人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

タイトルのままですが、バニスターの靴の履き心地・耐久性はどんなものなんでしょうか?デザイン性についてはよく耳にしますが、履き心地や耐久性についてはあまり聞きません。靴である以上、その辺りも知りたいのです。バニスター靴経験者の方、どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

昔(10年前)はアルフレッド・バニスターの靴ばかりはいていました。


今は改善されたかもしれないですが、履き心地も耐久性もあまり良くないですね。

ちなみに、今はウエスタンブーツ(ピストレロ・http://item.rakuten.co.jp/spicebox/c/0000000433/)をはいていますが、かなり頑丈ではき心地も良いですよ。

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/spicebox/c/0000000433/
    • good
    • 0

1年くらい前はバニスター好きでした。

靴の裏が革なので、凹凸がなくすべるし、脚の甲の幅が狭くて履き心地もたいしていいとはいえないし、とにかく靴下の色が靴の内側のかかとの部分に擦れてうつってしまうので私ははかなくなりました。ゴムで裏貼りすれば多少耐久性とすべることにはいいのかなと思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q20代後半の男が避けた方がいいブランド

当方26歳の男です。
最近若くなくなってきたので服を買うときにこのブランドは大学生向けくらいの若いこ用のブランドじゃないかな、
自分の年齢には若すぎるブランドかなと思って買うの躊躇してしまいます。
ネットで調べてもブランドの説明はかかれてても対象年齢がかかれてないので困ってます。
今までは丸井で買うことが多かったのですが丸井のブランドって若いこ向けじゃないんでしょうか?
明らかに客層が若いんですよね。

そこでこの年齢では避けた方がいい若者ブランド(大学生位までの)ってありますか?(主観でもいいので)

また20代後半からのお奨めのメンズブランドがあれば教えてください

Aベストアンサー

29男性です
私は特にブランドに拘りが無いのでマルイ系が駄目とは言いません。
まぁ手頃な価格帯と若者受けするデザインが多いので若い方向けですかね

好きなブランドは5351・アルフレッドバニスター・シェラック・ロエン・パラノイド・アタッチメントです。
雑誌でもお馴染みのブランドでミュージシャンやスタイリストに受けの良いブランドです。
雑誌で言えばセンス辺りに載っているブランドですかね

それ以外でも
コムサデモード・トルネードマート・アローズ・ジュンメン・ユリウス・オベリスク・プレッジ・バッファローボブス等
デザインが気に入れば購入します
なので特に避けるべきブランドはありません
好きな物を自分なりにコーディネイトしてお洒落を楽しむ感じですかね
アパレル関係の仕事をしているので綺麗めな感じからストリート、ワイルド等色々なスタイルを楽しんでいます。
自分のスタイルが決まって無ければ別ですが、
スタイルが決まっているのを無理して変えてまでお洒落をしたいとは思わないですかね・・・

伊勢丹等に入っている海外のブランドも悪くないですが
日本のブランドも捨てた物じゃないですよ

29男性です
私は特にブランドに拘りが無いのでマルイ系が駄目とは言いません。
まぁ手頃な価格帯と若者受けするデザインが多いので若い方向けですかね

好きなブランドは5351・アルフレッドバニスター・シェラック・ロエン・パラノイド・アタッチメントです。
雑誌でもお馴染みのブランドでミュージシャンやスタイリストに受けの良いブランドです。
雑誌で言えばセンス辺りに載っているブランドですかね

それ以外でも
コムサデモード・トルネードマート・アローズ・ジュンメン・ユリウス・オベリスク...続きを読む

Qイタリアの靴と日本の靴の違い

こんにちは。

イタリアメイドの靴(ドレスシューズ)と日本メイドの靴(ドレスシューズ)の違いの特徴を教えてください。
(メンズです)

イタリアの靴の特徴は、トゥーが長いものが多く、カジュアル感があまり出ないものが多いのですが
そもそもイタリア人の足の形は、どんなものなのでしょうか?
日本人との違いはどうなのでしょうか?

私はセレクトショップで働いており、いろいろな国の靴も扱っています。
が、イタリアメイドの靴を日本人がはくことによって、生まれる特徴などが気になります。

Aベストアンサー

ドレスシューズは、大きく分けてイギリス製、アメリカ製、イタリア製になります。
それぞれの特徴は、自動車と同じで、
ハマー、リンカーン、マスタング、のような丈夫で無骨なイメージのアメリカ靴
ロールスロイス、ミニクーパー、ジャガーのように、古いデザインをかたくなに守っているイギリス靴
フェラーリ、アロファロメオ、フィアット500のように、造形美に優れて、耐久性は?なイタリア靴

日本の靴の場合、日本独特の靴というのはありません。
どちらかといえば、イギリスの靴の影響が大きいです。
(REGALはアメリカのアイビーの影響を受けていますが)
これは、明治維新で西洋文化を取り入れたときに、イギリスの文化の影響が大きかったこと、
ビジネスシューズの場合、イギリス紳士的な雰囲気が好まれること、
比較的雨に強いこと、耐久性も高いことなどが影響していると思います。

REGALでもスコッチグレインでも、日本製のドレスシューズは、グッドイヤーウェルト製法を採用していますが、これもイギリスやアメリカの靴に多く見られる製法です。
靴底が厚く、コバの張り出しがあり、安定感と重厚さがあります。
靴底にはコルクの粉末が入れてあり、履いているうちにコルクが変形して個々人の足の形にフィットします。靴底の張替えも何度も可能です。
この製法は手間とコストがかかり、靴自体も重たくなるのですが、日本では一般的に高級靴の必要条件になっています。

対してイタリアの靴は、マッケイ製法と呼ばれる靴が多いです。
靴底を直接アッパーに縫いつけたもので、靴の中をのぞくと内側に縫い目が確認できます。
(高級な靴では、内部も外側も縫い目を隠したりしています)
この製法の靴は、デッキシューズやモカシンに多く採用されるのですが、
曲がりやすく、走ったり飛んだり活動的に動きやすい特徴があります。
靴底を薄くすることも可能で、軽い靴を作ることができます。
高級なイタリア靴は、非常に薄いソールのものが多いですね。
欠点としては、靴底から内側まで縫い目が貫通しているので、雨の日には浸水することです。
しかし、イタリアではワークブーツでもマッケイで作ったりします。
マッケイのワークブーツは、軽いので歩きやすいです。
グッドイヤーウェルトの靴もイタリアにはありますが、フレックスグッドイヤーとかいって、中敷のコルクを省略し、曲がりやすい靴にしていたりします。

デザイン的に、イギリスやアメリカ、日本の靴はオーソドックスで、大量生産が可能なものが多いです。
イタリアの靴は、立体的なデザインが微妙で、微妙な曲線美をもっています。
イギリスの金融街などでは、ビジネスマンはほぼ100%黒いひも付きの革靴を履いていますが、
イタリアでは、個性的な茶色の靴のほうが多いです。

足の形ですが、一般的に西欧人は日本人に比べ幅が狭いといわれています。
カカトの幅と爪先の幅がほとんど変わらない人も多くいます。
日本人の足は一般的に扇形ですが、西欧人には長方形の足の形の方もいます。
したがって、高級輸入靴を履いていても、カカトが全くフィットしないで浮いてしまい、
スリッパのようにペコペコ歩いている人もたまに見かけます。

日本人の足型も最近は幅が狭くなってきているようで、REGALの靴でも、昔からの定番商品(40年以上前のモデル)と最新のモデルでは木型が異なり、狭くなっています。

日本では靴を脱いだり履いたりする機会が多いのですが、外国では一日中履いています。
そのため、脱いだり履いたりしやすいデザインが好まれる傾向があります。
外国の靴では土踏ますとカカトがしっかりサポートされるようにデザインされていますが、このような靴では脱いだり、履いたりが大変です。
しかし、カカトのホールドが悪いと、歩行時の着地が不安定になり歩きにくくなります。
土踏まず部分は着地したあと内側に沈み込むのですが、この部分のサポートが不足すると歩く姿勢が崩れやすくなります。
外国製の靴で、カカトと土踏ますのサポートがしっかりしていて、自分の足にフィットした靴は最高に歩きやすいです。

靴の世界は面白いですよ。
今後、研鑽を積まれて、より良い靴を世界中から国内マーケットに紹介してください。

ドレスシューズは、大きく分けてイギリス製、アメリカ製、イタリア製になります。
それぞれの特徴は、自動車と同じで、
ハマー、リンカーン、マスタング、のような丈夫で無骨なイメージのアメリカ靴
ロールスロイス、ミニクーパー、ジャガーのように、古いデザインをかたくなに守っているイギリス靴
フェラーリ、アロファロメオ、フィアット500のように、造形美に優れて、耐久性は?なイタリア靴

日本の靴の場合、日本独特の靴というのはありません。
どちらかといえば、イギリスの靴の影響が大きいです。
(REGA...続きを読む


人気Q&Aランキング