Dragon Ashの本を買いたいんですが、普通の本屋に置いてありますか?
Live goes on~やGreteful days~など、Dragon Ashの本ならなんでもいいです。
古めの本が多いかと思うので、もう古本屋かネットで買うしかないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

『Live goes on Dragon Ash tour 02 photo book』


はまだ書店で注文できるようです。

『Greatful days』
は品切れ中のようなので、古本屋を探すしかないようです。

その他書店への取次をしている取次会社の運営する、「本やタウン」というサイトで、「Dragon Ash」をキーワードに検索した結果が↓です。

http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?free= …

この中で「本やタウン在庫あり」というのはまだ書店で入手できる本です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
やはり昔の本を普通に書店で購入するのは難しいですね。
ネット等を使って、手に入れていきたいと思います。

お礼日時:2007/10/21 13:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本屋に 行くと 【自衛隊マニア】の 本があるけど。 好きなら 自衛隊に 入りやあ…良くない?? てか

本屋に 行くと 【自衛隊マニア】の 本があるけど。
好きなら 自衛隊に 入りやあ…良くない??
てか マニアで 車を 緑色。
作業着を緑色にするなら 最初から 行きゃあ良くない???
【好きこそ物の上手なれ】→て言葉あるし。

Aベストアンサー

自衛隊は、少し離れた所から愛でるものです。
近付き過ぎると火傷します。

Q古本屋を取り締まる法が無いのはなぜですか?

古本屋を取り締まる法が無いのはなぜですか?

素朴な疑問なので教えてください。
私は読書が大好きで、実用書や漫画を本棚4つ分程持っています。
しかし家が中途半端に貧乏だった事もあり、全て古本屋での購入で、
新品で買った本はほとんどありません。
古着など(特に靴等)は汚いと思う事もありますが、古本はかなり状態が悪くても
汚いと思ったことはほとんどありません。

そんな私が最近本の執筆に携わったのですが、
書き手側になると、古本屋で売っているせいで売上も上がらず、あまり良い印象ではありません。

そこで素朴な疑問なのですが、
古本屋はなぜ取り締まる事が出来ない・そうしようという動きが無いのでしょうか?
本だけでなく、DVDやゲーム等も同様に疑問に思います。

家族の仕事の都合で北米や欧州、アジアに住んでいた事もありますが、
他国では神保町にあるような個人の古本屋は町に1件程度あるとしても
ブックオフやゲオのような店はありません。
読み手として私はブックオフヘビーユーザーなのでなくなってしまうと困りますが、
なぜ誰も批判したりしないのでしょうか?
書き手として、万引きや違法アップロードはもちろん腹立たしいですが、
古本屋での購入も出版社や書き手には影響されないので、同じように感じるのですが
私と同じように考える人は少ないのでしょうか?

古本屋を取り締まる法が無いのはなぜですか?

素朴な疑問なので教えてください。
私は読書が大好きで、実用書や漫画を本棚4つ分程持っています。
しかし家が中途半端に貧乏だった事もあり、全て古本屋での購入で、
新品で買った本はほとんどありません。
古着など(特に靴等)は汚いと思う事もありますが、古本はかなり状態が悪くても
汚いと思ったことはほとんどありません。

そんな私が最近本の執筆に携わったのですが、
書き手側になると、古本屋で売っているせいで売上も上がらず、あまり良い印...続きを読む

Aベストアンサー

>そんな私が最近本の執筆に携わったのですが、
書き手側になると、古本屋で売っているせいで売上も上がらず、あまり良い印象ではありません。

すくなくとも、古本屋で売っているから質問者様の本の売り上げが上がらない、というはウソです。まったく相関関係がありません。
ただし、現代科学による、コピーなどはちょっと脇におきます。

そもそも本は、日本では再販制度に支えられています。ご存知でしょうが本はそもそも「値引きができない」商品なのです。
古本屋を駆逐したいなら、実は簡単です。需要と供給のバランスがとれるまで、新刊本の価格を下げればよい、ということです。これをしないで、古本の取り締まりなんてナンセンスですが、これをやると売れる本と売れない本の供給に差が付き、必要だけども売れるとはいえない本(世の中の大半の本がそうですね)が供給されなくなります。

再販制度の是非はありますが、少なくとも購入者の「知識を得るための必要性と負担」と執筆者の「職業としての執筆と収入の確保」のバランスは今のところ成り立っている、といえます。
そうでなければ、これほどの本が書店に並び、玉石混交の雑多な知識がそろうことはないでしょう。
(ちなみに、ドイツやフランスの年間発行点数は新刊と重版を合わせて約7万点前後、日本は新刊本
だけで、7万本程度です)

本というメディアの問題点は、そもそも消費する内容が「本」という形に閉じ込められている、ということにあります。そのため、基本的に1冊の本を消費できるのはその本を独占している一人に限られます。

そのため、図書館では時間を区切って交代交代に独占できるようにしているわけですし本好きとか必要に応じて知識の所有をしたい人は、その本を独占的に所有することになります。
そうそう、最近片付け上手な女性が「本は一度読んだら二度は読まないから、すぐに捨てるべし」と言って炎上しましたね。彼女は「本」を消費財としてしか扱っていないため、「知の集積」と考える多くの男性と齟齬が生じたものでしょう。

ちょっと話がずれました。さて、日本では「本」というパッケージに対して再販制度という形で権利を保護しているといえます。
このため、消費者は根本的な不利益とコストを払って、著作者(と出版関係者)を保護しているといえます。
しかし、その限界はこれまたパッケージメディアとしての「本」に収斂され、消費者としては「本」を可処分財として扱うことが可能になるわけです。

その結果が古本屋であって、本一冊は新刊本として適正な価格で購入された時点で著作者等には適正な利益が払われていると言えます(というより再販制度を考慮すれば、著者は消費者から本来得られる利益よりも高い利益を得ているともいえます)

そのため、古本の流通は著作者や出版者の「著作」から離れて「一個の価値財」として扱われることになり、それは市場価格で扱われることになります。
したがって、村上春樹などの有名著作者の古本は「古本でも欲しい」という人が多いため高めの価格になり、また直木賞受賞者などは以前の著作まで人気を復活して、いきなり古本の値段が上がるなどの価格形成が行われるわけです。

また、この際に人気需要に対して古本の供給が追いつかなければ、再販価格よりも高値で取引されることもあり、その際に再販すれば著作者や出版者は儲けることができるわけです。

これらの議論は出尽くしていますし、フランスなど再販制度を一旦廃止した国では混乱が起きて(混乱というのは、人気のない本が出なくなり、発行数が極端に減ったと言うこと)数年で再販制度を復活させているところがほとんどなのです。

したがって、再販制度の是非を論ずることなく、古本を目の敵にするのは、片手落ちであろう、と考えますし、市場に出回っている1冊の古本は「すでに著作者には十分な利益が渡った媒体物」として、メディアそのもの(「本」であることそのもので中身は関係なし)の価格で取引される、ということです。

>そんな私が最近本の執筆に携わったのですが、
書き手側になると、古本屋で売っているせいで売上も上がらず、あまり良い印象ではありません。

すくなくとも、古本屋で売っているから質問者様の本の売り上げが上がらない、というはウソです。まったく相関関係がありません。
ただし、現代科学による、コピーなどはちょっと脇におきます。

そもそも本は、日本では再販制度に支えられています。ご存知でしょうが本はそもそも「値引きができない」商品なのです。
古本屋を駆逐したいなら、実は簡単です。需...続きを読む

Q自己啓発本で自伝を書いた本

最近堀江貴文さんの書かれた

『ゼロ』 という本を読みました

自分の成功と失敗とこれからについて堀江さんの考えが書かれておりすごく勉強になりました。

他にも成功と失敗を残り超えてこうなったみたいな面白い自伝本を探しています

オススメの本がありましたら、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

金儲けの神様、邱永漢の本は、ほとんど実体験からですから、どれも面白いですよ。
本田宗一郎氏の著作。
プロ野球から、川上哲治氏の悪の管理学、前書きは必読。それから野村克也氏の初期の著作。

Q前世紀の本で、クイズ難問が載っている本

昔読んだ本です
出版は1980年代か90年代だとおもいます
クイズの難問が載っていて、しかも回答がないクイズがありました
クイズの内容はほとんど覚えていません
たしか、書名はクイズというより何か、学問のために頭の体操としてやるといった意味合いのものだったと思います。著者は理工系の人だったような。この辺は記憶違いの可能性もあります。
ですが、内容は確かに論理クイズ等、クイズの難問が多数掲載されていました。

書名が思い出せません。ご存知の方がいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こちらはどうでしょう?
とある図書館の検索機を使って、キーワードに「論理パズル」、年代を1999年までに制限して検索した結果のうちの1冊です。
読書メーターなどの感想から、各章に回答のない問題がついているとのことがわかりました。

『ゲーデルの不完全性定理』レイモンド・スマリヤン/[著]、高橋 昌一郎/訳、丸善、1996年刊。

著者のレイモンド・スマリヤンはこの手の本をたくさん出版しているので、Amazonなどで著者検索をして、タイトルや書影を確かめてみるのも良いかもしれません。

例えば、こちらも怪しい。

『決定不能の論理パズル:ゲーデルの定理と様相論理』レイモンド・スマリヤン/著、長尾 確、田中 朋之/訳、白揚社、1990年刊。(2008年に再刊あり)

目次を見ると、「5 整合性のジレンマ」「10 事件の核心」など、もしかして…?と思わせる章タイトルがついています。

Q最近読んだ本 2016年に読んだ本で、オススメなのありませんか??

最近読んだ本

2016年に読んだ本で、オススメなのありませんか??

Aベストアンサー

『君の膵臓をたべたい』 住野よる
『朝が来る』 辻村深月
「羊と鋼の森」宮下奈都

Q日本の暮らしについて書かれている本を探しています。 昔の日本の衣食住、行事などを歴史的に書いている本

日本の暮らしについて書かれている本を探しています。
昔の日本の衣食住、行事などを歴史的に書いている本ではなく、現代の田舎等にスポットに当てた本はありますでしょうか。
なるべく家庭的な和食で、工芸品なども書かれていて…読みやすく写真が多い本がいいです。

Aベストアンサー

現代の農村・山村・漁村などについては、中川重年監修『日本の里山日本の里海』(全6巻)↓がくわしいようです。
http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_4540061143/

時代は少し古いですが、芳賀日出男『日本の民俗 祭りと芸能』/『暮らしと生業』↓も、写真が豊富です。
http://www.honyaclub.com/shop/g/g16655165/
http://www.honyaclub.com/shop/g/g16655166/

Q川北義則さんの本に20代でやっておきたいこと、という本があります。その中に20代の読書の量で人生が決

川北義則さんの本に20代でやっておきたいこと、という本があります。その中に20代の読書の量で人生が決まるという目次があります。ざっくりその中の内容の中から質問です。
なぜ岩波文庫をすすめるのでしょうか。
またどうバランスよく読めばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

個人の嗜好だと思おいます。
川北さんの中でオモロイやためになる本が今まで多いから勧めてるだけたど思う
バランスの良くというのは種類のことだと思います。
例えば、推理小説が好きだからとそればかり読むのではなく小説というカテゴリを離れて自著伝を読んでみるとか、
ビジネス書を読むにしても一人の作家さんの本だけでなく同じような事を書いてる違う作家さんの本も読んでその議題に関して造詣を深くするとかそういう事だと私は解釈しました。

Qおすすめの本

つばさものがたりやクローズドノートのような暖かい物語を教えてください。
特に、つばさものがたりがすごく好きです。
また、つきのふねや幸福な食卓のような明るすぎない落ち着いた雰囲気の小説があれば、それもお願いします。
携帯小説以外と、できれば日本の小説でお願いします。

Aベストアンサー

再び失礼します。
お礼ありがとうございました。
年が近くてうれしいです!

GJ部に興味を持っていただいたと聞いたので、もう少し詳しく説明します。

GJ部 ガガガ文庫
定価 600円前後です。中古で350円くらいでした
全部で9巻でています
3年生が卒業したあとのお話「GJ部ロスタイム」やほかに「GJ部◎」もでてます。
GJ部メンバーの妹たちによる「GJ部中等部」もありました。
…アニメ化されただけあります。人気作なんでしょうね。シリーズいっぱい!!
あとすいません。訂正します。「GJ部」の部員数は5人です。きょうや含めます。
あときょうやは「京夜」でした。
どうでもよかったらすいません。

ここからは登場人物の説明を軽ーくさせていただきます。
ネタバレになるかもしれませんので、読まない場合はとばしてください。





登場人物------------------------------------------
●一年生(物語が進むと二年生になります)
主人公・四ノ宮京夜(しのみや きょうや)
  静かな性格。敗北主義者。敗北主義者とは、相手と争うのが苦手なため、口論やけんか的な感じに なったら自分から負けるというなんともいえない京夜の特徴です。
真央の妹・天使恵(あまつか めぐみ)
  性格はてんし。やさしいです。部室ではお茶をいれてくれます。家では姉の真央の髪を洗ったりと
 姉とは正反対です。言葉づかいもていねい。髪をほどくと意外と長いんです。
●二年生
部長・天使真央(あまつか まお)
  人づかいが荒いです。身長は小学三年生。その身長をいかし(?)、レストランでは小学生限定の
 大好きなお子様ランチを食べます。ごはんの上の旗がお気に入りのようです。紫音とは親友。
GJ部の”副部長”・皇紫音(すめらぎ しおん)
  自他ともに認める大天才。一度聞いたことはすぐ覚える。本を読むときはパラパラパラ・・・。東 大に今すぐ余裕で入れそうな人。しかし常識知らずで、京夜からいろいろと教えてもらう場面も。ち
 なみに紫音さんの兄弟はみんな何かの天才。紫音さんはゲームの天才。兄弟で女性は紫音さんだけ  で、あとはみんな兄。何人いるかわからない兄たちは「兄兄ズ(にーにーズ)」と呼ばれています。
肉とトラが大好き・輝羅々・バーンシュタイン(きらら・ばーんしゅたいん)
  外国からきたきらら。言葉は「○○○。○○○。○○?」ととぎれとぎれ。背が高く、運動が得意 です。部室では肉ばかりたべています。スキンシップがすきで、京夜のあたまのにおいをクンクンか ぎます。

一つ学年が上がった時、新入部員として新たに一名入ります。
ここでは言いませんが・・・

私のお気に入りは紫音さんです。
親友はきららがスキだそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





参考になりましたでしょうか?GJ部が好きなので自然と文が長くなってしまいました。
ほんとうにおすすめです。
見つけやすいです。
笑えます。
立ち読みでもいいので、どうか一度手にとっていただければ幸いです。

再び失礼します。
お礼ありがとうございました。
年が近くてうれしいです!

GJ部に興味を持っていただいたと聞いたので、もう少し詳しく説明します。

GJ部 ガガガ文庫
定価 600円前後です。中古で350円くらいでした
全部で9巻でています
3年生が卒業したあとのお話「GJ部ロスタイム」やほかに「GJ部◎」もでてます。
GJ部メンバーの妹たちによる「GJ部中等部」もありました。
…アニメ化されただけあります。人気作なんでしょうね。シリーズいっぱい!!
あとすいません。訂正します。...続きを読む

Qオススメの本

人生を変えた、考えが変わったなど特別な本があったら教えて下さい。

特別でなくても、多くの人に読んでもらいたいというものでも構いません。

小説の他に、随筆や自己啓発本、図鑑など何でも読みます。

Aベストアンサー

「その時、歴史が動いた」

歴史解釈には読み解く人の人間的深さが反映されます。
このシリーズにもそういう印象が強く残ります。

そして、このシリーズはとても良い歴史解釈がなされていると思うのです。

どういう行動が評価されるべきなのか?
どこが偉いのか?

面白いのでドンドン読めてしまいますし、お薦めです。

Q

中年が、管理職になったときに、大勢を把握したり、決断力を養成したりするのに、オススメの本はありませんか?
ビジネス書以外のジャンルでも結構です。

Aベストアンサー

松下幸之助氏が書いた本がお薦めです。

http://laughy.jp/1431175501031190869

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報