ヒゲのレーザー脱毛を考えている者です。

ある程度調べてみて、主に使われているレーザーの種類として、アレキサンドライトザー・ダイオードレーザー、後はDrタカハシのP-NAINなどがあると知りました。

P-NAINは、照射部分を冷却しながら打つので、術後の腫れや赤みが少ない、ダイオードレーザーの方が効果が高い・・・など色々な情報があったのですが、実際のところ決定的な違いはあるのでしょうか?

体験者の方がいらっしゃったら、どのレーザーでどの程度の痛み、効果などがあったか、体験談や意見などを聞かせていただきたく思います。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


アレキサンドライトも、ダイオードも、照射部分を冷却しながら打ちます。
私はアレキサンドライトでひげの脱毛をしましたが、施術後の腫れはまったく無く、やや赤味が出た程度。
2週間くらい毛穴がもこもこして不快ですが、その毛たちが脱落した後は、異様にすっきり。超楽です。

痛みは、輪ゴムではじく程度で、結構痛いです。

私は弱虫ですから、2回目からは、しっかり表面麻酔(麻酔クリームを塗るだけ)をしてもらいました。
麻酔をすると、痛みはゼロです。

アレキサンドライトとダイオードでは、個人的にはアレキサンドライトのほうが優れていると思います。

決定的な違いはあまり無く、料金や場所などを考えて選択すれば良いでしょう。
いずれも永久脱毛できます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング