『十二国記』は、アニメ版のみチラリと観たことしかありません。その印象だけで言うと、「絵が妙にNHK的 (優等生的) で、無難にやってるな」という感じが否めませんでした。
原作小説は、遠からず読むつもりでいます (今年の読書予定にラインナップしています)。

そこで、原作ファンの方にお聞きしたいのですが、皆さんの目から見て、アニメ『十二国記』のできはどうでしょうか? そして、以下の私の傾向を見て、アニメは私にとって観るに足る出来と考えられるでしょうか?
(あるいは、アニメが先で原作が後なら気にならないかも、という意見もありますね)

私自身は、もうとにかくやたらめったら多くのアニメ作品を観てきましたので、なるべく良い点を探そうとして観るタイプだと思います。特に脚本や作画 (絵の綺麗さだけではなくて、動きにどれだけ気を配っているか) を重要視しますが、仮にそれらにキズがあっても、何か「これは!」という部分があれば、好きになれる方です。

小説原作のアニメ作品についても、アニメとして見るべきところがあれば評価する、原作の変更に関しては、「根幹となる部分」さえはずしていなければ良し、という立場です (もちろん、作画的に受け付けないものもありますが)。

参考までに、小説原作→アニメ化された作品に対する、私の評価を少しだけ挙げておきます。

◎完成度自体に満足、ないしは換骨奪胎した意欲と結果に納得できた作品
ディズニークラシカル作品、『アルプスの少女ハイジ』、『母をたずねて三千里』、『赤毛のアン』、『家なき子』、『宝島』、『未来少年コナン』、『巌窟王』、『涼宮ハルヒの憂鬱』、映画『時をかける少女』

○アニメとして十分楽しめたので、多少の不満には目をつぶれるくらい好きな作品
『キノの旅』、『マリア様がみてる』&『~春』 (3rdシーズンはイマイチ)
『灼眼のシャナ』1&2 (劇場版は期待はずれ)
『スレイヤーズ』 テレビシリーズ (原作未読。映画版は×)

△こきおろすほどではないが、見るべきところが少なかった作品
『星界の紋章』&『星界の戦旗』、『ゼロの使い魔』1&2

×原作のキモをはずしてるでしょ、と思ってしまった作品
映画『ブレイブストーリー』 (宮部みゆきの個性が感じられません)
『図書館戦争』 (絵はキレイだが、キレイなだけ)

こんな感じです。いろいろなご意見をお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

小説 評価」に関するQ&A: なぜ評価というものが存在してるのですか? ラノベじゃなく適当に面白そうなミステリー小説初めてかってA

A 回答 (1件)

原作に出てこないアニメオリジナルキャラがいらないんじゃないかな


とは思いましたが、アニメはアニメということでそれなりに楽しめました。
楽俊と祥瓊の声がイメージとあってたんで、それがよかったのかも。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なんとなくキャラクターの多そうな作品だとは思っていたのですが、オリジナルキャラまでいるのですか。使い方さえ間違わなければそれもアリだと思いますが、大河ドラマ的には難しそうです(大河ドラマでいいんですよね、この作品は?)。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/23 04:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q十二国記・ベルセルクは完結するのでしょうか……?

小説では十二国記、マンガではベルセルクが大好きなんですが。
ふと気になって、そしてだんだん心配に変わったので質問しました。

十二国記とベルセルクはきちんと完結するでしょうか??
どちらも壮大で緻密なストーリーな上、遅筆ですよね……(・ω・`*)


みなさんは十二国記・ベルセルクのラストはどのように終わって欲しいですか?また、どのようなラストになると思いますか?

みなさんの意見聞かせて下さい!

Aベストアンサー

ベルセルクは、なんだかんだとはいっても進行はしていますので、終わりはあると思います。

十二国記は、正直難しいかなと思ってしまいます。できるだけ多くの作品をだしてくれればいいなーという望みしかもっていません。

ラストがくるなら、どちらもハッピーエンドはないようなきがします。
世界が滅ぶとか、そういうのかなーと。

Qアニメ『十二国記』の予告の声

遅れながら十二国記の『月の影影の海』の1~4話までを見ました。
そこで思ったんですが、予告で喋っているのは景麒ですか?
それとも尚隆ですか?
最初「景麒かな?」と思ったんですが、繰り返し聞いていると尚隆にも思えてきて……。
一回気になると、気になって気になって…。
みなさんはどう思いますか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

景麒の子安武人さんです。

Q十二国記の新刊について

私は十二国記にはまった者です。
それで、とりあえず持っている十二国記は
全部読み尽くしてしまいました・・・
私が読んだのは「かしょのゆめ」(漢字は出せなかった…)までの
一連の本です。
いろいろなサイトを調べたけど「かしょのゆめ」が最新刊なんですか?
それから、「yomuyomu」っていう雑誌?みたいなのに
載ってる十二国記は本にはならないんでしょうか?
また、もうすぐ小野不由美さんの新作が出るそうですが
それが十二国記だというのは本当ですか?うわさですか?
どっちにしろその本は予約とかしないと手に入らなかったりしますか?
分からないことだらけですが色々教えてもらえるとうれしいです!

Aベストアンサー

>「かしょのゆめ」が最新刊なんですか?
そうです。

>「yomuyomu」っていう雑誌?みたいなのに載ってる十二国記は本にはならないんでしょうか?
 不明です。「yomuyomu」は新潮社で、出版社が違うので無理かもしれません。

>小野不由美さんの新作が出るそうですが
>それが十二国記だというのは本当ですか?うわさですか?
 これについては私は知りませんが、予約しないと入手できなかったことは、十二国記でさえなかったので、よほどの限定本でない限りそんなことはないだろうと思いますし、限定するよりは出版社も売りたいでしょうから、大丈夫かなと思います。

Q海外版のアニメ『十二国記』。

アメリカのアニメファンサイトを巡っていると、たまーに十二国記のファンサイトやコスプレを見るようになりました。
どうやらあちらでも『12 kingdoms』としてDVDが出ているようですが、あのお話は英訳可能なのでしょうか?
人の名前ひとつ取っても呼び方読み方いっぱい(延王がいい例)ですし、漢字の専門用語もりだくさん、麒麟って英語圏ではどうなんだろうと、
壁だらけなような気がするんですが…。
どんな感じで訳されているんでしょうか??

Aベストアンサー

米国版DVD何枚か持ってます。先日最終巻が発売されました。陽子の吹き替えは英語でも凛々しいですよ。
アメリカの他、オーストラリア、フランス、ドイツ、台湾で発売されているのを確認しました。知名度は低いのですが、観た人の評価は高いです。原作小説を翻訳して読んでいる熱心なファンもいます。

DVDの翻訳に関して、確かに名前は英語圏の方には敷居が高い(覚えにくい)のですが、DVD各巻のブックレットに用語解説をつけてフォローしています。翻訳者は原作も徹底的に読み込み、妥協を許さない翻訳を心掛けているらしいです。
固有名詞も原作に忠実ですが、shoku(触)daigaku(大学)など、個人的には英語に翻訳してしまってもいいんじゃないかと思うところもありました。
でもそれだけこだわっているということなのでしょうね。

下のリンクはアメリカ版とオーストラリア版のサイトです。
更新止まってますが、アメリカ版のCharactersやEncyclopediaなどはご質問の参考になりそうです。

参考URL:http://www.12kingdoms.us/, http://www.madman.com.au/12kingdoms/

米国版DVD何枚か持ってます。先日最終巻が発売されました。陽子の吹き替えは英語でも凛々しいですよ。
アメリカの他、オーストラリア、フランス、ドイツ、台湾で発売されているのを確認しました。知名度は低いのですが、観た人の評価は高いです。原作小説を翻訳して読んでいる熱心なファンもいます。

DVDの翻訳に関して、確かに名前は英語圏の方には敷居が高い(覚えにくい)のですが、DVD各巻のブックレットに用語解説をつけてフォローしています。翻訳者は原作も徹底的に読み込み、妥協を許さない翻訳を心掛...続きを読む

Q小野不由美さんの十二国記

小野不由美さんの十二国記の続編が待ち遠しく、小野不由美さんの他作品を読んだりしています。

けれどやっぱり十二国記についての話が読みたくなり、小野不由美さん自らが十二国記について語っていらっしゃるようなものはないでしょうか??(インタビュー記事や対談のようなもの)

2001年夏号の活字倶楽部をウェブ上で検索して発見したのですが、小野先生自身のインタビューが載っているかどうか分からなくて;もしご存知の方がおられましたら、小野先生のインタビューが載っているかどうかなども教えて戴けると嬉しいです。

探しているものは、小野先生のインタビューが載っている本・雑誌でお願いします。もしなければ大々的に十二国記の特集が組まれている(読者からのお便りも◎)ものでも構いません。分かりにくい質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のURLは、かとうひであきさん作成の著作リストリストです。
小野不由美著作リスト、小野不由美インタビューリストをご覧になれば、最近のもの、小さな記事等全てもうらできると思います。
私のおすすめは、以下のようになっています。
・「活字倶楽部Special 4」……十二国記についてのインタビューあり。
・「活字倶楽部Special 5」……十二国記についてのインタビューあり。
・「銀河英雄伝説」9巻(田中芳樹・徳間文庫)(徳間デュアル文庫ではないです)の解説……十二国記の生まれた秘密があるので必見。
・「悪霊狩り~ゴーストハント」CDシネマ1「ヲリキリ様の鬼火」(VICL-60139~40)のインタビュー……小野不由美さんの口調が「読め」ます。
・「ゲームマシンはデイジーデイジーの歌をうたうか」(ソフトバンク)……ゲームについてのエッセイ集ですが、小野不由美さんの考え方が十二国記ファンには納得できるものになっていると思います。

十二国記を読み終わったら、「悪霊シリーズ」など、他の作品を読むこともおすすめします。
図書館に行けば、その図書館になくても読めたりすることがままにありますし。
では、楽しい時間がすごされれば幸いです。

参考URL:http://www4.ocn.ne.jp/~katohide/lists.html

下記のURLは、かとうひであきさん作成の著作リストリストです。
小野不由美著作リスト、小野不由美インタビューリストをご覧になれば、最近のもの、小さな記事等全てもうらできると思います。
私のおすすめは、以下のようになっています。
・「活字倶楽部Special 4」……十二国記についてのインタビューあり。
・「活字倶楽部Special 5」……十二国記についてのインタビューあり。
・「銀河英雄伝説」9巻(田中芳樹・徳間文庫)(徳間デュアル文庫ではないです)の解説……十二国記の生まれた秘密があるので必見。...続きを読む

Qアニメ版十二国記の続き

アニメ版は終了しましたが、原作の小説版はまだ続いている十二国記ですが、アニメ版は続きはもう放送されることはないのでしょうか?それと原作の小説では1996年~2001年まで大きく発売の間が開いてますが何故でしょう?小説についてはよく知らないのですが、こう言った小説がアニメ化されることはアニメではよくあることなんでしょうか?これは単行本で発売されてはじめて読むことができるのでしょうか?それとも何かの雑誌で連載されているのでしょうか?原作の初期発売が1992年ですから10年経ってからアニメ化されたことになりますが、随分と経過してからされたものですね(^^)アニメじゃありませんがこう言うのはポポロクロイス以来のような気がします。
長くなりましたが回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

新刊がでないのは、仕方のない事なんでしょうね……。
小野さんは連載、というのが苦手な方のようで、全部書き上がってから発表、という形式をとっているようです。
(「図南の翼」という話は連載形式をとっていたようですが、後書で2度とやらないと書いていたような)
なので基本は全て文庫書き下ろしです。

アニメ化に関してですが、アニメ化の話はだいぶ以前からあったようです。なかなか実現しませんでしたが。
制作陣の中にファンがいて、アニメ化を主張していた、という感じかなと思います。
NHK製作ですし、民放の六時頃からやっているアニメのように人気があるからアニメ化、というのとは若干流れが違うような気がします。もちろん人気がある事は大切な要素でしょうけれど。

アニメの続きは、どうなんでしょうね。
原作がまだ途中という事もあって、中途半端な終わり方なのが寂しいです。
個人的には続きを作ってほしいなとは思います。
ただやはり原作がでなければどうしようもないので、もう作られないのかな……という気もします。
アニメは海客メインだったので、海客の関係しない他の話も作ってほしかったです。

新刊がでないのは、仕方のない事なんでしょうね……。
小野さんは連載、というのが苦手な方のようで、全部書き上がってから発表、という形式をとっているようです。
(「図南の翼」という話は連載形式をとっていたようですが、後書で2度とやらないと書いていたような)
なので基本は全て文庫書き下ろしです。

アニメ化に関してですが、アニメ化の話はだいぶ以前からあったようです。なかなか実現しませんでしたが。
制作陣の中にファンがいて、アニメ化を主張していた、という感じかなと思います。
NHK...続きを読む

Q前回の十二国記とプラネテスのストーリー

NHK教育で再放送中の十二国記とプラネテスですがテレビの調子悪くて前回見られませんでした。
NHKアニメワールド
http://www3.nhk.or.jp/anime/
を見たけどあらすじがあまりよくわからないのでストーリを教えてください。
お願いします。

十二国記
第二十八話 「風の万里 黎明の空」 六章
プラネテス
第14話 「ターニング・ポイント」

Aベストアンサー

>十二国記
>第二十八話 「風の万里 黎明の空」 六章
>プラネテス
>第14話 「ターニング・ポイント」

先々週の放送ですね。 そのまえに 十二国記は 全話
プラネテスは 現在、20話くらいまで DVDがでています。 十二国記については 原作を読んでみるのも
よいと思います。 アニメには出てくる浅野君が まったく出てきません。

十二国記6章は ショウケイは 恭王のもとから 宝玉を盗んで出奔。 鈴は 旅芸人の一座にいた浅野君と出会い
いっしょに 船で慶に向かい 船の中で 清秀と言う少年と出会う。 陽子は遠輔という長老のいる里家に行く。

プラネテス14話 デブリ課の課長補佐が社内恋愛禁止をいいだします。 じつは ある重役の娘が 社員と・・・・ 。 そして デブリ課の面々は その重役を無視して その社員を助けます。
そして タナベとハチマキは・・・・・

Qアニメ十二国記の泰麒(たいき)のその後は?

最近になって『十二国記』のアニメを見始め、すごくハマり一気に見てしまいました。
そこで気になったのですが、アニメでは『風の海 迷宮の岸』の回で
泰麒(たいき)が驍宗を王に選んでからその後、曖昧に終わってますよね?
成長した泰麒は異世界(十二国記の世界)の記憶が消えて日本へ戻ってきているところでアニメは終わっていますが、
どういう経緯で日本へ戻ったのか小説ではこの続きがあるんでしょうか?

もしご存知の方はその後のあらすじを教えて下さい!!宜しくお願いします。

Aベストアンサー

十二国記、私も大好きです。
「黄昏の岸 暁の天」というサブタイトルの小説があります。
これが「風の海~」の続編とも言えるでしょう。
「あらすじ」とあるので一応書きますが、もしネタばれ嫌!とお思いなら、読まなくて大丈夫ですよー。

陽子の側から書かれています。
泰王驍宗が行方不明になり、戴には妖魔が蔓延します。泰麒も驍宗も行方不明、「賊」が侵入し、戴国内は前例のないほど荒れていました。
王師将軍に抜擢されていた劉李斎は「賊」や妖魔に命を襲われながらも満身創痍で慶の金波宮に助けを求めに来ます。

しかし軍を率いて他国に入るのは、それがその国の民を助けるためであっても、「覿面(てきめん)の罪」といって、王が絶対に犯してはならないことの一つです。軍を向かわせようとしていた陽子は、尚隆に止められます。ですから「大使館のようなものをつくろう。そうすれば戴だけでない、どの国が斃(たお)れても、他の国が助けられるかもしれない」と陽子は考えました。
結局選んだ方法は、泰麒を探すということ。陽子は各国に協力を仰ぎ、麒麟やその使令を借り受け、泰麒を探し出しました。

というのが「黄昏~」の話になります。
このお話の中で、十二国とはどういう世界か、天帝とはどういう存在か、といったことにも近づいて行きます。

そしてお尋ねの「どういう経緯」で日本へ戻ったのか、ということですが。
ある時、文州の轍囲(てつい)という場所で乱が勃発します。轍囲は驍宗ゆかりの土地だったので、驍宗は自ら出兵します。しかし轍囲での乱は長引き、心配になった泰麒は自らの使令である汕子と傲濫を向かわせます。
その隙をついた「賊」は泰麒に襲いかかり、泰麒は鳴蝕(めいしょく。麒麟の悲鳴が起こす蝕と言われています。原作では違いますが、アニメ版では六太が蓬山から出奔のときにおこしていました。実際には普通の蝕ほどでないにしろ被害は甚大です)を起こして日本に帰ってしまった。
鳴蝕の際に記憶は失われたそうです。汕子と傲濫は泰麒の側に帰ることができましたが、記憶が失われているためその存在も知られぬまま、二匹(?)のせいで周りの人々が次々と殺されていきます。
これについては新潮社の「魔性の子」として書かれています。(十二国記には含まれません)
「賊」というのは、アニメには出ていない人物ですが、原作ではすでに登場済みの人物です。(妙なところでネタばれ阻止。知りたかったらおっしゃってくださいね)

アニメの記憶が薄いので、わからないところがあればすみません。
読み込んだつもりでしたが、だいぶ記憶が…
原作のほうがとても面白いですよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%9B%BD%E8%A8%98

十二国記、私も大好きです。
「黄昏の岸 暁の天」というサブタイトルの小説があります。
これが「風の海~」の続編とも言えるでしょう。
「あらすじ」とあるので一応書きますが、もしネタばれ嫌!とお思いなら、読まなくて大丈夫ですよー。

陽子の側から書かれています。
泰王驍宗が行方不明になり、戴には妖魔が蔓延します。泰麒も驍宗も行方不明、「賊」が侵入し、戴国内は前例のないほど荒れていました。
王師将軍に抜擢されていた劉李斎は「賊」や妖魔に命を襲われながらも満身創痍で慶の金波宮に助...続きを読む

Q「十二国記」新刊の他に出ているらしい短編について

つい先日、「十二国記」の待望の新刊が5年ぶりに出ましたが、何でもこれとは別に十二国記関連の短編が出ているとの噂を聞き付けました。タイトルがローマ字なのだそうですが、どこで読めるものなのか、さっぱり分かりません。タイトル、発行日、出版社、簡単な内容など、何か知っている方がいらっしゃいましたら是非教えてください。

Aベストアンサー

「十二国記」の短編の新作は2作あります。

講談社刊「小説現代増刊 メフィスト」春号

講談社刊「IN★POCKET」5月号


メフィストの方はA4版。値段は1500円(もっとするかもしれない)と高いです(雑誌なのに)
「IN★POCKET」の方は文庫サイズで(大体文庫コーナーにあります)値段も200円とありがたいのですが、品切れ続出との噂(さすが主上)
どちらも取り寄せが効くそうです。

ちなみに、「IN★POCKET」は混乱前の戴国の話でした。

Qアニメ版セーラームーンは原作ファンにとって原作レイプなんですか?

アニメ版セーラームーンは原作ファンにとって原作レイプなんですか?

Aベストアンサー

私は原作、アニメ両方見ましたが、そういう感じはありませんでしたね。
アニメ化のいきさつはNO.1の方が書かれているとおりです。
そういう事情もあってか、当時から不評はほとんど聞かれなかったように記憶しています。
原作とアニメでは、たしかに雰囲気が違いました。でも、どちらも持ち味があってよかったのではないかと思います。
「R」の「エイルとアン」編のようなアニメのオリジナルストーリーもありましたが、基本的にはシリーズ全体の良さを生かしていて、違和感はありませんでした。
「セーラースターズ」は、飛行機嫌いのはずのまこちゃんが飛行機に乗っているなど、基本的な設定が無視される場面もあり、残念ながら個人的にはあまり高く評価できないと思っています。
それでも、原作レイプなどと酷評するほどではないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報