これからの季節に親子でハイキング! >>

先日、NHKで松井冬子の絵をみて衝撃をうけました。

お恥ずかしい話、
これまで彼女の存在自体を知りませんでした。
彼女の作品に目を奪われて
タイトルとその作品の意図を聞いて以来
心が落ち着きません。


あの作品に
そしてまた、彼女自身について
感想をお持ちの方がいらっしゃったら
是非お聞かせ頂けましたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

こんにちはmomoshippoです。


まずまた訂正…×顔彩→○岩絵具
十月の個展で実物の絵を見ることが出来そうなので、
ようやく落ち着いてきた今日この頃です。

私は自分が松井冬子さんの絵にとても惹かれつつ、
同じように感じる方々が数いることにちょっと驚いてもいました。
でも0oichicoo0さんのようなご意見が多数派なのかもしれませんね。
もっと否定的な見方もあるだろうし…。

描かれている対象は衝撃的で、
そこに(どうしても)美貌の彼女の気配が重なり、
暗く静かな画面から、強い情念を感じます。
なぜこんなに痛々しい絵に惹きつけられるのか…

私の場合
過去にDVを受けていた時期があり、
いまだに夢にうなされることがあります。
もう十数年も昔のことなのに。
その夢の中では私は加虐者で(でも心理状態は当時のまま
怯えて畏縮し、声をあげることも出来ない)
力を振り絞って斧のようなものを相手に振り下ろすのですが、
相手はゾンビのように何度も起き上がり追ってくる…

“攻撃性には螺旋があって/暴力を受けた人は必ず暴力をする/
 例えば、私が暴力を受けたとすると「浄相の持続」のような
 暴力性として現れる/循環のうちのひとつ”
と美術手帖のインタビューにありました。
-暴力の循環-
私の見る夢も、暴力の循環なのかもしれません。

「腑分図;左鼓膜」「腑分図;第七頸骨」からは、
人体が傷付けられたときに修復しようとする本能の力を感じます。
他者からの暴力で傷付けられた場合、
その力には凄い怒りのようなものを伴っているように思うのです。
時を経てその暴力を許したとしても、
身体はそれを憶えていて、忘れない。
 
彼女の絵を見るとき、
ずっと自分に付き纏う 負の感覚に似たものを感じます。
同調し、共鳴し、
そうして 痛みが中和される…
絵の中の女性や動物や花たちが、
吸い取ってくれるように感じるのです。

体中の痣は消えても、刻まれた記憶は消えない。
私の中で繰り返される暴力の循環。
逃れられないけれど、もう過去のこととして、
一生かかえていく覚悟をしていたところへ
彼女の絵は、私にとって思わぬ救いとなりました。

ETV特集のなかで「世界中の子と友達になれる」という絵について、
上野千鶴子さんは
「世界中の子が私と同じような不幸に感染しますように」
と感じたとおっしゃっていましたね。
彼女は肯定も否定もしていませんでした。
傷を負っても精神力で克服できてしまう健全な人たちに対して、
“早く忘れてしまいなさい”と言い放てる無神経な人たちに対して、
あるいは加虐を続けようとする人たちに対して、
絵を通して 同じ苦しみを味あわせてみたいという気持ちが
彼女の中になくはないかもしれない(たぶんあると思う)。
でも“この絵が見る人の厄除けになるといい”という彼女の思いも
確かに強くあると思う。
傷をかかえた人が もうそれ以上傷つかなくていいように、
という祈りのようなものを 私は感じます。

「世界中の子と友達になれる」という言葉について
“幼い頃に本気で信じた狂気的発言”と彼女は言っていましたが、
言語を介さない絵画という手段をもった今、
あながち“狂気的”でもない気がします。
彼女の絵に何かしら感じ取る人は、確実に世界中にいると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

momosippoさんの回答を聞くために
これまで待っていたような気がします。
自分の中でずっと漂っていた気持ちを
こんなにきれいに書いてくださって
ありがとうございます。
安心してこの質問を閉じさせて頂く事が出きます。


「傷をかかえた人が もうそれ以上傷つかなくていいように、
という祈りのようなものを 私は感じます」

momosippoさんのいうまさにそれが
松井冬子さんのテーマかな、と。
相通じるものを感じました。


momosippoさんもどうぞ
くれぐれもご自身をお大切になさってください。
そして
暴力の循環-がどこかで断ち切られますように。


再度のご意見、本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/08/07 14:25

こんにちは、皆さん肯定的な意見が多かったので、あえて否定的な意見を書かせて頂こうと思います。



現在、大学で日本画を専攻している者です。
私の経験論であり個人の意見ですので、本当に事実としてそうなのか等分かりません、こういう視点や見方もあるのかもしれない、(決めるのは読んだ人それぞれ個人です)という事で読んで頂きたいのですが

技術的には、画力と魅せる為の力を持っていると思います。
描写力然り、表現方法、技法なども。
ただ、モチーフとしては稚拙だと感じる人もいます。
他の回答者様も書いておられましたが、アングラ的なものを感じます。
良く言えば考えさせられる、深い、悪くいえばオタクっぽい。
それは絵についてもですが、題名からも感じます。
インタビュー等色々拝見しましたが、何だか暗い人だし、
尚更そういった事を言わなくていいのに…と感じました。
ちょっと痛い人かな?と。(これはその後そういう訳でもないと思いましたが拭いきれない感はあります)

ただすごく容姿が大衆受けする方です、尚且つ描くものや性格からのギャップで売れてる、という方もいますね。
(言い換えてしまうとこんな絵(確かにずば抜けて上手いという訳ではないです、出身大が出身大なのでこの位の画力を持つ日本画家なら周りに沢山いた筈です…)だったら、もし容姿が人に受けるようなものでなかったなら別に売れても何ともない、という事でしょうかね)

こんな意見もありますよ、というお話でした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大学で日本画を専攻していらっしゃる方(学生さん?)からの
ご意見なんてとても興味があります。
女性の方かな?とお見受けしましたが・・。

》技術的には、画力と魅せる為の力を持っていると思います。
》描写力然り、表現方法、技法なども。
》ただ、モチーフとしては稚拙だと感じる人もいます。
》良く言えば考えさせられる、深い、悪くいえばオタクっぽい。
》それは絵についてもですが、題名からも感じます。

画もそうなんですが
私は一生懸命その題名の意味を考えていました。

》ちょっと痛い人かな?と。
(これはその後そういう訳でもないと思いましたが拭いきれない感はあります)

私もそんな印象を受けました。

》ただすごく容姿が大衆受けする方です、尚且つ描くものや性格から
》ギャップで売れてる、という方もいますね。

そうですね、最初はそこから入ったものですから・・・私も。

》この位の画力を持つ日本画家なら周りに沢山いた筈です

なるほど、そうなんですねえ。。。
画の世界でもしかしたら有名でも、
ただ単に日本画、となると私たち素人には縁が遠いし
マスコミ・TVでそしてNHKでご本人が出演して
取り上げてもらわない限りは
私には知る由もなかった方ですね。

色々な声が聞けて非常におもしろいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/07 14:07

こんにちは、つい最近僕も松井冬子さんの存在を知り、彼女の絵から衝撃を受けた一人です。


率直な感想をいうと彼女の作品からは苦痛、狂気、殺意?、ニヒリズムのようなマイナス要素をとても感じます。
たいてい内臓など醜悪な所に目がいってしまいそうですが、僕は特に「浄相の持続」の死体の目や「切断された長期の実験」の犬の目からそういうものを感じました。あと象の目からも。
そして、作品をみて松井冬子という物を感じた気がします。
ああいうマイナス要素はつまりは彼女自身のことなんじゃないかなぁと思います、肉眼では見えない部分を映し出す鏡ですね。
しかし、狂気や殺意ににたものを感じつつもなんかこう、もっと見ていたいという気持ちがありますね、美しさだと思います。
醜悪美という言葉をご存じですか?僕は以前からこの言葉がわかるようなわからないような微妙な感覚がありました。
人間の生命の証のような決して整ったきれいなものではなくて今の日本の社会みたいな科学的な進歩や様々なものに依存して生きていたり、利益を追求することを目的とした生き方、つまりは先ばかりをみた進歩主義や、利己主義、それから処世的な生き方ですね、そういった生き方をしていてはなかなか出会えない、時には醜ささえ感じてしまう激しくて美しいもの。
そんな感じのものが醜悪美の概念だと思うのですが。
じゃあ具体的に一体なんなのかといわれるとちょっと説明しづらくわからなかったんです。
でも松井冬子さんの作品はもう確実にあてはまると思います。
実物を見ていないので早くみたいものです。
それから、noname#63054もダリのことをおっしゃっていましたが、僕もどことなくダリの要素が混ざっているように思えます。
全く新しいですね、日本画が基盤にあり激しい感情を独自の手法でしかも写実的な分とてもリアルに訴えかけてきます。本当に独創的だと思います。ちょっと長くなってしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

》「醜悪美」

h1g2h1g2さんのおっしゃるとおり
今までに無かったようなジャンルですよね。
松井さんの絵には
「狂気」の音楽が背後から聞こえてきそうな
何か、ホラーなどのジャンルには入れたくないですが
映画の物語・筋書きがその中に隠されているような
その絵をを見ただけでは終わらない何かが
感じられてくるんです。

》日本画が基盤にあり激しい感情を独自の手法でしかも写実的な分とてもリアルに訴えかけてきます。本当に独創的だと思います。

松井冬子さんが内面に秘めた
そこはかとない激しい感情を私も感じます。

》ちょっと長くなってしまいました。

いえいえ貴重なご意見ご感想を
ありがとうございました。
こちらこそ仕事の都合上、お礼が遅くなって
ごめんなさい。

お礼日時:2008/07/28 13:57

追伸です。



“花嫁”ではなく、“ウェディングドレスをまとった女性”というナレーションが入ってましたね。
またニュアンスが違ってきます。
    • good
    • 0

私もmmtctさんと同じく、四月放送のETVで彼女を見て以来、心が落ち着かなかったクチです。


途中からだったので、あ きれいなひと メイクアップアーティストかな?なんて思いながら見てたら…“好きな男性を想い過ぎて脳までかきむしった花嫁”の絵。日本画は好きなジャンル。顔彩と絹本と彼女にみとれる。「これを描いていなければ多分自殺していたでしょうね」って、このうつくしいひとにいったい何があったの???
…と、かれこれ2ヶ月。今晩、再放送がありますね!また彼女に会えます!録画しましょう!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

残念!ながら
momosippoさんのメールを読んだのが月曜日の朝だったので
せっかく頂いた録画の情報を見逃してしまいました。

あれからインターネットなどで
松井冬子のことについて色々と知りたいと思い
あちこちと探してみましたが
情報源が乏しいのが残念です。

今後の動向に注目です。
momosippoさん、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/23 18:40

衝撃でしたね。


インタビュアーの方は、彼女の「世界中の子と友達になれる」(だったかな?)を見て、「みなも自分と同じように、不幸になりますように」と感じたといっていました。うーん、そういう面も人間だったらあるかなと思いましたが、私は彼女の絵を見て、生き方を模索しているようにみえました。
あるいは、自分の行き場のない感情を消化するために描いた、というか。
確かに痛々しくてあまり好きな絵ではないですが、彼女のプロ意識や技術は目を見張るものがありますし、(私も絵を描いているので)これからどんな風に幸せになっていくのか、その過程の絵が楽しみだなとおもいました。
結局、絵にしても描き手の心をそのまま現わすのではなく、見ている人の心というフィルターがかかってくるので、彼女が言いたいことをそのまま受け止めている人なんて子供くらいしかいないのかなーと思います。
インタビュアーの人は穏やかでやさしそうな方でしたが、ああいう捉え方をするということは、やはり彼女も修羅場をくぐってきたのかなと感じました。
あとは思いやりのない、自己中心的な男性に対して怒っている感じはしましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「みなも自分と同じように、不幸になりますように」

私もこの言葉に面食らいました。
丁度その少し前くらいからTVを見るとはなく見ていたので。

「世界中の子と友達になれる」の意味するものが
インタビュアーの方の感想があまりにも的確な発言だったような気がしたので
本当はその言葉に
一番衝撃を受けたのかもしれません。


red_curbさんも絵をお描きになるんですね、
「これからどんな風に幸せになっていくのか、その過程の絵が楽しみだなとおもいました。」そう思います。


ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/24 12:49

私もちらっと見た程度です。

私は彼女と同年代なのですが…昔、ああいう世界って流行ったような気がします。それも一番多感な思春期に。
当時私も学生で絵を描いていたのですが、いつもグロテスクな絵を描いてましたよ。教師に見せたら血相を変えて「何かあったの?」と非常に心配されました。
でもそういう世界こそが私の居場所だと思ってたし、おかしいとも思わなかったし、そんな絵を描くことで気持ちが落ち着いてた部分はあります。

音楽の世界でも当時「退廃」だとか「エログロ」「狂気」をテーマとするものが出てき始めて、アングラな世界が若干入りやすくなった時代でもあります。リストカットに走る女子も多かったです。
若干家庭に問題があるのに非行に走れなかったタイプの子供は、割とそっちの世界に行ってしまうことが多かった気がします。

普通は大人になるにつれて恥ずかしくなったりばかばかしくなったりして、そういう世界とは疎遠になっていくのだと思います。私も大人になるにつれて、そういう絵は描かなくなったし、そういう世界とは疎遠になりました。

なので彼女の絵を見たときちょっと恥ずかしかったと同時に懐かしかったです。ああいう絵を見てこんな感想もなんですが、甘酸っぱい思い出がよみがえってきました。

世間に受け入れてもらえたら彼女のような評価になるかもしれませんが、一歩間違ったら中二病とも言われかねない世界ではないかと思いました。そういわれない理由の一つに、彼女の美貌もあるのかと思いますが。
私は彼女のようにはなりたくないな~と思います。ちょっと同族嫌悪みたいなものかも。(私は美人じゃないですからね)

変な意見でごめんなさい。でも美人な方だと思いますし、絵もどちらかといえば好きですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hanaden0さんもそういった絵を描かれてあったんですね。
懐かしさまで感じられるんでしたら
彼女のテーマを理解できるんでしょうね。

「若干家庭に問題があるのに非行に走れなかったタイプの子供は、割とそっちの世界に行ってしまうことが多かった気がします。」
そうなのかもしれないし、そうでなかったならやっぱり
hanaden0さんの先生みたいに「なにがあったの?」と
聞きたくなってしまいます。

果たして世間に受け入れてもらえるかもらえないかは
hanaden0さんのおっしゃるとおり
松井冬子の美貌によるもの、というのも頷けます。

変な意見じゃないです、
どれもそうだな、と思いましたので。
思春期から大人になるまでの説明も興味ありおもしろかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/24 13:05

松井冬子さんのキャリアは、確か女子美短大卒業後4浪し芸大の合格のあと専攻を日本画へ転向したのでしたね。


美しすぎる34歳。
お詫びして訂正いたします。
私は最初、広告時評で彼女を知り、少し前にでた美術手帳の特集を読みました。
確かに気迫と執念の人。それゆえに、作品には執念を超えた鮮烈な空気が描けているのだと思います。
フェミニズムの上野千鶴子先生はちょっと無縁の孤高の境地を目指しているのだと思います。
とはいえ、私も松井冬子さんの世界には、足を踏み入れずに遠巻きに
眺める男の一人です。
どこか、瀬戸内晴海のどうろどろした女性の情念の世界に引きこまれそうで嫌なのかもしれませんね。



追記です。松井冬子さんの生まれた静岡県森町というのは、森の石松の森町ですが
実は私の父方の実家のある近くで、古いお茶の農家とか郷士の末裔とかの住む
田舎町。松井さんは掛け軸や襖を見て育ったと言っている(美術手帳 2008.1)ので
おそらくは、地方の旧家のお嬢さんという感じなのでしょう。
私は松井冬子さんとはまったくの縁もゆかりもない年齢も20歳年上のオッサンですが
同じ気候風土の中で私も少年期は画家になることを夢見た時期があります。
美術手帳の松井冬子特集は、実は最近始めて手にいれたのですが、今回の書き込みに
備えて少し詳しく読み込むと、やはりと思うことばかりでした。

彼女は、現在の仮想現実的な社会の中で、現実味を視覚の中で強く訴える手段として
「痛覚」を意識して「浄相の持続」のような作品を表現していると言っています。
博士論文を通じて自作の主要な「三つの痛覚」について語っていますが、芸樹家の
言うことは、作品が語る言葉の1割も人には伝わらないもので、言葉と語彙の独自性は
画家独自の世界観を語るのは言葉でなく絵画なのだというあたりまえのことを思い出させて
くれる内容です。

彼女の技法へのこだわり、リアリズムの描写力のこだわりは極めて深いものがあって
そこが私をひきつけてやまない部分でもあります。
彼女はルネッサンス的である意味シュールレアリズムの天才ダリのように精緻な描写
にこだわり、心象風景をリアルな幻視として表現する。
多くの人が指摘するようにある意味職人的な絵師であって、彼女自身が彼女に命じた
ものを彼女の身体が克明に描き出す。
彼女にとっては自らの容姿すら、彼女の自意識を離れて、非現実的なまでに美意識に
同化されたオブジェとして存在するかのような錯覚に陥ります。
彼女はそれをナルシズムとよぶけれど、本来人が感性や技を磨かずにだらしなく仮想現実
的なごまかしで生きてきているなかで、覚醒をうながすかのような清冽な美学です。
自己撞着と呼ぶにはあまりに険しく「芸」であり自虐的であり、求道者のような長い歩みの
すえの極みと言えましょう。
彼女は、おそらく生来の容姿すら作品として鍛え上げていこうとしていくかのようです。

ですから、女として生まれるなら彼女のように行きたい。そう思うのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

umaiwinenomitaiさんの回答を
仕事中勤務先のPCから(^^;;;)と自宅で
もう何度も読みました。

ただ
すぐにお返事を書くだけの時間的余裕がありませんので
今しばらくお待ちくださいませんか。
内容に失礼のないよう必ずお返事いたしますので。

宜しくお願いいたします。

お礼日時:2008/04/24 19:10

>女なら彼女のように生きたい。


#2です。
この感想では御不満ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ
私はまだ松井冬子についてほとんど知らないのに比べて
umaiwinenomitaiさんは随分とお詳しく
しかも色々な方面からも造詣が深くいらっしゃる
私はどんな人なのかもっと
知りたい、と思ったので質問させていただいたまでです

勝手な解釈ですが
あの絵を見て思ったのは
「気迫」神経を呼び覚ますもの、
何か内面的にひどく痛手でも負ったからなのか
人には言えないくらいの悲しみや苦しみを通り越したもの
何があったらあそこまでの感性が生まれるんだろうと
ただ幸せな人生を歩んできただけでは
到底考えられないような
そんな心の締め付けられるようなものを感じたので

「これを描いていなければ多分自殺していたでしょうね」という
そんな彼女に憐憫というか同じ女性として
どうしてそこまで追い詰められないといけなかったのか
私が立ち尽くしてしまったのは
そこなんです

すみません、
松井冬子をよくしらないまま
書かせていただくと
私にはできないし、そういう人生を生きれない
でも
あの絵を見て彼女に出会って
彼女のこれまでのそしてこれからの人生に思いを馳せて
何かを彼女のために祈りたい・願いたい、
そんな気持ちを持ってしまったんです

umaiwinenomitaiさん
きっと美に対する意識が松井冬子に
近いものをお持ちなんでしょうね

できればお考えをお聞かせください
ご返信ありがとうございます

お礼日時:2008/04/23 00:22

私も途中から見たのですが釘付けでした!



絵は勿論ですが、彼女自身に驚きましたよ。
シーンが変わるたびにヘアスタイルから着ている物まで
全部華やかに変えるのに、顔は怖いほど書き込まれていて
更に話し出したら全く普通な感じなので物凄い違和感でした。

徹底的に描き込まれた繊細な絵が素晴らしいですね。
確かにグロテスクで重い物が多かったですけど、近場で
個展などがあったら是非直に見てみたいと思った数少ない
画家の1人です。

私も全く知らなかったので衝撃的でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうぞんじます。

^^そうですね、絵が上手ということはやはり
お化粧も相当うまい。
私も途中で同じような印象をうけました。

日本画家では
女性が稀有な存在であるらしく
今後のご活躍に期待している一人でもあります。

上野千鶴子さんでしたか東大教授の、
「べたな言い方だけど、
あなた、幸せにおなりなさい」といったのも
とても心に残りました。

お礼日時:2008/04/22 19:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q東京芸術大学ってそんなに凄いんですか?

中学校の美術の教師が東京芸術大学芸術学部美術学科卒業でした。授業中「俺は東大よりも難しい大学を出てる」とよく自慢していました。中学生の時はその意味が分かりませんでしたが、大学受験の時、その意味は分かりました。ただその先生のことは本当に嫌いでした。そんな凄い大学出てても所詮は中学校教師。何が凄いのか分かりません。東京芸術大学でた人はどんなところで働くんでしょう?官僚になるわけでもなく、大手企業に行くわけでもなく・・・。いったい何をしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり、極めて優秀な芸術家を輩出する大学なわけですが、そもそも芸術家は芸術を生み出す人なわけで、お金を生み出す人ではないので、お金儲けにはつながらないのです。

「難しい大学を出る=安定した生活を送る」という理論に基づいて考えれば、芸大は「難しい大学」ということには確かにならないかもしれません。でも大学は本来、学問をするところです。そして東京芸大が、人の心や感覚をゆさぶるような優れた芸術を生み出すための優秀な教育を施してくれるのは事実です。東京大学法学部を出ても優秀な芸術家にはなれませんが、東京芸大を出れば優秀な芸術家になれる可能性が極めて高いのです。そして、あくまでも芸術家として優秀なだけであって、優秀な教師を育てる大学ではありませんので、中学教師として劣っていたとしても、まったく不思議ではありません。

ちなみに、私の中学時代の美術の先生は、当時、現役の東京芸大院生でしたが、実践的なことと芸術的なことの両方を楽しく学べる工夫をしてくださった、人としてもすばらしい愉快な先生で私は大好きでした。今は東京芸大以外の芸術系の大学などで教えながら、たまに展覧会を開いておられるようで、作風は変わりましたが、当時と同じジャンルの芸術を生み続けておられるようです。

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較