人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

僕は将棋の初心者というわけではないのですが、
いつも囲いを破られます。
穴熊を作ろうと玉を寄せていくと、
あっという間に相手の大駒が突破してきて
詰まされます。
かといって囲いをしないと真ん中から入られて
また詰みます。
あまり手数のかからなくて割と強固な囲い・守りは無いでしょうか?
また攻めにも弱く、先手後手かかわりなく自分が劣勢になってしまいます。一気に突破できるような攻撃方法ご存じないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>あまり手数のかからなくて割と強固な囲い・守りは無いでしょうか?



相手が角道を止める振り飛車なら舟囲いをお勧めします。
理由は手数がかからないので、棒銀などの自分側から
先攻を狙う攻撃法との相性がいいからです。


>一気に突破できるような攻撃方法ご存じないでしょうか?

棒銀戦法をお勧めします。
重くて破壊力があるので敵陣突破の練習に最適だと思います。
中盤以降は単調に攻め合わずに端攻めを絡めて戦う事と、
自陣の修繕に手を戻すことを惜しまないのがコツです。

http://wiki.optus.nu/shogi/index.php?cmd=kif&cmd …
http://wiki.optus.nu/shogi/index.php?cmd=kif&cmd …
http://wiki.optus.nu/shogi/index.php?cmd=kif&cmd …
http://wiki.optus.nu/shogi/index.php?cmd=kif&cmd …
    • good
    • 0

#2 です。



自分の手だけでなく振り飛車側の手が分からないと対策は見えてきません。将棋は2人で指すものであり、常に相手の手に対応しないといけません。
#2で
> 具体的にどのように突破されているのか棋譜を見せていただければ、具体的な悪手を指摘できるかもしれません。
と書きましたが、補足いただいた記述を見ても全く見えてきません。棋譜は▲76歩△34歩というように双方の手が交互に書かれているものです。
振り飛車側がどの筋に飛車を振るのか、左の銀をどう使うのかが大きなポイントです。振り飛車の指し方により居飛車側の指し方も当然ちがってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#1さんのおっしゃる囲いの中からいくつかあげてみて
やってみると、美濃囲いと金矢倉などの類のもの
がなかなか手ごたえがあったので、一度穴熊は置いておき、
そちらを精進していきたいと思います。
役に立たない補足で済みませんでした(笑)
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/01 15:16

将棋の囲いは戦線の後方の守りを固めることですが、同時に最前線の守りも必要です。


> 穴熊を作ろうと玉を寄せていくと、
> あっという間に相手の大駒が突破してきて
> 詰まされます。
これを読む限り後方の守りを固めているうちに前線の守りを突破されているように見えます。穴熊というのは振り飛車穴熊でしょうか? そうなら相手の飛車先は角を上がって受けていますか?
具体的にどのように突破されているのか棋譜を見せていただければ、具体的な悪手を指摘できるかもしれません。

この回答への補足

僕は居飛車穴熊を使っています。
手順はまず5七銀と上にあげておき、
玉を角の隣に寄せ、7七角とあげ、
8八玉と寄せます。
9八香、9九玉で穴にこもり、
8八銀、7九金、4九金を7八へ持って行き、
終わります。
そういうと、いったん守りに入るとそれに集中してしまって
攻撃がスカスカになっている気がします。

補足日時:2008/11/01 01:02
    • good
    • 0

最強の盾と最強の矛を同時に求めていますね。


当然ながらそういう戦法があったら皆使っていますよ。

あなたのお望みとしては玉をしっかり囲ってから勝負がしたいのでしょう。
ならば四間飛車がお奨めです。美濃囲いは最短で5手でできます。
攻防のバランスが取れていますので反撃力もそこそこあります。
とりあえず角道を止めて角交換を拒否していれば超急戦にはなりませんから
比較的玉を囲う余裕はあります。

居飛車ですと矢倉戦という手もあります。
これまた早い段階で▲66歩と角道を止めます。
この時点で相手は振り飛車で来るのか居飛車で来るのか分かりません。
ここから矢倉を目指せば大抵は相矢倉戦に移行していきます。

矢倉は攻撃力も守備力も高い戦法ですが、いかんせん相手も攻撃力が強いので
振り飛車みたいに受けたり攻めたりという展開にはなりにくいです。

後は一点突破の人気戦法として右四間を紹介しておきます。
プロでも使う人がいるくらいですからアマチュアでは受けを知らないと破壊力が大きいです。
昔からアマチュアでは人気戦法であり有段者になるまではかなりの星を稼ぐことが期待できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!
効果的な囲いをあまりしらなかったので
参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/01 01:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q将棋 後手番の戦法

将棋で後手番が全く出来ません

何かいい戦法ありませんか?

僕は居飛車党でも特殊な戦法しかさせませんてか研究してません。

アヒル ひねり飛車 右四間飛車 糸谷流右玉 右玉 2枚銀 ((4枚穴熊))((向かい飛車))

ぐらいしかほとんど使いません。

一体どの戦法にしたらいいのか、また後手番で有力な戦法をご存知な方がいたら

その戦法を教えてください。

自分はこの戦法を使っているっていうのでも構いません。

回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

後手番専用の戦法を思いつくまま挙げてみませうか。

1.矢倉中飛車戦法(▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀・・・)
2.対矢倉右四間飛車戦法(▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩・・・)
3.阿久津流急戦矢倉(▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩・・・)
4.後手一手損角換わり戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二金▲2五歩△8八角成・・・)
5.横歩取り△8五飛戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩・・・)
6.2手目△3二飛戦法(▲7六歩△3二飛▲2六歩△6二玉▲2五歩△3四歩・・・)
7.4手目△3三角戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△3三角▲同角成△同桂・・・)
8.角交換四間飛車戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△4二飛▲2五歩△6二玉・・・)
9.ゴキゲン中飛車戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛・・・)
10.2手目△7四歩戦法(▲7六歩△7四歩・・・)
11.4手目△7四歩戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△7四歩・・・)
12.坂田流向かい飛車戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二金▲2五歩△3三角▲同角成△同金・・・)

このようにほとんどの後手番専用の戦法は、初手が▲7六歩の場合に限られる。初手▲2六歩△3四歩▲7六歩なら、4.5.7.8.9.11.12は合流できるのだが、▲2六歩△3四歩▲2五歩と延ばされると合流できない。それは仕方が無い。そもそも作戦の主導権は先手にあるのであって、後手は先手の作戦を見てから、方針を決めるのが基本なのだ。

質問者さんのレパートリーでは、▲7六歩△3四歩▲2六歩の時に困る。
後手一手損角換わり戦法、横歩取り△8五飛戦法、4手目△3三角戦法、角交換四間飛車戦法、ゴキゲン中飛車戦法、4手目△7四歩戦法のどれかをレパートリーに組み入れないと対応しにくいように思う。
それぞれ4手目に△3二金、△8四歩、△3三角、△4二飛、△5四歩、△7四歩と分岐する。逆に言えば、4手目をどう変化されても自信を持っている先手だけが▲7六歩△3四歩▲2六歩、▲2六歩△3四歩▲7六歩のオープニングを選択するのだ。このオープニングは先手が居飛車党の場合には多いが、先手が振り飛車党の場合は▲7六歩△3四歩▲7五歩の石田流か▲7六歩△3四歩▲6六歩の伝統的四間飛車を選択する確率が高いと思う。伝統的四間飛車には右四間飛車、糸谷流右玉で対応できるから問題ない。

結局、後手番の課題として▲7六歩△3四歩▲2六歩の4手目と先手石田流の対策の最低でも2つを用意しなければならないといえる。これ以外にも初手▲5六歩の先手中飛車戦法、3手目角交換の筋違い角なども有力だ。

後手番で有力な戦法というより、一通りの先手が選択するオープニングの選択肢に後手番としてどう対応するのかというのが課題なのだ。
そういう観点から問題を定義しなおして欲しいのだ。

後手番専用の戦法を思いつくまま挙げてみませうか。

1.矢倉中飛車戦法(▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀・・・)
2.対矢倉右四間飛車戦法(▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩・・・)
3.阿久津流急戦矢倉(▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩・・・)
4.後手一手損角換わり戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二金▲2五歩△8八角成・・・)
5.横歩取り△8五飛戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩・・・)
6.2手目△3二飛戦法(▲7六歩△3二飛▲2六歩△6二玉▲2五歩△3四歩・・・)
7.4手目△...続きを読む


人気Q&Aランキング