関空からシンガポール・クアラルンプール経由でペナン(深夜到着)へ行きます。
円からマレーシアリンギットへの両替でレートのよい両替方法は?

日本の空港での両替は最悪との情報を得ています。
(1)クアラルンプール・シンガポールあたりで両替がいいかなと考えていますがどうでしょう?
(2)クアラルンプール・シンガポール空港の両替窓口は、24時間開いてますでしょうか?
(3)円キャッシュ・円TC・クレジットカード決済、どれが一番レートがよいでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 私はペナンを2004年の1月に訪ねました。

のんびりした雰囲気のどこか懐かしい街を3日間、足の向くままに歩き回って楽しんできました。治安もいいですし人も親切、おまけに料理も旨いとなるとリタイア後の移住先として人気があるのも頷けます。

 ペナン空港は決して大きい空港でなく、日本でなら「羽田への便が1日3~5便の地方空港」程度の規模ですが、両替所はちゃんとあります。マレーシアの大手銀行"Maybank"の出張所が到着ロビー・出発ロビーの双方に設置されています[1]。私が両替した限りでは空港特有の手数料上乗せもありませんでした(*1)。営業時間は07:00-23:00ですが、間に合わないかあるいはその可能性があるなら乗継ぎ空港で2千円か3千円分くらい両替しておけば安心でしょう。
 Maybankのレートは参考ページ[2]で確認できます。例えば9月25日の現金両替レートですと
・日本円→マレーシアリンギット 100円→2.93リンギット
・マレーシアリンギット→日本円 3.22リンギット→100円
となっています。売買の中間レートは100円=3.075リンギットですので、日本円→リンギット片道の両替で4.7%が手数料(為替手数料)として引かれていると分かります。
 4.7%は為替手数料としては高い部類ですので、空港(の銀行)での両替は必要最少額に留めて残りは市中の両替商で両替するのが良いでしょう。2004年1月時点(*2)の為替手数料は2.2%程度で、それでしたら「銀行での両替でも妥協できる範囲」と回答したところなのですが、4.7%となると上記のように「銀行では必要最少額だけ両替」と方針が変わってきます。
 参考ページ[3]によればペナン空港にはCIMB銀行の両替所もあるようです。[3]に出ている写真を見ると、2007年7月28日の現金両替レートで
・日本円→マレーシアリンギット 100円→2.84リンギット
・マレーシアリンギット→日本円 3.05リンギット→100円
となっています。同様に為替手数料を計算すると片道3.6%と求められます。3.6%でもまだ高めですがなんとか妥協できる範囲かと思います。

 クアラルンプール空港ですが、参考ページ[4]によれば24時間営業の両替所が数か所あるようです。店頭に表示されているレート表をざっと見て上と同様に手数料を概算してみてください。おおまかな目安として、手数料を3%以上取っているようなら両替は最少限に留め、残りは市内で両替するようにすればよいわけです。

 レートの良さならやはり市内の私営両替商で決まりです。マレーシア、シンガポール、香港といった東西貿易の拠点として発展した国や地域は私営両替商が発達しており、一般に銀行より有利なレートで両替できます。ペナン(ジョージタウン)もその例に漏れません。
 ペナンでの両替ですが、手っ取り早くはジョージタウン中心部にある巨大なショッピングセンター"KOMTAR" (Kompleks Tun Abdul Razak)に行くとよいでしょう。両替商が何軒か入っており銀行より1%程度良いレートを出していますから数軒見比べてみてください。日本円からの両替ももちろん可能です。参考ページ[3,5]でも両替商のレートの方が銀行より1~1.5%程度よい旨が記されています。
 KOMTARの北側、チュリア通り辺りまでのエリアでも両替商はいくつか見かけましたが、冷房の効いているKOMTARと違って外はやはり暑く、レートを見比べながら歩くのはいささか疲れそうです。

 クレジットカードでの支払いは、基準となるレートにVISA, Masterが1.63%、JCBが1.60%の手数料(海外利用に伴う手数料)を上乗せした額になります。ではその「基準となるレート」とはいくらなのでしょうか。結論から言えば上記の「(銀行の)売買の中間レート」と同じと考えて頂いて結構です。
 ニュースなどで「午前の東京外国為替市場は、1ドル=114円85銭から95銭で取り引きされています」と報じられるレートは「銀行間レート」と呼ばれます。クレジットカード会社や銀行はこの銀行間レートを参照しながら、自社/自行での通貨間換算の基準となるレートを毎日定めます。銀行間レートは常に変動しておりこれを基準に処理を行うと煩雑になるためです。この「基準となるレート」は各銀行やクレジットカード会社が独自に定めますから完全な一致はあり得ませんが、いずれも外国為替市場の銀行間レートを参照しているので自ずと一定の範囲に収束します。従って「外国為替市場での銀行間レート」「銀行が定める基準レート(公示仲値)」「クレジットカード会社が定める基準レート」は同一視して差し支えありません。このことの検証については脚注*3に記しました。Maybankでの両替で触れた「売買の中間レート」も、銀行が定める基準レートと考えて頂いて結構です。
 またクレジットカードでATMからキャッシングすることも可能です。キャッシングは一種の借金なので好まれない方もいらっしゃいますが、海外では手数料割安の両替代わりに使えます。到着が遅れて銀行が閉まっていた時の備えにもなります。
 レートは前出の「クレジットカード会社が定める基準レート」が適用されます。典型的には利率は年利で15~25%、利用日から引落し日までは25~55日ですので、利息として利用額の1.0~3.8%程度を支払うことになります。これを両替の手数料と比較すれば良いわけです。なおキャッシングでは「海外利用に伴う手数料」(1.60-1.63%)の上乗せはありません。これが加算されると主張する回答も依然見かけますが、それは過去の計算法です。

 私営両替商が発達している国・地域では、トラベラーズチェック(以下TC)は概して不利です。例えばシンガポールでは現金よりレートが悪く、香港では30~50香港ドルの換金手数料がかかります。マレーシアでは5~10リンギット程度の換金手数料のようです。レートは[2]の表ですと"Buying OD"が適用され現金(Currency Notes)より0.7%ほどよいのですが、TC発行の際に発行手数料1%を払っていますから差し引きで結局損です。短期の旅行であれば日本円現金からの両替で十分と考えます。

 シンガポールで両替すると、リンギットも円も外貨であるために日本円→シンガポールドル→マレーシアリンギットの2段階で計算され、手数料も2回分差し引かれます。ただしシンガポール・チャンギ空港の両替所のレートは比較的良心的ですし、日本円・マレーシアリンギットともシンガポールではレートの悪くない通貨ですから、2回分の手数料を払ったとしても目減りは妥協できる範囲でしょう。シンガポール空港の両替所については、少なくとも23時までは営業しているのを実際に見ています。

【まとめ】
(1)両替法の有利不利は外国為替市場での銀行間レート(≒銀行が定める基準レート、≒クレジットカード会社が定める基準レート)を基準として、どの程度の手数料がかかるかで比較すると分かりやすいです。手数料(またはそれに相当するもの)の目安は以下の通りです。
・マレーシアの銀行で日本円現金から両替 3.6~4.7%
・マレーシアの銀行で日本円TCから両替 4.0%+発行手数料1%+換金手数料1回5~10リンギット
・マレーシアの私営両替商で日本円現金から両替 銀行より1~1.5%程度有利
・クレジットカード(ショッピング) 1.60~1.63%
・クレジットカード(キャッシング) 1.0~3.8%(利息として)
(2)ペナン空港の両替所(Maybank)は23時まで営業とアナウンスされています。シンガポール空港は少なくとも23時まで営業しているのを実際に見ています。クアラルンプール空港については24時間営業の両替所がいくつか存在するようです。

参考ページ
[1] http://www.maybank2u.com.my/locate_us/forex/fore …
[2] http://www.maybank2u.com.my/business/treasury/fo …
[3] http://mm2h.blog87.fc2.com/blog-date-200707.html
[4] http://www.big.or.jp/~aochan/travel/klkoutu/klia …
[5] http://penang-life.spaces.live.com/blog/cns!EB09 …
[6] http://fx.sauder.ubc.ca/data.html

*1 私は米ドルが余っていたので米ドルから両替しました。レートは1ドル→3.762リンギットで、差し引かれた手数料は1%ということになります。脚注*2も併せてご覧下さい。
*2 マレーシアリンギットは1998年9月2日から2005年7月21日まで、1米ドル=3.8リンギットの固定制(ペッグ制)が採用されていました。その後ペッグ制が解除されて為替変動幅が大きくなり、手数料率も上がったものと推測されます。ペッグ制当時、固定相手の米ドルから両替する際の手数料は上述のように片道わずか1%(両替商ではそれ以下)でしたが、現在は2.5%程度にまで上がっています。
*3 例えば2004年1月12日決済の私の利用実績は1リンギット=28.565円で処理されています。カードはVISAですので手数料は1.63%です。1.0163で割ると1リンギット=28.107円で、一方この日の銀行間レート[6]は1リンギット=28.022円です。乖離は+0.30%と求められます。同様に2004年7月20日の利用実績は1リンギット=29.038円、1.0163で割って28.565円、銀行間レートが28.521円なので乖離は+0.18%となります。

参考URL:http://www.big.or.jp/~aochan/travel/klkoutu/klia …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な情報ありがとうございます。
ずいぶんな手助けになります。
銀行両替より私設両替商が有利、TCが不利であるのはちょっと意外でした。
参考ページはまだのぞいていませんが、有効な情報がわんさか出てきそうですね。

お礼日時:2007/09/26 21:10

日本での両替は、リンギッドを扱っている所が少ないのが原因なのか、あまりレートは良くないですね。


シンガポールの空港での両替は、円→シンガポールドル→リンギッドの2段階になりますので、その分レートも落ちます。
クアラルンプールの空港の両替窓口ですが、24時間オープンかどうかまでは知りませんが、少なくとも国際線の到着、出発時間帯であれば間違いなく開いています。
マレーシアのホテルでも円からの両替はしてくれますが、一般的にレートが良いとは思えません。
一番レート良く交換できるのは、町の両替商です。

私は、シンガポール経由でJBへ良く行くのですが、
財布の中にリンギッドが無い時は、心細い時は、まずシンガポールの空港で1万円両替。後はJBのショッピングモールの両替商で行ってます。
今とはレートが違いますが、1万円からの両替で、
シンガポール空港:290リンギッド
クアラルンプール空港:320リンギッド
ジョホールバルの両替商:330リンギッド
ジョホールのホテル:280リンギッド
と言うような感じだったと記憶してます。

円のTCは両替しないと使えないので、わざわざ購入する必要性は感じません。レートだけを考えれば、クレジット決済が一番良いように思えますが、怪しげな店も多いんで、、、ホテルとか、空港内、デパート以外は使用を控えてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シンガポールでは、2重の手数料になるわけですね。
1万円が、(ジョホールバルの両替商:330リンギッド)と(ジョホールのホテル:280リンギッド)で約15%違うわけね。
当面KLの空港で両替となるかと考えています。
情報ありがとぷございます。

お礼日時:2007/09/26 21:18

日本円は、ペナンではどの程度通用するのかわかりませんが、少なくとも、わざわざTCを用意する必要は、ありません。



現地通貨(現金)かカードかですが、レートはたいして違わないと思いますから、カードが使えるところではカードでよろしいのではないでしょうか。
但し、VISAは使えるけれどJCBはだめ、というようなところは、あるはずです(もちろん、JCBの優待料金のあるところもあります)。また、最近は、カード利用時には暗証番号(PINコード)をご自身で打ち込む場合が多くなっています。

シンガポールやKLの空港での両替は、フライトのある時間は、どこかは開いているはずですが、ペナンのような地方空港ですと、深夜はどうかな、という気がします。
KLでは、サテライトに到着してエアロトレインで移動するのですが、そのエアロトレイン乗り場右手に、銀行があります。

http://www.klia.com.my/index.php?ch=68&pg=193&ac …

ペナンでは、ジョージタウンのインド人街にある両替店のレートがもっともよいと言われています。#1の方の回答にあるように、空港で当座分を両替しておいて、ペナンであらためて両替してはいかがでしょう。

参考URL:http://www.mas-japan.co.jp/info/pen/pen_floormap …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当面は、KLサテライトのエアロトレイン乗り場右手の銀行で両替することになりそうです。
情報ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/26 21:20

こんにちは


去年行きましたのでそのときの情報と言うことで。

常識的に考えれば、シンガやクアラあたりの空港の両替なら飛行機の飛んでいる時間であればあいていると思います。私もシンガポール深夜到着でしたが、少なくともシンガポールは開いていました。
どちらにせよ、空港での両替は最低限でおさえて、あとは街中で両替するのが一番だと思います。

ちなみに、私がいったときはブキッビンタンあたりの両替が一番レートがよく、クレジットカードよりも有利なときもありました。ペナンだとどうでしょうか。一般的には商業施設の栄えているところがレートも良い傾向があるのでいくつか回って見て、レートのよいところでかえるといいと思います。

レートはタイミングで日々変わるので一概にはいえませんので、両替レートを気にするよりむしろ両替のタイミングのほうが大きいです。
なので、個人的には、使う金額にもよりますが、あまり細かく考えてもたいした差にはならないので、利便性を優先して両替方法を考えるようにしています。
TCは利用しなかったのでわかりません。

一応、マレーシアはクレジットカードのトラブルが多いと聞いていたので、カードはあるていど信用のおける店しか使わないようにしていましたが、トラブルはありませんでした。
また、ホテルの盗難がほかのエリアに比べると多いようです。結構有名なホテルでも報告があるようなので注意した方がいいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

街の両替商が有利というのは意外でした。
情報ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/26 21:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q募金に両替手数料ってかかるの?

 小銭を紙幣に両替しようとすると手数料がかかりますよね。
募金で集まった大量のお金ってどう処理しているんでしょう。

よく小銭を瓶にぎっしりつめて募金所にもってくなんて光景を
みますが(例えば24時間テレビとかで)ほとんどが手数料に消えてる
なんてことはないですよね。銀行が協力してくれてるのかな?

以上わかる人がいましたら回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テレビ局の募金用の口座に一旦入金しているんだと思いますよ。
個人でも、両替の場合は手数料がかかりますが
口座に入金の場合は1000枚の10円玉を持っていっても
手数料はかかりませんから。

Q両替について(マレーシア・シンガポール)

こんにちは。
来月から旅行が決まったのですが、日本円から他国の通貨に変えるときレートが有りますが、
例えばですが
1ドル=104.523円だとします。
1ドルだけ変えるのならば端数切捨てで104円で交換するのでしょうか?
実際は3ドル欲しかったとしても、端数切捨てであるならば、1ドルづつ交換する(めんどくさすぎますが)のが、お徳なのでしょうか?

それとMR(マレーシア・リンギッド)はシンガポールでシンガポールドルに変えれますでしょうか?

Aベストアンサー

> 1ドルだけ変えるのならば端数切捨てで104円で交換するのでしょうか?

 残念ながら、円をドルに換えるのであれば、その場合は 105 円必要です。
絶対、切り上げてはくれません。逆にドルを円に換えるのであれば、端数は
切り捨てられるので、1ドル出せば 104 円しかもらえません。

 また、「 1ドルだけ換える 」というのがドル → 円なら問題ありませんが、
円 → ドル( もしくは円 → すべての外国通貨 )の場合は、日本国内でのみ
可能です。国外では両替の際に硬貨を受け取ってくれないんですね。ですから
104 円を両替してもらうのは不可能で、最低でも 1000 円札からしか両替でき
ません。よって、「 3ドル欲しい ( もしくはその程度の外貨が欲しい )」という
希望は残念ながら、日本国外では叶えられないのです。

> MR(マレーシア・リンギッド)はシンガポールでシンガポールドルに変えれますでしょうか?

 両替所にもよりますが、ほとんどの場合は大丈夫です。ひとつには
両国が経済的に密接な関係にあるため、リンギットが鎖国政策のために
マレーシア国外での両替が不可能だったときでさえ、シンガポール国内
では受け取ってくれたり、両替できたりしました。

 もうひとつには、前述のように通貨鎖国を解いたので、現在はタイなど
国外でも両替が可能だからです。ただ、決して使い勝手がいい通貨ではな
いので、できるだけマレーシア国内で両替されることをオススメします。

> 1ドルだけ変えるのならば端数切捨てで104円で交換するのでしょうか?

 残念ながら、円をドルに換えるのであれば、その場合は 105 円必要です。
絶対、切り上げてはくれません。逆にドルを円に換えるのであれば、端数は
切り捨てられるので、1ドル出せば 104 円しかもらえません。

 また、「 1ドルだけ換える 」というのがドル → 円なら問題ありませんが、
円 → ドル( もしくは円 → すべての外国通貨 )の場合は、日本国内でのみ
可能です。国外では両替の際に硬貨を受け取ってくれないんですね...続きを読む

Q小銭の預金の手数料について、

先日、小銭が沢山有ったので、銀行に行き両替を頼んだところ、手数料が出るとの事でした。では自分の口座に預金すると言ったら、それでも硬貨100枚以上は手数料が出ると言われ、頭にきたので、だったら100枚毎に預金すると言ったら、硬貨の預金は同じ口座のへの場合1日1回と言われたので更に頭にきて、ATMはどうかと聞いたら、預け入れ回数に制限なしとの事でしたので、100枚単位で何回も預金していました。するとその銀行にはATMが2台しかないので、もう一台の方が行列になってしまいました。さすがに見かねたのか銀行員が近くに来て、今回だけは窓口で受け付けると言うことで、残りの小銭を口座に入れてきましたが。
上記の事かは他の銀行も同様でしょうか。また、紙幣なら良くて、硬貨ならだめと言う対応も府に落ちません。
銀行とは本来、他人のお金を預かりそのお金を運用して、利益を出す企業だと思いますが、預かりするお金に対して手数料を取るという姿勢がどうしても納得できません。このような事は違法ではないでしょうか。両替はサービスだから手数料が出る(納得はします)でも預金ですよ。と長い前置きですが、小銭の枚数に制限無くお金を預け入れられる銀行を紹介して頂けたらと質問しました。

先日、小銭が沢山有ったので、銀行に行き両替を頼んだところ、手数料が出るとの事でした。では自分の口座に預金すると言ったら、それでも硬貨100枚以上は手数料が出ると言われ、頭にきたので、だったら100枚毎に預金すると言ったら、硬貨の預金は同じ口座のへの場合1日1回と言われたので更に頭にきて、ATMはどうかと聞いたら、預け入れ回数に制限なしとの事でしたので、100枚単位で何回も預金していました。するとその銀行にはATMが2台しかないので、もう一台の方が行列になってしまいました。さす...続きを読む

Aベストアンサー

私のメインバンクをお勧めします!
その特徴を言いましょうか…
土日や夜でも手数料無し!
全国至るところにATMアリ!
ATMにて小銭受け入れもアリ!
ATMは場所によっては23時迄動いているところもある…一番私が利用するのは西武新宿駅正面階段下…

でも預け入れ出来る上限は一人1千万円までです…
そして預金ではなく貯金です…
言わずもがな『郵便貯金』ある意味最強かもしれません…(入会金・年会費無料でクレジットカードにもなる(セゾン))
正直これだけは民営化しても銀行と横並びは勘弁して欲しいぞ首相!てな所です…
給与を早々に引き出して郵貯な日々を送っています…

え~っと…本題に戻りますね(汗
『銀行の手数料安さで選ぶと大混雑!』そう言う図も何となく見え隠れしますから実は無料だから良いかと言うのも疑問符…そこで
両替をメインに考えるならば、銀行ではなく信用金庫をあたると良いかもしれません…窓口も比較的空いていますし銀行と違って高飛車でない印象があります…
『子供の頃両替しに行っただけで飴くれる所』
そんな甘く切ない所と言いましょうか…

これは勝手な推測ですが、軒並み手数料を徴収して『銀行なんぞに!』と言う不満が起こり預金残高が乏しくなれば無手数料にするかもしれません…それまで待てばどの銀行でも手数料無し!となるかもしれません…
『文句を言わず実力行使!』この場合はありかなぁなんて思います。

私のメインバンクをお勧めします!
その特徴を言いましょうか…
土日や夜でも手数料無し!
全国至るところにATMアリ!
ATMにて小銭受け入れもアリ!
ATMは場所によっては23時迄動いているところもある…一番私が利用するのは西武新宿駅正面階段下…

でも預け入れ出来る上限は一人1千万円までです…
そして預金ではなく貯金です…
言わずもがな『郵便貯金』ある意味最強かもしれません…(入会金・年会費無料でクレジットカードにもなる(セゾン))
正直これだけは民営化しても銀行と横並びは勘弁し...続きを読む

Qクアラルンプールでの食事など、マレーシアについて教えて下さい。

来週マレーシアのツアー旅行に参加します。
食事も観光も全て付いているので、ガイドブックも買っておらず、なにも調べていなかったのですが、初日に泊まるクアラルンプールでの夕食は付いてなく、自由に食べるとのことなのですが、どこか、安くて美味しいお店などあったら教えて下さい。女一人なので、治安もいいエリアだと嬉しいです。ちなみに宿泊はグランドシーズンズホテルで、空港着は17時40分です。
キャメロンハイランドとペナンにも行きますが、キャメロンハイランドは日本の秋冬の服装でちょうどいいでしょうか?
両替はどこがレートがいいでしょうか?
お勧めのお土産などありますか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#4です。

>ロングステイの下見が目的のツアーなどもあるのでしょうか

下見やプチ体験するツアーがあるようです。

http://www15.nittsu.co.jp/travel/other/longstay/

>衛生面というか、生水に気をつければ大丈夫でしょうか?

通常、飲食店では沸騰させてから使っているので飲めるようですが、中には手抜きしている屋台もあるかも知れません。
ホテルの部屋には湯沸しポットがありますし、無料の(‘complimentary’と記された)ミネラルウォーターのボトルがあるところもあります。

>屋台や、各地で英語は大体通じますでしょうか?

私は屋台経験が殆どないのですが、イギリスの植民地だったわけですし(キャメロンハイランドやペナンはそのイギリス人が避暑地やビーチリゾートとして開発したところなので)話せない人はあまりいないと思います。

>バティックを買ってみたいですが、店によって、値段や質などに違いがあるのでしょうか?

全くわかりません。
たいした額ではないと思いますから、質の違いは、あるでしょうけれど。
セントラル・マーケットをはじめ、ショッピングビル内やショッピングモールでも見つけられるでしょうし、ツアーですから、バティック工房か手工芸品店には連れていかれるのではないでしょうか。

モノレールのインビ駅に直結しているベルジャヤ・タイムズスクエアのなかにあるバティック・ビンタンという土産物屋さんは日本人の経営だと思う(以前、お店がブキビンにあった時は、日本人女性が対応してくれた)ので、そこで聞いてみるとか、道路の向かいにはハローデスクが、ブキビンから歩ける距離にJCBプラザが(入っているビルが)それぞれありますから、それらを利用できるカードをお持ちでしたらそこで尋ねてみることもできます。

行く前に知りたければ、
http://otd5.jbbs.livedoor.jp/570017/bbs_tree

あるいは
http://www.junmas.com/index-asiansquare.html

で聞いてみれば、レスがつく可能性はあります。

#4で紹介した観光局サイトには、ホテルから近いチャウキット・マーケットも載っていますが、『夜は治安があまりよくない』とはっきり書いてあるくらいですから、行くなら(ひったくり等には)十分注意した方がよさそうです。

到着時間から察すると、年が明けてからの日航利用でしょうが機内で見られる動画を、ネット上であらかじめ見ることもできます。

http://www.jal.co.jp/jaltv/source/?s1=travel&s2=asiaoceania&s3=malaysia&id=kul-informercial

参考URL:http://plaza.jcb.co.jp/travel/guide/plz_s_list.php?city_cd=309&GmnNo=11

#4です。

>ロングステイの下見が目的のツアーなどもあるのでしょうか

下見やプチ体験するツアーがあるようです。

http://www15.nittsu.co.jp/travel/other/longstay/

>衛生面というか、生水に気をつければ大丈夫でしょうか?

通常、飲食店では沸騰させてから使っているので飲めるようですが、中には手抜きしている屋台もあるかも知れません。
ホテルの部屋には湯沸しポットがありますし、無料の(‘complimentary’と記された)ミネラルウォーターのボトルがあるところもあります。

>屋台や、各...続きを読む

Q銀行の両替に手数料が

最近近くの信用金庫で両替の時210円の手数料がかかると言うことを聞きました。
両替機での両替は無料なのですが、窓口での両替はかかるそうです。
色々聞いてみると地方銀行では数ヶ月前からかかったそうです。信用金庫は11月に
合併すると言うこともあり、これを機に手数料を取ると言うことだそうです。
銀行と言うところは利息も出さず、高い貸付金利を取り、それに両替にまで手数料を
掛けたら儲かってしょうがないじゃないですか。
不良債権になりそうなところにはいくらでも貸し付け、困っているところには貸さない。
それに一般顧客からは何かと手数料を取る。全く江戸時代の両替商と一緒ですね。
先日も同じ支店の口座に振り込みするのに手数料がいるなんてばかげてると思いませんか。

Aベストアンサー

実は都銀では昨年の5月頃から順次手数料を取っています。

信金は、しばらくの間は以前の通り無料でしたが、概ね今年の1月頃までにはどこも手数料を取るようになりました。
横並びでは無いと言っていますが(手数料の方式は確かに金融機関によって違う)、我々にとっては一緒のことですよね。

当初は当然銀行と何回も大喧嘩しました(^^;)。両替機では1円5円を扱っていない機種もまだまだあり、例えば200円持って「1円玉4本と替えてくれ」と言えば、手数料210円取られますから(^_^)。
「出金」の金種指定は手数料がかかりませんので、預金から2500円の引き出し時に、「1円50本で出してくれ」と言ったときに、「こういう事は遠慮してください」と言われた時にも多少キレました。
まあ、準備の都合もあるだろうから、それではと気を使って1週間前に「予約」したときに「それもご遠慮下さい」と言われた時にはとうとう堪忍袋の緒が流石にブチ切れ、「一体どうすりゃ良いんだ!!」と怒鳴ってやりました。これって有名な都銀の話しですよ。
今は「予約」すれば出金してくれています(^_^)。

oanusさんご指摘の通り、最近は同一支店内の振込(振替)も手数料がかかるようになりましたね。

プロ意識やプライドが無いので、呆れて物も言えません。只、現場担当者の苦労・ジレンマは多少知っているつもりです。私の時には、担当者によって言うことがマチマチだったのもキレてしまった理由です。
開き直って、少額預金者や素通りの両替なんかは「こっちに言わせりゃあ客じゃねーんだよ」とハッキリ言って下されば多少納得し応援する意欲も沸いてくるのですが(^^;)、表面上は紳士淑女を気取っているだけに始末に悪く、許し難いですね。

金融機関の社会における役割を再認識し、バブル期の反省をし、プロ意識と誇りを持ってお仕事に励んでもらいたいのですが・・・金融機関がこの様な態度である以上、またこういう状況が許されている限り、この国に未来は無いと思います。

実は都銀では昨年の5月頃から順次手数料を取っています。

信金は、しばらくの間は以前の通り無料でしたが、概ね今年の1月頃までにはどこも手数料を取るようになりました。
横並びでは無いと言っていますが(手数料の方式は確かに金融機関によって違う)、我々にとっては一緒のことですよね。

当初は当然銀行と何回も大喧嘩しました(^^;)。両替機では1円5円を扱っていない機種もまだまだあり、例えば200円持って「1円玉4本と替えてくれ」と言えば、手数料210円取られますから(^_^)。
「出金...続きを読む

Q急!シンガポール&マレーシアについて。

火曜日からシンガポールとマレーシアに行くんですが、
(1)シンガポールからマレーシアに陸路にて入国するん
ですが、その時も飛行機の中で書くような入出国カード
なんでしょうか??
(2)帰りは、マレーシアからシンガポールに空路にて
入国しますがその時も入出国カードいりますよね??
(3)インターナショナルカードはPLUSマークがある
ATMで利用可能との事ですが、
シティーバンクのATMでも利用可能と聞いたことがあります。
その時は、手数料は別にかかりますか??
例えば、新生銀行は手数料は無料ですけど
シティーバンクのATMでも無料でしょうか??
急ですいません。どなたか、分かる方がいたら
教えてください。

Aベストアンサー

(1)(2)についてですが

先日シンガポールからマレーシアに往復した(バスで行き列車で帰った)経験です

シンガポール発のバスは国境でまずシンガポール国の出国手続をします、荷物はそのままにしてバスから降りてパスポートにハンコを押して貰うだけです

その次にバスは再び近くのマレーシア国の入国管理事務所に停車して入国手続きと税関検査を受けます

その時には入国カードに書き込みます、荷物の検査を受けますのでバスから降ろして同じビルにある税関まで運んで行かねばなりません

バスは手続きが終わるまで待っています

シンガポールへの入国は国境駅で列車を降りて荷物を持って駅の中にある入国管理事務所で入国手続と税関の検査を受けます

乗客全部の手続きが終わるまで列車は待っています

両国とも検査は手際良いのでご心配無く

Q外貨の両替の手数料を安くするには

外貨に両替する場合銀行や外貨両替店で変えた場合手数料が結構バカにならないと思います。
そこで最近しらべるとFXのコンバージョンを使って両替すると安くなるというので調べて見たのですが両替手数料はかからないところもあるようですが最終的には外貨口座へ出金、引き出しには手数料がかかる。またはデリバリーでも一律手数料がかかる。又最低単位数がかなり高額な場合がある。
ということで結局そんなに変わらないような気がしているのですが実際にどのくらい安くなるものなのでしょうか?一番安く両替できる方法は何になるんでしょう。
いくらかかかるのはしょうがないところなんでしょうか。

Aベストアンサー

一番安く済ます方法はサイバーエージェントFXとみずほ銀行を利用する方法です。
ただし、最低3,500円の手数料と手間がかかるので少なくもと10万円以上、千通貨単位で利用してください。

ただ手間もかかるので、クレジットカードかスルガ銀行VISAデビットを使ってキャッシングするほうが簡単で、現金を持ち歩かなくてよいので便利でしょう。

Qマレーシア・シンガポールでの換金

日本==>シンガポール=マレーシア==>日本

と旅をします。移動は全て飛行機です。
どのタイミングで換金をすれば効率がいいのでしょうか?
教えてください。

空港よりも外の両替所で換金した方が良いのでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

シンガポールとマレーシアで換金しましょう。
シンガポールもマレーシアも銀行以外に民間の両替商が
合法的に町中に多数存在しますので、こまめに少額づつ
換金されればいいと思います。
両替商によってレートは違いますが、少額なら気にするほどの
差にはなりません。何か大きな買い物をされるなら、
町中の両替商を2~3軒回っていいレートのところを
選べばいいと思います。
ただマレーシアは郊外の観光地等に行かれるのなら
あまり両替出来るところはないのでKL市内の繁華街や
ショッピングセンターの中で換えておかれたほうがいいですよ。
最初はシンガポールの空港になりますね。シンガポールドルは
マレーシアへ行ってからでも両替できます。
また国際キャッシュカードを使ってお金をおろすのも
便利ですし、両国ともクレジットカードが日常の国ですので
クレジットカードも上手に組み合わせて使うと便利です。

Q国内における外貨両替の手数料とレートについて

質問なのですが、国内の銀行において外貨両替ができますよね。
その際各銀行必ず手数料というものが加算されますが、国内において手数料なしで(もしくは銀行よりも安い手数料で)外貨両替する方法というのはあるのでしょうか?
僕が知りたいのは日本円→イギリスポンドと日本円→オーストラリアドルです。
例えば空港のほうが手数料を安くできるとか、そういうのはあるのでしょうか?
「同じレートなら○○○で両替するのが一番安上がり」というのがありましたら教えていただきたいと思っております。

それと、「現地で両替したほうがレートがいい」という例をよく聞きますが、その場合、現地にて帰国時にその国の通貨から日本円へ両替する際にも言えることでしょうか?

Aベストアンサー

理由はともかく
イギリスは日本でポンド建てトラベラーズチェックを発行、アメックスが良い、
電話でUFJなどに申し込み日本の空港で受け取り
時間も交通費も節約できます
イギリス到着時銀行がありますから現金可
現金に換金する手数料はかかりません
アメックスであれば到着荷物引き取り場に窓口があります

オーストラリアドルも同様です
換金は到着ロビーに両替所がありますのでそこでできます

あなたが20歳以上、カジノに興味があるならオーストラリアに関しては裏技もあります

日本における両替レートの設定は仲値に対して手数料を加算し表示されています
例1ドル=90円、ニュースなどで言われている金額
日本の銀行等ではドル売値91円50銭、買値88円50銭です
これがイギリスでは多くの両替所、銀行ではドル売値91円50銭、買値88円50銭、そして一回に付き最低1ドルもしくは1.5%などもう一度手数料をとるところが多い

関西ならば紀陽銀行、泉州銀行などが事前に申し込み空港受け取りでレートを優遇してくれます。
成田は自分で探してください

理由はともかく
イギリスは日本でポンド建てトラベラーズチェックを発行、アメックスが良い、
電話でUFJなどに申し込み日本の空港で受け取り
時間も交通費も節約できます
イギリス到着時銀行がありますから現金可
現金に換金する手数料はかかりません
アメックスであれば到着荷物引き取り場に窓口があります

オーストラリアドルも同様です
換金は到着ロビーに両替所がありますのでそこでできます

あなたが20歳以上、カジノに興味があるならオーストラリアに関しては裏技もあります

日本にお...続きを読む

Qシンガポール・マレーシアへの出入国カード

6月、ツアーで母とシンガポール・マレーシア半島への旅に出かけます。
旅行会社のパンフに出入国カード作成3500円とあったのですが、これは自分で事前に書いたほうがよいのでしょうか?書けるものなのでしょうか?
また、このツアーはシンガポールまで行ってから鉄道利用でマレー半島にいくものなのですが、この場合の出入国カードはどのようになるのでしょうか?
私も母も海外は初めてではないのですが、どーうも記憶にないので、申し訳ありませんが教えていただきたいです。

Aベストアンサー

こんにちは、
結論から言えば、出入国カードってそんなにフクザツなものじゃないですから、自分で十分かけますよ。

シンガポールは飛行機のなかでカードが配られるので、それをもらって書き込むことになるかな。ツアーだとあらかじめ出入国カードを事前にくれることもあるようです。

利用エアラインによっては機内誌のうしろのほうに、カードの記入の仕方を説明したページがある場合もありますし、日本からの便にはほとんどかならず日本人のCAさんがいますから、わからないところはきいてもいいでしょう。機内で書くのでさほどあせらずに掛けると思います(たまに、到着間際にくばられて焦ったというひともいますけど、書く事じたいはさほどじかんかかりません)

簡単な英語がならんでいて、それにしたがって埋めていくだけなのでわからないところがあっても一部だと思います。

また、ツアーでいかれるなら一緒にかかれるツアーの人にきいてもいいですね。
ちなみに、私もツアーで何度かいったことありますけど、旅行会社に頼んだことはいちどもありません。
少なくとも、あれで3500円はもったいないです^^;)

それから、シンガポールーマレーシア間ですが、ツアーだとほとんど現地係員か添乗員さんがすべてやってくれるとおもいます。私も随分昔に一度、シンガポールからマレーシアに入った記憶(ツアー)しかないのですが、かなり簡略化された入国審査なんで、書類とか事前に用意するようなことはなかったように思います。

楽しんできてくださいね。

こんにちは、
結論から言えば、出入国カードってそんなにフクザツなものじゃないですから、自分で十分かけますよ。

シンガポールは飛行機のなかでカードが配られるので、それをもらって書き込むことになるかな。ツアーだとあらかじめ出入国カードを事前にくれることもあるようです。

利用エアラインによっては機内誌のうしろのほうに、カードの記入の仕方を説明したページがある場合もありますし、日本からの便にはほとんどかならず日本人のCAさんがいますから、わからないところはきいてもいいでしょう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報