【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

スピーチなどでよく使われる「最後になりましたが…」ですが、
この言葉は何故使われるのでしょうか。

1.私の退屈な話もとうとう終わりに近づきましたよ、締めくくりをこめて一言…
と自己申告の意味?
2.「ご縁はこれで最後」の意味?
3.それ以外?

スピーチで聞く機会、多いです。
最近では、他愛ないメールでこの言葉を書いてくる人が時々います。

お祝いの言葉に「最後になりましたが」は使えないと思うのですが、お正月のあいさつにこの言葉がついていました。
ガッカリしました。

「最後になりましたが」は、どのような意味を込めて使いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

重要なことを最後に伝えるときに使います



「最後になりましたが飲みすぎて体を壊さないようにお願いします」
このように説教がましいことを後回しにするときに使います
宴会などの主役的な人物が欠席したときにも使います
「最後になりましたが、社長が出席しなければならなかったのですが急用のために欠席させていただきました」
このようなことは会議などのときは最初に言わなければなりません

行事の打ち上げなどのときに手助けをしてくれた人たちにお礼を言うとき
「最後になりましたがこの行事にご協力を下さった方々に感謝いたします」

お祝いの言葉に「最後になりましたが」は使えないと思うのですが、お正月のあいさつにこの言葉がついていました。
ガッカリしました。
このような場合は文頭でお祝いを述べてから「最後になりましたが私は元気です」
のように使います
お祝いを最後に持ってきてはいけません
祝う心が表せてないのです
    • good
    • 3
この回答へのお礼

アドバイスをありがとうございました。
なるほど、例があって解りやすかったです。

祝う心が表せていない、その通りです。
まったく伝わりませんでした。

最後になりましたが…は、あとからダメだしをされないように言い訳しているみたいに感じます。

お礼日時:2008/01/06 11:19

私も結婚式の「謝辞」で、新郎側の父親が挨拶をされるとき、締めくくりとして「最後になりますが、・・皆様のご多幸と・・・」と続くのをよくみかけます。


「終わり」は忌み言葉ですが、「最後」は、「話の締め言葉がこれから始まる」という意味合いであり、少なくとも2の意味ではないと思いますが・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見をありがとうございました。

>「最後」は、「話の締め言葉がこれから始まる」という意味合いであり、

「これから始まる」に繋がるのは知りませんでした。
参考になります。
結婚式での謝辞で2の「ご縁は最後」は無いですよね。
そして、新郎側からのご挨拶なら「最後に」を使う事に異論はないです。

お礼日時:2008/01/06 11:36

お祝いの席では使えないんですか?


知りませんでした。

結婚式の挨拶とかで、
「最後になりましたが、この場にお集り頂いた皆様に心より・・・」
とか聞いたことある気がしてました。

最後に・・・の後に続く言葉が、相手を気遣う台詞であることが多いので、
皆様へのお礼(気遣い)を最後に回してしまって恐縮ですが、という意味合いが込められているのかと思っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見をありがとうございました。
お祝いの席で「最後」は使えないと思います。
調べてみましたら、禁句一覧にも出ています。
最後と言う意味は難しいですが、誤解を招き易いです。
年配の方々には神経質な人がいらっしゃいますし、
例えば再婚、晩婚の場合なども「最後になりましたが…」は人によっては良い意味に捉えにくいでしょう。

>皆様へのお礼(気遣い)を最後に回してしまって恐縮ですが、という意味合いが込められているのかと思っていました。

これはありますね。
言い忘れた言い訳の始まりの言葉として使われますね。
気になり出すとつい、言い訳せずにさらりと締めくくって!と思ってしまいます。

お礼日時:2008/01/06 11:30

話の最後に強調したことを言いたかったり、話の本筋とはちょっと違うかもしれないけど補足的に言っておきたいこと等を付け加えたいとき、話の内容の切り替えと、このことを言ったら話は終わりというタイミング的なことを一言で表すと「最後になりましたが」でまとめるのが便利なのでしょう。



でもお正月の挨拶に使うとちょっと変ですよね(笑)
一般的には、ある程度長い話の場合に使うものだと思います。

「ご縁はこれで最後」の意味に感じたことはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
話が長くなったときに使うんですね。
確かにそんな感じです、

縁はこれで最後と感じてしまったのは、
メールで短文あいさつにも関わらず、最後になりましたが、、と入っていました。
その人の会話の癖だったのでしょうか。
たとえ話が長くなったとしても、
最後になりましたがなんて言い訳せずに、話しをまとめれば良いと思ってしまいます。

お礼日時:2008/01/06 11:12

最後に強調したいことを言う時に使うのだと思いますが、おめでたい時に使うのは確かにおかしいですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼をする前に名ナシさんになってしまわれたんですね、残念です。
ご意見をありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2008/01/06 11:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q先生方は間違い??

現在、卒園式の台本を作成中なのですが・・・
知人に「先生方」は間違っていると指摘され、先生全員を表す言い方がわからず、困っています。

「先生方」という言い方は、一般的にはよく言われていますが、これは間違いですか?
もし間違いであれば、他にどのような言い方がありますか?

ご教示ください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

広辞苑で調べました。

がた【方】≪接尾≫
(1)敬意を含んで複数を示す。「先生方」
(2)その仲間・所属であることを示す。「幕府方」
(3)おおよそのところの意を示す。「夜明け方」「三割方高い」

ということで、「先生方」は広辞苑に使用例として挙げられています。
敬意のある正しい言葉遣いです。

あなたはご友人と広辞苑のどちらを信用なさいますか?

Q「~していただく」は尊敬語?

いろんなところで目にする「~していただく」はそもそも尊敬語なのでしょうか?
一般的に尊敬語は動詞に
「お(ご)~になる」
「お(ご)~なさる」
「お(ご)~くださる」
などの言い方がありますが,例えば「理解する」の場合はどうでしょうか?
相手側に「理解してくれましたか?」とたずねる場合「ご理解してくださいましたか?」が正しいと思うのですが,最近は「ご理解していただけ(き)ましたか?」や「ご理解いただけ(き)ましたか?」の方を良く見かけます。この用法は尊敬語として正しいのですか?
また「理解してもらえましたか?」を尊敬語にする場合と区別する必要がありますか?

Aベストアンサー

「いただく」は謙譲語です。尊敬語ではありません。

「理解する」の場合は、
「ご理解いただく」
「理解していただく」
は正しい用法で、
「ご理解していただく」
は誤用です。
「ご理解いただく」は「ご理解をいただく」の省略形と考えます。その「ご理解」は相手方の行為を表す尊敬語。それに「いただく」という謙譲語を用いたもので、正しい用法です。
また「~していただく」は、「理解して」には敬語が使われていません。普通の言い方です。それに「いただく」という謙譲語を付けた言い方です。敬度は落ちますが、間違った言い方というわけではありません。

それに対し
「ご理解していただく」の場合は、
「ご~する」の形が謙譲語にあたります。その「~」に入る「理解」は相手方の行為です。つまり、相手の行為を表すのに(尊敬語を使うべきところなのに)謙譲語を使ってしまっているということです。

「敬語」(菊地康人 講談社学術文庫)ほかを参考にしました。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「賜る」と「承る」の違い

辞書を調べても同じような意味のような気がするのですが、「賜る(たまわる)」と「承る(うけたまわる)」の違いって何ですか???

Aベストアンサー

違いを明確にするならば

賜る→「もらう」の謙譲語
承る→「聞く」の謙譲語

と思えばいいと思います。
なので、品物をもらう場合は
「賜る」と言いますが、「承る」とは言いませんね。
でも意見や助言などをもらう(聞く)場合は
どちらも可能ってことです。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「先日」はいつまで?

お世話になります。
会社の営業先に挨拶文を送りたいのですが、2月初旬にお会いした事を「先日はお忙しい中・・・」はおかしいですか?

2ヶ月近くのことを「先日」というのはどうでしょうか?

適切な言葉があれば教えて頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は社会人になってから結構長いですが、その経験をもとに回答します。

「先日は」は、1ヶ月ぐらいまでならOKです。
現在(3月)は、2月上旬から1ヶ月以上経過していますから、「先日は」は、無理に近いです。

「先日」を超えて、とっさのときに話す言葉としては、たとえば「いつぞやは」があります。
しかし今回のケースは、前回会った日付がわかっていて、しかも、落ち着いて書き言葉で書けるのですから、「いつぞやは」とするのは失礼です。

現在(3月)から2月初旬を指して、

「先月はお忙しい中・・・」

とするのが適切です。


なお、
前々月以前の場合は、何月かを具体的に書く、
年を越えたら「昨年は」とする、
です。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「送らさせて頂きます」という言い方

「送らさせて頂きます」や「送らさせて頂きました」という言い方はおかしいのでしょうか。
「お送りさせて頂きます」や「お送りさせて頂きました」が普通使う言い方なのでしょうか。

「送らさせて頂きます」で検索をかけると結構な数がヒットしますがいかがな物なのでしょうか。

Aベストアンサー

文法的には、「送らさせて頂きます」は「サ入れ現象」と言われ、「ラ抜き」と同様によくある誤りです。「送らせて頂きます」とするべきです。

「~させて頂く」という言葉は、丁寧なクセに恩着せがましいところがあり、よい印象を懐かない方も多くいらっしゃるようなので、「お送り致します(致しました)」を用いる方が妥当です。

多くの人がうっかり使ってしまうあまり綺麗ではない日本語、というところでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング