先日業務委託契約書を作成し、契約を締結しました。
しかし後日気付いたのですが、相手方の会社の代表者名の漢字が間違っていたのです。先方も気付かず捺印してしまったそうです。
印紙の額も大きいので、できれば作り直さず、訂正したいのですが、この場合も通常の誤字脱字の訂正と同じく、訂正箇所に二重線をひき双方の訂正印を押す処理で問題はないのでしょうか。
代表者の氏名という、重要な箇所なので気になります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

http://allabout.co.jp/house/buyhouseshuto/closeu …
「契約当事者 (売主と買主) が署名・押印をした後に誤字や脱字などが見つかった場合には、改めていうまでもなく 「訂正印で処理をすること」 が原則です」
上のサイトの引用ですが、名前も同じことです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。教えていただいたサイトも分かりやすかったです。

お礼日時:2009/05/17 23:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管?

お世話になります。
 弊社では、他社と契約書を取り交わす際に、
・他社の収入印紙を貼った契約書は他社で保管(印紙の消印は他社)
・自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管(印紙の消印は自社)
としています。
 しかし往々にして、他社に契約書を2通送り、1通送り返してもらう際に、他社の収入印紙を貼った契約書(印紙の消印は他社)を送り返されます。また、それが正しい、とおっしゃる他社の方もいらっしゃいました。

 果たして、「・自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管(印紙の消印は自社)」で正しいのかどうか、教えてください。
(印紙税を払った証明なのだから、自社側で保管すべきと思うのですが…)

Aベストアンサー

 契約書の内容は、自社保管分と他社保管分とは相違ありませんから(当然ですが)、収入印紙の消印を契約当事者が夫々押印すれば、どちらを保管するか迷う事はないと思います。
 つまり、契約書を2通作成し、夫々に署名押印する時に、夫々の印紙への消印も夫々押印すれば良いかと思います。(一枚の収入印紙に自社と他社の消印です。)
 又、消印一箇所にこだわるのでしたら、契約書は当事者間で取り交わす事ですから、収入印紙を自社印で消印した物は、相手方に渡します。
 相手方(他社)が収入印紙を消印した物は自社に渡されますから、それを保管すれば良いのではないでしょうか。

Q誤字脱字を直すには?

私は誤字脱字が物凄く多いです。
自分では、一度書いた後、見直しているのですが、それでも誤字脱字はかなりあります。実際に口でつぶやきながらも読見直しています。
もし、誤字脱字をしない方法や、見直す時にこう言う所に気を付ければ良いと言うものがあれば教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

 初めから誤字脱字をしない書き手なんてそうそう数多くいるとも思えませんが、私自身の経験を・・・

 まず「ワープロ(コンピュータのワードも含めてそれに類する一切のもの)はそもそも必ず打ち間違えるものだ」という認識に立つことが必要でしょう。キーそのものを打ち間違える、という・・・ 漢字変換をする箇所ならともかく、漢字変換をしない箇所などは、くれぐれもよく見直さないとタイプミスをそのまま見逃してしまうことになります。自分ではそう打った(書いた)と信じ込んで読んでいますから、ミス発見が容易ではないのですね。この最初の思い込みが誤字脱字の原因の8割方を占めているんじゃないかと思われるほどです。事実、私の場合はそれ(最初の思い込み)が殆どですね。

 公的な文書を作成する場合には、私は必ず他人にその文書を校正してもらいます。作成した当人だと「最初の思い込み」が邪魔して、なかなか誤字脱字を発見できないからです。他人に校正してもらわないときは、文書作成後、一日、もしくは数日たってから再度心新たに読み返し、タイプミスの発見に努めます。しかし、私的な文書で、しかも急いで仕上げなくてはならないような類のもの(ここでの回答等?・・・笑)に関しては他人の助けを仰ぐことはもとより、時間を置いて見直すなんて悠長なことはしていられませんからね(笑)。で、大体私も自分自身で文章を推敲、校正することになります。短文だと1回ぐらいの見直しで済ませますが、少し長い文章になると、2回以上、時には4~5回ほども見直すことがあります。すると、必ずと言っていいほどタイプミス、変換ミスが見つかります。これが手書きだとワープロほどの書き損じはないと思います。「の」と「も」の書き損ないなんて、手書きだと、しようにもしようがありませんからね。でもワープロだと、キーの配列上、つい手が滑っちゃうことがあるんです(笑)。

 言葉と言葉の合体現象である「複合語」もミスを誘引する原因になります。例えば「読む」と「直す」(或いは「見直す」・・・「見る」+「直す」)。ともに動詞で、合体して「読み直す」という複合語を作りますが、「読見直す」なんてタイプミスをしかねません。勿論これは皮肉でも何でもありませんよ。私も含め、数多くの人が犯しやすいミスだと思います(しかし、この場合は書いた人の責任と言うよりワードに責任がありそうな・・・(^_^;))

>もし、誤字脱字をしない方法や、見直す時にこう言う所に気を付ければ良いと言うものがあれば教えて頂きたいです。

 残念ですが、誤字脱字をしない決定的な方法というのはありません。人間のすることで完全なものなどありえないでしょ?(笑) しかし誤字脱字を減らすための工夫は確かにあります。それは前述したとおりです。しかし偉そうに言う割には、私もここでかなりの誤字脱字はたまた変換ミス常習者です。時間に追われながら書くとロクなことはありません(笑)(それと、内緒ですが、夜中にホロ酔い気分で書くのもいけません。自分ではしっかりしているつもりでも、ミスは通常の2倍3倍にも膨れ上がります。・・・「飲んだら書くな」?)。書いた後、数十分~数時間間をおいてから、再度推敲、校正できるならそれらもグンと減らせるのでしょうけどネ。

 お答えになったかどうか自信がありませんが、ご参考までに。

 初めから誤字脱字をしない書き手なんてそうそう数多くいるとも思えませんが、私自身の経験を・・・

 まず「ワープロ(コンピュータのワードも含めてそれに類する一切のもの)はそもそも必ず打ち間違えるものだ」という認識に立つことが必要でしょう。キーそのものを打ち間違える、という・・・ 漢字変換をする箇所ならともかく、漢字変換をしない箇所などは、くれぐれもよく見直さないとタイプミスをそのまま見逃してしまうことになります。自分ではそう打った(書いた)と信じ込んで読んでいますから、ミス発...続きを読む

Q契約書の印紙添付について

当社では今後、「社員には現金を扱わせない(お客様から印紙代を預らない。印紙も買わせない。)」ようにしたいと考えています。現在の契約書は請負契約書(戸建住宅の修繕・増改築等)で正副の2通を作成し双方署名捺印を行っています。今後印紙の扱いを以下のように出来ないかと考えています。いわゆる一般的な慣習とは違ったやり方だとは思いますが、法的に問題はありますでしょうか。

1、当社契約書控えには当社が印紙を貼るので、お客様控えにはお客様が印紙を貼っていただくようにお客様に依頼。契約時にその場では貼らない。
2、後日、当社契約書控えを会計責任者に集め、会計責任者が全ての契約書に印紙を添付し会計責任者印で割り印。

この場合に「印紙税は当社とお客様が連帯して責任を負う」わけですので、お客様が印紙を貼らなかった場合に税務署が当社に請求してくれば当社には納付義務があるので支払います。この様な場合に税務署が、他の契約書まで拡大解釈して、「お客様側が貼るべき印紙を全契約書に関して納めなさい」とか「全ての契約書に関してお客様が印紙を貼ったかどうか確認して印紙税を納めなさい」とか言う事はありえますでしょうか。

当社では今後、「社員には現金を扱わせない(お客様から印紙代を預らない。印紙も買わせない。)」ようにしたいと考えています。現在の契約書は請負契約書(戸建住宅の修繕・増改築等)で正副の2通を作成し双方署名捺印を行っています。今後印紙の扱いを以下のように出来ないかと考えています。いわゆる一般的な慣習とは違ったやり方だとは思いますが、法的に問題はありますでしょうか。

1、当社契約書控えには当社が印紙を貼るので、お客様控えにはお客様が印紙を貼っていただくようにお客様に依頼。契約時に...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。

他の方も来てくれればいいんですけどね。
一度締め切った後、再度同じ質問をするという手もありますよ。
締め切らないで同じ質問をすると、消去されてしまうので注意。


>当社が払って貼ると、年間500万円以上の経費増となるため、
 ちょっと難しい

それは大変ですね。
それなら、毎月末にまとめて、客先へ収入印紙代金の請求書を送れば
よいと思います。


あと、余計なお世話で申し訳ありませんが、
5百万円も収入印紙代金を使用しているということは、高額な取引を
されてるんですか?
もし何年にもわたって取引するのなら、一年で区切り、継続取引と
すればよいと思います。
そうすれば7号文書となり、収入印紙は4千円で済みます。

Q先方の名前を間違ってしまったときの訂正文を教えて!

仕事で先方への文書を名前を間違えて送付してしまいました。
メールにて訂正と簡単な謝罪を送りたいと思っているのですが、
謝罪の言葉はどんなものが良いでしょうか?

「名前間違い」ってどんな表現にしていいものやら悩んでいます。
訂正文書ではなくメールでなのであまりにも堅苦しい感じじゃないほうがいいんですが・・。

初歩的なことですが教え下さい!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ビジネス上でお詫びするというのは、
(1)直接出向いてお詫びする
(2)手紙でお詫びする
(3)電話でお詫びする
この順番です。メールで手っ取り早くお詫びするというのは不可です。

電話で詫びるなら、
『このたびは当方の手違いにより、○○様のご尊名を間違えて郵便を出してしまいました。誠に申し訳ございません。
あらためて、正しいお名前で再度お出ししようと思いますが、よろしいでしょうか?』
くらいでどうですか。

Q契約書の収入印紙について

失礼致します。
契約書に収入印紙が必要なものが初めてでお教え頂きたいのですが、
お取引先からは4000円の収入印紙が貼り付けてある契約書と、
貼り付けのない契約書2部送られてきました。

この場合相手方が4000円の印紙でしたので同額の印紙を
貼り付けるのでしょうか?
ネットで検索をかけてみたのですが、100万以下の場合は
200円などと書いてあるところがありまして混乱しております。
今回の契約では数ヶ月で40万前後と聞いておりますので。

また、契約書は相手の印紙が貼り付けてある方を保管するのでしょうか?
印紙の付いていない契約書の方を、こちらの印紙を貼り付け、送り返すので間違いないでしょうか?

無知でお恥ずかしい限りですが、契約書のサイトが難しく理解が
出来なく…どなたかご親切にお教え下されば幸いです。
何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

印紙の金額は契約書の実質内容によります。
4000円の収入印紙が貼っている契約書というと、その契約内容は今後長期にわたって継続的に取引していくための基本契約書のようなものでしょうか?それに該当するとなると7号文書に該当して、印紙税は4000円ですので4000円分の収入印紙を貼ることになります。そうではなく、ただ1回こっきりの契約であれば、契約する内容の種類によって1号文書や2号文書、不課税文書となって契約金額に応じた印紙を貼ることになります。(上記金額なら200円、不課税なら印紙不要)

契約書の場合、税法の決まりでは、契約の相手方と共同で2通文書を作成してお互いが交換して持ち合うという形になります。従って、貼っていないものには収入印紙を貼って、収入印紙に割印を押して(もちろん2部とも必要な捺印を押して)、1部(普通は新たに印紙を貼った方を返します。多くの場合、相手も印紙に消印を押しますので。)を相手に返送するということになります。どっちを返すにしても、相手の持っている文書が、あなた側の負担した印紙というふうに見なされます。

Q見積書の捺印箇所について

表題の通り、見積書の捺印箇所のことで質問です。

弊社では、見積の捺印の際2通りに別れてしまっています。
統一したいので、正しいもしくは一般的な方を教えてください。
また、どちらも正しくない場合、正しい捺印の方法をお教え頂ければと思います。

添付画像に例(1)と例(2)がありますので
お答えいただければと思います。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一般的によく見るレイアウトは1)じゃないでしょうか。
ちなみに、「見積書」は公文書ではないので必ずしも捺印は必要ありません
(と昔、会社の経理部長から聞いただけですが)

なので、どちらでも正しいと思われます。

Q基本契約書・注文書・注文請書・印紙について。

ソフトウエア開発業務を行っている会社です。
現在当社のは、発注されたり、発注したりしております。
当社が発注する場合は、現在は注文書・注文請書を発行し、請書には契約金額に応じた印紙貼付・押印をして頂いてます。

発注される場合は、取引先の契約方法に従っておりますが、取引先企業によって契約の仕方が本当にまちまちです。

当社と同じように、注文書・注文請書(金額に応じた印紙を当社が貼付)のみでの契約。
基本契約書を取り交わし2通発行し、双方で4000円の印紙を負担した後、
1)個別契約で注文書・注文請書(金額に応じた印紙をさらに当社が負担)
2)個別契約で注文書・注文請書(印紙の添付はなしで押印のみ)
3)個別契約で注文書だけ発行され、請書は発行しない契約。
基本契約書を取り交わし1通発行し、当社で4000円の印紙を負担した後、基本契約書の写でコピーを当社の控えとし、個別契約で注文書・注文請書(印紙の添付はなしで押印のみ)の契約。
基本契約書を取り交わし2通発行し、個別契約で覚書2通発行し、印紙は一切貼らなくていいという契約。など・・・・

なぜ?このように印紙を貼ったり、貼らなくても良かったり、また、注文請書を発行しなくてもよかったりするのでしょうか?
注文請書を発行しない会社の基本契約書には、
個別契約で「○日以内に文書による承諾の拒絶がない場合は注文を承諾したとする」
とのようなことが記載されております。

注文書・注文請書だけでの契約は、請書に印紙は必要かと思います。
基本契約書がある場合、請書に印紙が必要にならないのは、基本契約書にどのような記載がある場合なのでしょうか?
なるべく印紙税のかからない方向で、
当社が発注する場合の契約を見直そうと考えております。
回答を宜しくお願いします。

ソフトウエア開発業務を行っている会社です。
現在当社のは、発注されたり、発注したりしております。
当社が発注する場合は、現在は注文書・注文請書を発行し、請書には契約金額に応じた印紙貼付・押印をして頂いてます。

発注される場合は、取引先の契約方法に従っておりますが、取引先企業によって契約の仕方が本当にまちまちです。

当社と同じように、注文書・注文請書(金額に応じた印紙を当社が貼付)のみでの契約。
基本契約書を取り交わし2通発行し、双方で4000円の印紙を負担した後、
1)個別契...続きを読む

Aベストアンサー

>注文書・注文請書だけでの契約は、請書に印紙は必要かと思います。

基本的には、その認識で結構です。しかし、注文書の記載内容によっては、注文書も課税文書になり、印紙が必要になりますので、要注意です。

たとえば、注文書に相手方の見積書ナンバー等の記載があり、相手方の見積にもとづく注文であることがわかる注文書などは、課税されます。これを避けるためには、注文書のどこかに、相手方が別に請書等契約の成立を証する書面を作成する旨の記載が必要です(基本通達第21条)。

ほかにも、注文書といいながら、注文者と請負者とが双方署名または押印したものは課税されます。注文書という名の契約書にほかならないからです。

>基本契約書がある場合、請書に印紙が必要にならないのは、基本契約書にどのような記載がある場合なのでしょうか?

ソフトウエア開発業務委託は、請負に関する契約ですから、基本契約書にどのような記載をしようとも、請書を作成すると、請書に記載された契約金額が一万円未満のものを除き課税されます。

したがって、例示された、
・個別契約で注文書・注文請書(印紙の添付はなしで押印のみ)
・基本契約書を取り交わし1通発行し、当社で4000円の印紙を負担した後、基本契約書の写でコピーを当社の控えとし、個別契約で注文書・注文請書(印紙の添付はなしで押印のみ)の契約。
・基本契約書を取り交わし2通発行し、個別契約で覚書2通発行し、印紙は一切貼らなくていいという契約。

3パターンの請書は脱税の疑いが濃いと思われます。もし大量にそのような文書があるのでしたら、早急に印紙税に詳しい税理士さんに相談されるようお奨めします。

しかし、基本契約書において、個別契約の成立を請書の作成交付にかからしめないで、たとえば、〇日以内に口頭で承諾する旨の通知を行うとか、口頭が嫌ならメールで承諾の旨を通知したときとするとか、要は文書以外の方法で申込に対する承諾を行い、その時点で契約が成立するとすれば、印紙は不要です。

承諾の意思表示は、何も文書で行う必要はないのです。

そのような効果を狙ったものが例に挙げられた、

>注文請書を発行しない会社の基本契約書には、個別契約で「○日以内に文書による承諾の拒絶がない場合は注文を承諾したとする」とのようなことが記載されております。

という方法だと思います。この場合も、契約の成立を証する書面を作成しないで、個別契約の成立時点を定めているからです。

ただし、この方法も一点疑念があります。

基本通達によれば、基本契約にもとづく注文であることが記載されていて、かつ基本契約に注文書の交付によって自動的に個別契約が成立する旨が記載されていると、その注文書が契約の成立を証する書面として課税されます。

一定期間内に承諾拒絶の意思表示がなされない場合に承諾したものとする旨の記載が、上記の「注文書の交付によって自動的に個別契約が成立する旨」と同視されないかという点です。税務署でご確認されることをお奨めします。同視されないのであれば、この方法も有効です。

なお、上記でお分りのように、基本契約にもとづく注文書も記載内容によっては課税されますので、要注意です。

>注文書・注文請書だけでの契約は、請書に印紙は必要かと思います。

基本的には、その認識で結構です。しかし、注文書の記載内容によっては、注文書も課税文書になり、印紙が必要になりますので、要注意です。

たとえば、注文書に相手方の見積書ナンバー等の記載があり、相手方の見積にもとづく注文であることがわかる注文書などは、課税されます。これを避けるためには、注文書のどこかに、相手方が別に請書等契約の成立を証する書面を作成する旨の記載が必要です(基本通達第21条)。

ほかにも、注...続きを読む

Q訂正線は赤の二重線の上に訂正印をおすのですか?

 各種申込書において金額訂正はもちろん新たに書き直しが前提でしょうが住所欄等の訂正はどのようにすればよいのでしょか?以前銀行に勤めておりそのとき例えば、ローンの申込書の住所等の訂正は黒字一本線の上に訂正印と教えられたのですが、今の会社(金融機関)では「訂正は赤字二重線が常識だろ」と上司に叱られました。もちろん会社それぞれのルールはあるかと思いますが一般的にどちらが適切なのでしょうか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%82%E6%AD%A3%E5%8D%B0


一般的には黒の二本線に訂正印です。
上記サイトに官公庁のしきたりがありますが、
・訂正部分を赤の二重線で見せ消しをし、そこに訂正印を捺印
・黒の二重線は削除に使用
と、黒色と赤色で使い分けがされるようです。

Q工事請負契約書の収入印紙

変更契約書に貼る収入印紙についておうかがいします。

当初の契約は60万円で200円の収入印紙を貼りました。
次回、契約金額は同じで、工期を延長した場合の契約書には
また収入印紙を貼るのでしょうか?
変更契約書にも60万円と記載されています

Aベストアンサー

*印紙税は、記載された内容によって
 課税されるか、されないかを判断しますので
 別の文書であれば、当然 印紙は必要です
 4000円になるのか200円なのかは
 文書の中身で判断します
  
契約書ではなく「注文書・請書」でした
*文章の中身が問題なので
 標題に何が記載されていても
 何の関係もありません

あと、減額された場合はどうなるのでしょうか
*別の文書であれば課税されます

したがって、印刷された文書ですべてを
判断することになります
(印刷しない文書であれば金額に関係なく印紙は
いりません。メールにするとか、お互いFD等でやり取りするとかです)
 

Q代表取締役と代表取締役社長について

宜しくお願い致します。

表題の件、違いなるものは何となく理解したのですが、使い分けがいまいち把握できません。

代表取締役社長の人間が、たとえば契約書に署名するときは「代表取締役○○○○」とするようですが、では対外的に肩書きを名乗るときは「代表取締役社長○○○○」となるのですか?それとも対外的には「代表取締役」ですか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

会社により人により様々で、お好みによるところでしょう。
「取締役社長」とするところもたくさんあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報