症でこれが妊娠しにくい原因だと言われました。
高プロラクチン血症と言われたけど、妊娠しましたって方がいらしたら教えて欲しいです。希望を持ちたい!!!

Aベストアンサー

20代と40代で不妊治療をしています。高プロラクチンの人は多いですよ。
20代のころは、黄体機能不全と高プロラクチンのため、クロミッドとパーロデルという薬を飲んで治療をし、タイミング法だけで妊娠できました。
まず、基礎体温をしっかりつけましょう。これはとても大事です。
治療法は、薬です。私は飲み薬と、タイミング(排卵期をチェック)でした。6か月がんばってもなかなか妊娠しなくてイライラしたり落ち込んだりしましたが、7か月目にやっと授かりました。双子です。もう、成人しています。
高プロラクチンは、一般の産婦人科でも対応できますが、プロラクチンが高い原因が脳腫瘍などの場合は、高度な治療が必要ですので、まず、そこのところから検査が必要なら、大きな病院を紹介してもらってもいいと思います。

今は高齢なので、体外受精の治療をしていますが、もうプロラクチンは高くないです。

Q医師の余命宣告の信憑性

父親と知人が余命宣告を受けています。
父親は肺癌からくる脳腫瘍です。一時は一週間と言われ、あわてて入院、治療を始め、それでも半年から一年と言われました。
知人は、病名が分からないのですが、何か血液がカルシウムを多く作りすぎる病気で(遺伝らしいのですが)、治らないみたいです。初めて受けた余命宣告はとっくに過ぎていて(五年くらい)、二回目の余命宣告も2年くらい過ぎています。
病気によってそれぞれだと思いますが、医師の言う余命宣告ってどれくらい正確なのですか。後半年といわれてから何年、何十年生きる人もいると思いますし、後3年と言われて半年でなくなってしまう人もいると思います。医者は何を基準に余命宣告するのでしょう。そして、その信憑性を教えてください。

Aベストアンサー

初めまして。

私は医療従事者です。
#1さんの仰るとおり、余命とはその病気に掛かってしまった方がどのくらい生存していたか、
と言う統計に基づいて話している筈です。

人の体ってこんなに医学が進んでいても、分からない事は沢山あります。
千差万別とはよく言ったものですが、まさにその通りで、色々なそれぞれの体の体質や機能の違いで変わってくる物です。
そう言ってしまうと都合の良い様に聞こえてしまうかも知れませんが、実際はそれが本当のところなのではないかと思います。

Q健康診断で子宮頸がんと診断されてから生理が不順になった

こんばんわ
現在28歳です。
生理不順の改善法があればと思い質問させていただきました。
先日健康診断で子宮頸がんの検査にひっかかり、病院で検査したところ、子宮頸がんの超初期状態であると診断されました。
妊娠希望だったのでとてもショックでした。
先生は、妊娠してもOKとおっしゃってくださったのですが、
それ以降、それまで狂うことのなかった生理周期が乱れてしまい
生理が2ヶ月に1回になってしまいました。
それまでは生理周期30日で基礎体温は測っていなかったものの
生理1週間くらい前から胸が張ったりして異常は感じませんでした。

現在、基礎体温をつけていますが、ずっと今日で20日間低温期のままです。
病院にはまた検査に行くので相談してみますが、何かいい方法があればと思い質問させていただきました。
あまり、排卵のこととか考えないようにはしてるんですが、ついつい考えてしまいます。
よろしくおねがいいたします

Aベストアンサー

私も10年前、子宮頸がんの初期の初期と言われ細胞検査も受けました。
結果は良性でしたが、当時19歳だったのでとてもショックでした。

基礎体温を付けるように言われましたが、嫌になるぐらいバラバラで、高温期も低温期もありませんでした。
生理?出血?も1か月以上続いたり、2か月来なかったり最悪でした。
病院で漢方を処方されましたが、値段が高かったのと食前にの飲まなくてはいけないので忘れがちになり、なかなか続きませんでした。

不規則な生活をしていたのもあったので、仕事も辞め早寝早起きの規則正しい生活をし、毎日納豆を食べたら生理不順や基礎体温も安定してきました。 
私の場合仕事のストレスがかなりあったので、(病院でも辞める様に言われました)仕事を辞めただけで大分症状は改善されました。

その後妊娠を望んだ時期(5年間)がありましたが全然出来なくて、心配していました。

でも今の旦那と知り合って妊娠しにくいから大丈夫だと思い避妊しなかったら約1年後に妊娠しました!
今は子供と一緒に毎日楽しく過ごしています。

子供を望んでいるとやっぱり排卵の事は気になりますよね。でもその事がストレスになりませんか?私の場合そうでしたから。「排卵日にしたのに何で出来ないの!」って

今は2人目を望んでるのですが、1年程できないですね~。
そのうちにできるわ~と思い、基礎体温も付けず、排卵の事は全く気にしない様にしています(笑)

病院でも言われましたが、ストレスもかなり関係するみたいですよ。
ですから、ストレスを溜めずに規則正しい生活をしてみて下さい。
簡単な様で難しいですよね。一応、納豆も試してみて下さい。

私も10年前、子宮頸がんの初期の初期と言われ細胞検査も受けました。
結果は良性でしたが、当時19歳だったのでとてもショックでした。

基礎体温を付けるように言われましたが、嫌になるぐらいバラバラで、高温期も低温期もありませんでした。
生理?出血?も1か月以上続いたり、2か月来なかったり最悪でした。
病院で漢方を処方されましたが、値段が高かったのと食前にの飲まなくてはいけないので忘れがちになり、なかなか続きませんでした。

不規則な生活をしていたのもあったので、仕事も辞め早寝早...続きを読む


人気Q&Aランキング