バッハスキーの皆さんこんにちは!
いまバッハ作品多すぎワロス状態で困っています。
そこで皆さんのオススメ盤を紹介していただきたいです。

[探しているもの]
(1)壮大すぎず(大ホールやカテドラルは×で、小ホール~室内は◎という感じです)
(2)録音が綺麗な(モノラル、ノイズは×です)
(3)バロック調の音楽(基本バッハでお願いします)
を探しています。
抽象的ですいませんが、これ以外は制限はありません。
演奏者も合わせて紹介していただけると嬉しいです。

[質問の背景]私のバッハ歴は初心者に毛が生えた程度です。
(1)ヒラリー・ハーンのバイオリン協奏曲(BWV1041-3,1060収録)
(2)同氏の無伴奏バイオリンのためのパルティータ
この2つは今でもヘビロテします。大好きです。
(3)いま聴いているのは、
Bach-Collegium StuttgartのEaster Oratorio、Ascension Oratorio、Cantata BWV103,104,105
です。
今ひとつ物足りなさを感じています。

・評論家の意見や評判ではなく、回答者様ご自身が良いと思っている曲or演奏を教えていただきたいです。
・主よ人の望みよ喜びよ(BWV147)は大好物なので、オススメ盤を教えていただけると幸せです。(次点候補にさせていただきます)
それでは、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

チェンバロ協奏曲


トン・コープマン盤がお薦めです。
録音もいい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速moraでHarpsichord Concertos Nos 1, 2, 5 & 6を試聴してみました。
ツボにはまりすぎてガッツポーズをとりました!筆舌に尽くしがたい…素晴らしい演奏&録音です!!チェンバロの6番はブランデンの4番で聴きまくっていたのでお馴染みでしたが、やはり演奏者が違うとまったく別の曲ですね。
でも早速購入しようとしたらiTMSになかったよウワァァンヽ(`Д´)ノ
これは絶対買います。素晴らしい紹介ありがとうございました!

お礼日時:2009/02/01 09:08

すまない、ガーディナーとピノックがこんがらがってる


ガーディナー&イングリッシュバロックソロイスツの管弦楽組曲も悪くないが、お勧めしたいのはピノック&イングリッシュコンサートの旧盤
恐ろしく地味な演奏なのであまり評判は聞かないが、完成度が高く何回聴いても飽きることがない。ブランデンブルク協奏曲は派手な演奏もありだがこの曲は落ち着いた演奏のほうがいいと思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただいた皆さんへ。

結論的には以下のCDをポチりました。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1506 …
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=695372
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=129697

中でもTrevor Pinnockの演奏は聴けば聴くほど絶妙で、音楽的であることに驚いています。しかしTon Koopmanの余韻が甘噛みするような演奏も素晴らしいです。
BWV140、147の「主よ人の望みよ喜びよ」と「お兄ちゃん起きて朝だよ!」(意訳)は是非オススメを知りたかったところだったのでとても嬉しいです。

良回答の判断基準ですが、ハープシコード協奏曲を挙げていただいたNo.2vsNo.6の方で悩みました。結果的にはTrevor Pinnock盤が気に入ったのですが、No.6の方は誤字(私のような素人が検索しにくい表記)が目立ったことと、No.2さんの方が先であったこと、Ton Koopmann盤の方が録音が良いこと(質問の趣旨により合っている)以上の点から今回はご了承くださいませ。
次点はカンタータ他有用な情報を提供くださったNo.3の方へ。
システム上全員の方に感謝を形にできないのが残念です。

今回はスルーさせていただいた曲もありますが、皆さんから頂いた情報はいつか役立てたいと思っています。
また何かありましたら是非ともよろしくお願いいたします。
それでは、このたびはありがとうございました!

お礼日時:2009/02/02 05:02

おーしっ、それなら細かいことは言わんから黙ってこれ買え。



http://www.hmv.co.jp/product/detail/2754082

買って絶対に損はしない。
バッハ(とヘンデルとヴィヴァルディ)の有名作は一通り押さえているし演奏も評判の良いものだし録音も大抵がディジタル録音。たまに古い音源があるがそれはそれで貴重なもの。

なお、解説はPDFファイルで英語とドイツ語のみ。
バッハを聴く人間が英語もドイツ語もどっちも分からんと言う泣き言は却下。
まぁ、この手の解説は無理に読まんでいいし。

唯一の難点は大作はダイジェストが多いことだがそれは仕方ない。気にいったのがあれば改めて全曲盤を買えばいい。

 ※ルドルフゲーラーの無伴奏ヴァイオリンソナタ&パルティータは是非とも全曲盤を。

 あと、管弦楽組曲も全曲盤が欲しいかな。リヒター盤がお勧めだけどさすがに録音が古い。代わりにピノック&イングリッシュバロックソロイスツの旧録音が廉価盤でお勧め。
 チェンバロのための作品集も一度は聴いて欲しい。レオンハルト盤でフランス組曲とパルティータの新録音がお勧め。

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail/2754082
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんか熱血漢キター!60枚で6000円とかどんだけー
英語は読めるんで大丈夫です。独語はデアデスデムデンごにょごにょ。
勢いでポチりそうになったんですが、収録曲と録音状態について納得した上で購入検討したいと思います。(←意外と冷静)
オススメしていただいている全曲盤の方にも興味が沸きました。
ステキな商品の紹介ありがとうございました!

お礼日時:2009/02/01 23:54

・ハープシコド協奏曲第1番


  トレバー・ピノック盤


・ゴールドベルグ変奏曲
  1)アレクシス・ワイゼンベルク(しっとり聴かせます)
 
  2)グレングールド盤(躍動感がある。録音もいい)
   先に聴いたほうが「基準」になりすく、好きにもなりやすいもの   です。どちらを先に聴くかは運か好みしだいで。

・平均率クラビア曲集
   練習曲という範疇をこえた名曲ぞろい
   グレングールド盤(音はあまりよくありませんが、思いいれで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「先に聴いた方を基準にしやすい」というのはよく分かります。私もヒラリーハーンの演奏を基準に他の奏者のバイオリン協奏曲を聴いてしまいます。
・Harpsicord Concerto No.1/Trever Pinnock
恐らく81年版の録音ですよね?演奏は回答番号No2の方のTon Koopmanより僅差でこちらが好きです。…が、EnglichConcert演奏のお高いボックスしか商品が見つからなくて涙目wwこれだけのためにiTMSで6000円というのはちょっと覚悟がいりそうです。もうちょっと探してみますね。
・The Goldberg Variations、平均律クラヴィーア
すいません、なぜかバッハ+ピアノはどうも苦手なようです。またの機会に聴かせていただきます。

お礼日時:2009/02/01 23:13

50代のアマチュアチェロ奏者です。


僕が推薦するのは、

●無伴奏チェロ組曲5番6番 チェロ:青木十良
 日本が誇る巨匠の85才90才での録音。凄みのある音楽です。

●無伴奏チェロ組曲全集 チェロ:ロストロポーヴィッチ
 やはりロストロは怪物だ、、、ヨーヨーとは「格」が違うと思い知らされます。

そして、バッハの音楽の普遍性を感じさせるものとして、意外と思われるかも知れませんが、初期の馬鹿でかいシンセサイザーやジャズの世界でバッハを扱った歴史的名盤も聞き逃せないと思います。

●スイッチト・オン・バッハ  シンセサイザー:ワルター(性転換してウエンディ)・カーロス
●ベスト・オブ・プレイバッハ  ピアノ:ジャック・ルーシェ

多分、誰も勧めないと思うので敢えて。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。無伴奏チェロはどれにしようか悩みますねー。名盤と言われるものでもときに録音が悪かったりするので、なるべく試聴して決めたいと思います。
シンセサイザーの名盤もありがとうございます。中学時代に冨田勲の「バッハ ファンタジー」というアルバムをよく聴いていました(BWV140もその時知りました)。チェロ奏者の方から電子楽器やジャズアレンジの推薦を頂けた事は大変有意義に感じます。一通りクラシックに目を通したあとで聴いてみたいと思います。

お礼日時:2009/02/01 17:30

これはいかがでしょうか?



「無伴奏チェロ組曲」

トルトゥリエ、シュタルケル、ビルスマ、マイスキー、マ...などのCDが出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました、無伴奏バイオリン~が好きなので、チェロも同じく好きになれそうです。
たくさん挙げていただいたので気に入る演奏&録音を探してみたいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2009/02/01 17:01

こんにちは



チェンバロだ何だとたくさんありますが
>『主よ人の望みよ喜びよ(BWV147)は大好物』
                とあります!!
私もですよーーー 歌ってみたい・・・♪
そこで私のダントツおすすめが リヒターのこれです
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=129697

こういうところで 知らなかったバロックの名曲をみつけるもの一案!
私がそうでした。
ヘンデルもいいなあと思いました

バッハ=ガンコオヤジ 一音とて隙がない美しき構造物
ヘンデル=自由闊達 遊びが上手そうな人
 http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1840 …
 http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=540377

ヴァイオリン関係は
 ハーン、シェリング、フェラス、オイストラフあたりがいいかなって思いました。

 ~あくまでも個人的な好みで~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

待ってました!主よ人の~のオススメありがとうございます!ダントツのおすすめということで期待してます~
BWV140の「お兄ちゃん朝だよ!ほら起きて!」(ちげーよw)も大好物なので一緒にカップリングされていて嬉しいです!
バッハとヘンデルの認識は私も同じ感じです。両者それぞれの良さがありますよね。ヘンデルさんはハープ協奏曲/マリサ・テレスをよく聴きます。
オムニバスは倦厭しがちな性格なのですが、紹介していただいたものは知らない曲&良曲揃いで認識を改めました。
ヴァイオリン奏者の情報も参考にさせていただきます。同じ曲を違う奏者で聴くのも面白いんですよね。
貴重な情報ありがとうございました、感謝です!

お礼日時:2009/02/01 16:33

バッハといえば


ブランデンブルグ協奏曲でつが.

http://jp.youtube.com/watch?v=SFLa39T_wrc
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早朝から回答ありがとうございます!
ブランデンブルグ協奏曲は、実はイ・ムジチの第4-6番を持っているのですがその中では第6番が一番好きです。
第3番は初めて聴いたのですがカッコイイですね。カラヤンがバッハというのはちょっと意外です。
紹介していただいた映像(のCD)は音質がよくなさそうなので別の盤を探してみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/01 07:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッハのインベンション

バッハのインベンションをオルガンで演奏するのは変ですか?

Aベストアンサー

どんなオルガンで弾くのかによって曲が絞られると思いますね。パイプオルガンや電子楽器だと問題なくても、リードオルガンではスタッカート系の演奏は工夫や技術が必要になると思います。また厳密に考慮すると向いている曲、向いていない曲があると思います。レガート系の曲ならば。むしろピアノよりいい味を出せますよ。いろいろ試してみてください。楽しいですよ。
もう一つ、指遣いの検証が必要になるでしょうね。オルガンにはオルガンのための指遣いがあります。ピアノではペダルを使って音をつなぐようなフレーズでも、オルガンでは指だけでレガートを実現しなければならないものがありますから。これも勉強ですね。

Qバッハの作品番号を効率的に知る方法

60曲ほどが含まれたJ.S.バッハのピアノ楽譜集があるのですが,それぞれの曲にはメヌエットとかごく短いタイトルだけで作品番号などがなく,情報がわずかしかありません。メヌエット・ト長調というだけでも5曲くらい含まれており,それをキーワードに検索すると有名な曲ばかりが出てきてしまいます。

この楽譜集の各曲の作品番号を効率的に調べるいい方法はないでしょうか? たとえばバッハの曲の一覧で曲の種類(メヌエット,ポロネーズなど),調,拍子,できれば出だしか何か曲を区別できる情報が含まれているものでもあると調べやすいのですが…。

私は楽譜のごく基本的なことは分かり,ひとつひとつの音に対応する鍵盤を押すくらいはできますが自在に読む能力はありません。

Aベストアンサー

楽譜集に解説ページがないか確認

ない

楽譜集自体を検索して楽譜の内容が書かれているページを探す

ない

ここまでくると
楽譜サイトで探すことになり、有名なサイトIMSLPがあげられますが、今回の場合には適していないと思います。
昔バッハの曲の冒頭部分の楽譜が載っているサイトがあったのですが、思い出せません。(これを探すのも手)

ない

http://opac.rism.info/index.php
このサイトなら冒頭楽譜が一覧で出るわけではありませんが、作曲者、曲の種類で絞って検索でき、冒頭楽譜も確認できますので、作品番号が特定できるかと思います。

心配なのはメヌエットト長調が3つしかヒットしなかったことです。そして効率がいいかどうか。

wikipediaのバッハ作品一覧にもメヌエット、ポロネーズが調子つきで作品番号と共に載っているので、これをもとに検索して確かめるという手もありますね。(少なくとも作品番号を絞ることができます)
ページ内検索をすれば一発です!検索例を画像で添付しておきました。下はバッハ作品一覧のページです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BC%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%8F%E3%81%AE%E4%BD%9C%E5%93%81%E4%B8%80%E8%A6%A7


蛇足になりますが、時間が許すのであればゆっくり探すのも悪くはありません。

参考URL:http://opac.rism.info/index.php

楽譜集に解説ページがないか確認

ない

楽譜集自体を検索して楽譜の内容が書かれているページを探す

ない

ここまでくると
楽譜サイトで探すことになり、有名なサイトIMSLPがあげられますが、今回の場合には適していないと思います。
昔バッハの曲の冒頭部分の楽譜が載っているサイトがあったのですが、思い出せません。(これを探すのも手)

ない

http://opac.rism.info/index.php
このサイトなら冒頭楽譜が一覧で出るわけではありませんが、作曲者、曲の種類で絞って検索でき、冒頭楽譜も確認できますの...続きを読む

Qインベンション(バッハ)のお勉強

ピアノを独学でやっていて、今、バッハのインベンションを弾いています。
それで、インベンションはすべての調(曲)を弾けるようにしたほうがいいのでしょうか。
すべて意味がある曲なのでしょうか。

あと、インベンションを弾く上で何か意識したほうがいいことがあれば、
教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バッハのインヴェンションを独学するのはとても難し
いです。
理由。ポリフォニーの音楽でご存知のようにインヴェ
ンション2声、シンフォニア3声と言うように多重
声部の音楽だからです。この音楽には日本にはありません。ですから日本人には一般にはとても苦手なもの
なのです。
日本の音楽は単旋律で出来ているので、我々がポリフ
ォニーに馴染むには多大な努力を要します。
兎も角われ等の血にそのような文化がないからです。

私も長いこと生徒を教えてきましたが、先ずバッハ
が皆解釈できなくて、対位法を砕いてすべてアナリー
ゼして初めから教えなおします。
それはとりもなおさず私がそうだったからですが。

と言うことで、全音の楽譜もアナリーゼ目茶目茶
です。

楽譜の一番いいのはブゾーニ版ですね。丁寧にアナリ
ーゼして、又弾き方もよく書かれています。

練習する時右手だけ弾いて覚え、左手だけ弾いて覚え、どこにテーマがあるか、どこが主旋律かと片手
だけで覚えてから両手で弾くのをお勧めします。
私も始めての子にはそういう風にして教えます。
そのうち皆さん分かってきます。

バッハの時代はピアノはありませんからチェンバロか
オルガンを頭に入れて練習してください。

すべての調で弾けるようになるより、より沢山弾いた
ほうが為になります。

バッハのインヴェンションを独学するのはとても難し
いです。
理由。ポリフォニーの音楽でご存知のようにインヴェ
ンション2声、シンフォニア3声と言うように多重
声部の音楽だからです。この音楽には日本にはありません。ですから日本人には一般にはとても苦手なもの
なのです。
日本の音楽は単旋律で出来ているので、我々がポリフ
ォニーに馴染むには多大な努力を要します。
兎も角われ等の血にそのような文化がないからです。

私も長いこと生徒を教えてきましたが、先ずバッハ
が皆解釈できなく...続きを読む

Qショパンのエチュード作品10・25は弱起の曲が多いのか?

ショパンのエチュード作品10・25は弱起の曲が多いのでしょうか?
作品10の第3番「別れの曲」をはじめ、4番、6番、7番、8番
などほとんどです。
ショパン自身がなにか意図していたものなのでしょうか?
なにか形式にこだわっていたのでしょうか?

Aベストアンサー

弱起という日本語から受ける印象は余り感心しません。弱拍は良くわかるのですが、よわくおこす、という言葉の感じは西洋音楽の真髄的なリズム表現を誤解する可能性があるのでは・・・何て考えてるのは私だけだったりして。すみません!ドイツ語ではアウフ(持ち上げる、上に持って行く)タクト(拍子)、アウフタクトと言いますが。変な例えかもしれないけど、朝起きたとき、アアア~と腕を持ち上げて伸びをしてそしてフゥ~といいながらドンと或いはフワッと持ち上げた腕が落ちますよね(降ろしますよね)それに近い形のリズムの処理法で欧米の言語から来ているものかも知れません。ですから、ショパンはそのような気分(アウフタクトから旋律を持って行く)のインスピレーションで創作したと思われます。ですから意図と言うほど大げさではないにしても、その気分で創ったと思われます。西洋音楽の作曲家は一人残らずこの形の音楽を創っていますし、ショパン作品にも他に数え切れないくらいアウフタクトは出てきます。形式的に言えばアウフタクトですが作曲する時はかなり自然な感情から発せられるものでしょうね。回答が長く、またややこしくなってごめんなさい。

弱起という日本語から受ける印象は余り感心しません。弱拍は良くわかるのですが、よわくおこす、という言葉の感じは西洋音楽の真髄的なリズム表現を誤解する可能性があるのでは・・・何て考えてるのは私だけだったりして。すみません!ドイツ語ではアウフ(持ち上げる、上に持って行く)タクト(拍子)、アウフタクトと言いますが。変な例えかもしれないけど、朝起きたとき、アアア~と腕を持ち上げて伸びをしてそしてフゥ~といいながらドンと或いはフワッと持ち上げた腕が落ちますよね(降ろしますよね)それに...続きを読む

Qバッハのインベンション、パルティータでお勧めのCD教えてください

いつも大変お世話になっております。

最近ピアノの先生を変えました。
その先生は、バッハの音楽を大変愛していらっしゃる方なので、
私にもバッハを弾かせたいようです。
先日、初めてのレッスンで、「次回はインベンションを弾いていらっしゃい。」と言われちゃいました。

インベンションは中高生の時にやった以来なのですが、今もう一度さらいなおしています。
いずれパルティータも何番かわかりませんが、弾くことになるとおっしゃっておりました。(汗)

バッハは硬くて、ミスは目立つし、弾きづらいし、凄く頭使う…と思っていたので、あまり好きではなかったので、一枚もCDを持っておりません。

ですが、最近、先生のバッハの公開講座を聴講して、「また弾いてみたいし、挑戦してみたいな…。」という気持ちに変わってきました。
なので、勉強になるCDを探しています。

バッハ弾きのピアニストですぐに浮かんだのが、グレン・グールドなのですが、その他は誰が良いのかわかりません。

インベンション、パルティータでお勧めのCDをご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

よろしくお願い致します。

いつも大変お世話になっております。

最近ピアノの先生を変えました。
その先生は、バッハの音楽を大変愛していらっしゃる方なので、
私にもバッハを弾かせたいようです。
先日、初めてのレッスンで、「次回はインベンションを弾いていらっしゃい。」と言われちゃいました。

インベンションは中高生の時にやった以来なのですが、今もう一度さらいなおしています。
いずれパルティータも何番かわかりませんが、弾くことになるとおっしゃっておりました。(汗)

バッハは硬くて、ミスは目立つし、弾き...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

近頃は若いピアニストも積極的にバッハを弾くことが多いように感じますが、近代ピアノでバッハを弾くことが白眼視(?)された時期にもシフは録音を重ねて、バッハのピアノ好きを慰めてくれました。

そんな人が、地味ながらも東欧にもいたらしく、コロリオフは90年代からバッハの録音が出るに従って名声を得、2000年には御大リゲティに「無人島に行くのに持っていくCDならためらわずにコロリオフのバッハを選ぶ」と言わせてバッハ弾きのお墨付き(?)を貰ってしまいました。堂々たる、現代のバッハだと思います。パルティータは録音していないようですがインヴェンションとシンフォニアならこちらにあります↓
http://www.hmv.co.jp/product/detail/230527

もし、最近の売れっ子を挙げるなら、ドイツで人気のマーティン・シュタットフェルトを↓
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1367749
こちらは「鬼才」という感じで、好き嫌いははっきり分かれると思います(私自身はアタマが固いのでダメでした。でも周囲の人がゾッコンな気持ちもわからなくはないのです)。

パルティータはマレイ・ペライアも録音していますが、まだ半分だけで、残りは来年の発売とか。ポリフォニーよりも和声感が強く、グールドと合わせてお聞きになると興味も倍増かと思います。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2692599

リサイタルではアンデルジェフスキのバッハで大感動したのですが、録音はどうなんでしょうか・・・・。未聴なので留保しますね。

オマケ(1):パルティータ1番にはリパッティの死の直前の録音があります。評に「精神性」とか「祈り」といった言葉が乱れ飛ぶ伝説の名演ですが、そうした面ではなくても、実際に教えられることも多い演奏かと思います。
オマケ(2):パルティータ4番には、これまた早逝してしまったウィリアム・カペルの録音があり、こちらはまさに珠のような美しさ!しかし6曲しかない・・・最後のジーグが欠けているんです・・・なにしろ録音を終える前に事故死なさってしまったらしい。残念!!!

こんにちは。

近頃は若いピアニストも積極的にバッハを弾くことが多いように感じますが、近代ピアノでバッハを弾くことが白眼視(?)された時期にもシフは録音を重ねて、バッハのピアノ好きを慰めてくれました。

そんな人が、地味ながらも東欧にもいたらしく、コロリオフは90年代からバッハの録音が出るに従って名声を得、2000年には御大リゲティに「無人島に行くのに持っていくCDならためらわずにコロリオフのバッハを選ぶ」と言わせてバッハ弾きのお墨付き(?)を貰ってしまいました。堂々たる、現代の...続きを読む

Qバッハの教会カンタータ

バッハの教会カンタータ集(リヒター指揮、輸入盤、26枚組)の購入を考えているのですが、歌詞を印刷した小冊子はついているのでしょうか?
また、バッハの全てのカンタータの歌詞と日本語訳の掲載された書籍も探しています。こちらもご存知の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 バッハのほとんどのカンタータの歌詞と日本語訳の掲載されたサイトだったら、参考URLを見てください。ドイツ語や英語への翻訳のサイトははたくさん有ります(一例を挙げておきます)。

http://www.let.rug.nl/Linguistics/diversen/bach/cantatas/welcome.html

 書籍なら小学館のバッハ全集ぐらいしか思いつきませんCDの小冊子は私は持ってないのでわかりません(すいません)。ご質問の趣旨と、かなりずれていると思いますが、ご参考までに。

参考URL:http://www.damo-net.com/uebersetzung.htm

Qバッハのインベンション6番で音符の前にxがついていますが、この記号の意

バッハのインベンション6番で音符の前にxがついていますが、この記号の意味はなんですか?また、9番で5線譜の上にmのような記号でmの頭のところにひげのようなものが上をむいたり、下をむいたりしていますがこれはどんな記号でしょうか。

Aベストアンサー

インベンション6の方はダブルシャープです。元々,♯が付いている音に更にもうひとつ♯が付いて,更に半音高くなります。
mにひげのようなものは,シュライファー(Schleifer)で,奏法は「フリーデマン・バッハのためのクラヴィーア小曲集」の装飾音表を添付画像します。
ひげのようなものが下からか上からかで,元の音2度下から入るか上から入るかになります。
後のトリルのようになるところは四分音符や付点四分音符の音価によって入る数が違ってきます。
プラルトリラーやモルデントとトリルを組み合わせたような形になります。
同じような説明になりますが,下記にもシュライファーの奏法が載っていました。
論文の24ページ(PDFファイルでは7ページ)「長いトリラー」
http://ir.iwate-u.ac.jp/dspace/bitstream/10140/1469/1/erar-v48n1p17-42.pdf

Qバッハの歌詞についての質問です(マタイ受難曲より)

マタイ受難曲をマクリーシュ(McCreesh)盤とリヒター(Richter)盤とで聴き比べています。その際気がついたのは、マクリーシュ盤では、リヒター盤で「単純過去」のところを「接続法2式」で歌っているのが何箇所かあります。スラッシュの前がマクリーシュ盤、後がリヒター盤です。(共通)としてあるのは、両盤と同じ語形が使われているものです。(4)以降はマクリーシュ盤のみの引用です。3つ目の例では共に接続法2式で共通しています。
マクリーシュ盤の歌詞はこちらを参照しました(おそらく共通のテクストと思います)http://www.geocities.co.jp/MusicHall/1978/bwv244.htm
一方リヒター盤に近いと思われるものはこちらを参照しました
http://www.christoph-burghardt.com/bibeltexte.htm

(1) und steckete ihn auf ein Rohr und traenkete/traenkete ihn

(2) die Graeber taeten/taten sich auf

(3) Sein Leichnam koemmt/kommt zur Ruh

(4) Und die Juenger taeten, wie ihnen Jesus befohlen hatte, und bereiteten das Osterlamm.

(5)Zu helfen den'n er ist bereit,
Die an ihn glaeuben feste.

(6) Petrus aber folgete ihm nach von ferne bis in den Palast des Hohenpriesters und ging hinein und satzte sich bei die Knechte, auf dass er saehe, wo es hinaus wollte.

(7) Aber die Hohenpriester und die Aeltesten Ueberredeten das Volk, dass sie um Barrabam bitten sollten und Jesum umbraechten.

(1)は61曲レチタティーヴォからです。こちらはなぜ接続法2式なのか理解しているつもりです。兵卒がイエスに酢/ワインを飲ませようとしたが、イエスは実際に味見しただけで飲まなかったからです。
(2)は63曲レチタティーヴォからです。なぜ接続法が使われているんでしょうか?
(3)は64曲レチタティーヴォからです。なぜ接続法2式なのかわかりません。
(4)は9曲レチタティーヴォからです。なぜ接2?
(5)は25曲コラールからです。これは「信じるであろう者たち」なので接2というのはわかります。
(6)は31曲レチタティーヴォからです。これは「衆議の企図をうかがい知るため」なので saehe と接2になっているのでしょう。

(7)も「殺害することを説得した」ですから接2となるのはわかります。

マクリーシュ盤で、リヒター盤とは違って単純過去のところが接続法2式で書かれているのを見たとき、よくある写植工の植字ミス(ITの時代であれ、最先端の機器を使っているとは限らないため)だと思いましたが、どうも違うようです。Google 検索でも"die Graeber taeten sich auf" の検索結果件数が 125件、"die Graeber taten sich auf" の検索結果件数が 423件 と、植字ミスとは思えないくらい両者に散らばっています。 はたして単純過去と接続法2式の使い分けを上記のテキストの引用でしているのかどうか、意味がどう違ってくるのか、教えてください。

マタイ受難曲をマクリーシュ(McCreesh)盤とリヒター(Richter)盤とで聴き比べています。その際気がついたのは、マクリーシュ盤では、リヒター盤で「単純過去」のところを「接続法2式」で歌っているのが何箇所かあります。スラッシュの前がマクリーシュ盤、後がリヒター盤です。(共通)としてあるのは、両盤と同じ語形が使われているものです。(4)以降はマクリーシュ盤のみの引用です。3つ目の例では共に接続法2式で共通しています。
マクリーシュ盤の歌詞はこちらを参照しました(おそらく共通のテクストと思...続きを読む

Aベストアンサー

確実ではないので、参考にならなかったらすみません。
バッハの作品の歌詞は、準拠する資料が「新全集」か「旧全集」かで相違することがたくさんあるようです。

下のリンク先は「カンタータ82番」の例ですが、レチタティーヴォで「wann kommt」と「wenn koemmt」の歌詞違いがあり、いろいろなディスクでの実際の歌われ方と歌詞カードを比較されています。
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/1317/082.htm

次のリンク先(本来pdfなのですが、なぜか表示されませんので、HTMLバージョンになっています)は、「浜松バッハ研究会」による「マタイ受難曲」の全曲解説なのですが、歌詞を対訳付きで解説されています。
http://72.14.235.132/search?q=cache:EzZrwHO1AqUJ:music.geocities.jp/hamamatsubach/HBS-history/NoteBWV244.pdf+%22%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%82%A4%E5%8F%97%E9%9B%A3%E6%9B%B2%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E2%80%9D&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

例えば、挙げられている(3)の「Sein Leichnam koemmt/kommt zur Ruh」は、旧全集では「kommt」新全集では「koemmt」と違いがあるようです。使いわけによる意味内容の違いは分かりませんが、対訳が付いているので参考になるかもしれません。

リヒターは旧全集による演奏だと思いますが、マクリーシュは新全集なのかもしれません(確実ではないです)

確実ではないので、参考にならなかったらすみません。
バッハの作品の歌詞は、準拠する資料が「新全集」か「旧全集」かで相違することがたくさんあるようです。

下のリンク先は「カンタータ82番」の例ですが、レチタティーヴォで「wann kommt」と「wenn koemmt」の歌詞違いがあり、いろいろなディスクでの実際の歌われ方と歌詞カードを比較されています。
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/1317/082.htm

次のリンク先(本来pdfなのですが、なぜか表示されませんので、HTMLバージョンになっています)...続きを読む

Qバッハのインベンション

人それぞれだということは、もちろん大前提でお尋ねします。

バッハの二声は全部で15曲ありますが、だいたい1曲どれくらいの期間で終わられたのでしょうか。

もちろん、何番かによってもばらばらだとは思いますが・・・

インベンションとシンフォニア、あの本1冊をどれくらいで終わるものなのかも合わせてお聞きしたいです。


ちびちびソナタ・ソナチネなどと並行してやっていくものなんですかね?

Aベストアンサー

仰る通りやはり個人差があると思いますが、先生やレッスン状況によっても変わってきます。
毎日何時間も弾いている人と、1時間程度の練習時間の人との差が開くのは当然です。
場合によっては専門的に学んでいる人間の方が1曲を仕上げるのに時間がかかったり(かけたり)という事も多くあります。

ですので、本格的に学ばれている方を除いた上で平均的に考えた場合、私が個人的に良いペースだな、と思うのは、二声三声に関しては1~2ヶ月に1曲を仕上げる位です。
1週間に1曲をあげていく事が出来れば二声三声あわせて30曲を1年弱で終わらせることも出来ますが、内容を突き詰めていく形のレッスンの仕方で、更に普通の生活をしていく中で練習時間を作る人であればなかなか短期間では終わりません。
それから最初に二声を弾かれる時には、今まで弾いてきた曲との違いや、独特な演奏法等に慣れるまでに時間がかかるかもしれませんので、そこはやはり単純計算では計れないと思います。

…が、あえて単純計算するとしたら、30曲×1ヶ月…大体2年半~3年弱で終われば相当スムーズなレッスンで、早い方なのではないかと思います。
個人的な理想論に過ぎないかもしれませんので、ご参考までの数字です。


また、二声三声(その後に平均律…と続いていきますが)はチェルニー等の練習曲とも、他のソナチネやソナタとも違ったタイプの曲集ですので、

1.練習曲(チェルニー~ショパンエチュード等)
2.バッハ(二声三声~平均律)
3.メインの曲(ソナタ等、練習曲やバッハ以外の曲)

…の3種類を同時進行させて、これにプラス練習曲やメインの曲を増やす等するのがよくあるレッスンの形ではないかと思います(勿論これも先生によっては大幅に違うかもしれません)


どうしても気になるようであれば、kyrie_cさんの先生に直接「他の人はこの一曲、どの位で終わるものなんですか?(参考にしたいので教えてください)」のような形で質問されてみてはいかがでしょうか?
おそらく一番参考になると思いますよ。


もしかしたら最初は指が絡まるような二声の曲にウンザリされるかもしれませんが、旋律の美しさや曲の奥深さに気付いた後は、とても愛せる曲集になるかもしれません。
ある意味とても大変な曲集かもしれませんが、頑張ってください!

仰る通りやはり個人差があると思いますが、先生やレッスン状況によっても変わってきます。
毎日何時間も弾いている人と、1時間程度の練習時間の人との差が開くのは当然です。
場合によっては専門的に学んでいる人間の方が1曲を仕上げるのに時間がかかったり(かけたり)という事も多くあります。

ですので、本格的に学ばれている方を除いた上で平均的に考えた場合、私が個人的に良いペースだな、と思うのは、二声三声に関しては1~2ヶ月に1曲を仕上げる位です。
1週間に1曲をあげていく事が出来れば...続きを読む

Qブラームスの作品で、詩が関連付けられている作品

ブラームスの作品で、詩が関連付けられている作品はピアノ・ソナタ以外の作品で、詩が関連付けられている作品はピアノ・ソナタ以外にありますか?
ピアノ・ソナタは3つとも2楽章に詩が関連付けられています(2番、3番だと4楽章も)。
歌曲は除外で、このような曲はピアノ・ソナタのみでしょうか?

Aベストアンサー

バラード第1番は、詩が関連付けられているようです。
http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/brahms/001065.html
その他にもあるかもしれませんが、ちょっと思いつきません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報