親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

現在、アメリカで働いています。
ビザの種類はE-2です。

E-2ビザを取得する際に申請した会社以外で、
休みの日や、空いた時間にアルバイトなど、
労働をすることはできるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も在米です。

10年になります。
私も仕事をしています。 E-VISA の配偶者ではないということですね。
 さて、質問の答えですが、「違法」です。手元にあるImmigration Law の資料によると、”どの就労ビザでも、ビザのスポンサーになった雇用主以外で働くことは禁じられています。ビザ取得時に決められた業務以外の仕事はできません。” また、こうも書いてあります。”違法労働が発覚した場合、次のビザ申請で許可されない可能性が大です。”

ということで、おおきなリスクをかかえてアルバイトをするのはやめたほうがいいと思います。 就労ビザというのは 雇われている会社の勤務規定は関係ありません。 アメリカの法律です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりました。
事情があり、アルバイトをしようかと考えていたのですが、やめておきます。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/23 13:36

通常、日本の会社の多くは、(兼業農家の農作業などをのぞいて)副業禁止の規定があることがおおいです。

ですから、お努めの会社の従業員勤務規程を確認されることがよいかと。

 通常、E2が直接適用されている人の場合は、普通、副業している暇なんかあるはず、ないのですが。そういう、ペーパーで申請して、USに来てるのですから。
 E2の配偶者の場合で、暇、という場合は、労働許可証をとれば、就労可能です。 E2と労働許可で、過去ログ検索ください。
 なお、USで収入があれば、税務申告をする必要があります。しない場合、IRSに脱税と認定されれば、追放の可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂き、ありがとうございます。
会社の従業員規定を満たしていれば、特に問題無いということでしょうか?
アメリカの法律に反していないかが心配なところです。

補足ですが、配偶者ではなく、ビザ保有者本人の場合です。

お礼日時:2009/02/22 11:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q米国でのE2ビザでのアルバイトに制限はありますか?

夫の米国転勤に帯同して、E2配偶者ビザで4年の予定で滞在します。米国滞在中、日本の会社とメールで仕事をすることになり、社員ではなくアルバイトとして報酬を得ます。就労許可は、米国の会社で働くわけではないので不要のようですが、手続きが難しくなければいずれは申請しようと思っています。ただ仕事は渡米後できるだけ早く始めたいので、最初は就労許可なしですることになると思います。

配偶者ビザでのこうしたアルバイトには報酬額に上限があると聞きました。どなたかご存知の方がおられましたら、教えてくださいませんか? どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

お礼を読みました。
そうです。 おっしゃるとおり、Work Authorization I-765 のFormです。
説明が複雑ですが、実はそんなに難しくはなんですよ。よく読んでくださいね。また、ご質問があればどうぞ・・・。
Working Permit があると、ないとでは働いていても気持ちの持ち方が違います。私は日本語を教えていますが、Permitが取れるまでは生徒からはキャッシュでしかレッスン代をもらえませんでした。それに、誰かに密告されるかも、という不安もありましたし。今は、公的な学校でも堂々と教えています。

Qアメリカで配偶者ビザで働くこと

現在、配偶者ビザでアメリカに暮らしております。ほぼ専業主婦状態です。
そこで日本人留学生の生活相談にのるというアルバイト(ボランティア?)
募集のお話を知人から紹介されました。
近所の学校に通う日本人学生が何か困ったことがあれば、相談にのる仕事です。
報酬は学生の相談にのる毎にごくわずかですが、支給されます。
雇用主は日本企業で、定期的な収入とはなりません。
このような条件の場合、就労ビザは必要無いとのことですが、本当でしょうか?

非合法での就労は避けたいと思っています。
アメリカではどんな条件の時に「就労」にあたるのでしょうか?

Aベストアンサー

ニューヨーク州のNotary Public及び一般の雇用者として、(法律面のアドバイスはNotary Publicは禁じられておりますので)行政・事務手続き面での参考情報として回答いたします。

1. 就労許可について

配偶者としてのビザ・ステータスでの米国内での就労のためには、UCSIS(US Citizenship & Immigration Services, 旧称INS)からの労働許可(work permit = Employment Authorization Document: EAD, Form I-765)を取得していることが前提となります。このための手続きに関する情報は、参照サイトから得て下さい。このEADは、米国民(citizen)及び永住者(permanent resident = グリーンンカード保持者)には必要ありませんが、それ以外の移民(immigrant)・非移民(non-immigrant)で労働許可の対象となる方には必要となります。

ところで、ご質問者の「配偶者」としてのステータスが以下の何れにあたるかがわかりませんが、F-2, TD, H-4ビザ等特定のものでない限り、米国内での就労は可能(eligibleという意味)となります。

【米国人の配偶者として米国内に居住されている日本人の場合】
ビザ・ステータスは移民ビザとしてのIR1、又は非移民ビザとしてのK3(配偶者)、K1(婚約者)等のどれかにあたりますが、この場合には上記EADを取得する必要があります。

【日本国人の配偶者として米国内に居住されている日本人の場合】
F-1, J-1, TN 又は H-1B 等(何れも non-immigrant ビザ)の方の配偶者の場合、配偶者のビザはF-2, J-2, TD 又は H-4 等となり、更に他にもMやG等いろいろありますが、例えばF-2, TD, H-4ビザの場合は、就労は認められません。従って、F-2, TD, H-4ステータスの方は、お勤め先によるLabor Certification (Alien Employment Certification, Form ETA 750) の申請を通して就労ビザを出してもらえる場合に、ビザをワークビザ(employment-based visa)へ変更される事が条件となります。

2. ソーシャルセユリティーナンバー(SSN)の取得について

米国内で就労が(上記の条件を満たすことにより)可能な場合、これらの必要書類をもってSSNを申請・取得することが必要となります。最寄りのソーシャルセユリティーオフィスで手続きをなさって下さい。

3. 現実問題としての就労の可否(及び是非)

現実問題としては、上記書類の取得の有無に拘らず、就業形態が幾つか考えられ(又は実存し)ますので、ご質問者のケースで、雇用者側が以下の方法によりご質問者にお仕事を依頼されている場合は、雇用者側において非合法的に就労を認めていることになりかねませんのでご留意下さい。

(1) 雇用者側で賃金を課税対象としていない(いわゆる off the books)場合
毎年IRSへの所得税の申告に必要な書類(一般にForm W-2、その他報酬に関しての non-employment compensation 等の該当フォーム)がお勤め先から発行されない限り、雇用者側としては正式に雇っていることになりません。これは、雇用者がワークビザを発行しているとか、雇用者に対してEAD や SSN等を提示済であるとか、報酬や賃金の支払い方法が現金かチェックか、等といった事とは何ら関係なく、IRSへ所得税を納めていない限り、公式に「働らいている」とはみなされませんので、真相を判った上で対処しましょう。

(2) 雇用者からEADやSSNの提示を要求されていない場合
就業者が何らのペーパーもなく仕事を得られる場合は、移民関連の法律上も税法上も非合法となりかねません。それを承知で「バイト」をされているケースも在りますので、こちらも真相を判った上で対処しましょう。

+++++
なお、様々なケースで、「働いている」事を証明する必要が生じる場合(例えばアパートを借りるのに収入を証明する際等)に、W-2等の公式書類でなく、雇用者からの書簡(いわゆる会社のレターヘッドを使っての手紙)だけで通用する事がありますが、こうしたやりとりをする場合、上記(1)や(2)等に該当する雇用形態の場合、その合法性を問われた際にどの様に対処するかが、重用な課題となりえますので、注意が必要です。
+++++

参考URL:http://uscis.gov/graphics/howdoi/ead.htm

ニューヨーク州のNotary Public及び一般の雇用者として、(法律面のアドバイスはNotary Publicは禁じられておりますので)行政・事務手続き面での参考情報として回答いたします。

1. 就労許可について

配偶者としてのビザ・ステータスでの米国内での就労のためには、UCSIS(US Citizenship & Immigration Services, 旧称INS)からの労働許可(work permit = Employment Authorization Document: EAD, Form I-765)を取得していることが前提となります。このための手続きに関する情報は、参照サイトから得て下さい...続きを読む

Q美容院でのチップの額

北米の美容院へ行って パーマをお願いしたときの チップは いくらぐらいですか? 
やはり 15~20% ですか?
料金は 100ドルを超えるそうなので あまりに 高い!
でも そういうものなんでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカ在住13年です。

アメリカ合衆国では、美容院、レストラン等のサービス業では
チップを払うのは慣習です。

でもチップの額は「州」と「受けたサービス」で違ってきます。
例えば州によってはサービス業(つまりチップが貰える)に
就いている人には州が定めた最低賃金を保証していません。
州によっては時給3-5ドル程度で働いて実質的にはチップで
生きているウェイトレスさんやバーテンダーさんは沢山います。
そういった州では20%が目安になります。
私が住むカリフォルニアではどんな職業でも州が定めた最低賃金が
保証されているのでチップは10%程でも良いのです。
そして、全国何処でも、客は相手のサービス度でチップを決めて
勿論OKです。酷いサービスを受けた時「チップは1セント」って
有り。これは「最悪のサービスを受けた」という意味があります。

美容師さんはちょっと違っていて、彼等は美容院に完全に雇われて
いるわけではなく、美容院の「椅子を一つ」オーナーにお金を
払って借りています。実質、彼等は自営業者なんです。
彼等は最低賃金の保証もなく、彼等自身の腕一本で収入を得ています。
パーマや毛染めに使う薬品やシャンプーまで自分で購入しています。
そんな彼等が一生懸命サービスしてくれたら、やっぱり
チップを。。。って思うのが人情ですよね。
勿論、その美容師さんの技術に不満があったらチップ無し、
でも構わないわけです。(ま、勿論二度と其処には行かない。。)
お気に入りの美容師さんには15-20%のチップが適当です。
美容師さんと仲良くなるといろいろ自営業ならではの
特別サービスもして貰えて、女性には嬉しいものです。
アメリカで日本人の毛質に対応できる日本人以外の美容師さんを
見つけるのは結構苦労がありますが。。。

でも、パーマに100ドルって、それほど高価とは思えない
のですが、どうでしょうか?

アメリカ在住13年です。

アメリカ合衆国では、美容院、レストラン等のサービス業では
チップを払うのは慣習です。

でもチップの額は「州」と「受けたサービス」で違ってきます。
例えば州によってはサービス業(つまりチップが貰える)に
就いている人には州が定めた最低賃金を保証していません。
州によっては時給3-5ドル程度で働いて実質的にはチップで
生きているウェイトレスさんやバーテンダーさんは沢山います。
そういった州では20%が目安になります。
私が住むカリフォルニアではど...続きを読む

Qアメリカの銀行の小切手の換金方法

アメリカのA銀行発行の小切手を受け取りました。これを換金したいのですがA銀行の口座を持っていません。自分が持っているC銀行の窓口でも換金できるでしょうか?その際、自分のC銀行発行の小切手帳の最後の方についている「DEPOSIT TICKET」に記入して、これも一緒に提出するのでしょうか?
またATMでも換金できると聞いたのですが、これはC銀行のATMでやらないといけないんでしょうか?

あと、受け取った小切手は、いつまでに換金しないと無効になる、というような有効期限はありますか?

Aベストアンサー

>アメリカのA銀行発行の小切手を受け取りました。これを換金したいのです
  と言うことは、お手持ちのA銀行発行の小切手をご自身のC銀行の口座に入金したいーーということでしょうか?それともA銀行発行の小切手を直接現金化したいーーということでしょうか?

もし「A銀行発行の小切手をご自身のC銀行の口座に入金したい」ということであれば、ご自身が口座をお持ちのC銀行(C銀行であればどこの支店でも構いません)に行って(基本的には)質問者さんが裏書した(小切手の裏のサイン欄にサインした)小切手を必要事項を記入したDeposit Ticketと一緒にC銀行の窓口に提出すれば、質問者さんが持っているC銀行の口座に入金されます。おそらく当日すぐには残高に反映されませんが、遅くとも2~3営業日で口座に反映されてATMで引き出すことが出来るようになります。
ちなみに、Deposit Ticketは小切手帳の後ろについているものでなくても、C銀行のカウンターに置かれているものでもなんの問題もありません。

ご質問の意図が「A銀行発行の小切手を直接現金化したい」ということであれば、どこの銀行でも構いませんから窓口に行って裏書した小切手とフォトIDを見せて「この小切手を現金化してほしい」と言えばその場でキャッシュを貰えます。この時は裏書する時に「For deposit only」と書いてはダメです。
ただし、最近では「現金化する時にはその銀行(現金化する銀行)の口座を持っていなければ手数料が必要です」としている銀行が多いと思います(僕が口座を持っている銀行も数年前にそんな制度に変わりました)ので、小切手を直接現金化するのであれば口座をお持ちのC銀行に行かれる方が良いです。C銀行で小切手を現金化する時に「ウチの銀行に口座を持ってますか?」と聞かれたらATMカードを見せればいいわけです(もしかしたらカウンター横の機械にATMカードを通すように指示されるかもしれません)。

>ATMでも換金できると聞いたのですが、これはC銀行のATMでやらないといけないんでしょうか?
  これは、窓口で行うDepositに関する一連の手続きをATMで行うだけですので、口座をお持ちのC銀行のATMで行います。小切手を発行したA銀行のATMではできません。なぜならA銀行に口座を持っていないからです。
基本的にはアメリカのATMを使って小切手を入金する時には、Deposit Ticketに必要事項を記入して、そのDeposit Ticketと裏書した小切手とを指定の封筒(たいていはATMの側においてあります)に入れて、ATMの指示に従って封筒ごとATMの専用挿入口から入れます。その後は(簡単にいえば)銀行の係員がATMから封筒を取り出して小切手とDepist Ticketの内容を確認して入金手続きをすすめます。そのため、日本のATMのように現金を入金したらすぐに口座残高に反映されるわけではありません(この辺りも窓口で手続きする時と同じ)。
また、ATMでは小切手を直接現金化することはおそらく出来ないはずです(ATMで現金化が可能なATMがあるのかもしれませんが、少なくとも僕は見たことがないです)。

>受け取った小切手は、いつまでに換金しないと無効になる、というような有効期限はありますか?
  はっきりした記憶が定かでは無いんですが・・・・確か個人が振り出した小切手は無期限だったと思います(銀行によっては180日などと期限を設けていることもあります)。会社などが振り出した小切手であれば小切手に有効期限(90日とか180日など)が書かれているのが普通です。

余談ですが、最近はスマートフォンを使ってDepositする方法が出てきていますね。スマートフォンに銀行のアプリをインストールしてそのアプリにログイン、その後小切手の表と裏(もちろん裏書が必要です)をカメラで撮影してアプリからアップロードすると入金手続きをしてくれます。
僕も先日試しに使ってみましたが、夜11時頃に手続きしたんですが翌朝には口座に反映されていました。銀行に行って長い列に並ぶこともなく時間を気にすることもなくデポジット出来るのは便利ですね。


長文、失礼しました。

>アメリカのA銀行発行の小切手を受け取りました。これを換金したいのです
  と言うことは、お手持ちのA銀行発行の小切手をご自身のC銀行の口座に入金したいーーということでしょうか?それともA銀行発行の小切手を直接現金化したいーーということでしょうか?

もし「A銀行発行の小切手をご自身のC銀行の口座に入金したい」ということであれば、ご自身が口座をお持ちのC銀行(C銀行であればどこの支店でも構いません)に行って(基本的には)質問者さんが裏書した(小切手の裏のサイン欄にサインした)小切手を...続きを読む


人気Q&Aランキング