こんばんは!
ワタクシ、いわゆる動物モノと呼ばれる本(ポピュラーなところでは、シートン動物記など。)がとてもすきなんです。
最近のお気に入りは、野村潤一郎さんという獣医さんが書かれている一連の本です。
そこで、皆様にオススメの動物モノを教えていただきたいんです。
活字・漫画の別は問いません。
ちなみに、今まで読んだものは
<活字>
シートン動物記
ジェイムス=ヘリオットの犬物語・猫物語
野村潤一郎さんの著書全て
アルフィー坂崎さんが書かれた「ネコロジー」
<漫画>
動物のお医者さん
みかん絵日記
ぴくぴく仙太郎
などです。
書き洩らしもあるかも知れませんが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

「キミは動物(ケダモノ)と暮らせるか」飴屋法水



現代美術家である著者が珍獣を扱う店を経営していた時(現在はフクロウをメインにした猛禽類専門店経営)に出された本。

犬や猫のようにペット(家畜)化されていない動物を飼うということはどういうことか、それを商うとはどういうことか、等のエッセイからその飼育法、経営者としての苦労話など幅広く描かれています。
一風変わった人なのでその切り口はなかなか他では味わえないものです。

また、今、手元にないのでもしかしたら間違っているかもしれませんが、たしか獣医に関する話題の部分で言及されていたのが、野村医師だったと思います(ちなみに誉めてます)。

是非、御一読、あれ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

飴屋法水さん!初めて聞く名前です。
お答えいただいた内容に、とても興味が沸きました。
ぜひ、読んでみたいと思います。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/05 12:56

・最初の2点はミステリです。


「猫たちの聖夜」(ピリンチ)
猫の世界の物語で、猫が主人公。つまり、猫が被害者で猫が探偵で猫が犯猫! 主猫公(主人公じゃなくて)フランシスが小生意気で楽しい!。これは力作です。たしか続編もあります。
「凍りつく骨」(ウォーカー)犬の訓練士が女性主人公。犬はもちろん、後半は動物園が舞台で、猿やら大蛇やらもでてきます。できはまあまあかなあ。

・タイトルは子供向けですが大人が楽しめる動物エッセイ。
「動物なぜなにものがたり」(ヴィースナー)。見開きの半分がさし絵ですが、オールカラーですごくきれい! いろんな動物がでてきます。エッセイは動物だじゃれ本の感じもする。動物園の園長が書いたもの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
みんな知らないものばかりです!
ぜひ探して読んでみます。
特に「猫たちの聖夜」(ピリンチ) は気になるなぁ・・・。

お礼日時:2002/09/05 17:33

こんにちは、こんばんは。

(笑)

動物モノって動物視点も人間からの視点も何でもありですか?ちょっと気になったもので、例えばシートンの動物記は明らかに観察モノですよね。これから僕が薦めるのはそういう観察者視点のよりは動物が主役の真ん中なんですが、それで構わないでしょうか?

活字物:
・パーフェクトブルー
・心とろかすような(ともに作者 宮部みゆき)
引退した警察犬、マサの視点で描かれるミステリーですが、ホームコメディータッチにもなってます。
・くまのパディントン(外国の子供向け作品)
イギリスのある家庭にホームステイしてきた小熊のお話でシリーズになってました。今から二十年近く前に読みましたが今もあると思います。子供時分のことなので作者は覚えてません。訳本だったことしか

漫画:
・バケツでごはん(玖保キリコ 小学館刊)
ペンギンのギンペーが主人公で勤めている動物園が舞台です。人間も出ますが大部分動物たちの話。
・ぼのぼの(いがらしみきお)
ラッコのぼのぼのが主人公、動物のみ出ます。
・柴王”シバオー”(講談社 モーニング連載中)
作者忘れました、柴犬の野良子犬、シバオーの人や動物とのふれあいを描いてます。
・優駿たちの蹄跡(作者発行元忘れました、集英社スーパージャンプだったかな?)
実在の競走馬、いわゆる競馬の馬にまつわる実話を馬たちを擬人化して語らせています。
・じゃじゃ馬グルーミンUP(ゆうきまさみ 小学館刊)
主人公は人間です。北海道の競走馬牧場が主な舞台。

ざっと思いついたのはこれぐらいですが個人的にはどれも好きです。ちなみにシートン動物記や動物のお医者さん、みかん絵日記なども読んだことはありますし、好きでした。
今挙げた物の中に興味を引いたのはありましたか?では。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんお教えいただきまして、ありがとうございます。
活字モノは読んだことないものばかりなので、アタックしてみます!
漫画の方は・・・、柴王くらいでしょうか?読んでないのは(ぴくぴく仙太郎の作者さん、布浦翼さんが描かれてらっしゃるのは知ってるのですが。)
きっと調べるのに時間がかかったことでしょう。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/09/05 12:12

ざっと「動物」で思いついたところで、


-活字-
「冒険者たち」
「ながいながいペンギンの話」
-漫画-
玖保キリコ「バケツでごはん」小学館
田中政志「ゴン」講談社
高橋よしひろ「白い戦士ヤマト」集英社
高橋よしひろ「銀牙 流れ星 銀」集英社
小林まこと「What's Michael?」講談社
川原泉「ブレーメン2」白泉社?

いずれも「動物モノ」か?といわれると疑問が残りますが、いずれも動物(あるいは、の形をしたモノ)が主人公、あるいは主要なファクターでありますし、いずれも、趣味に合うかはともかく、お勧めできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ、懐かしい!
読みましたよ、全部。
いやー・・・。忘れてるものがたくさんありますねぇ。
読んでる時は夢中なのに。
特にいぬいとみこさん。
南極のミーシカムーシカ、大好きでした。
過去に読んだものを思い出すのもいいものですね。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2002/09/05 12:10

昔読んだ本ですが


ヒュー・ロフティングのドリトル先生シリーズは面白かったですよ。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/11/7/114021-.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ドリトル先生は、2~3作くらい読んだような気がします。
タイトルを聞いて、もう一度読んでみたい気分になりました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/05 12:58

冒険者たちは私も好きですが、斉藤惇夫さんなら「グリックの冒険(講談社)」もよいですね。



あとは、ひろかわさえこの「まじめなはなし」シリーズ(絵本・あかね書房):「まるごと・カバ」「ぜんぶ・ゴリラ」「とことん・ワニ」「たんと・タヌキ」「やたら・カラス」も結構読ませます。

コミックスではぴくぴく仙太郎、動物のお医者さんは私も全巻持っています。以下はいずれも猫物になりますが「ふくふくふにゃ~ん」(講談社)、「クロ號」(杉作・講談社)などもよいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ふくふくふにゃーん」は、確か絵が納得いかなくて、読むのを断念した記憶があります。
ほかのご紹介作は、まだ手に取ったことがないので、これから読んでみたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/05 12:08

椋鳩十さんの作品はお読みになられたでしょうか?


彼の動物ものはどれも心温まるものばかりで、お勧めできます。
親子で読んでもよいと思います。
ご参考までにURLを貼っておきますので、ご覧になってみて下さい。

参考URL:http://www.vill.takagi.nagano.jp/sisetu/muku.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

椋鳩十さんは、何かで一度だけ読んだことがあるんですが、他の著作を見つけられなくて、泣く泣くあきらめた覚えがあります。
ぜひ、もう一度探してみたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/05 12:04

こんばんは



我が家の本棚をチラッと見たところ
冒険者たち 斉藤惇夫 <活字>
シッポがともだち 桜沢エリカ <漫画>
綿の国星 大島弓子 <漫画>

動物モノというより猫モノ?
でも一番好きなのは
冒険者たちのガンバかな あ…ネズミだ

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/11/6/1105270.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
猫モノですか(^^)いいですね、好きなんですよ。
おすすめのもの、探して読んでみたいと 思います。

お礼日時:2002/09/05 12:02

荒野の呼び声(ジャック・ロンドン著/岩波文庫)


一匹の犬の物語です。最後は野生に戻ってしまう・・・。

<漫画>
僕の動物園日記(ジャンプコミックス)
一人の飼育担当係りの物語です。様々な動物が出てきて、悪戦苦闘しながらも動物とのふれあいを大切にしていきます。
*もう20年以上前の本なので、古本屋でしか見つけることはできないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまい、申し訳ありません。
ジャック・ロンドンさん・・・。
まだ読んだことがないですね。
僕の動物園日記・・・は、もしかして、中川志郎さんの著書の漫画化でしょうか?
もし見つかれば読んでみたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/05 08:30

畑 正憲さんの「ムツゴロウ」シリーズはどうでしょう。

動物以外の話もありますが、TVなどで見る「変なオジさん」的彼からは想像できないような(笑)、あらゆる物への造詣の深さを感じます。気軽なエッセイとしても、面白く読むことが出来ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまい、申し訳ありません。
残念ながら、畑正憲さんの「ムツゴロウ」シリーズは面白く読ませていただいた後でした。(書き漏らしですね・・・。すみません。)
動物王国設立までの話とか、王国内の色々な話とか。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/05 08:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔、集英社文庫から出ていたシートン動物記。

いつもお世話になっています。
昔(昭和40~50年代)に、集英社文庫から出ていた「シートン動物記(訳:藤原英司さん,カバー:沢田重隆さん)」についての質問です。
Q1.全何巻なのでしょう?
現在1~6巻まで持っているのですが、これで完結なのでしょうか?
Q2.(もし続きがあるのであれば)ぜひ手に入れたいのですが、販売しているサイトをご存知であれば教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

集英社文庫のシートン動物記は昭和53年から54年に発行された六冊が全てのようです。(昭和40年代には集英社文庫そのものがありません)
なお、同じころに集英社からは子供向きの「モンキー文庫」というシリーズでもシートン動物記を発行していますが、こちらは全12巻です。文庫という名称ですが大型の本です。
集英社からは下の方が言っているように1988年頃にも別の子供向けのシートン動物記が発行されています。また昭和46年から49年にかけて文庫本ではないですが、シートン動物記が出版されています。(全8巻別巻1)これが藤原英司さんによる翻訳の最初のもののようです。

他社の文庫本では
新潮社文庫 8冊
角川文庫 おそらく9冊
旺文社文庫 2冊
あたりが代表的なところです。
(角川文庫では「動物記」が九巻ですが、それ以外のシートンの著作があり、それを含めると2冊多くなります)

Qベルガリアード物語やエレニア記にハマリました

最近「デイヴィッド・エディングス」著の「ベルガリアード物語」や
「エレニア記」にはまりました(それぞれの続編も読みました)。
めちゃくちゃ面白くて、毎日朝方まで読む日々が続き
とっても幸せな毎日だったのに、読み終わってしまいました(泣)

それで同じようなファンタジーを教えていただきたいと
思います(^-^)

海外、国内関係なく、少々古くてもいいですし
面白い本を教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

注・・ハリーポッターは読みました 笑

Aベストアンサー

ハイファンタジーがお好きみたいですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC

ここに書かれてる作品はもう読まれましたか?
名作ばかりが例にあげられてます(笑

載ってないのだと…、国産のでは上橋菜穂子さんの守人シリーズや獣の奏者、海外のだと、ナルニア国物語や、魔法の王国売ります、エルリックサーガシリーズ、ダークエルフ物語が面白かったです。

まだ読んでないのですが、今度魔法の国ザンスを読んでみようと思ってます(笑

あとは、漫画では聖戦記エルナサーガがハイファンタジーかな。かなり好きな漫画です。知名度ないけど…。

小さい頃に読んだ、時間を鱗にするため決して傷つけることのできないドラゴンを倒す話も好きだったけど…。題名なんだったか忘れました…。国産だったと思うけど、邦訳だったかも…。調べてもわからない(泣

Qシートン動物記だったかどうか・・・

「名犬サンタナ」と言う本を図書館で借りて読みました。二十年ほど昔です。
覚えておられる方。知っている方。おられますか?
どうやったら手にはいるか、知っておられる方、教えてください。
父母犬は牧羊犬で、母犬がコリーだったような。
頭の良い犬で、軍用犬になり人の命を救う・・・と言うような話だったと記憶しています。
大好きな本で3回くらい借りた覚えがあります。

Aベストアンサー

「英雄犬サンタナ」で、検索すればみつかります。
あとは、そこで探してみてください。

Q小野不由美さんの作品は怖い物を除くと【十二国記】のみでしょうか?おすす

小野不由美さんの作品は怖い物を除くと【十二国記】のみでしょうか?おすすめを教えてください。

お世話になっております。集中力がなくて困っているのですが
どうやら私にも「読書の秋」が来たようです(^^)

今、よしもとばななさん・乙一さん・小野不由美さんが気になっています。
他の方のでも良いので、あなたのオススメの作品を教えてください!!

以前、小野不由美さんの「緑の我が家」を読んだら怖くて眠れなくなってしまいました><
怖くないものが良いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>小野不由美さんの作品は怖い物を除くと【十二国記】のみでしょうか?
 ミステリに限ると、「屍鬼」「黒祠の島」「東亰異聞」ですが、「十二国記」とかなりカラーが違うので、arara60さんにとって面白いかは保証できません。「屍鬼」は序盤が長いので、それ以外を読んで確認してみたほうがいいかもしれません。
 乙一であれば、「暗いところで待ち合わせ」「失はれる物語」あたりがおすすめです。ちょっと切ない系。

Qオススメの本を教えてください。

こんばんは!
ワタクシ、いわゆる動物モノと呼ばれる本(ポピュラーなところでは、シートン動物記など。)がとてもすきなんです。
最近のお気に入りは、野村潤一郎さんという獣医さんが書かれている一連の本です。
そこで、皆様にオススメの動物モノを教えていただきたいんです。
活字・漫画の別は問いません。
ちなみに、今まで読んだものは
<活字>
シートン動物記
ジェイムス=ヘリオットの犬物語・猫物語
野村潤一郎さんの著書全て
アルフィー坂崎さんが書かれた「ネコロジー」
<漫画>
動物のお医者さん
みかん絵日記
ぴくぴく仙太郎
などです。
書き洩らしもあるかも知れませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「キミは動物(ケダモノ)と暮らせるか」飴屋法水

現代美術家である著者が珍獣を扱う店を経営していた時(現在はフクロウをメインにした猛禽類専門店経営)に出された本。

犬や猫のようにペット(家畜)化されていない動物を飼うということはどういうことか、それを商うとはどういうことか、等のエッセイからその飼育法、経営者としての苦労話など幅広く描かれています。
一風変わった人なのでその切り口はなかなか他では味わえないものです。

また、今、手元にないのでもしかしたら間違っているかもしれませんが、たしか獣医に関する話題の部分で言及されていたのが、野村医師だったと思います(ちなみに誉めてます)。

是非、御一読、あれ。

Qもともと活字を読まないほうだったのですが、最近少し興味が出てきたのでま

もともと活字を読まないほうだったのですが、最近少し興味が出てきたのでまずは短いショートショートから読んでみようと思っています。そこで、皆さんのオススメのショートショートの作家さんを教えて頂けると嬉しいです。また、面白いエッセイを書いている作者さんも合わせて教えて頂けると助かります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どういうのが好みなのでしょう?ファンタジー?SF?ミステリー?ホラー?
わからないので、私のオススメを下記にあげておきますので、参考にどうぞ☆

『小松左京ショートショート全集』(SF作家さんの作品)
宮部みゆきさんの「我らが隣人の犯罪」
東野圭吾さんの「毒笑小説」
横山秀夫『臨場』(『半落ち』が有名な作家ですが短編の方が断然面白いです)

有名処で言えば、芥川龍之介も短編小説作家さんなので、『蜘蛛の糸』とか『羅生門』も良いと思いますが、いかがでしょう?

Qブランカって何語?

シートン動物記の「オオカミ王ロボ」ありますよね。
アレに出てくるメス狼の名前が「ブランカ」で、「白い」と言う意味らしいんですけど、何語ですか?
アメリカのお話だけど、英語じゃなさそうだし。

Aベストアンサー

↓すみません、意味が抜けてました。「白い」とか「銀白の」という意味です。

Q野村美月の文学少女について質問です。

野村美月の文学少女について質問です。
文学少女には古今の有名な作品が登場するとレビューなどで読んだのですが、それらの作品を読んだことが無くても楽しめますか?
たとえば一巻には人間失格が出てくるみたいなのですが、タイトルは知っていても読んだことがありません。
宝島社の『このライトノベルがすごい! 』でよく上位にあがっているようなので興味をもったのですが、やはり出てくる作品を読んでいないと文学少女の面白さというのが理解できないものですか?

Aベストアンサー

いえ、読んだことがなくても大丈夫です。
モチーフに使っていることは確かですが、どちらかと言えば、登場人物である遠子先輩が、そのモチーフになった作品になぞらえて、事件(問題)の解決などをする、というような形です。

むしろ、遠子先輩が、その作品の魅力などを色々と語ってくれるので、文学少女の作品を読むと、モチーフとなっている作品が読みたくなります(笑)

Q本を探しています。

ちょっと、前に友人に勧められた本で
シートン動物記のシートン教授が出てきて、(たしか)日本で起きた事件(殺人事件とか?)を動物学的に解明して犯人を見つける話があると聞いたのを思い出し、今、それを読もうと思ったのですが、友人が言う(多分間違えてはいないと思うのですが…)タイトルで探しても見つかりません。。。

誰か知っていたら教えて下さい。

確か、シートン教授の幽霊が現代に出てきて事件を解く物語だと友人は言っています。。

Aベストアンサー

柳広司著『シートン<探偵>動物記』(光文社)
http://books.livedoor.com/item/1728207
が似ているのですが・・・。
しかし、シートン先生はこの本の中ではご高齢ですがまだ生きています。

Q乙一さん・村山由佳さん・山田詠美さんの本

最近本が好きになってきた18歳・女です☆

乙一さん・村山由佳さん・山田詠美さんの本で、おすすめのものを教えて下さい!

ちなみに、乙一さんの本の中ですでに読んだものは
 ○未来予報
 ○手を握る泥棒の物語
 ○平面いぬ。
 ○BLUE
 ○はじめ
 ○石ノ目
 ○はじめ
 ○失はれた物語
です。
山田詠美さんの「A2Z」は今読んでいる途中です。

上記以外のものでお願いします!
 

Aベストアンサー

山田詠美さんについてのみお答えしますね☆乙一さん読んだことないし、村山由佳さんはおいしいコーヒーの入れ方シリーズしか読んだことないのでf^_^;

●僕は勉強ができない…私が読書好きになるきっかけとなった本なので、ぜひ読んでみてください☆勉強はできないけど女にモテる17歳の高校生、時田秀美くんが学校で窮屈さを感じながら成長していく話です。ma_riさんが今読んでらっしゃるA2Zの主人公の夏美さんの会社の先輩である時田仁子さんの息子さんのお話です。もちろん仁子さんも出てきます♪
●放課後の音符(キイノート)…女子高生の8編の恋のお話です。私がこれを読んだのは、あなたと同じ18歳だったのですが、もっと早く出会いたかった本でした!毎回恋の主役となる女の子は違うんだけど、8編通して語り手となっている女の子が、まわりにいる素敵な女の子を見て成長していくのが素敵です。
●ベッドタイムアイズ…やっぱり山田詠美さんを語る上で欠かせない一冊です。読む前は母から「」いやらしい本って言われてたんですが、すごく純粋な感じがして最後は号泣しました。私の友達に貸したら4回読んで3回泣いたらしいです(笑)
●ANIMAL LOGIC…↑の友達に借りて読んだのですが、色んなこと(黒人についてとか)を考えさせられました。これも泣いちゃいました。結構長いので、登場人物の名前を覚えているのが大変なのですがf^_^;

以上、一応4冊挙げてみました☆他の作品もオススメなのでぜひぜひ読んでみてくださいね♪

山田詠美さんについてのみお答えしますね☆乙一さん読んだことないし、村山由佳さんはおいしいコーヒーの入れ方シリーズしか読んだことないのでf^_^;

●僕は勉強ができない…私が読書好きになるきっかけとなった本なので、ぜひ読んでみてください☆勉強はできないけど女にモテる17歳の高校生、時田秀美くんが学校で窮屈さを感じながら成長していく話です。ma_riさんが今読んでらっしゃるA2Zの主人公の夏美さんの会社の先輩である時田仁子さんの息子さんのお話です。もちろん仁子さんも出てきます♪
●放課後の音符...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報