仕事がら年に数回タイを訪問しております。現地では土産物屋や露天などでイミテーションの仏像を外国人が購入しているのをよくみかけます。タイは仏像持ち出し禁止とのことですが、このように土産物屋などで売っているイミテーションに関しても法的規制があるのでしょうか?実際、どこの外国人向け土産物店でもイミテーション仏像が売られており、どう考えても骨董や文化的価値があるモノ以外、国外持ち出しを規制してるいるようには思えないのですが。次回訪タイの際、知人からタイ仏像を土産に欲しいと頼まれております。もちろん、骨董などではなく、土産物店やフリーマーケットで売られているようなものです。このようなものでも、持ち出しもしくはEMSでの発送に関し、規制はされるのでしょうか?また、「偽物証明」があればいいとのことを聞いたことがあるのですが、このようなものは簡単に入手できるのでしょうか?詳しい方おられましたら、よろしく回答お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

タイ国立博物館のWEBによると新品で完品の仏像を信仰目的などであれば


許可を得て持ち出すことができるとかかれています。申請用紙もDLできます。
http://www.thailandmuseum.com/OfficeMuseum/expor …

仏像に本物も偽物もないということでしょう。
美術的な贋物であっても。

バンコク都庁本庁舎(ジャイアントブランコの所)界隈に行けば
仏具店が軒を連ねており、仏像も各種大きさ、各種値段帯で売られています。
この時点では入魂されていないのでただのオブジェです。入魂してもらうには
適当にどこかのお寺でお布施をして儀礼をやってもらわないといけません。
そうすると(信仰上は)かばんに詰め込んだりはできなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切な回答ありがとうございました。しかし、お土産屋さんで売ってるようなモノですら、正規に持ち出そうとすれば、それだけ大変な手間が
かかるわけですね。ネットのアジアン雑貨店でもタイ仏像は売られてるようですが、それらは基本的に「違法」ということなんでしょうか?
大変参考になりました。

お礼日時:2009/03/18 18:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信仰心が高い仏像は昔の宗教改革によって破壊されたの

信仰心が高い仏像は昔の宗教改革によって破壊されたので、いま残っている仏像って信仰心が薄かったショボイ仏像ばかりですよね?

Aベストアンサー

宗教改革って、明治の廃仏毀釈ですか?

だとすれば神教分離の弊害の事を指しています。

あれは地域性が強い暴動で、何も全国で国家政策として行われた訳ではないです。(寧ろ制止しています)

激しかったのは薩摩が有名ですが、信仰心の多寡で破壊したのでは無く、単にイデオロギーとヒエラルキーの問題です。

>いま残っている仏像って信仰心が薄かったショボイ仏像ばかりですよね?

違いますよ。

まぁ、仏像に価値を感じるかどうかは個人の自由なのですが、平安期から残っている仏像は今でもありますよ。

ショボイかどうかは見る人間の「目」次第でしょうね。

Q日本→タイ→カンボジア→タイ→インド→タイ→日本

今年4月に関空→タイ→カンボジア→タイ→インド→タイ→関空をバックパッカーのようなかたちで行きたいのですが期間は10日間しかありません。期間が短すぎるのでカンボジアは最悪行けなくても仕方ないと考えています。日本⇔タイの往復の航空券の費用、タイ⇔インドの往復航空券やタイとカンボジアの往復のバス代、など知りたいです。宿、食費など含めて最低これくらいは必要だろうという予算も知りたいです。貧乏な旅でいいので出来るだけ低予算で行きたいです・・・。今のところ絶対行くのはカオサンやタージマハル、バラナシ、出来ればアンコールワットくらいしか決めてません。もしこういったルートで周ったほうが効率がいいとかあれば教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

インド、タイ、カンボジアを10日では無理です。

最初にルートですが、関空→インド(コルカタ)→バナラシ→コルカタ→タイ→関空ですね。
あるいは、関空→タイ→インド(コルカタ)→バナラシ→コルカタ→タイ→関空でしょうか?
10日との書き込みの点で私の頭からは、カンボジア、タージマハルは消えました。


関空からタイへは、
http://www.tour.ne.jp/w_air/list/1/37/?dst_flg=1&dp_ym=201104&dpt[]=21%2C22%2C23&stc_knd=1&dsp_sort=cms_asc
これを参考に。
10日のFIXを利用できます。
先ほど、タイ国際航空も調べましたが、4月の最初は既に完売でした。

関空からコルカタまでは
http://www.tour.ne.jp/w_air/list/1/28/41/?dst_flg=1&dp_ym=201104&dpt[]=21%2C22%2C23&stc_knd=1&dsp_sort=cms_asc
最大8日FIXで6万ほどです。

http://www.pdi.co.th/date/1.html
これはタイから日本への料金表です。

一番としては、インド行きのタイ国際航空のチケット買って、
タイで、TGすれば良いのではないでしょうか?
あるいは、タイでストップオーバーも出来るかも知れません。

インドまで直行便でも約13時間かかります。
それから、バナラシ行きの列車を取って、バナラシに行き、
又、コルカタに帰って来なければなりません。移動だけでも往復2泊3日かかると
思っておいてください。
更に、インドの列車はよく遅れます。ですから、コルカタには
飛行機の出る、1日前にはインしといた方が良いです。

カンボジア。タージマハルはまた今度でいいと思います。
タージマハルは歳取って、ツァーででもいけば良いのでは?

お金ですが、エア代除いても5万もあれば十分です。

インド、タイ、カンボジアを10日では無理です。

最初にルートですが、関空→インド(コルカタ)→バナラシ→コルカタ→タイ→関空ですね。
あるいは、関空→タイ→インド(コルカタ)→バナラシ→コルカタ→タイ→関空でしょうか?
10日との書き込みの点で私の頭からは、カンボジア、タージマハルは消えました。


関空からタイへは、
http://www.tour.ne.jp/w_air/list/1/37/?dst_flg=1&dp_ym=201104&dpt[]=21%2C22%2C23&stc_knd=1&dsp_sort=cms_asc
これを参考に。
10日のFIXを利用できます。
先ほど、タイ国際航空も調...続きを読む

Q長谷寺、室生寺で常時拝観可能な仏像は? 

今週金曜日に長谷寺、室生寺に行く計画を立てています。
両寺院とも、特別拝観期間以外は拝観できない仏像があるようです。
今週という限定で拝観可能な仏像はどの仏像でしょうか?
または、拝観できない仏像はどの仏像でしょうか?
ざっくりした質問で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。
室生寺で言えば、たとえば金堂に安置されている仏像は拝観可能だけど、
弥勒堂はNGだよーという情報でもよいので是非ともお願いします。

Aベストアンサー

 長谷寺の御本尊は、お姿自体はいつでも拝観可能です。
 但し、あまりに大きいため、通常下半身を見ることは出来ません。
 最近よく行なわれている特別拝観では、御本尊の足元に行って直接その御足に触れることが出来る、というものです。そこでは下半身をじっくりと観察することは出来ますけれど、近すぎるので逆に上半身はほとんど見えません。
 脇侍の像も拝観できます。
 それ以外の仏さま(重文指定)は宝物館の方に収蔵されていますので、春秋の特別公開時以外は通常拝観できないと思います。

 室生寺の方も、どこかの博物館・美術館に出陳していなければ、まず金堂の諸仏は拝観できます。
 以前行なっていた特別拝観では、通常建物の外、もしくは外陣から拝観するところを内陣まで入ることが出来、かなり近くに行ける、というものでした。
 弥勒堂の方ははっきりしませんけれど、少なくとも以前二回お参りした際にはいずれも拝観できました。これも通常は堂外からのお参りですので、入堂が可能、というようなものではないでしょうか。

Qタイやタイ料理屋さんタイの飲食店について詳しい人に質問

タイの町中で見かける屋台に興味があり、どこで手に入れるかわかりません。
サイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

タイにチェーン展開しているマクロという卸売メガストアがあります。
その支店の場所によって屋台を出すような人が多いエリアにある
支店に行くと屋台用品が充実しています。テーブルや引き車、
椅子、食器、厨房用品から屋台用食材セットまで。
私が行ったことのある店舗ではサムセーン支店がそうでした。
http://www.siammakro.co.th/contact.php?zone_id=1&branch=3

なおマクロは原則として小売店登録をしていないと買い物が
できませんが、来店している他のお客さんに頼んでレジを通る時だけ
カードを借りる行為が一般的に行われています。

ただし現軍事政権の方針で現在タイでは屋台は壊滅状態にありますので
引き続きマクロでそのようなものが売られているかどうかは
分かりませんが。

Q仏像は何のためにありますか?

ほとんどのお寺には仏像が置いてあります。
あれは何のためにおいてあるのでしょうか?
あれを拝むのが目的でしょうか?
どの宗派でも仏像が安置されてますか?

また仏像は絵画より彫刻が圧倒的に多いのですが、
これはどうしてでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

拝むのが目的ではなく目に見えない物は拝みにくいからです。例えばあなたには亡くなってもう会えないおばあちゃんが居て、親からいくらおばあちゃんが良い人だったと聞かされても「ふ~ん」くらいにしか思えないでしょう。写真でもあれば自分のおばあちゃんはこういう人だと話とイメージを繋げて考えられます。
ですから宗教上の人物(?)や政治家や偉人なども銅像を作って忘れられないようにします。
ただこれが高じると<手段>が<目的>になってしまいます。確かイスラム教では偶像崇拝を禁止していたと思いますが理由がどうかは知りません。

Qタイ人への土産

仕事でタイ バンコクに行きます。
タイ人へのお土産にお菓子系を持っていこうと思うのですが、煎餅系や餅系のものを
持って行ってもおかしくはないでしょうか?
インスタントコーヒーはどうでしょうか?

行き先がタイの菓子メーカーなので、タイ人が喜ぶであろうキットカットはそのメーカーの
競合になるのでやめようと思っています。

Aベストアンサー

>煎餅系や餅系のものを持って行ってもおかしくはないでしょうか?

米加工品は彼らの嗜好と合うようです。彼らの概念では「菓子は甘いもの」です。稀に、えびせんのように塩味ベースのものもありますが。

>インスタントコーヒーはどうでしょうか?

普通に売っています。むしろ珍しいのはきちんとしたコーヒーの方ですが、需要は圧倒的にインスタント+練乳です。

Q仏像に魂入れは必ず必要か?

仏間に位牌と三具足を置いて毎日手を合わせています。今度、ご本尊の仏像を購入しました。仏壇店では、仏像に魂入れをやってくださいとの事です。その場合、ご本尊の仏像に魂入れは必ず必要でしょうか。仏壇の購入予定はないです。

Aベストアンサー

こんばんは。

魂入れはお位牌、新規に立てたお墓などでよく行われることなのですが、新しい仏像をお迎えになったということは、やはりこれも魂入れが必要になるものと思います。

魂入れとは開眼法要または開眼供養と申します。(ただし浄土真宗では呼び方が異なります。御移徙といいます。)
もともとは造られた仏像には眼を入れなかったんです。お祀りする際に法要を行って新たに目を書き入れるところから開眼と名づけられております。眼を入れるということは、仏法上から見ると「智慧の眼」を開いて仏法の真理を悟ることとされます。

お求めになられた仏像に眼がないわけではなく、お寺様において書くわけでもございませんが、魂入れである開眼供養をすることは、その造られた仏さまに「智慧の眼」を授けることで仏の世界に生き、ご本尊になるということになります。そしてお位牌などの祖霊は本尊となった仏さまの世界の中にお祀りされていくわけです。

詳しくは菩提寺様があるのであれば、そちらにもお尋ねになってみてください。
絶対今すぐにでも魂入れをしてほしいということは言いません。それぞれの事情もあり、すぐにはできないことも考えられるからです。ただご自身が納得されるようでしたら、魂入れである開眼供養をされるとよろしいかと思います。

以上です。

こんばんは。

魂入れはお位牌、新規に立てたお墓などでよく行われることなのですが、新しい仏像をお迎えになったということは、やはりこれも魂入れが必要になるものと思います。

魂入れとは開眼法要または開眼供養と申します。(ただし浄土真宗では呼び方が異なります。御移徙といいます。)
もともとは造られた仏像には眼を入れなかったんです。お祀りする際に法要を行って新たに目を書き入れるところから開眼と名づけられております。眼を入れるということは、仏法上から見ると「智慧の眼」を開いて仏法の真理...続きを読む

Qタイの仏教関連や王室における規制について

タイでは選挙前や仏教、王室関連で休日や飲酒禁止になることがありますが、2009年度これからの詳しい日程が分かる方おられますか?
今度友人と行くのですが、もし禁酒日なら避けたいので・・。
「何月は何日と何日」みたいな感じで教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

禁酒日じゃなく酒類販売禁止日ですね。
自宅やホテルの部屋で飲む分については問題ありません。

で、今年でこれから以降決まっているのは7月7日、7月8日、10月4日です。
全て仏教関連の休日で、王室関連に関しては3年位前に撤廃されました。
あとは選挙関連がありますが、これは現時点で分らないので
こまめにニュースでもチェックして下さい。

もちろん観光客だろうと外国人だろうと関係なく適用されますし、バー等の
飲み屋は休業で、レストランでも酒は出てきません。

またタイでの酒類販売についてですが、販売可能な時間が11:00~14:00、
及び17:00~24:00迄とされているので注意して下さい。
これ以外の時間だとコンビニやスーパーで酒を売ってくれませんよ。

Qなぜ、老人の容姿をした仏像はないのでしょうか。

仏像について、詳しいわけではないですが、「釈迦苦行像」を除いて
青年の感じがする仏像しか知りません。
老人の容姿をした仏像はありますか。
圧倒的に青年像の仏像が多いのは、どのような理由によるものでしょうか。
なお、如来像、菩薩像を対象としています。「天」像は除きます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仏教では、正しい行いをして、修行をすることにより、魂が向上し悟りの境地に至ると言います。
修行段階を菩薩、完全に悟った状態を如来と呼びます。
完全に悟った状態では、病いや老い、死を超越した存在となり、生老病死の苦しみから解脱すると信じられています。
仏像の多くは、完全に悟りの境涯にある人間の理想の姿を形にしたものですから、
老いることもなく、滅びることもなく、絶えず円満な表情を讃えている姿になります。

Qタイ駐在員へのお土産(お菓子)

来月タイ駐在が決まり、現地の駐在員にお土産を持っていきたいのですが、何が喜ばれるか悩んでいます。全部で20人近くいます。いろいろ検索していたら、お酒や日本の食材、お菓子、お茶などが多かったのですが、お酒は飲まない人もいます。単身で行かれていて、家で料理をしないか方も結構います。共通して、安価で、皆に喜ばれるとすれば、茶、お菓子が良いかなと思いますがいかがでしょうか?お菓子の場合、柿ピーやせんべいが無難でしょうか?茶の場合、暑い国なので、ホットの日本茶より、水出しできる麦茶などが良いでしょうか?
その他おすすめがあれば教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

過去の経験から。

家族滞在でそれなりの地位にある人には、奥様に日本の「家庭画報」や「ミセス」などを持って行きました。これは日本の奥様が読むためのものではなく、現地人の奥様にプレゼントするためのものです。ご存知のように、これらは丁寧に編集された素晴らしい印刷物で、日本の文化もふんだんに紹介されています。物質的に余裕のある奥様方には、特に日本語を勉強中の奥様には大変喜ばれているのだそうです。
勿論、タイの有名日本書店で購入することも可能なのですが、「日本からのお土産」ということが重要なことなのだそうです。

重いのが難点ですが、数が多くなければ苦にはならないでしょう。通関時にも問題にはなりません。

こういうお土産もあることを、ご参考までに。一般的なお土産ではありませんから、機会があれば現地で確認してみてください。


人気Q&Aランキング