どういう意味なのでしょうか? なんとなく想像できるような気もするのですが、はっきり分かりませんので、どなたか教えてください。よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「糊する(こする)」というのが「粥で口をぬらす」という意味。

そこから「口を糊する」という言葉になり「生計を立てる」という意味で使います。
福沢諭吉が「学問ノススメ」で「芸を以て口を―・するは難きに非ず」と書いています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど納得。よくわかりました。
想像とまったく違いました…。
口にチャックするみたいな意味かと思っていましたので。
ひとつ賢くなりました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/02/06 13:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q口の中に血豆のようなものが

主人の口の中に血豆のようなものができます。
口の中にプチっとできて舌でさわっていると
パチッと皮がとれて血がでます。
話を聞くと最近できるそうです。
胃がわるいのでしょうか?
原因に心当たりの方がいらっしゃいましたら
教えてください。

Aベストアンサー

口の中に血豆のようなものが出来るとの事ですが、私もたまに出来ますよ。

私の場合は、食事で噛んでしまい血豆が出来るケースが多いよう気がします。(^^;;

もしかして・・・と調べてみたら、次のサイトを見つけましたので、参考にしてください。

http://health.nifty.com/i-idai/jibika/00002790.jsp

参考URL:http://health.nifty.com/i-idai/jibika/00002790.jsp

Qどなたか次の文章の意味を分かられるかたおられますか

どなたか次の文章の意味を分かられるかたおられますか

吾齋之中,弗尚虛禮,不迎客來,不送客去。賓主無閒,坐列無序,真率為約,簡素為具。有酒且酌,無酒且止,清茶一啜,好香一炷,閒談古今,靜玩山水。不言是非,不論官事,行立坐臥,忘形適意,冷淡家風,林泉清致。道義之交,如斯而已。

羅列腥膻,周旋置備,俛仰奔趨,揖讓拜跪,內非真誠,外徒矯偽,一關利害,反目相視。此世俗交,吾斯屏棄。

司馬温公という方の漢詩のようです。どこを調べても載ってないので読める方、意味も分かる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

専門家ではないので、間違いがあるかもしれませんが。

吾が斎の中、尚お虚礼弗し。
客の来たるを迎えず、客の去るを送らず。
賓主に閑無し、坐列に序無し。
真率を約と為し、簡素を具と為す。
酒有れば且つ酌み、酒無ければ且つ止む。
清茶一啜、好香一炷。
古今を閑談し、山水を静玩す。
是非を言わず、官事を論ぜず。
行立坐臥、形を忘れ意に適う。
冷淡の家風、林泉の清致。
道義の交わり、斯くの如くなるのみ。
腥膻を羅列し、周旋置備す。(←?)
俛仰奔趨、揖譲拝跪。
内、真誠に非ず、外、徒らに矯偽。
一関利害、反目して相視る。
此の世俗交わり、吾れ斯れ屏棄す。

私の部屋の中には、虚礼はない。
お客が来ても迎えず、帰って行っても見送らない。
客も主人もへだてがなく、座列にも順序はない。
正直で飾り気がないことを取り決めとし、簡素であることをいつも心がけている。
お酒があれば飲むし、なければ飲まない。
さわやかなお茶をひとすすりし、よい香りのお香をひと焚きする。
古今のあれこれを閑談し、山水を静かに愛でる。
あれこれと是非を語らず、まつりごとを論じたりはしない。
いついかなる時も、形式にとらわれず意のままに過ごす。
このようにあっさりした家風であり、隠遁しているこの地は清らかである。
道義の交わりは、ただこのようなものである。
腥膻(なまぐさいもの)を羅列し、周旋して置き備える。(←?)
うつむいたり仰いだり、奔走したり、へりくだったり、ひざまずいて拝んだり。
本心では真誠ではなく、外面でいたずらにいつわっている。
関わり合いの中で生まれる利害は、反目して相視る。(←?)
この世俗の交わりは、私は退けて捨てているのだ。

ところどころ分からない部分がありますが、だいたいこんな感じじゃないかと思います。
要は、「私のところには虚礼などはない、そんな誰かの決めた型にはまることなく、自分の思うとおりに生きているよ~」ということだと思います。

専門家ではないので、間違いがあるかもしれませんが。

吾が斎の中、尚お虚礼弗し。
客の来たるを迎えず、客の去るを送らず。
賓主に閑無し、坐列に序無し。
真率を約と為し、簡素を具と為す。
酒有れば且つ酌み、酒無ければ且つ止む。
清茶一啜、好香一炷。
古今を閑談し、山水を静玩す。
是非を言わず、官事を論ぜず。
行立坐臥、形を忘れ意に適う。
冷淡の家風、林泉の清致。
道義の交わり、斯くの如くなるのみ。
腥膻を羅列し、周旋置備す。(←?)
俛仰奔趨、揖譲拝跪。
内、真誠に非ず、外、徒らに矯偽。
一...続きを読む

Q口の中に血豆が出来ましたが痛みはないです。

口の中に血豆が出来ましたが痛みはないです。

Aベストアンサー

口内炎と同じく、口の中に血豆が出来る人がいるみたいです。

気になるのならば、皮膚科、歯科、耳鼻咽喉科、内科等を受診したら如何でしょうかね?

Q単語の意味が分からないのですが教えてほしいです。よろしくおねがいいたします。

外人です。今文章を読んでいます。分からないところがあります。日本人の方に教えてほしいです。よろしくお願いいたし
ます。


貸し借りも年末にはいちおうきれいにする。平素の不義理も一まとめにしてお義理を果たす。そういうしきたりなのだが、なかなか思うようにならず、師走の声を聞くと、なんとなく心せわしい。
質問(1)平素の不義理はここで何の意味です か。具体的に何をさすのですか。ほかの人にお義理があることですか。
質問(2)「お義理を果たす」というセンテンス の意味を分かりやすく教えてくださいま せんか。
ここの「お義理を果たす」はお金を返すことですか。それともほかのことを意味するのですか。


助けてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「平素の不義理」について
「平素」とは、「普段」という意味です。
普段はお互い忙しくて、親しい人でもなかなか連絡をとりあったりできないものですね。
「そういえば夏にあの人からおいしいぶどうをいただいたっけ。何のお礼もしてないままだから、このへんで義理を果たしておかないと。」というふうに言います。
日本人は、お金を借りたときはもちろんのこと、物を貰ったり、何か親切にしてもらったことも、「借りを作った」と感じる人が多いのです。
その「借り」の気持ちが、「義理」です。
普段、なかなか返せないその「義理」を、年末にまとめて返そうとする人は多いのです。
「借り」をつくったまま、新年を迎えることを、日本人は嫌います。
「義理を果たす」とは、言いかえれば、「借りを返す」ということなのです。
ちなみに、「お義理を果たす」とは、あまり言いません。「義理を果たす」といいます。

Q口の中に血豆がたまにできます

5年程前から、たまに口の中に血豆ができます。触れると痛いので、楊枝でつぶして血を出していますが、放っておいたほうがいいのでしょうか。
また、どうして血豆ができるのでしょうか。
予防法や、対処法を知っている方がいたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

私も、たまに頬の裏あたりに血豆が出来ます。
歯を磨くといつのまにかつぶれているし、痛みは感じないので、ほっといています。
寝ている間に無意識のうち、噛んでいるんでしょうね。
歯医者で作ってもらった、歯ぎしり防止の型をかんでねると、血豆は出来ませんでした。
どうして、出来るのかは私も、知りたいです。

Q教えてください。よろしくお願いいたします。

先年、あるところで、「うそも方便」ということばについてどう思うか、という調査をした。..ところが、結果はこの予想をまったくくつがえした逆のものであった。若い人、ことに二十歳前後の人たちが男女共に最も多く、七〇パーセント前後の人が「うそも方便」を肯定した。そして、年齢が高くなるにつれて、この数がへっていって、六十歳を越える年齢層では、その半分くらいしか認めない。つまり、本当のことを言わなくてはいけない、と答えたのである。年配者の方が道徳的に建前の答えをし、若い人たちが現実的な本音で答えたのかもしれないが、別の考え方もできる。
質問(1)「年配者の方が道徳的に建前の答えをし」ここの「道徳的に」の意味は何ですか。
質問(2)「別の考え方もできる」何の考え方ですか。ここの「できる」は解釈できるという意味ですか。
以上は意味が分からないのですが、日本人の方に教えてほしいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

昔の日本人の道徳を紹介します。長いですが日本語をまなんでいらっしゃるようなので。

武士道精神の中に、
「仁、義、礼、智、信」の5常の徳、と「忠」「孝」を合わせた7つの徳、つまり「人にはやさしくあれ」「正直であれ」「嘘をつくな」「約束を守れ」「弱い者をいじめるな」「卑怯なことをするな」「誠意を尽くせ」「親孝行をしろ」といったことで、これらの思いを「良心」という

教育勅語 十二の徳目
孝行(こうこう) 親に孝養をつくしましょう
友愛(ゆうあい) 兄弟・姉妹は仲良くしましょう
夫婦(ふうふ)の和(わ) 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
朋友(ほうゆう)の信(しん) 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
謙遜(けんそん) 自分の言動をつつしみましょう
博愛(はくあい) 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
修学(しゅうがく)習業(しゅうぎょう) 勉学に励み職業を身につけましょう
智能(ちのう)啓発(けいはつ) 知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器(とくき)成就(じょうじゅ) 人格の向上につとめましょう
公益(こうえき)世務(せいむ) 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法(じゅんぽう) 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇(ぎゆう) 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう

古い時代の道徳です。
教育勅語は昭和23年に廃止されました。
武士道精神はもっと古いものです。
昔の人は、「うそ」や「卑怯なことはするな」、と今より教えられる機会が多かったのではないか、と思います。
こういう道徳的な背景があると思います。
従って昔の人の道徳は、「うそはいけないもの」という気持ちが強いと思います。

さて、「年配者の方が道徳的に建前の答えをし、若い人たちが現実的な本音で答えたのかもしれないが」を言い換えてみます。
「年配者の方が教えられた道徳に従って、うそはついてはいけないという建前の気持ちから答え」
となります。
「別の考え方もできる。」は
「別の考え方で解釈することも可能である」
となります。

「別の考え方」を推測します。

六十歳を越えた人たちは、「うそは方便」という言葉を、否定的に捉える、つまり、「方便といっても、やはりうそは簡単についてはいけないものだ」と本気で考えている人が多いのではないか、とも考えられる。








 

昔の日本人の道徳を紹介します。長いですが日本語をまなんでいらっしゃるようなので。

武士道精神の中に、
「仁、義、礼、智、信」の5常の徳、と「忠」「孝」を合わせた7つの徳、つまり「人にはやさしくあれ」「正直であれ」「嘘をつくな」「約束を守れ」「弱い者をいじめるな」「卑怯なことをするな」「誠意を尽くせ」「親孝行をしろ」といったことで、これらの思いを「良心」という

教育勅語 十二の徳目
孝行(こうこう) 親に孝養をつくしましょう
友愛(ゆうあい) 兄弟・姉妹は仲良くしましょ...続きを読む

Q口の中に血豆?

たまになのですが、口の横壁(?)に血豆のようなものができることがあります。
大きさは直径5ミリくらいの物から、大きい時には直径1センチくらいの物の時もあります。
これといって日常生活に支障はないのですが、食事中などに血豆を噛んでしまい、口中に血の味がします。
これはなぜ発生(発症?)するのでしょうか?

Aベストアンサー

 私もよく口の中に血豆も作ってしまいますが、口内の内皮を奥歯などで誤って噛んでしまったとき、臼歯ゆえに表皮が切れずに内出血してできるようです。それがつぶれたとき口内に中の血がでて血の味がします。
 たいていはそれほどの出血ではないので、仰せのように中の出血が止まったころにつぶしてしまうので大事にはなりません。出血が多くて血豆が大きくなりすぎたり、できた場所が咽喉近くで呼吸できなくなってしまうこともあります。わたしはそういう経験もあって咽喉科の医者に走ってつぶしてもらったこともあります。
 根本的な原因は自分噛み癖で不意にズレることです。顎関節の問題なのだろうと思います。ご心配ならば口腔外科など専門医にご相談されるといいと思います。
 

Q助けてください。よろしくお願いいたします。

「うそも方便」はよろしい、と答えた七〇パーセントの若い人たちが、そこまで考えているのかどうかは分からない。けれども、いまの若い人がことばについてデリケートな感受性をもっている、という見方はできる。このごろの若い者のことばはどうだ、とまゆをひそめる年配者の方が、むしろことばについて神経が粗雑なのかもしれない。ひとこと多いのは中年以上に目立つ。それに対し、いまの若い人がことばについてデリケートなのは、一つには若い人たちの育った時代が、戦中戦後の荒々しい時代に比べて穏やかになったということがある。また、教育の普及ということもことばへの感受性を高める。教育とは、要するにことばによる知的洗練である。テレビ、ラジオ、電話などを通して、話しことばに接することも多くなっている。そういう時代に育った若い人は、それだけことばに傷つきやすくなっている。したがって、人に不快を与えまいとする。そのためだったら、「うそも方便」はむしろ当然となるのである。
質問(1)「デリケートな感受性をもっている、という見方はできる。」デリケートな感受性は他の日本語で言い換えられますか。また「という見方はできる」ここの見方は誰の見方ですか。できるという単語の意味は何ですか。ぜんぜん分からないのですが
質問(2)「このごろの若い者のことばはどうだ、とまゆをひそめる年配者の方が、むしろことばについて神経が粗雑なのかもしれない。」このセンテンスの意味が理解しにくいのですが、詳しく説明してくださいませんか。

「うそも方便」はよろしい、と答えた七〇パーセントの若い人たちが、そこまで考えているのかどうかは分からない。けれども、いまの若い人がことばについてデリケートな感受性をもっている、という見方はできる。このごろの若い者のことばはどうだ、とまゆをひそめる年配者の方が、むしろことばについて神経が粗雑なのかもしれない。ひとこと多いのは中年以上に目立つ。それに対し、いまの若い人がことばについてデリケートなのは、一つには若い人たちの育った時代が、戦中戦後の荒々しい時代に比べて穏やかになっ...続きを読む

Aベストアンサー

(1) 『デリケートな感受性』=『物事を感じ取る能力が、繊細である』   

見方=著者の見方、または世間一般の見方

『できる』=『可能である』


(2) このセンテンスは、後に続く文章の導入部ではないでしょうか?または、後に出てくる若者についての文章が、このセンテンスとの比較になっているのだと思います。
 つまり、このセンテンスを言い換えてみると、
「『最近の若者のことばは不出来だ』と年配者は不快感を持っている。しかし実際は年配者が感じていることとは逆で、むしろ若者のほうがことばについて繊細に考えている。だから、若者と比較して、年配者のほうがことばについて粗雑に考えていると解釈することが可能である。」

 くどくなりましたが、私の解釈はこうです。ご参考にしていただければ幸いです。
 がんばってくださいね!

Q口の中の血豆

口の中、ほっぺたの裏にあたるところに、よく血豆ができます(複数)。これって何?ほっといて大丈夫なの?よくつぶしたりしてるんですけど。

Aベストアンサー

時々、食事中に誤って(?)口内を噛んでしまい、血豆と言うよりも化膿して痛みを伴い、治癒するのに長期間かかる事があります。以下の参考URLサイトは如何でしょうか?
 更に、以下のようなものもありますが、こちらではないと思います。
・http://www.city.naze.kagoshima.jp/imcs/hcd/enc/123_54_86_0_0_0.html
(ヘルペス性口内炎)

心配でしたら、病院にいかれる事をお勧めします。
お大事に。

参考URL:http://www.city.naze.kagoshima.jp/imcs/hcd/enc/123_170_98_0_0_0.html

Q教えてくださいませんか、よろしくお願いいたします。

日本語を勉強している外国人です。
訂正してくださいませんか。
私はこれを、コンピューターなどにはない、人間の脳のみが有する「ゆとり」だと思う。私がこの場合に使った「ゆとり」とは数学的な意味での「ゆとり」である。すなわち、わずかしかない「いつでもすぐ取り出せる」情報に対比して、実は膨大な量の情報が「すぐ取り出せない」形で脳に蓄積されているという、後者の前者に対する比率の大きさを「ゆとり」ということにしている。

質問(1)「後者の前者に対する比率の大きさを「ゆとり」ということにしている。」
前者に対する比率が大きい後者のほうを「ゆとり」ということにしている。
こう理解したらいいですか。
もしそういう意味ではなかったら、何の意味ですか。他の日本語で解釈できますか。
いくら読んでも分からないのですが。ご存知の日本人の方に助けてほしいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 いえ、後者(すぐ取り出せない情報)が「ゆとり」というわけではありません。
 本文中で“後者の前者に対する比率の大きさを「ゆとり」ということにしている。”とありますので、「ゆとり」とは、情報のことではなく、二つの情報の比率ですね。
 さらに“後者の前者に対する比率の大きさを「ゆとり」ということにしている。”という文は、前者(すぐに取り出せる情報)は一定の量であることにして考えています。つまり、後者(すぐに取り出せない情報)が大きいほど「ゆとり」大きいといってるわけです。
 これは、すぐに使うわけではない情報(後者:すぐに取り出せない情報)が多量にあるほど、その情報が何らかの形でコンピュータにはない人間らしさに影響している、つまりゆとりが大きいという意味だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報