質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

HISなどで発売されている、格安航空券(例えば、タイ4日とか)の乗り捨ては可能なのでしょうか??(ツアーでない)

VISAの関係で、1ヶ月以上現地にいるなどは違法ですが、格安航空券を破棄することは違法ではないですよね?

もし、これがダメだというのなら、仮に現地で乗り遅れたり(FIXにて)、なくしたりして、乗れなかった場合に新たに期日を延ばして買うということと変わらない気がするのですが。

私としては、格安航空券で現地入りして、そこから陸路で他の国に行き、終着点から日本行きの片道の航空券を購入したいのですが、これは可能なのでしょうか?よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

そういう乗り方を「復路放棄」と言います。


違約金を請求されるとか、そんなものされたことはないとか、迷惑になるとかたいしたことないだろうとか、賛否両論ある方法です。
「復路放棄」で検索するといろいろあるので、お読みになってみてください。
http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?statu …


>もし、これがダメだというのなら、仮に現地で乗り遅れたり(FIXにて)、なくしたりして、乗れなかった場合に新たに期日を延ばして買うということと変わらない気がするのですが。

故意か故意でないかの違いはあると思いますが。

タイ出入国については詳しい方々がいらっしゃるでしょうから、その方々からのアドバイスを待ちましょう。
VISAの関係とおっしゃっていますが、日本国籍の人の場合、往復チケットを持っていればビザ不要ですよね?


ルール通りやるならオープンジョー可能なOPENチケットにするとか。
もし行きたい国へ(利用する航空会社で)そういうチケットがあるのなら、あえて現地で片道チケットを探さなくても済みます。
航空券用語集です。
  ↓
http://abroad.travel.yahoo.co.jp/tif/prepare/030 …
http://www.ki-ku.com/air_tichet/
    • good
    • 0

 法律には違反しませんが、航空会社の規則に違反します。


復路も搭乗するという契約で購入する旅行商品ですので、
商取引上の契約違反を犯していることになります。

> 仮に現地で乗り遅れたり(FIXにて)、なくしたりして、乗れなかった
> 場合に新たに期日を延ばして買うということと変わらない気がするのですが。

 細かいことを言えば、不可抗力と故意のあいだには、大きな
壁があります。もしも航空会社から違約金を求められて裁判に
なった場合、あなたが絶対に復路を使わないような旅程を組ん
でいたことが判明すると、悪質な契約違反とみなされるでしょう。

> 陸路で他の国に行き、終着点から日本行きの片道の航空券を購入したい

 最初から、オープンジョーの航空券を買うといいのでは?
日本行きの片道は、東南アジアで購入してもさほど安くない
ですよ。たとえばタイなら片道1万バーツ程度が最安値です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q往復航空券の復路放棄について

今度、海外に赴任することになりました。
航空券の手配をするのですが、片道航空券の
取り扱いが少なく、割高なので航空会社の
正規割引航空券を購入して、復路を放棄しようと
思っています。

聞いた話なのですが、旅行代理店などで購入した
往復航空券で復路を放棄することは禁止されている
そうなのですが、航空会社が発売している往復航空券
に関しては復路を放棄しても問題がないと聞きました。

本当のところはどうなのでしょうか?

やはり旅行代理店ではなく、航空会社のチケットを
購入すれば復路を放棄しても問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

航空会社で売っている
正規割引航空券はもちろん復路を捨てるのは自由です。(予約のキャンセルはきちんとしてください)

しかし、旅行代理店で売っている、俗に言う、格安航空券はあくまでもツアーという扱いなので、復路放棄できません。
復路放棄した場合、正規運賃との差額を請求されるとなってます。

ただ実際に請求された人の話は聞いたことはないですし、こっちが突っぱねたら回収しようがないですね。また、病気で、乗り遅れる人なんかもいますので、取りようがないと思います。

ただ、赴任だったら、ノーマル航空券のお金が出ないのですか???

Q格安海外航空券での復路の放棄について

片道の海外航空券って往復の格安チケットより値段が高めですよね。ものによっては、往復より高かったり。それでも往復の海外格安航空券を買って海外へ行き、帰りの復路は破棄してしまうという使い方は出来ないんだ、とどこかで聞いたような気がするのですが、なぜなのでしょうか。
また、復路を捨ててしまうと、どういったペナルティがあるのでしょうか。どなたかその辺の事情に詳しい方いらっしゃいましたら、おしえていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>往復の海外格安航空券を買って海外へ行き、帰りの復路は破棄してしまうという使い方は出来ないんだ、とどこかで聞いたような気がするのですが、なぜなのでしょうか。
アメリカや日本の法律では、復路廃棄前提で航空券を発券してはならないと法律で規定されています。もしあなたが代理店などに復路は廃棄するかも・・と話した上で買おうとしても、相手としては「それではお買い求めいただけません。同一人物が往復ともにお使いになるのが前提です。」となります。それが建前上絶対必要な言葉です。つまり「そうした使い方が出来ない」のではなく、「そうした使い方ができるような形での販売をしてはならない」というのが正解です。
例えばアメリカン航空やUSエアなどのHPには下記のような一文があります。
・Ticket validity-compliance with terms and conditions of sale
(航空券販売に当たって順守すべきこと~航空券の有効性)
American specifically prohibits the practices commonly known as:
Throwaway Ticketing: The usage of roundtrip excursion fare for one-way travel, and
(アメリカン航空では一般的に知られている次のような行為を禁止しています:廃棄前提の航空券の販売:片道旅行用に往復割引の料金を適用すること)
http://www.aa.com/i18n/customerService/customerCommitment/conditionsOfCarriage.jsp

購入したチケットの所有権は購入者にあります。購入者が自己責任で乗らないと決めたことを航空会社も代理店も「いや、それは困ります」などという権利はありません。ですから復路破棄が出来ないということではないのです。

>復路を捨ててしまうと、どういったペナルティがあるのでしょうか
これについては昔と違って、ネット購入というものが当たり前になり、LCCが台頭してきた今、格安航空券の販売競争が激化していますので、さまざまな条件をつけて客から金を引き出せるのであればそうやろうという傾向が強くなっているように思います。
といってもこのペナルティというのは、予定していた便に乗らずに別便に乗る場合に正規料金との差額を請求されたり、正規料金との差額を払った上で、変更手数料という名目で正規料金の何%(場合によっては何十%)をとるというものです。復路を廃棄し、飛行機を使わなかっただけでペナルティを請求されることはまずありません。
なぜなら、航空会社とすれば復路廃棄して別便に振り返ることを当たり前のようにしてしまうと、いってみれば2席分用意しなければならない上、当日いきないNO-SHOWされた席は、まず埋めることが出来ませんので、1席空気を運ぶことになってしまうのです。あらかじめ使わないとわかっていれば、席を片道運賃で販売することができます。ですから連絡なしでの破棄に関しては取れるだけ料金はいただきますよということになるのです。

>往復の海外格安航空券を買って海外へ行き、帰りの復路は破棄してしまうという使い方は出来ないんだ、とどこかで聞いたような気がするのですが、なぜなのでしょうか。
アメリカや日本の法律では、復路廃棄前提で航空券を発券してはならないと法律で規定されています。もしあなたが代理店などに復路は廃棄するかも・・と話した上で買おうとしても、相手としては「それではお買い求めいただけません。同一人物が往復ともにお使いになるのが前提です。」となります。それが建前上絶対必要な言葉です。つまり「そうし...続きを読む

Q海外航空券の一部乗車放棄は罰せられてしまうのでしょうか?

マイレージで入手した航空券で旅行に行く計画なのですが、復路で経由地に入国し数日を過ごした後、帰国したいと思い、航空会社に経由A地⇒成田の分を予定の飛行機に乗らずに別途購入したいと申し出ましたが、不可能と言われました。
航空会社としては規定上、不可能という回答になるのだと思いますが、乗り遅れる人も居る訳で、乗らない意思をその時点できちんと伝えれば、別途自分でチケットを購入しで帰国して問題にななないのでは?と素人は思うのです。
ただ、これを強行すると罰せられたりするのであれば諦めるしかない。。と迷っています。どなたか詳しい方教えてください
【往路】(出発地)成田⇒(経由地)A地⇒(目的地)B地
【復路】(目的地)B地⇒(経由地)A地⇒(出発地)成田

Aベストアンサー

 マイレージを利用して入手した航空券で、復路途中A地点に滞在中で最後の搭乗区間A地から成田までを利用しないということですね。航空会社に、この区間の搭乗を放棄すると連絡すれば、罰せられたりすることはありません。本当は、マイレージ以外にこの区間分の空港税や燃料サーチャージも支払われたとは思いますが、これらの支払い分を返却してくれるかは、ちょっと分かりません。詳細が、分からないので何とも言えませんが、通常、マイレージで発券した航空券は、予約(日付け)の変更が可能だと思うのですが、確認されましたでしょうか。もう一つ、A地がどこかにもよりますが、片道航空券というのは、一般的に、往復の航空券の半額以上で、格安航空券も出回っていない場合もあるので、びっくりするほどの金額になる場合もあります。
 更に、もし、この航空券の発券前に、A地→成田を放棄すると航空会社に連絡すると出発する国と帰国する国(地域)が同じでなければいけないという規定のあるマイレージプログラムの場合、出発地が日本、最終地が日本以外になりますので、発券してくれないことになります。
 以上、まずは、そのまま航空券を発券し、復路のA地についた時に、都合によりA地から成田への搭乗区間を放棄すると航空会社に連絡すれば、何も罰せられることはありません。実際、私の周囲には、マイレージによる航空券を最終区間まで利用をしなかった人もいますが、何か罰せられたという話は聞いたことはありません。

 マイレージを利用して入手した航空券で、復路途中A地点に滞在中で最後の搭乗区間A地から成田までを利用しないということですね。航空会社に、この区間の搭乗を放棄すると連絡すれば、罰せられたりすることはありません。本当は、マイレージ以外にこの区間分の空港税や燃料サーチャージも支払われたとは思いますが、これらの支払い分を返却してくれるかは、ちょっと分かりません。詳細が、分からないので何とも言えませんが、通常、マイレージで発券した航空券は、予約(日付け)の変更が可能だと思うのですが...続きを読む

Q格安往復航空券の復路放棄

長くて申し訳ないです
UAの成田-BKK-成田の往復格安航空券を購入しましたが、
復路は使うつもりはなく(インドへ移動するため)出発の7日ほど前に現地航空会社に電話で伝えればOKかな、と軽い気持ちでおりました。
ところが「復路便の放棄は不可。万一無断放棄の場合は普通航空運賃を請求。又、未使用区間のある航空券は帰国後返却を」と航空券利用注意事項にありました。
では無断でなければ(やむをえない理由を伝える等)正規料金請求は免れるか旅行会社に問い合わせた所、ペナルテイ(運賃請求)を科すかは航空会社の判断によるのでなんとも…、とはっきりとは教えてもらえず、更に訊くと実は航空会社によってペナルテイをとる所、そうでない所があるとのこと。(自分の購入した旅行会社に匿名質問したのですが)UAについて調べてもらったところ、この会社はFIX格安航空券の復路放棄は一切できない設定でペナルテイ(正規料金請求)が履行される可能性ありといわれました。(ちなみにUAはリコンファーム不要)
ただ、コツとして、現地の航空会社に電話の際は何も余計なことは言わずに、不可抗力理由で説明すれば大丈夫かもしれない…とも。
但し、放棄理由にかかわらず、放棄後の請求処置をするしないの判断は現地航空会社に一任され、処置履行の場合は現地航空会社から日本旅行会社に直接請求書が来てしまう為、一切事前認知できず、避けることが無理との事。

格安航空券を復路破棄するとわかっていて購入した方、
やむをえない理由でキャンセルした方、
航空会社から正規料金で支払いの請求がきたという事はありましたか。
またそうでなくても、放棄の事実を購入した旅行会社に迄伝えたほうがいいのか(それとも現地航空会社のみでOKか)
放棄したチケットを返却する場合どこに返却したのかなど、経験のあるかた、復路放棄に関してどんなことでもかまいません、
非常に心配なので教えてください

長くて申し訳ないです
UAの成田-BKK-成田の往復格安航空券を購入しましたが、
復路は使うつもりはなく(インドへ移動するため)出発の7日ほど前に現地航空会社に電話で伝えればOKかな、と軽い気持ちでおりました。
ところが「復路便の放棄は不可。万一無断放棄の場合は普通航空運賃を請求。又、未使用区間のある航空券は帰国後返却を」と航空券利用注意事項にありました。
では無断でなければ(やむをえない理由を伝える等)正規料金請求は免れるか旅行会社に問い合わせた所、ペナルテイ(運賃請求)を科すか...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

航空会社によっても、また、同じ航空会社でもその時々によって差額請求がきたり、こなかったりします。
どこの航空会社でも精算管理をしているのは本国の本社なのですが、そこでひっかかってしまうと有無を言わさず代理店に請求がいきます。みせしめみたいな部分が多分にあると思います。
実際には航空会社から直接代理店に請求されるのではなく、BSPという精算機関をとおして自動的に行われ、止めることはできません。
以前にも棄てても大丈夫だったから・・という渡航者は多いと思いますが、実際には代理店が客先に請求することもできず、かぶっていることがあります。
最近生き残りに必死な米系は徐々にこのあたりをシビアに管理してきていてます。その処理がいつされるのか、誰もわかりません。人が処理しているのですから、仕事のはかどり具合によるんです。だから客先に請求することも難しい。泣く泣く損をすることだってあるのです。
実際、毎日何十万と搭乗客がいるのですから本国がどこまできちんと精算管理しているものかわかったものではありませんが弊社や他代理店でAA(アメリカン航空)からでしたが、発券1年後になってAA本社が請求してきて支払わざるをえなかったケースがありました。(弊社は20万でしたが、大手代理店はもっとだったみたいです。気の毒な。)
発券した代理店がそれを負うことになります。
たかだか数千円程度の利益で、ノーマルとの差額数十万を支払う身にもなってみてください。。
安いなりのリスクがあるんです。ルール違反をすれば罰金を払うのは当然、という理屈なので代理店はこの請求に対して異議を申し立てることもできません。ちょっと厳しいんじゃないのぉ、くらいは航空会社にいいますが、航空会社の予約スタッフや営業マンが止められる性格のものではないし。

NO-SHOW(無連絡キャンセル)は代理店にとって非常に迷惑です。ペナルティかけられたりしますから。
代理店の立場からしてみると、UAに直接キャンセル連絡だけはいれていただきたいと思います。
その場で差額がどうのこうのとは予約センターからは言われないでしょうから、キャンセルだけはしておいて頂きたいものです。何故、直接UAなのかというと代理店がキャンセルをすると、「放棄すると知ってて販売したのか」となり、ペナルティやら、最悪は発券停止処分においこまれたりすることがあるのです。弊社も2ヶ月間、某航空会社から発券停止処分を食らいました。
発券できなくなるのは会社にとって死活問題です。
そこまで厳しい措置にならずとも「おたくは放棄が多いから。」と席が取りにくくなることも。。
ただし身内の不幸であるとか、人道的な問題でやむなくキャンセルする場合は認められるはずです。

航空券の返却を求められた場合―これは航空会社から発券した代理店に「搭乗してないから、チケットクーポンを回収せよ」と連絡がはいります。
予約が残ったままにしてあると、代理店の予約コンピュータに、お宅のお客さんがNO-SHOWしているぞ、とメッセージがはいり、チケットクーポンを回収せよ、となるのです。

返却方法ですが、質問者さんには購入された代理店から返却を求める連絡がはいります。そういった連絡がはいったときには、その代理店に返送すれば、代理店を経由して航空会社へ返却されます。

不安をあおるわけではありませんが、こういうことがある、ということだけは知っておいて頂きたく、あえて書きました。

さてこれは私見ですが、日系は非常にきっちり精算管理されていて避けることが難しい昨今ではありますが、UAあたりならだだもれな部分が多々あるので、経験上、放棄されても請求されることは滅多にないとは思います。

くどいようですがNO-SHOWだけはされないように事前にUAにキャンセルだけいれておいて頂ければ、代理店としては助かりますけど。。

こんばんは。

航空会社によっても、また、同じ航空会社でもその時々によって差額請求がきたり、こなかったりします。
どこの航空会社でも精算管理をしているのは本国の本社なのですが、そこでひっかかってしまうと有無を言わさず代理店に請求がいきます。みせしめみたいな部分が多分にあると思います。
実際には航空会社から直接代理店に請求されるのではなく、BSPという精算機関をとおして自動的に行われ、止めることはできません。
以前にも棄てても大丈夫だったから・・という渡航者は多いと思います...続きを読む


人気Q&Aランキング