[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

夫の米国転勤に帯同して、E2配偶者ビザで4年の予定で滞在します。米国滞在中、日本の会社とメールで仕事をすることになり、社員ではなくアルバイトとして報酬を得ます。就労許可は、米国の会社で働くわけではないので不要のようですが、手続きが難しくなければいずれは申請しようと思っています。ただ仕事は渡米後できるだけ早く始めたいので、最初は就労許可なしですることになると思います。

配偶者ビザでのこうしたアルバイトには報酬額に上限があると聞きました。どなたかご存知の方がおられましたら、教えてくださいませんか? どうかよろしくお願い致します。

A 回答 (5件)

お礼を読みました。


そうです。 おっしゃるとおり、Work Authorization I-765 のFormです。
説明が複雑ですが、実はそんなに難しくはなんですよ。よく読んでくださいね。また、ご質問があればどうぞ・・・。
Working Permit があると、ないとでは働いていても気持ちの持ち方が違います。私は日本語を教えていますが、Permitが取れるまでは生徒からはキャッシュでしかレッスン代をもらえませんでした。それに、誰かに密告されるかも、という不安もありましたし。今は、公的な学校でも堂々と教えています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Instructionを読みました。長いですが、シンプルですね。SSN取得後すぐにEADを申請します。
アドバイスありがとうございました。

ここからは質問ですので、もしよろしかったらお答え下さればうれしいです。

1.EAD取得について、最初はどうやって調べられましたか? USCISやIRSのHPだけから理解するのは難しいですよね。

2.仕事開始後、確定申告時にはどうやって所得を証明するのですか? 日本の会社からの賃金ですので、会社に記入してもらう書類などがあるのでしょうか?

3.ある額までは就労許可なしで働ける、というような上限はありますか? 似たところで、日本では年収103万までは非課税ですが、そういったものはないのでしょうか?

もしかしたら1の質問で全てカバーされるのかもしれませんが…。お時間があるときにでも教えて戴けたら大変有難いです。
渡米日が近くなりました。できるだけの準備をして行きたいと思っています。

お礼日時:2008/05/24 09:21

#3です。

 書き忘れた事がありまして・・・。回答者#1 の回答を拝見して。 日本でVisa no手続きをするときに、このワーキング・パーミット は申請できません。それから、 こちら(U.S.)にきてから、弁護士などに頼む必要もありません。
渡米後、すぐに申請にいったほうがいいですね。それから、パーミットがとれるまでは仕事をしないほうがいいと思います。何かがあったとき、迷惑をかけるのは、夫の会社と夫です。 あくまでも私たちは E-Visa のSpouse(配偶者)であることを忘れてはいけないと思います。最悪は 主人のVisa が剥奪、ということにもりかねません。
    • good
    • 0

私もEー Visaの配偶者です。

 4年前から労働許可を取って働いています。まず、申請は移民局です。私は最初の年は移民局に出向き、申請用紙をもらって記入し、送付しましたが今はすべてComputerで申請します。カテゴリーは Spouse of an E-1/E-2 Treaty Trader or Investor (a)(17) になります。申請費は去年の夏に大幅に値上がり、たしか、$300 くらいだったと思います。私は値上がる直前に更新したので、$180でした。
U.S.Citizenship and Immigration Services にアクセスして、申請のページを探してください。
それから、金額の上限はありません。ただし、高額の収入を得れば、しっかり税金でもっていかれます。 所得税はとても高く、日本の比ではありません。
それから、申請から受領までですが、3ヶ月以上かかります。「申請を受領しました。」という手紙がきてから、移民局に出向いて写真と指紋の採取があります。有効期間ですが、P/PのI-94 の有効日までです。したがって、Visa がきれるまでではないので、申請する日にちによっては、有効期間が1年に満たない場合があります。
私はすでに、2回も更新さざるを得なかったです。
ほかに、ご質問があればいつでもどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
該当する申請は、USCISのHPの、Work Authorization I-765でしょうか?
この申請に関するInstructionを読んでいるところですが、読み終えたらまた質問させていただくと思います。
そのときはよろしくお願い致します。
取り急ぎ、お礼まで。

お礼日時:2008/05/17 11:34

E2の配偶者なら、就労許可はとれるはずですが、とる前に、就労するのは、まずいです。



また、USに居住すれば、その収益が、就労であるとなしにかかわらず、収入があるのであれば、たとえ、その収入が、日本国内で発生していようとも、税務申告は必要です。脱税がばれると、ペナルティーが課されます。悪質な脱税の場合は、ビザの更新などで、差し支えが出たりする可能性もあります。

参考URL:http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-niv-e.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ビザ面接時に係員の方(面接官ではありません)に質問したときの返答が、就労許可は不要だが就労の程度に上限がある、というようなニュアンスでした。
私の聞き方が悪かったのかもしれません。
ここで質問してよかったです。

確定申告についても調べていますが、税率が高いですね。。
うっかりして違法にならないよう、今後もここで質問させていただくかと思います。
そのときはまたよろしくお願いいたします。

お礼日時:2008/05/17 11:01

>就労許可は、米国の会社で働くわけではないので不要のようですが、手続きが難しくなければいずれは申請しようと思っています。



米国内に居住しながら働くのであれば、雇用会社が米国外にあっても、またお給料が振り込まれる口座が米国外にあっても、違法になりたくないのであれば、就労許可が必要であると思います。

ご主人の E2 を申請する時に、質問者さんの就労許可の手続きをして貰う事は出来ないのですか?上記の事も含め、弁護士さんにお尋ねになってはいかがでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

実は、E2ビザは既に取得していて、夫は先に渡米しています。
ビザ面接の際、こういう形での就労は可能かと尋ねたら、フルタイムで働くようなレベルでなければ可能だと言われました。
就労許可については特に触れられなかったので不要だという認識でしたが、違法かどうかを心配しながら働きたくはないので、後々申請しようと思っていました。
でもそれでは遅いのですね。
渡米後に移民局に申請するのでしょうか?
調べてみます。

私の渡米時期が迫っていて、夫の会社(米国)では会計士を雇っていないので、会計士や弁護士などを現地で自分で探すことになります。
いろいろと初めてなことばかりで不安です。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/15 14:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QE2ビザでアルバイトや副業

現在、アメリカで働いています。
ビザの種類はE-2です。

E-2ビザを取得する際に申請した会社以外で、
休みの日や、空いた時間にアルバイトなど、
労働をすることはできるでしょうか?

Aベストアンサー

私も在米です。10年になります。
私も仕事をしています。 E-VISA の配偶者ではないということですね。
 さて、質問の答えですが、「違法」です。手元にあるImmigration Law の資料によると、”どの就労ビザでも、ビザのスポンサーになった雇用主以外で働くことは禁じられています。ビザ取得時に決められた業務以外の仕事はできません。” また、こうも書いてあります。”違法労働が発覚した場合、次のビザ申請で許可されない可能性が大です。”

ということで、おおきなリスクをかかえてアルバイトをするのはやめたほうがいいと思います。 就労ビザというのは 雇われている会社の勤務規定は関係ありません。 アメリカの法律です。

Qアメリカで配偶者ビザで働くこと

現在、配偶者ビザでアメリカに暮らしております。ほぼ専業主婦状態です。
そこで日本人留学生の生活相談にのるというアルバイト(ボランティア?)
募集のお話を知人から紹介されました。
近所の学校に通う日本人学生が何か困ったことがあれば、相談にのる仕事です。
報酬は学生の相談にのる毎にごくわずかですが、支給されます。
雇用主は日本企業で、定期的な収入とはなりません。
このような条件の場合、就労ビザは必要無いとのことですが、本当でしょうか?

非合法での就労は避けたいと思っています。
アメリカではどんな条件の時に「就労」にあたるのでしょうか?

Aベストアンサー

ニューヨーク州のNotary Public及び一般の雇用者として、(法律面のアドバイスはNotary Publicは禁じられておりますので)行政・事務手続き面での参考情報として回答いたします。

1. 就労許可について

配偶者としてのビザ・ステータスでの米国内での就労のためには、UCSIS(US Citizenship & Immigration Services, 旧称INS)からの労働許可(work permit = Employment Authorization Document: EAD, Form I-765)を取得していることが前提となります。このための手続きに関する情報は、参照サイトから得て下さい。このEADは、米国民(citizen)及び永住者(permanent resident = グリーンンカード保持者)には必要ありませんが、それ以外の移民(immigrant)・非移民(non-immigrant)で労働許可の対象となる方には必要となります。

ところで、ご質問者の「配偶者」としてのステータスが以下の何れにあたるかがわかりませんが、F-2, TD, H-4ビザ等特定のものでない限り、米国内での就労は可能(eligibleという意味)となります。

【米国人の配偶者として米国内に居住されている日本人の場合】
ビザ・ステータスは移民ビザとしてのIR1、又は非移民ビザとしてのK3(配偶者)、K1(婚約者)等のどれかにあたりますが、この場合には上記EADを取得する必要があります。

【日本国人の配偶者として米国内に居住されている日本人の場合】
F-1, J-1, TN 又は H-1B 等(何れも non-immigrant ビザ)の方の配偶者の場合、配偶者のビザはF-2, J-2, TD 又は H-4 等となり、更に他にもMやG等いろいろありますが、例えばF-2, TD, H-4ビザの場合は、就労は認められません。従って、F-2, TD, H-4ステータスの方は、お勤め先によるLabor Certification (Alien Employment Certification, Form ETA 750) の申請を通して就労ビザを出してもらえる場合に、ビザをワークビザ(employment-based visa)へ変更される事が条件となります。

2. ソーシャルセユリティーナンバー(SSN)の取得について

米国内で就労が(上記の条件を満たすことにより)可能な場合、これらの必要書類をもってSSNを申請・取得することが必要となります。最寄りのソーシャルセユリティーオフィスで手続きをなさって下さい。

3. 現実問題としての就労の可否(及び是非)

現実問題としては、上記書類の取得の有無に拘らず、就業形態が幾つか考えられ(又は実存し)ますので、ご質問者のケースで、雇用者側が以下の方法によりご質問者にお仕事を依頼されている場合は、雇用者側において非合法的に就労を認めていることになりかねませんのでご留意下さい。

(1) 雇用者側で賃金を課税対象としていない(いわゆる off the books)場合
毎年IRSへの所得税の申告に必要な書類(一般にForm W-2、その他報酬に関しての non-employment compensation 等の該当フォーム)がお勤め先から発行されない限り、雇用者側としては正式に雇っていることになりません。これは、雇用者がワークビザを発行しているとか、雇用者に対してEAD や SSN等を提示済であるとか、報酬や賃金の支払い方法が現金かチェックか、等といった事とは何ら関係なく、IRSへ所得税を納めていない限り、公式に「働らいている」とはみなされませんので、真相を判った上で対処しましょう。

(2) 雇用者からEADやSSNの提示を要求されていない場合
就業者が何らのペーパーもなく仕事を得られる場合は、移民関連の法律上も税法上も非合法となりかねません。それを承知で「バイト」をされているケースも在りますので、こちらも真相を判った上で対処しましょう。

+++++
なお、様々なケースで、「働いている」事を証明する必要が生じる場合(例えばアパートを借りるのに収入を証明する際等)に、W-2等の公式書類でなく、雇用者からの書簡(いわゆる会社のレターヘッドを使っての手紙)だけで通用する事がありますが、こうしたやりとりをする場合、上記(1)や(2)等に該当する雇用形態の場合、その合法性を問われた際にどの様に対処するかが、重用な課題となりえますので、注意が必要です。
+++++

参考URL:http://uscis.gov/graphics/howdoi/ead.htm

ニューヨーク州のNotary Public及び一般の雇用者として、(法律面のアドバイスはNotary Publicは禁じられておりますので)行政・事務手続き面での参考情報として回答いたします。

1. 就労許可について

配偶者としてのビザ・ステータスでの米国内での就労のためには、UCSIS(US Citizenship & Immigration Services, 旧称INS)からの労働許可(work permit = Employment Authorization Document: EAD, Form I-765)を取得していることが前提となります。このための手続きに関する情報は、参照サイトから得て下さい...続きを読む

Q駐在妻(E2ビザ) オークション(ebay)収入

アメリカ駐在妻でE2ビザです。
オークションサイト ebay で不用品やコレクションを販売して得た収入は、税制上どのような扱いになるのでしょうか?

骨董品を売ってみたら、$2,800という高値で落札されました。購入者は大学の先生で、研究に使うそうです。その先生から研究費として大学に代金を払ってもらう為に大学側に売り手のW-9フォームを申請する必要があるので、提出してほしいと頼まれました。このW-9を提出した場合、どのようなことになるのでしょうか?

SSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)を持っています。 労働許可証は未申請です。 税金の申告は夫と一緒に行っております。

どなたか事情をご存じの方がいらしたら、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

在米日系企業でHR関係の業務もしています。その経験から・・・・

>骨董品を売ってみたら、$2,800という高値で落札されました。
 落札された時期が不明ですが、今年(2011年)になってからの出来事と考えます。

>購入者は大学の先生で、研究に使うそうです。その先生から研究費として大学に代金を払ってもらう為に大学側に売り手のW-9フォームを申請する必要があるので、提出してほしいと頼まれました。このW-9を提出した場合、どのようなことになるのでしょうか?
 こういったケースでW-9を先方に提出した場合、2011年度のタックスリターン(収入を得たのは2011年なので)に間に合うように2012年2月から3月ごろに、先方から1099-MISCが送られて来ると思います。これは金銭を支払った方(この場合は教授)が「誰にどういう内容でいくら支払った」と言うことを支払った先(everythingOKさん)とIRSに報告するもので、支払者には提出が義務付けられています。
IRSにも報告されますので、everythingOKさんにもMiscellaneous Incomeが発生したことはIRSも把握できます。つまり、このMiscellaneous Incomeに対してもIncome TAXが発生します。

>イーベイの名義は私で支払いも私のペイパルへ入金されたのですが、W-9を主人の名前で提出して問題ないのでしょうか?彼のmiscellaneous income として申告した方が良いのでしょうか?
 それこそ、あまり面倒な方法はとらず、ストレートにeverythingOKさん名義でW-9を提出して1099-MISCを受け取ったほうがいいと思います。

>SSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)を持っています。 労働許可証は未申請です。 税金の申告は夫と一緒に行っております。
 と言うことは、タックスリターンは合算申告ですね。申告時にeverythingOKさん宛の1099-MISCも旦那さんのW-2と一緒に提出して、旦那さんの所得とあわせて申告、還付や追加納付があればそれを按分して処理すればいいと思います。
駐在者の場合、Income TAXの負担に会社毎の規則(Income TAXはだれが負担するか?など)があると思うのでその規則によってはすこし手続きが面倒かもしれませんが。

ちなみに、僕もE2での滞在です。嫁がEADを取得して働いているので2010年度のタックスリターンにあたっては二人の収入を合わせて合算申告し、その後還付額(昨年分は還付でした)を按分して処理しています。ウチの会社の場合、仕事以外の個人の収入に対して発生した還付や追加納付は個人持ちですので、今回、嫁の収入に対しての還付額は会社から返ってきます。

在米日系企業でHR関係の業務もしています。その経験から・・・・

>骨董品を売ってみたら、$2,800という高値で落札されました。
 落札された時期が不明ですが、今年(2011年)になってからの出来事と考えます。

>購入者は大学の先生で、研究に使うそうです。その先生から研究費として大学に代金を払ってもらう為に大学側に売り手のW-9フォームを申請する必要があるので、提出してほしいと頼まれました。このW-9を提出した場合、どのようなことになるのでしょうか?
 こういったケースでW-9を先方に提出した場...続きを読む

Q労働不可の米ビザで、日本での収入がある場合

アメリカのビザには、BビザやF-2ビザ、H-4ビザなど、アメリカ国内での労働ができないものがいくつかありますが、それらのビザを保持しながら、日本国内にて収入があることは法律上問題ありませんか?
例えば、日本の企業や団体等のアルバイト(資料作成等、海外にいてもできること)をして、その給与が日本の口座に支払われた場合などです。
「このケースは合法」「このケースは違法」等、どなたか経験されたことのある方、詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ
最初の質問の
(1)日本の企業や団体等のアルバイト(資料作成等、海外にいてもできること)
次の質問
(2)アメリカの雑貨や生活用品などを日本へ向けて販売する場合

両方ともあくまでも量が少なければ問題無いと思います。税金の申告が必要無い程度でしょうか。
最初の質問はお仕事の発注先が実はあなたが海外にいることを了承してくれていればいいですがやはり量が多くなってくると税金面で(海外にいる人への報酬の場合は税金を先に引いて渡す)はっきりしないのはめんどうかと思います。
(2)のご質問もあまり量が無ければ問題は無いかと思います。最近は日本国内でも主婦のネットショップやオークションでの収入も規制がかけられていて、年間20万円だったか以上の収入がある場合は申告しないとならないそうです。毎月コンスタントにある程度以上の収入がある場合はアルバイトとは言えないそうで税務署が目を光らせています。アメリカと日本は税に関する規定があり世界どこでも収入があった場合は住んでいる国で税金の申告をしないとなりません。厳密にはアメリカに住んでいて、日本で収入がありそれを日本で申告したのならその件も本当はアメリカで日本で申告済みであると言う書類を申告しないとなりません。
またネットショップなどで消費者に直接販売する場合は運営者の氏名住所を表記しないとなりません。

こんにちわ
最初の質問の
(1)日本の企業や団体等のアルバイト(資料作成等、海外にいてもできること)
次の質問
(2)アメリカの雑貨や生活用品などを日本へ向けて販売する場合

両方ともあくまでも量が少なければ問題無いと思います。税金の申告が必要無い程度でしょうか。
最初の質問はお仕事の発注先が実はあなたが海外にいることを了承してくれていればいいですがやはり量が多くなってくると税金面で(海外にいる人への報酬の場合は税金を先に引いて渡す)はっきりしないのはめんどうかと思います...続きを読む

Qアメリカの日本人駐在員の配偶者ビザについて

日本企業から駐在員として渡米している婚約者(夫)がいます。


配偶者(日本人の妻)ビザの取得に必要な書類や行われる調査?について教えてください。

彼も私も20代日本人です。

彼は会社を通してビザを取得したようなのですが、

配偶者となる私のビザ(L2ビザでしょうか?)の取得のために必要な書類や私について調査される項目を教えてください。

会社が手配をしてくれる可能性もありますが念のため知っておきたいです。


お詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かつて旅行会社で業務渡航の経験のあるものです。

>配偶者となる私のビザ(L2ビザでしょうか?)の取得のために必要な書類や私について調査される項目を教えてください。

まず旦那様のビザがL1ビザなら同行家族はL2ビザになります。もし旦那様がEビザの場合はEビザを取得します。

Lビザの必要書類は下記の通りです。(米大使館サイト)。

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typework.asp

Eビザの場合は下記を参照してください。

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typee.asp

読んでも細かくて、大変わかりづらいと思います。海外駐在員、特にアメリカの駐在員ビザは業務渡航を手掛ける旅行会社の手にもおえないので、大手でも関連のビザ取得専業業者に任せて取得します。原則は個人取得とは言え、上記を読んで、個人がアメリカ大使館・領事館で一発で取得するのはまず無理でしょう。ちゃんと揃えたつもりでも、書類不備で突き返されることもしばしばです。でも安心してください。駐在員の家族ビザ取得には会社が出さないといけない書類がありますので、個人で勝手に取れということにはなりません。会社の方からわかりやすい案内が必ず来ますので、それをお待ちください。

かつて旅行会社で業務渡航の経験のあるものです。

>配偶者となる私のビザ(L2ビザでしょうか?)の取得のために必要な書類や私について調査される項目を教えてください。

まず旦那様のビザがL1ビザなら同行家族はL2ビザになります。もし旦那様がEビザの場合はEビザを取得します。

Lビザの必要書類は下記の通りです。(米大使館サイト)。

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typework.asp

Eビザの場合は下記を参照してください。

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typee.asp

読ん...続きを読む

QアメリカE2ビザのGrace Period

質問があります。

現在アメリカのE2ビザを所持していますが、Grace Periodは何日位なのでしょうか?
ご存知の方、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

在米10年です。 現在は Green Card保持者ですが、去年までは E Visa でした。 主人の会社の駐在員は全員 E-Visa です。過去の例から。 E-Visa には Grace Period はないはずです。
ただし、 I-94 に書かれた 滞在期間のほうが 優先されますので I-94の有効期間ならば アメリカに滞在することはできます。 しかし、働いて給料を得ることはできません。 (Working Visa が Expire しているため。)
あなたが仮に去年の8月に日本に一時帰国をしていたら、普通は I-94は2010年の8月まで有効ですので、それまでは アメリカに滞在できます。 しつこいようですが、働いてはいけません。

以上の情報は移民法の弁護士からのものです。


人気Q&Aランキング